FC2ブログ

≫ EDIT

ムスタンへの旅 01 (ムスタンの紹介)

MU0.jpg


ムスタンはチベット(中国)との国境を接するネパール中西部にあり 

アンナプルナやダウラギリの北部に当たる地域にある人口約9,000人程度
の小さな元王国で、2008年まではネパール内の自治国家でしたが現在は
ネパールダウラギリ県ムスタン郡に属しています。

MU02.jpg

住民はチベット系住民が大多数を占め。言語はチベット語 ネパール語を話します。
また長い間鎖国されていた為、現在中国施政下に置かれたチベット地域よりチベットの伝統や文化が
他のチベット文化圏より色濃く残っています。ムスタンの地域は大きく二つに分かれ 
標高2700mを中心とした地域ローアームスタンと3500mm以上とされるアッパームスタンに分かれ
、アッパームスタンに入るにはネパール政府公認の旅行会社を通して2名上で申し込む必要があり、
そのパーミット費用は10日間まで1人500US$、
11日目から1日50US$と非常に高額で、さらに公認ガイド同行が必修となり
他の地域に比べトレッキングするには費用的にも非常にハードルが高い地域です。

通常この地に向かうにはネパールの首都カトマンズより避暑地で有名な
ポカラに移動し、ここからアンナプルナ山域とダウラギリ山域を分ける
カリ‣ガンダキ(川)沿いに移動。 アッパームスタンとローアームスタン
を分ける町カグベニより王国だった頃の首都ローマンタンに向かうことになります。

今回はポカラにいる友人に頼みムスタンへ入れる政府公認の旅行会社から
ガイドを派遣してもらう形でスタートすることになったのです。

MU03.jpg

ただ問題は。。雪のない季節にムスタンに入ったガイドはいれど、冬季の
ムスタンの状況に精通したガイドはほぼ居ないらしく、公認の旅行会社
から派遣されたベテランのガイドも冬季のムスタンは初めてだという。

これはパーミットなどの料金が非常に高額なことと、この冬季の寒さで
トレッキングがとても難しいからで、通常の旅行者は立ち入らずガイドもまた冬季にムスタンに行かないからだそうだ。

つづく。。

下  ムスタン関係の動画です 是非文化を理解する上でご覧ください
https://www.facebook.com/infomustang/videos/760191464360526/?v=760191464360526
スポンサーサイト

| ☆山行  | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムスタンへの旅 01 (ムスタンの紹介)

MU0.jpg


ムスタンはチベット(中国)との国境を接するネパール中西部にあり 

アンナプルナやダウラギリの北部に当たる地域にある人口約9,000人程度
の小さな元王国で、2008年まではネパール内の自治国家でしたが現在は
ネパールダウラギリ県ムスタン郡に属しています。

MU02.jpg

住民はチベット系住民が大多数を占め。言語はチベット語 ネパール語を話します。
また長い間鎖国されていた為、現在中国施政下に置かれたチベット地域よりチベットの伝統や文化が
他のチベット文化圏より色濃く残っています。ムスタンの地域は大きく二つに分かれ 
標高2700mを中心とした地域ローアームスタンと3500mm以上とされるアッパームスタンに分かれ
、アッパームスタンに入るにはネパール政府公認の旅行会社を通して2名上で申し込む必要があり、
そのパーミット費用は10日間まで1人500US$、
11日目から1日50US$と非常に高額で、さらに公認ガイド同行が必修となり
他の地域に比べトレッキングするには費用的にも非常にハードルが高い地域です。

通常この地に向かうにはネパールの首都カトマンズより避暑地で有名な
ポカラに移動し、ここからアンナプルナ山域とダウラギリ山域を分ける
カリ‣ガンダキ(川)沿いに移動。 アッパームスタンとローアームスタン
を分ける町カグベニより王国だった頃の首都ローマンタンに向かうことになります。

今回はポカラにいる友人に頼みムスタンへ入れる政府公認の旅行会社から
ガイドを派遣してもらう形でスタートすることになったのです。

MU03.jpg

ただ問題は。。雪のない季節にムスタンに入ったガイドはいれど、冬季の
ムスタンの状況に精通したガイドはほぼ居ないらしく、公認の旅行会社
から派遣されたベテランのガイドも冬季のムスタンは初めてだという。

これはパーミットなどの料金が非常に高額なことと、この冬季の寒さで
トレッキングがとても難しいからで、通常の旅行者は立ち入らずガイドもまた冬季にムスタンに行かないからだそうだ。

つづく。。

| ☆山行  | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本に戻って来てからあっという間の日々が過ぎ、やっと通常の日々に戻りました。

MUUSU.jpg

今回は約1か月半 ネパールを旅し、特にネパールの中でも行った人が少ないであろう冬のムスタンを訪れることが出来ました。
そして滞在期間中に現地の人々と沢山の話をすることができ インターネットでも見ることができないような、お話や情報を沢山見聞きすることが出来ましたので、最近あまり書かなくなった旅のお話を、数回にわけて書こうと思います。

話はさかのぼりますが私がムスタン王国を知ったのはチベット文化の興味を持ったころ。 特に2008年にネパール政府により藩王制が廃止されたというニュースを聞いた頃でした。

それまではチベット動乱以降もこの地にブータンなどと同じくムスタン王国があったというのは旅好き、チベット好きなら興味を持つのは普通かもしれません。
そして少し前に私たちの関係しているGHTプロジェクトもこのムスタンに立ち寄った事もあり、現地で旅行関係の仕事をしている友人に旅の可能性について連絡を取り始めると、《冬のムスタンには外国人はほぼ立ち入らない》 という話を現地の友人から聞いたのでこれは是非に! 
と2019年のトレッキングは冬のムスタンに決めたのです。

そしてそれが 相当安易な考えだとわかったのは 出発して間もないころでした・


つづく

| ☆徒然・・・・ | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今まで先行発売で少数発売させていただいていた UL-600H/HR  が正式に
3月18日より発売となります。

222222.jpg

まだ入荷数は少ないため発送までお時間をいただく場合がございますが、
受注は継続していきますので よろしくお願いいたします!

UL-600H  世界最軽量チタニウムポット 72g(本体+蓋 重量)
    >> http://freelight.shop-pro.jp/?pid=136623567

UL-600HR 炊飯可能世界最軽量チタニウムポット 75g(本体+蓋 重量)
    >> http://freelight.shop-pro.jp/?pid=136679057

ソロ タンデムを問わずお使いいただける超軽量POTです、
ぜひトレッキングのお供にご検討ください!

| FREELIGHT | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 FREELIGHT 2019年度営業のお知らせ。

1月24日より3月3日まで冬季お休みとなります。
 受注は23日 発送業務は24日までとなりますので
 よろしくお願いいたします。


MUSU1.jpg

| ☆徒然・・・・ | 11:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FREELIGHT UL-600HRを使った炊飯レシピ

白米が上手に炊けたら、お手製の乾燥ネギでかんたん美味しい
「たぬきごはん」です。

炊飯はUL-600H(通常のチタンPOT)では焦げ付きますのでUL-600HRを
必ず使ってください。

1_20181222174144073.jpg


食材  ・ 白米 1合  ・てんかす 適量    
    ・ 乾燥ネギ※  適量 ・ 乾燥うどんだし 適量
    ・ 塩 お好みで適量
お米をとぎ 浸水をしてUL600HRの炊飯手順で白米を炊きます。

炊飯開始

SET.jpg
   

しっかり蒸らした後 うどんダシを適量混ぜます。

3_201812221743404e4.jpg



乾燥ネギ   最後にそっと天かすを混ぜます。

2_2018122217433978b.jpg

乾燥のねぎは切って干すだけで簡単にできます。

(今回はオーブン使用。おこげが香ばしい乾燥ねぎに仕上がりました)

いろんな野菜 ためしに干してみると楽しいですよ



炊飯時間はくれぐれもご注意を!

たぬきごはん  END

| やまレシピ | 17:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


M02_20181219100735976.jpg

<年末年始休暇のお知らせ>
(オンラインストア出荷休業日)2018/12/25〜2018/1/8
この間も対応は遅れてしまうと思いますがご注文・お問い合わせ
の対応はしております。
また出荷につきましては1/7より順次発送させていただきます。
みなさまのご注文をお待ちしております。

| ☆徒然・・・・ | 10:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SEN.jpg

先日は Titanium Pot UL-600H/600HR 先行販売もご購入ありがとうございました。
いまのところ通常通り出荷もつつがなく進み、ほとんどのご注文をお届けできたのではないでしょうか?
本当にご注文頂きありがとうございました。

600HRは売り切れましたが  600Hは少し残っておりますので よろしければ是非ご注文をよろしくお願いいたします。

という事で、メッシュバックの縫製も150個まで縫えたので在庫も出來て一息。

昨日はミニ旋盤を出して、とある製品の型作りをしていました。

「型」は本当に大切です。 簡単な穴開けも、位置合わせも、型がなくては大仕事
特に販売品となるとできるだけ正確に作業を行いたいので型は大事なのです。

そしてそれを作る道具も・・・ 

このミニ旋盤、20年ほど前に購入したドイツ製で、もう生産終了となった物なのですが、
小さな加工にする私たちには十分な物。
今このサイズを探してみると適当な物がないので この先も長く使い続けていくと思います。

MISHIN.jpg

メッシュバックを縫っているミシンもJUKIの1970年モデルでした。。
見逃しがちかもしれませんが 古くてもちゃんと仕事をしてくれる道具達があって
仕事は成り立っています。

NCやらレザーやら新しい素晴らしい道具はどんどん進歩していきますが、
身近なしっかりした道具はこれからも末永く現役でいてほしいと思います。


| FREELIGHT | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT