≫ EDIT

BLAST BURNER 11月24日 25個発売となります

BLAST.jpg

発売方法について必ずご一読ください。.
>>http://obakanahibi.blog31.fc2.com/blog-entry-1257.html



スポンサーサイト

| FREELIGHT | 17:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GHT画像_1

今年発売したツインポールシェルター『 M Trail 』。
すでに多くの方々からご注文をいただき、国内の山々での体験報告を受けています。

その『 M Trail 』が、このたび、ヒマラヤでも使用されることになりました。

というのも今年、フリーライトは『GHT Project』にシェルターを含むギアの提供をすることになったのです。

※『GHT Project』とは?

『グレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)』を踏査する日本初のプロジェクト。
メンバーは、山岳ガイドの根本秀嗣、ライターの根津貴央、写真家の飯坂大の三人。

GHTは、2011年10月1日に開通したネパールのトレッキングルートで、Upper route(山岳ルート)とLower route(丘陵ルート)の2本で構成されている。総延長は、前者が約1,700㎞(標高3,000〜6,000m超)、後者が約1,500km(標高1,000〜4,000m超)。
>>> https://www.facebook.com/ghtproject/


『GHT Project』は、過去2回の旅では、大型テントを団体装備として携行していました。
しかし、第三弾の今年の旅(2016年10月18日〜12月5日)では、各自ソロテントを使用することに。
そこで軽量性、耐候性、居住性、設営&撤収の迅速性に優れたテントを探していた時に、
弊社の『 M Trail 』に強い興味を抱いたそうです。

そして彼らと話し合いを重ねた結果、ヒマラヤの気候を考慮し、『M Trail』にスカートを付けたGHT特注モデルを製作し、三人分(三張)を提供することになりました。

フリーライトの自信作である『M Trail』が、ヒマラヤでどう使用され、どんな活躍を見せてくれるのか。

その他 SpinnZack50Tif を 根津貴央が 
FIZAN TREKKING COMPACT FRELIGHT model を 根本秀嗣 飯坂大が使用します!

今年は標高5700mを超える厳しいセクション
FREELIGHTの M Trailを含むギヤがどんな成果を残してくれるのか?? 
非常に楽しみです。みなさんもぜひご注目ください。

GHT画像_2

出発前に カトマンズで試し張りする FREELIGHT M Trail 










| FREELIGHT | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AL.gif

 BLAST BURNER   10月20日 個数20個を発売いたします、

発売方法については、以下のようにさせていただきますので購入をご希望者の方は、必ずご一読ください。

・発売開始時刻については発表しません。
・発売に関するお問い合わせメールについてもお答えできません。

お電話等でのご質問もお断りします。


たいへん残念なことに、これまでも、LEDランタンライトなど、少量しか入荷販売できないケースで、
購入できなかったお客様から
「発売時間前からアクセスしていたが繋がらず、購入できなかった」
等のクレームのメールを多数いただいています。
また販売日に、電話、メールでのお問い合わせに対応することで、
通常の業務が妨げられてしまうこもありました。ですので、これらの混乱を避けるためにも、
勝手ながら、上記のような発表方法、販売方法を取らせていただきます。

ご理解のほどよろしくお願いします。

277-0863 千葉県柏市豊四季200-17
               FREELIGHT SHOP

| FREELIGHT | 10:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

M Guide 発売させていただきます。

>>http://freelight.shop-pro.jp/?pid=108522310

        M2_20161014192910d2b.jpg

| FREELIGHT | 19:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


FREELIGHT M Guide

いつもFREELIGHTをご利用いただきありがとうございます。
MG.jpg
FREELIGHTでは 6月5日 のブログで、2つのシェルターを発売するとアナウンスしました。

そして7月に「M Trail」を先行発売しましたが、
たいへんたくさんのご注文をいただいたため、生産が間に合わず、ご迷惑をおかけしました。

その後、ようやく受注と製造のバランスが取れてきたため、 
ブログ等で発表していた第2弾のシェルター、「M Guide」を発売することになりました。


freelight-7.jpg
( GWイベントで展示したモデルは Trail ではなく Guide )
 
「M Guide」は「M Trail」のサイズを大きくしたモデルで、
縦 260cm、 横 160cm、 高さ 120cmのサイズと大型ですが、
重量わずか390gと軽さを追求しました。

 

このモデル 実は、M の開発過程で最初にできた大きなサイズのもの

我々FREELIGHTとしては少々大きなサイズだったので、サイズを縮小しようとしたのですが、
商品についてアドバイスいただいた山岳ガイドの方々から、このモデルを残して欲しい、といわれたのでした。

山岳ガイドがゲストと歩くとき、何かトラブルに遭った場合など、緊急避難シェルターとして
使えるものだというのです。



その理由は、 

・軽量かつコンパクトな収納で、
・素早く設営ができ、
・詰めれば8人は座れる、


ということでした。


通常に広げても、4名が入ってミーティングができるくらいの広さがあります。


FREELIGHT のシェルター 「M Guide」は10月14日に発売します。

| FREELIGHT | 14:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BLAST BURNER 

9月13日 発売個数 25個 発売予定となります。
発売について 9月11日 の文章をご確認ください。

よろしくお願いいたします。

BLAST1.jpg

| ☆徒然・・・・ | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いつもFREELIGHTをご利用いただきありがとうございます。

B1_20160818105404329.jpg


まもなくBLAST BURNER を発売いたしますが、
その発売方法については、以下のようにさせていただきます。


購入をご希望者の方は、ご一読ください。

・発売日と発売数量を発表します。
ただし、発売開始時刻については発表しません。

・発売に関するお問い合わせメールについてもお答えできません。
お電話等でのご質問もお断りします。

たいへん残念なことに、これまでも、LEDランタンライトなど、少量しか入荷販売できないケースで、
購入できなかったお客様から
「発売時間前からアクセスしていたが繋がらず、購入できなかった」等のクレームのメールを多数いただいています。

また販売日に、電話、メールでのお問い合わせに対応することで、
通常の業務が妨げられてしまうこもありました。


ですので、これらの混乱を避けるためにも、
勝手ながら、上記のような発表方法、販売方法を取らせていただきます。


ご理解のほどよろしくお願いします。


277-0863 千葉県柏市豊四季200-17
               FREELIGHT SHOP

| FREELIGHT | 18:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

発売以来1000に迫る販売数を誇るSpnnZack35シリーズ 35s/35ssが35c/35csへ
新しくモデルチェンジしました。

       358.jpg
大型メインポケットは発売当初と同じくメッシュポケットに!( 強度はメッシュ旧モデルよりUPしました)
更にボトムの形状を見直しパッキングしやすいラウンドボトムへと進化。

       357.jpg

サイドポケットもラインで引っ張るタイプに変更しましたのでパッキング時に完全開放できます。
勿論SpinnZack50tifと同じくハイドレーションルートホールも設置され使い勝手の良い便利なモデルとなりました。

FREELIGHTが目指すバックパックは名前だけのULザックではなく強く使いやすい 最軽量クラスのバックパックです。

見た目こそそれらのザックと大差ないように見えますが、
製造の哲学から、荷重で破損するようなことはあってはならないと考えています。

FREELIGHTでは、これまで数多くのザックを販売してきましたが、荷重による破損はありません。

もし万が一、そのようなことがありましたら、メーカーの製造責任として、
破損した部分を無料で修理してお戻しすることは、もちろん、その部分が破損にいたった原因を洗い出し、以後そのようなことが起きないように徹底します。


ですので、ウルトラライト系のザックは壊れやすくて、信用できない、
と考えている方には、ぜひFREELIGHTのザックを使っていただきたいと思います。

もちろん、生地の薄さによる、突き刺しやこすれによる弱さがあることは否めません。

実際に突き刺しによる穴あきの事例は何度かいただいています。

製造工程における問題が原因による破損の事例は、テープ末端処理の不足によるテープのすっぽ抜け、
ラインの縫込み不良によるラインすっぽ抜けが、数例、起こっています。

これらは設計ではなく、製造工程でのミスでしたので、工場に工程を確認し、再発を防いでいます。

35c0.jpg

突き刺し、こすれによる破れ以外、破損が起こったザックについては、
製造責任において無料で修理してお戻ししています。(送料はご負担ください)
安心して、思う存分、FREELIGHTのザックをお使いください。
SpinnZack35c/35cs >>http://freelight.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=933900&csid=0








| FREELIGHT | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT