FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ムスタンへの旅 05 (停 滞 )

Mu26.jpg

峠からサマー村(SAMAR)を見下ろせる位置まで来ると村から一人の男性が歩いてきた。
聞くとギャッカルの村まで行けないかと峠まで様子を見に行こうとしていたらしい。 
私たちが越えてきた道の様子を伝え、こちらからは村の様子を聞いたところ、ここ数日間村は孤立していたとの事。 
行き来がしやすいツェレの村さえ行けないのだから、この先のギリン村とはここ数週間往来はないそうだ。


・blog は引っ越しを予定しております こちらで 上記続きをご確認ください
    >>  https://note.mu/freelight/n/n1e32f25f9ffb
スポンサーサイト



| ☆山行  | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


picture_pc_eb57d8465896b7d46fde8818cd546d7b.jpg

ゲストハウスの部屋で寒さを覚え目が覚めた。 窓から外を見ると空には雲一つない。昨日までは曇天が続き 時にはちらちらと雪が降ったときもあったのだが今日は晴天のようで空気はぴんと張りつめ、気温は下がったようだ。 今日からスノーエリアに入るので早めに出発した。・・・・blog は引っ越しを予定しております 

こちらで 上記続きをご確認ください>> https://note.mu/freelight/n/n7566898105c1

| ☆山行  | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MU11.jpg

アッパームスタンへの始点となる町カグベニで一泊を過ごし、これから首都ローマンタンに向かうためにアッパームスタン入域パーミットのチェックをACAPの事務所で受けることになります。

MU13.jpg


しかし今回チェックと共にここで告げられたのは
「今は峠に雪が多く非常に危険です。十分にリスクを理解し歩いてください。危険だと判断したら先に進まないでください」との警告。
・・え!?。。。 今なら歩けるよ。という情報で入って来たのに!
と一言でかけたが、 このようなことは海外では普通に起こること。
それに飛行機の費用やパーミット等の費用も戻らないので進むしかない。
はたして この先どうなるのか?? できる限り自力でも情報の収集を行い、ポカラの友人にもサポートの強化を頼んで出発することになった。 

MU12.jpg


カグベニからはカリガンダキの右岸を渓谷沿いに進む。

Mu15_20190330153441162.jpg


途中丘を越えタンベという小さな村を過ぎ一つ丘を越えツサンの村に到着。

MU18.jpg


時間的にはこの先のチュレまで進むことが可能だが 問題は宿。 
冬季になると避寒のために多くの人々がムスタンの地を離れポカラやカトマンズなど大きな町に移動し、この地に残るのは家畜に飼料を与えたり雪から家を守るために残る人々だけとなる。また外部から訪れる人もほぼ皆無となるので宿という宿は閉まり宿泊する場所を探すのも大変になるので遅い時間に村に到着したくない。  そのためツサンまでを本日の行程とした。



しかしやはり宿探しに苦労してしまい、冬季閉鎖している宿の人を探しだしなんとか泊めてもらえることになった。

- ツサンの紹介 -
カリガンダキ川にナルシング川が流れ込む所に位置し、カグベニからジープで来た場合この地でこれより先に進むジープに乗り換える必要がある。
アッパームスタンの交通の要所でもある。

MU113.jpg


村の周囲には昔の人々が住んだ洞窟住居跡が残りチベット文化の色が一層色濃くなってくる。

MU111.jpg


Chhusang (ここではツサンと表記 ムスタンの名表記は難しく ローマ字表記の場合幾つも表記名が出てきます。またムスタン人の発音も聞き取れない音もあるためカタカナ表記もマチマチ。ご了承ください)



blog は引っ越しを予定しております こちらをご確認ください>> https://note.mu/freelight/n/n55ccedde291b

| ☆山行  | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


 え ほんとに・・・行けるかな??

MU04.jpg

『天気が安定しているからそろそろムスタンに向かったほうがいいよ』
そんなメッセージが友人から届いたのはネパールに出発する前日。

どうやら今シーズンのネパールは雪が多いらしく今季のGHTも最難関セクションは
雪の為断念したと聞いていたので、ネパール北部 チベット国境地帯に位置する
ムスタン王国に向かうのは難しいのでは??と思っていましたが可能性があるならば・・
とパーミットの発行をお願いして日本を出発することにしました。

中国 成都を経由してカトマンズへ そこからバスで旅の起点となるポカラに到着したのは1月28日。

そこでポカラの友人のお店でガイド タクルに会い打ち合わせを行い、
1月30日 まずはジョムソンまで小型機で向かうことになった。

MU05.jpg

本来ジョムソンまでもポカラから車道が繋がっているのでバスなどで丸一日かければ移動できるのだが、 
度重なる雪や崖崩れで今回は時間が読めないという事になり
パーミットの有効期限を無駄にしないためにも飛行機を使うことにしました。

同じ時期にこの地域を歩いたことがありましたが 飛行機から見えるその景色は以前と違って
多くの雪が見え、ジョムソンの空港もここ数日は雪かきが日課だという。今年の降雪の多さが感じられる。

MU07.jpg

まずこの地で行うのはチェックポイントでチェックを受ける事。 ジョムソンはすでにローアムスタンなのだが
ACAP(Annapurna Conservation Area Entry Permit)  と TIMS(Trekkers Information Management System Permit)
があれば入域可能なのでこの二つのチェックを受けます。(約4500円程度の費用が必要です)

MU6.jpg

カリガンダギ川沿いの町 カグベニ (北方より町を見下ろす)
MU09.jpg

カグベニ出迎えてくれた人懐っこい子供たち
MU06.jpg

初日はカグベニまでの移動予定 車道から離れカリガンダギ川沿いにカグベニまで歩き初日は終了した。


前回の記事<<    http://obakanahibi.blog31.fc2.com/blog-entry-1384.html

| ☆山行  | 12:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムスタンへの旅 01 (ムスタンの紹介)

MU0.jpg


ムスタンはチベット(中国)との国境を接するネパール中西部にあり 

アンナプルナやダウラギリの北部に当たる地域にある人口約9,000人程度
の小さな元王国で、2008年まではネパール内の自治国家でしたが現在は
ネパールダウラギリ県ムスタン郡に属しています。

MU02.jpg

住民はチベット系住民が大多数を占め。言語はチベット語 ネパール語を話します。
また長い間鎖国されていた為、現在中国施政下に置かれたチベット地域よりチベットの伝統や文化が
他のチベット文化圏より色濃く残っています。ムスタンの地域は大きく二つに分かれ 
標高2700mを中心とした地域ローアームスタンと3500mm以上とされるアッパームスタンに分かれ
、アッパームスタンに入るにはネパール政府公認の旅行会社を通して2名上で申し込む必要があり、
そのパーミット費用は10日間まで1人500US$、
11日目から1日50US$と非常に高額で、さらに公認ガイド同行が必修となり
他の地域に比べトレッキングするには費用的にも非常にハードルが高い地域です。

通常この地に向かうにはネパールの首都カトマンズより避暑地で有名な
ポカラに移動し、ここからアンナプルナ山域とダウラギリ山域を分ける
カリ‣ガンダキ(川)沿いに移動。 アッパームスタンとローアームスタン
を分ける町カグベニより王国だった頃の首都ローマンタンに向かうことになります。

今回はポカラにいる友人に頼みムスタンへ入れる政府公認の旅行会社から
ガイドを派遣してもらう形でスタートすることになったのです。

MU03.jpg

ただ問題は。。雪のない季節にムスタンに入ったガイドはいれど、冬季の
ムスタンの状況に精通したガイドはほぼ居ないらしく、公認の旅行会社
から派遣されたベテランのガイドも冬季のムスタンは初めてだという。

これはパーミットなどの料金が非常に高額なことと、この冬季の寒さで
トレッキングがとても難しいからで、通常の旅行者は立ち入らずガイドもまた冬季にムスタンに行かないからだそうだ。

つづく。。

下  ムスタン関係の動画です 是非文化を理解する上でご覧ください
https://www.facebook.com/infomustang/videos/760191464360526/?v=760191464360526

| ☆山行  | 13:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


いよいよ本日、『GHT Project』第4弾の旅に向けて出発します。

去年度から ギア関係で微力ながらサポートを行っている FREELIGHTでは
引き続き今年度も  M シェルターをTRAM MONSOONの皆さんに使って頂くと共に 
その他いくつかのギアも過酷な状況下で使って頂くことになりました! ※

それでは TEAM MONSOON より挨拶が届いていますのでご紹介いたします

GHT12_20171018171350eaa.jpg

今回のGHT(グレート・ヒマラヤ・トレイル)は、エベレストのあるソルクンブからスタートし、
ロールワリンを経て、ランタンまで達する約250kmのルートです。

マイナーなルートであることはもちろん、標高5,000mを超える峠も複数あり、
さらには氷河地帯でもキャンプもあるなど、これまでよりもタフな旅になりそうです。
皆様 帰国後に沢山の報告が出来るよう頑張ってきますのでご期待ください!

GHT1.jpg

ちなみに今年も、シェルターはFREELIGHTの『M Trail himaraya』を採用しました。
今年は、昨年と異なり過酷な環境下で張ることが想定されるので、
このシェルターがどれだけのパフォーマンスを発揮してくれるのか楽しみです。
思う存分使い倒して、帰国後にお世辞抜きのリアルなレビューをしたいと思っていますので、
そちらの方もご期待ください。


※※※※

TEAM MONSOON  FREELIGHT使用ギア 

  ・ M Trail Himaraya (シェルター)
  ・ Wrapta  UL,Manta (FREELIGHT オリジナルシュラフ システム)
  ・ Kyahan (ゲーター)
  ・ FIZAN TREKKING COMPACT FRELIGHT model
  ・ Sacoche (開発中のカメラマンサコッシュ 飯坂モデル 含む)
  ・ 開発中 New ギア 

ギアに関して 全員での使用 また 個人での使用などあります
また去年度 根津氏によりSpinnZack50tifが使用されましたが 50L+αでは容量不足であり
色々と外付けして歩いてくれましたが やはり容量不足が否めないため今年度はザックの供給が
出来ませんでした。  

GHT2.jpg
 先日  今年度の出発前 山々を見ながら 今年のGHTに関しての話し合いをしてきました

今年度も引き続き 応援よろしくお願いいたします !!   

| ☆山行  | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製品をテストするため南アルプス最南端地域 深南を前回に引き続き歩いてきました。

AKE1.jpg

1日7時間程度で2日間と短く 前回ほど厳しくはない・・・
      とは言え ほとんど歩いている人もいないので 道は険しく楽しい。

ake6.jpg

2度目の現場利用のビックタープ 今回参加の5名を楽に収納可能 ※

AKE4.jpg

歩けば歩くほど アイディアが浮かび  厳しい条件になればなるほどギアの性能確認ができる・・。

AKE.jpg

整備された山道を歩くことも楽しいが  時間があれば人の気配を感じない深い山の中を歩き回るのはさらに楽しい。

多くのファンがいる深南地域は製品のテストにもってこいの場所かもしれないですね。

※ ビックタープ 性能確認などできましたので 製造向け動く事になりました。
  但し このサイズのタープを作るとなると縫製の関係で 簡単には出来ません。
  例えば Swing Tarpの2倍のサイズなら2倍の時間で作れるか? と言う訳ではなく
  縫製中の生地の振りや 位置決めなど 何倍もの労力が必要となり発売までの段取り等で
  お時間がかかります。
   
  前回もお問い合わせ頂いておりますが  発売時期はお答えできませんのでご了承お願いいたします。







| ☆山行  | 10:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


F20.jpg

スタートからきれいな景色を楽しみつつゆっくり歩いて3時間でキャンプサイトPoincenotに到着。
森の中に作られた指定地で簡易トイレが2か所ある。 水はすぐそばの川の水を利用。

F22.jpg


フィッツロイでは洗剤の使用は勿論だが洗濯や水浴びなどもNGで水をくむことだけが可能となっている。

DSCF8258.jpg

キャンプサイトは進行方向左側に進むと森から出て広場に出ることができる  テントを張ることができるのはこの最初の広場まで みなさんこの先の広場でランチを食べたり 読書をしたり 昼寝をしたり・・・・

F21.jpg

フィッツロイでは風もなく快適だったので 持参したシュエルターを使用。

シュエルターを張り食事をとって2時間後に フィッツロイのビューポイント ラグーナ デ゙ ロストーレスに向かった。

NOBO.jpg

快適な山歩きが続いたがこの最後の登りだけは急斜面が1時間ほど続く・・

そして・・・・・

DSCF8287.jpg

目前にラグーナ デ ロストーレス その後ろにフィッツロイが現れる。






| ☆山行  | 15:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT