FC2ブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT


フィールドで使うものだからこそ、本当に欲しいものを形にしたい。

FREELIGHTが製造する製品は全て私たちの経験によって生み出されるものばかり。今年も新たな「あたらしい」をみなさまに提案したくてスタッフ共々頑張ってきました。
55498784_831920547171242_6782009868715819008_n.jpg
それがこのシェルターです。

今までになかったもの・・・とは言ってもあまりに奇想天外なものは使えないだろうし、ちらっと見ると「今まであるよね?」となるかもしれません。

しかし今回 FREELIGHTは型から自分たちでおこし、技術者泣かせの相当難しいであろう部材の組み合わせを実現させました。

たとえば、とても伸びる生地にあまり伸びない生地を縫製する。これは簡単に思えるかもしれませんが、シェルターとなるとその縫製距離はとても長くとても複雑な作業となるのです。

工場長KOGUの物づくりへの情熱 本当に本当に感謝です!

開業当時からあった「新しいを見つける物づくり」は協力してくれる人たちで確実に大きくなっています。

これからもFREELIGHTのものづくり どんどん続けていきます。

@ NEWシェルターは最終行程の細部の調整に入っています。 
まずは製品として皆様にお渡しできるまでするのが先決!
  公開は今しばらくお待ちください。

スポンサーサイト

| FREELIGHT | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今まで先行発売で少数発売させていただいていた UL-600H/HR  が正式に
3月18日より発売となります。

222222.jpg

まだ入荷数は少ないため発送までお時間をいただく場合がございますが、
受注は継続していきますので よろしくお願いいたします!

UL-600H  世界最軽量チタニウムポット 72g(本体+蓋 重量)
    >> http://freelight.shop-pro.jp/?pid=136623567

UL-600HR 炊飯可能世界最軽量チタニウムポット 75g(本体+蓋 重量)
    >> http://freelight.shop-pro.jp/?pid=136679057

ソロ タンデムを問わずお使いいただける超軽量POTです、
ぜひトレッキングのお供にご検討ください!

| FREELIGHT | 11:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SEN.jpg

先日は Titanium Pot UL-600H/600HR 先行販売もご購入ありがとうございました。
いまのところ通常通り出荷もつつがなく進み、ほとんどのご注文をお届けできたのではないでしょうか?
本当にご注文頂きありがとうございました。

600HRは売り切れましたが  600Hは少し残っておりますので よろしければ是非ご注文をよろしくお願いいたします。

という事で、メッシュバックの縫製も150個まで縫えたので在庫も出來て一息。

昨日はミニ旋盤を出して、とある製品の型作りをしていました。

「型」は本当に大切です。 簡単な穴開けも、位置合わせも、型がなくては大仕事
特に販売品となるとできるだけ正確に作業を行いたいので型は大事なのです。

そしてそれを作る道具も・・・ 

このミニ旋盤、20年ほど前に購入したドイツ製で、もう生産終了となった物なのですが、
小さな加工にする私たちには十分な物。
今このサイズを探してみると適当な物がないので この先も長く使い続けていくと思います。

MISHIN.jpg

メッシュバックを縫っているミシンもJUKIの1970年モデルでした。。
見逃しがちかもしれませんが 古くてもちゃんと仕事をしてくれる道具達があって
仕事は成り立っています。

NCやらレザーやら新しい素晴らしい道具はどんどん進歩していきますが、
身近なしっかりした道具はこれからも末永く現役でいてほしいと思います。


| FREELIGHT | 10:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Titanium Pot UL-600H /UL-600H R 前回と同じく各25個 年内入荷の目途が立ちました。 
12月11日発売となりますのでよろしくお願いいたします。  

なお出荷は順次行いますが間違いがないようゆっくり作業させていただくため
ご要望いただいても出荷日時のお約束はできませんのでご了承ください。

600

| FREELIGHT | 11:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

45617290_1854723004640270_7202144278280142848_n.jpg

Titanium Pot UL-600HR(炊飯モデル)
         本日 11月8日 夕方より 先行限定販売させていただきます。 

・同時発売 ToroStove

今後販売予定のモデルについてのお知らせ。

・600N 600サイズノーハンドル標準モデル

・600NR 600サイズノーハンドル炊飯モデル

全てのモデルの正式販売は来年度3月下旬となりますが、少量でも先行販売できないかと協議しております。 
先行販売につきましては数 時期について未定となりますのでご了承ください。

@必ず製品紹介をお読み頂き、確認の上ご注文お願いいたします。

| FREELIGHT | 15:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最軽量 Titanium Pot UL-600H  72g 先行限定販売 
http://freelight.shop-pro.jp/?pid=136623567
正式販売は2019年となりますが 少量確保分だけですが 
先行販売いたします。

>>   FREELIGHT SHOP  (FREELIGHT SHOPのみの販売となります)

136623567.jpg

| FREELIGHT | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GH0.jpg

「今年はMシェルター使えないんだよね・・ 」
そんな話をつーさん(GHTprojectリーダー根本)から聞いたのは
私がパキスタンから戻って少したったころだったと思う。

なんでも今年のコースはGHT最難関ルートで最高到達点約6200mだとか。
自分自身の最高到達点は5200mほどだから、さらに1000m高いところはどんな感じなのか想像もできない。

それならば『うんうん 了解です。今年はドームテント使ってね』という話で終ったのだが、
つーさんからもう一言『ミーティングシェルター作れないかな?』というお願いがありました。
 
果たして私たちFREELIGHTで制作可能なんだろうか?
5000m以上の高地で使用が多くなるそうだから、風への対策も十分必要となる。
もちろん 【軽量なら欲しい】とい う注文だから、重量をもって強度を上げる方法は取れそうもない。

しかし軽く作って簡単に壊れたら意味がないし、第一使えないものを作る事はしたくない
皆の迷惑・不自由につながりかねない。

-いっそお金もかかるから辞めたほうがいいんじゃない?- 

なんて寂しい話も聞こえて来た頃 新潟からうちの工場長が遊びに来てくれた。
彼に思い切って相談したところ『いいじゃん、そんな挑戦したくても、なかなかできるもんじゃないし、せっかくうちに相談してくれてるんだからやるだけやろうよ』 と・・・    
本当に理解しているか?? というほど簡単に請け負う方向にかじを切ってきた。

GH4_201811021414421fb.jpg

かくいう彼は長年テント/タープの設計修理に携わってきた人間。 

彼の修理してきたあらゆるメーカーの幕類の数を考えても日本で一番
いや世界で一番かもしれないほどテントタープを見てきた人間なのだから 
それは頼もしい一言でした。

これでFREELIGHTは今年もGHTをサポート決定です!
一番大変な仕事をする事になるだろう彼が 率先して作り上げてくれるというのだからやるしかない。

部材を集め 図面を引き 彼と打ち合わせるたびにアイディアが膨らんできました。

GH2_201811021414392f6.jpg

・軽くするため単独で強風に耐えることより使用するドームテントに連結する形で強度を出そう。
・煮炊きをすることになるのだから換気口は大きなものを付けよう。
・風の強いときは全高を抑え風の弱いときは高さを出して使いやすくしよう。
・低地では単独でも使えるようにしよう。

GH3_201811021414406a1.jpg

アイディアはどんどん出てきて それに対応するたびに図面が書き換えられました。

そして出来上がった図面も実際作ってみると あちこち手直しするポイントが見つかり
工場では徹夜に作業になることもしばしば。

GH5.jpg

そして出発1週間前 ついに最終確認が行われ GHTメンバー根津君にこのシェルターが託されることになったのです。

先日2018年度のGHTproject はスタートを切りました。

GH1_20181102141437666.jpg
    ネパール カトマンズで Team Monsoonによる最後の試し張り

例年以上に今年は無事帰ってきてほしいと思っています  頑張れ Team Monsoon!!







| FREELIGHT | 14:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

600UL.jpg

POT販売に関して

FacebookやBlogでは告知していたのですが、やっと11月3日に先行で少しだけUL600の販売が始まります。

そしてその販売方法について、かなり前からそうなるのは分かっていたので、

その発表の機会を伺っていましたが、それが押せ押せとなってしまい今日となりました。

それは今回のUL600とUL600RはFREELIGHT Shopだけの専売という事。

販売協力していただいているお店さんには以前から伝えていたのですが、

どう計算しても経費の問題で卸すことができませんでした。

いつも開発協力など頂いていて本当に心苦しいのですが、ご理解を頂くこととなりました。

ご購入ご希望を頂ける皆様におかれましても、お店への問い合わせはご遠慮を頂けたらと思います。

関係者の皆様にはご迷惑をおかけしてしまって本当に申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

※ UL600RはUL600の販売後 数日で販売を開始する予定です。

| FREELIGHT | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。