2008年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

   yoiko0.jpg

まったく関係ないような画像から始まりますが・・・
本日はウルトラライトな食事について おバカ ブンドが考えてみました。
新参者の私は 未だに米が食いたい・・。
パンとか カロリーメートは副食で 物足りない…
山で食べられそうな物をだらだら書いてみる事から始まります。

A.軽い物=食品に水分を含まない。
 (加工する時に水を加えて戻す またはそのまま)

B.小さくて高カロリー 必要なカロリーを効率よく取れる食品。

C.ビタミンなどはビタミン剤などで補充する。

これが基本でしょうか?

A. 軽い物=水分を含まない物(ペースト状を含まない物)
 フリーズドライ食品   
  山屋さんにある高価な食材 や 災害時の食材 (高いから嫌い(T_T)/~~~)
  スーパーなどにあるフリーズドライ(わりかし安価)
  ・スープ類 (卵スープ わかめスープ 松茸のお吸い物 etc)
 昔からある製法の乾燥食料
  インスタントラーメン(フライ麺) そば・うどん類 
  干し飯 ビーフジャーキー
  高野豆腐 わかめ こまい 鮭とば とろろ昆布
  打豆 サキイカ 干し貝柱

B.小さくて高カロリー 必要なカロリーを効率よく取れる食品
  カロリーメイト  ソイジョイ  蜂蜜
  チョコレート   チーズ  キャンディー

C.マルチビタミンなど…
  傭兵の本で子供用が良いと読んだことがある 体重や
  状況に合わせて バランスよく取り易いそうだ…。


さてこれ以外に 何か効率良く 軽く 安い! 食品はないか??
実はこんなことを 最近考えていた 

(ここから 変な方向に進みます 笑! 馬鹿だと思ってお付き合いを・・・)

『取ったど~~~』で有名な よい子の無人島生活
浜口がチネリ米を作ってました。。
小麦粉に水を入れて こねて米粒?を作る
あの馬鹿な姿を思い出してしまったのです。
    yoiko02.jpg


小麦粉に水… これってうどんと同じですよね。
     udo.jpg

そこで 家にあった 乾燥うどんを細かくしてみました。
適当に折っていき 途中からお椀に入れて 棒でグサ!グサ!
     udo1.jpg
 
うどんは塩分が多いのでさっと水通し(研ぎます??) 
    udo2.jpg

『さあ茹で上げ』 もとい!『炊きます』
ジブロックに入れてお湯を注ぎ タオルなどでくるみチョット保温

茹で時間8分とあったうどんも2分でお湯捨てもう一度お湯を入れてゆすいで捨てます(塩分を抜くため)
細かくしたため あっという間に茹で上がります!
燃料費&時間 削減です!

チネリ米の出来上がりです。(笑)
     udo3.jpg
 
卵かけご飯 納豆ご飯 にしてみましたが 食べられますね
(うどんなんだから あたまえ!!)
特に卵かけご飯 美味いです!
(醤油かけないなら二度目の湯通し要らないか??)

カレーならこれで行けるでしょ
勿論 残ったお湯で カレーを温めるのは言うまでもないが・・・


あくなき探求に バカ(ブンド)は進むのであった。

@ 早くて カロリー取れて 良いと思うけどな・・・
  そば うどん スパゲッティーなどの麺類は鍋が大きくなくては 
  折れてしまうし 茹でるのに時間がかかる。
  これは早いし 小さな鍋で十分。 ただ 塩分が多い麺の場合
  水の消費が多い。

  調べてみたら 麺粥なる物がありました  おんなじです! 
   http://www.inaniwamengayu.com/01setsumei/mengayu2.html
    mengayu03.jpg











スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海外にトレッキングに行きたい…(-"-;)

以前ペルーに行ったとき インカトレイルを歩こうとしたが
渡航の日程が狂ってしまって 予約が出来なかった。
       INKA.jpg

世界遺産や自然保護区が多いのでガイド付でないと入れなかったり
入場者数制限が厳しく規制されていたりするので
行きたい時にいけなかったりするからだ。
(橋本富美子さんの記録)
http://www.bandaimuse.jp/ftrek.htm

特に行きたいな~と思ってる トレッキング
@ヨセミテ イエローストーン 昔行ったからもう一度・・・
@ロライマ山 (テーブルマウンテンに登る 現地5泊6日)
http://www.nicktravelcusco.com/index.en.html   
(きょうこサンの記録) http://kiokitok.hp.infoseek.co.jp/venezuela1.htm 
   エンゼルフォール2泊3日は行ったけど・・・・2週間は時間無い(T_T)      roraima_06.jpg

@パタゴニア縦断 現地16泊17日
    http://www2c.biglobe.ne.jp/~latin/patagonia/tours/pata17days.htm

@キナバル山 ボルネオ島のキナバル山 現地 2泊3日
    東南アジア最高峰だが 気軽に登れる 植物が豊富で面白そう
    4回もボルネオ行くが 参加できず(T_T)。。。      KINA.jpg

 @キリマンジャロ 書くまでもない有名ツアー
    友人が良いぜ~ と。。。。
 @アンナプルナの周辺 ネパールの山をめぐる。。現地2週間
    ヒマラヤ アンナプルナを下から見る 上には行けないし行かない。
 
とんでもないツアー
 @ヤノマミ族に会う ベネズエラ コロンビア ブラジル国境地帯に現在する
   インドネシアの非接触種族を除いて世界一原始的な種族に会う。
   宿泊地も何もすべてジャングル 本当のジャングルの中を彷徨いながら
   探すらしい。希望すれば相当な場所まで連れて行ってくれるそうだ。 
   難易度はそれほどでも精神力がもつか?(現地2週間位 相手次第…笑)
       yanomami_01.jpg

 @ホティ族に会う  上に同じ地域
   放牧生活するだけ 上記の種族より ハードでなさそう…。
  
http://www.backpacker-tours.com/jp/index.htm  
  上記2つの原住民ツアーを行う会社 日本語のページもあるのが凄い
  ただ 所により 日本語がおかしいので 機械翻訳?の所も..

       あ~ やっぱり  どこかに 行きたい!!
     

| ☆徒然・・・・ | 10:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前回 マットレスを買おうかと御茶ノ水を歩き回っていた時
オリカソのプレートを見た! これって...  『ターボー』さんのブログに出てた
折りたたみ式食器だ! (*^。^*)。。。
New-Orikaso.jpg


出来そう だよな.... これ...
そう思って 何度か折り紙をしていたが上手い物がなかなか出来なかった。

それが最近 何とか形になった。
ori.jpg

(今日のお昼は そば飯にサラダにスープ)
そば飯は フライパンに油を薄く引いて チャーハンのように...
 ○○×△。。。    (゜ー、゜)ヽ(ー_ー) モシモシ 要らないってその説明は!

え~ 改めまして 材料から
薄透明の物はダイソーで買った クリアフォルダー 5枚で105円だったかな?
熱には強くなさそうなので 熱くないもんで それほど重くない物ならOK
重量は小さなのが5g  大きなのが10g
サラダ や 御菓子入れ(酒のつまみ入れ) とかに使えそう。
青い物は 家にあったクリヤファイルの表紙で作りました。
ダイソーなどにある ビニール板製まな板で 耐熱120度 とかの方がよさそうです。
これは重量15gでした。

友人から   ヾ(ーー ) オイオイ
『お前の作る物は普通の人が出来るもんじゃないだろうが~~』
と よく言われているので 分解図 を載せておきます。
ぜひ作って感想くださいまし   ( ^-^)ノÅ
ori_20080529140252.jpg

青線は谷折 赤線は山折です
A B の長さは作る物の大きさによって変化
全体の形は正四角形ですが ここから切り取ってある部分は
使う材料の厚み&硬さで少し変化するので 製作途中で
現物あわせで 切り取るといいと思います。
とりあえず紙で作って バランスを見てください。

写真 青物のは A 55mm   B 60mm です

ori2.jpg


さあ これで 食器も出来ました。

他に私の得意は LED関係だから 後はライトも作れるな。。。ではでは。



| ☆徒然・・・・ | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HIKAKU11.jpg

先日完成した スパイダーポケットストーブのテストをしています。
燃焼など動画を取ったのですが・・・ 今までの物と
たいして変わらないので 動画はUPしないということで <(_ _)>

燃焼効率は マンティスより少し悪い感じが・・・
200cc強をチョットボイルに入れ 沸かすと 2分半~3分
なんか音が静かなのでどんどんバルブを開いていきたくなりますね。
やっぱり ゴ~~~!!が好きだから 上面のメッシュは外すかな!?

これだけ小さいと 本体がなべ底に 入ってしまう。
HIKAKU00.jpg

(アルミマグ240mlでも隠れちゃう)
燃焼効率を これ以上あげると ホース類の熱限界を超える心配もあるので
これで良いと思っています。(超コンパクトが売り だしね)

また今回は 五徳に与える熱量を減らすため 五徳上部に
ステンレスでイボをつけて熱を逃がしています。
(五徳によって火が横に逃げられなくなり 五徳自体が熱を吸収してしまうから)

  ↓ マンティスとの比較写真を少し
HIKAKU0.jpg

HIKAKU.jpg


で。。。 ついでに 以前から考えていた 新型バルブⅡです
NBARU.jpg

前回のステンレスの物でも書いたように タンクの
くびれの部分に止める所は タイトに閉めこむ必要はない。

*これは真上から ネジを締めこんでバルブを押してガスを出すので
 タンクのくびれにかかる力は均等化されます 
 それで なかなかすっぽ抜けないと思われます。
 つまり通常のキャップはねじって外すのでその力と違うと言うことでしょう。


そこでキャップのタンクのくびれにかかる部分を大きくCUT
90度に当たる部分 両方をネジで閉めこんで
(ステンレスの補助具が中に入っています)
プラスチックキャップを タンクのくびれにフィットさせて 固定しています。
使用したキャップは引っかかりの大きな物を利用しました。

これだと 突起部分が極力減り 収納の時便利だと思われます。
現在重量10g まだ高さが高いので 低いキャップを探せば
もう少しコンパクト&軽量になるかと・・但し 1gぐらいですが(~_~;)

また今回利用したキャップは 素材がポリプロピレンなので粘りがあり
ネジの締め込みは指の腹で出来ます
上部のねじ込みはアクリルを溶着できないのでワッシャーにネジを溶接して
両面テープで貼りました。

    マンティスポケットバーナー TOP
                         前回の記事
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。フィールドで使った




| ☆徒然・・・・ | 10:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何通かの連絡いただいたFLETの生活防水 3LED クリップライト
お近くに FLETが無い方 送ります。
HED.jpg

(ヘヤーバンドは付きません)

下のコメントに お名前 とメールアドレスを書き込んで
連絡ください。
 『管理者にだけ表示を許可する』 にも必ずチェックしてくださいね。
HED1.jpg


発送方法は 定形外郵便のみ(保障なしになります)
当方まで下記のものをお送りください。

返信用の封筒に返信先を記入後140円切手を張ったもの。
中に 300円分の切手を入れて下さい。
3LEDライトを2個入れて返信します。

買出し料金も含め 1個150円である程度まで(総量100g 封筒に入るだけ)
追加できると思います。

なお 包装は封筒が大きくなるので 外して送らせていただきます。

色は 赤 黒 2色あります

在庫の有無により ご希望に添えない場合ありますので
先に連絡くださいね。



| ☆徒然・・・・ | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンティス ミニ が出来上がりました。

S1.jpg


でも............ マンティス(カマキリ)ではないですね
どちらかと言うと クモ spider かな。。。。(昆虫シリーズ)

himeg021018_201s.jpg

カッコ良すぎの感じがあるが  

『 スパイダー ポケットストーブ 』とします。
(スパイダー ポケットバーナー だと 語呂が悪いような.....)

重量は 28g!! マンティスより10g以上の減量。

最軽量のタンクとの組み合わせでは
SRY1.jpg

タンク満タンで46g
ラーメンとお茶ぐらいなら これで行けちゃいます。 

収納は 出来るだけコンパクト! を主眼に製作しました。


次回も続けて 仔細を....

          マンティスポケットバーナー TOP
                                 前回の記事へ   次の記事

| ☆徒然・・・・ | 12:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンティス ミニ製作の前に少し気になっていたバルブの改良をしました。

NEWBARU.jpg

使いすぎの感じがするぐらい 使いまわしているバルブキャップ
ついに クラックが入りだしました。
NEWBARU1.jpg

実際タンクによって微妙なサイズの違いで 
いまいち信頼感が足りない部分でしたので 
ある程度のサイズ差を きっちりカバーする方法に変更です。
 (一番上の写真が完成写真です)

ステンレスで形を作り 軽量化のため ロウ付けで固定
&ロウを盛った所にメネジを切って仕上げました。
軽くするなら もう少し細いステンレスで良いのでしょうが
ここが壊れたら 軽いも何も 関係ないので 信頼のおける太さに決定。
熱で汚く焼けたので に塗装してあります 
   (ホントは下手なロウ付けを隠す意味もあったりして... (~_~;) )


重量は  ↓
NEWBARU2.jpg

12g   最軽量のバルブは9gだったので 3g増量になりました。

タンクに固定するネジは 強く締めこむ必要がないので手で閉めるだけで十分 
ネジにミミ をつけていません。 (流量調整ネジだけ ミミつき)

でっぱりが少しあるから 収納は 少し気を使うかな?? 

    マンティスポケットバーナー TOP
                         前回の記事へ   次の記事


| ☆徒然・・・・ | 16:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MINI.jpg

マンティスの新型を作り始めました。
   ↓旧マンティス ポケットバーナー
MAN.jpg

ミニ マンティスの目標は 軽量化!
@ ヘッド周りを 出来るだけ軽量にする
@ ベースになるアルミの廃止(他の部品で強度を確保する)
@ 燃料取り回しラインの短縮による軽量化
@ 五徳の見直し
@ 更なる 小型化

まあ出来ても10gの減量にとどまると思われますが やって見ます。

ヘッドはマンティスと同じ径の真鍮から削りだし
約 0.25mm薄くしました。

そしてガス&空気MIX管を細くしてみたところ ガス圧があまり落ちないで
ヘッドに到達  火が消し飛んでしまいました。
そこでステンレスメッシュで 乱流を起こし 均等な噴射を.....
ステンレスメッシュを 逆お椀型にして入れたら(@_@;)。。。
MINI2.jpg

あ。。。 音もなく 燃えてる!!
前回失敗した熱効率も 解消できそう。。。(一番上が燃焼の写真)
極 極簡単なことで 『当たり前ジャン!』と 思うかもしれませんが
私なんてこんなもんです  (~_~;)

今回出来たヘッドの凄いところは(あくまで自分で感動している・・)
熱効率の良さです。
30秒強 燃焼した後でも 素手でガス&空気MIX管を持つことが出来る!
これって 燃焼エネルギーが バーナー本体に吸われて減少することがなく
対象物に対して有効にエネルギーを伝えることが出来る!ってことじゃないでしょうか??
これは今までのヘッドではなかったことです。
↓燃焼状態の動画 
(最後に触ります 電気を途中でつけたので一度動画切れますが...)


燃焼音も静かです 行けそうです! マンティスミニ!

マンティスポケットバーナー TOP
                         前回の記事へ(丸型一式)   次の記事






| ☆徒然・・・・ | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Syura.jpg

先日少し 書き込んだ シュラフをいじった結末です。(↑完成品)
アンミンシュラフ とネームタグがついた 古いシュラフに ダウンを詰め込む!
と言う 強引なことをやって見ました。

Syura1.jpg

元は ↑ このシュラフ。  
友人達とのキャンプの時 貸し出しなどに使っていた普通の化繊のシュラフ。
あまりに家の中に荷物が多くなったので 破棄??するか 悩んでいましたが・・

実験材料に 分解されました。
Syura2.jpg

生地を切らないように端っこから糸を引っ張って切っていきます。
とりあえず 交換用のダウンはコート一着分! ですので 上側だけの交換になります。

剥がしてみると・・・・
Syura3.jpg

なんと片側だと言うのに化繊が二枚に分けて縫いこんでありました。
(シュラフ一枚で 化繊の布4枚と言う感じです)
この二枚の中間に入った空気で保温効果を上げよう という狙いだと思われます。

これを丁寧に はがしていく・・・・・
Syura4.jpg


で  布だけの 状態になったら終了!
次に ダウンの調達です。
ダウンは タウン&カントリーのホワイトダウンコート
Syura5.jpg

勿論ただ切って取り出したら・・・ 映画のワンシーン!
『サハラに舞う羽根』 でなくて『おバカな家に舞う羽根』になってしまうので。
洗濯機の水槽に水を入れ 漬けて Syura6.jpg

ダウンの塊を作る作戦に出ました!!!!!

タグがなけど どうせ 中身はダウン80% フェザー20%位だろうし 
十分これでいけるはず。。。
と 切って 中身を見ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(@_@)

あら....  グースダウンだ それも ほとんどフェザーなし...

良いダウンほど水を吸いにくく まとまらない....  まさにその通り! (@_@;)
ここから 写真を撮る余裕がなくなった。

少し悩んだ後 次に考えた作戦は!
@1 バケツに水と少しの洗剤を入れ 一まとまり(ダウンって仕切ってますよね)
    ごと中身を抜いて バケツにあける。  そして かき混ぜる。。。

   ダウンは見事に 和紙をすく前の様な状態になりました。。
   (身の回りも身体も ベチャベチャでカメラ持てないため 写真なしです<(_ _)>)

@2 出来た物を 揚げ物用の掬い網で掬って それを 先ほどのシュラフに入れる

@3 一仕切り分縫う。。。。
   これを 13回 繰り返す (~_~;)  辛い。。。 手がふやける
       家族から 批判が相次ぐ!  喉が渇くが 誰も助けてくれない(T_T)....

ダウンをほじくり出してから 三時間半後 この仕事の後片付けが終わったころには 
すでに家族の食事は終わっていた・・・・一人でさびしく 食事することに。。。
 


日陰で乾燥すること  3日間.... ついに 乾燥してくれました
(それが一番上の写真)

嵩は この位!
Syura7.jpg


あと半分 化繊だけど~~ もう遣りたくない!!!  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

でも 一様 シュラフ 作ったもんね~~ ダウンシュラフだもんね~...

話半分だけど....

良い子の皆さんは ダウンシュラフは買いましょうね~~~!

さあ 次は テントか~~~~! ぽかっ(._+ )☆\(-.-メ) おいおい


                 続きがありました~~~~ こちらです!!!






| ☆徒然・・・・ | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新型のヘッドについて テストを繰り返していました。
そして このままでは使えない! と結論が出ました 

hed 01

↑新型のイメージですが メッシュを圧縮する金属(スペーサー)が
 ヘッドの上を覆っています。 (開口部が横を向いている)
 hed 02

↑一方旧型 は 開口部が上に向いています

この違いが一番ではないか?? と思っているのですが  新型の燃焼効率が
旧型にかなわないのです。

@燃焼させて お湯を沸かすと 余計時間がかかる (これが一番判る結果!)
@ヘッド周りの温度上昇が 新型の方が早い!(つまり 熱を本体に奪われている!)

新型のガスはメッシュにより乱流を起こし 横に噴射されるのですが
噴射された燃焼ガス及び炎は上に向かいます この炎が 
ヘッドから十分距離を置かないで燃えているようです 
(目で見ると 離れているようですが...)
ヘッド上部のスペーサーを必要以上に熱し この熱が熱伝導で 
ヘッド 及び 本体に伝わって行き 熱効率を落としているようです。

今までの経験から Jetにガスを供給するシリコンホースの
熱による変色でも ヘッドに伝わっている熱量の多さが伺えます。
PB1.jpg

↑写真はマンティスですが 同じように熱を受けて白くなったホース
  (マンティスは旧型ヘッド開発により 炎をヘッドから引き離して克服しました)

出来れば メッシュから出たガスは すぐに 上 または斜め上に
噴射されれば ヘッドが熱を回収することが無いように思われます。

現在 丸型一式は旧型ヘッドの部品に組み替えています。
そして ゴ~~~~ と音を出しています。。
さて どうしたものか?  私的には 音があった方が 好きなんで
このままでも良いかな と思っちゃっているのですが・・。




          丸型一式バーナー TOPへ   前回の記事へ 次の記事







| ☆徒然・・・・ | 08:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実は今 シュラフをいじっている。。。

何気に後片付けしていたら 使いそうもない昔の安物のシュラフが出てきたのだが
ゴミにするのはもったいない かと言って 取っておくのも邪魔である。

どうした物か  ほっておいたのだが,,,,
実家から 要らないダウンコートを貰った.... と言うか奪ってきた。

(@_@)。。。 ばらして。。。綿<>ダウン 入れ替えるか!?

でも 使えるわけないよな~ ダウンシュラフには 嵩 とか
縫い目とか 考えて作られているわけで。。。。。
ん~~~ どうせ どちらもゴミ! やって見るか! で

弄り始めてしまった。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

始めてしまって 後悔している
    (@@?(?@@(@@?@@)@@?)(@@;)

だめだと思われるのに やたら時間がかかる (;一_一)
訳あって 写真が 細かく撮れない。

それに絶対 買ったほうが コストパフォーマンスがいい!

は~。。。 結果が出たら 報告したいと思います。













| ☆徒然・・・・ | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は 時間があるのに ネタがない(;一_一)ので自転車&自作の昔話など・・・・・
先日の酒飲んだ話から始まります。
KOBA

昔から長い付き合いの先輩と町谷で飲みました。
お店は『小林』 串モツ煮込みが有名なお店で 下町の有名店!
各種 煮込み 生刺し を頼んで ほろ酔い気分に・・・・・
シメは この店の有名メニュー つけ麺!!  
KOBA2

煮込みのスープで細麺を頂くのですが これが美味い!!!!
あ~書いてたら 食べたくなってきたな・・・・

そして飲みながら 思い出すのは 町谷の思い出・・・(ジジくさ~~~)(ーー゛)

山岳部に入りながら 各地を自転車旅行していた学生時代。
シクロウネ(3Rensho 廃業)で始めた草レース。
実業団登録して自転車競技をしていた時も ここ町谷が本拠地でした。

当時のTOPスターは 高橋松吉さん 市川 雅敏さん 森 幸春さん らで
彼らと絡むことも(レース展開では絡んでない まったく!)多々あった。
市川 雅敏さんとは 出入りしていたお店 サイクルランドの関係で
地元で何度か30Kmタイムトライアルをやり 10分差をカル~~クかわされ(p_-)....
国体では本職でもないトラックスプリントで森 幸春さんと
予選1回戦であたり見事撃沈(p_-)...

たまには上位に入りたい(>_<) !!と全日本実業団と同時期に行われる別のレース
エントリーすれば......  台風で中止に ヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲー
ほんと ろくでもない選手でした。

しかし 人間関係は恵まれていたようで....(^.^)/
シクロウネの今野義さん (いろいろありましたが。。。。"^_^"OKですよね )
MIYUKI の今野信さん(奥さんは鈴木由美子さんオリンピック選手)
今野家の三男の奥様 今野栄さん(有名な競技選手)
あら 今野一族が・・・・・多いな・・
その他にも 多数お会いすることが出来ました。

中でも私が影響を受けたのは 先輩のYAMAGUCHI KOICHIさん。
彼から物づくりの楽しさ や 発想を沢山頂きました。
彼の名前 日本では30年ほど前のサイクルスポーツ位でしか見かけることは
少ないと思いますが…… ほんとうに凄い人なんです

設立当時のシクロウネのメインフレームビルダーで(牧野氏とは同期)
後に中村自転車(旧帝輪 町谷 廃業)の企画開発を担当され。
結婚後アメリカに渡り コロラドスプリングス
オリンピックトレーニングセンターに勤めます。
勿論 フレームビルダーとして当時の選手にフレームを供給。
いくつもの記録を残しました!(↓選手がアルカンシェル着てるでしょ)
あのアームストロングだって 彼のフレーム乗ってます!
mike-koichi-pursuitchamp.jpg

中国人じゃないですよ(笑)地元地域では中国人と思われてるらしいが・・・・
そして現在 コロラドでフレームビルダー学校&ビルダーとして活躍されています。
logo-yamaguchibike.gif

http://www.yamaguchibike.com/content/Index
皆さんの知らない 歴史が ありますよ↑

知られてない話だと 中野浩一さんが世界選手権に始めて行った時
乗っていたのは シクロウネ(後にNagasawaに)で 彼がメカニックとして
同行して世界選手権に行きました。

彼とは町谷時代一緒に練習し レースにも出ていましたが・・・物作りのセンスが凄かったです。
当時日本にまだ入ってきていないデスクホイールの写真をみて
(多分モゼールの世界記録の時かな??) 自分たちで作っちゃいました。
うちのチームには製作がすきなのが二人居て 各々 別の方法で日本にはまだない
デスクホイールを2枚作ったのを覚えています。
(一枚は競輪選手(当時高校生)の和泉田君も1000mタイムトライアルで乗っています)

何度か訪問したコロラドの工房&自宅では 新しい塗装方法や
フレームスタイル  パイプ  彼の発想でどんどん新しい物が生まれ
それを見せていただくことも出来ました。
自作が最先端な場所でした
         ・・・・・・だから 挑戦することが素晴らしいと!

ちなみの彼の奥様も 当時アスリートで 
第一回 宮古島トライアスロン日本人一位?? バーバラ シューメーカー・・・
日本人じゃないか??でも 奥様だし・・・・

そしてお子さんのセカンドネームが 私と同じ (@_@)。。。 
『俺みたいになって欲しいからでしょ~~』といったら
『違うよ~・・・・・』 と。。。。 恥ずかしがらなくたって良いって(^.^)/
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(;一_一) あ マジに偶然か.........

そんなこんな 楽しい思い出が そして現在につながる 場所 町谷で楽しく飲んできました・・。




| ☆徒然・・・・ | 10:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都内&近郊にお住いの方に ちょっとした耳寄り情報を・・。

ご存知の方も多いかと思いますが 御徒町(アメ横) 神田に
ロンドンというお店が数店あります。
(すでに ご存知の方 本日終了~(^.^)/~~~)

ネットで調べても HPなど無いですよ! (情報メールサービスはありますが・・)

ここ スポーツ用品の 訳あり品を売るお店です。
(どう見ても そうとしか思えない 以前買ったアシックスのSKIウェアーなどは
 カタログに無い色の組み合わせ  ネームタグにはサイプルと・・・)

ただ 商品はあるだけ! ジェーソンみたいですね。

値段は 激安です 最近高いかな~ とは思いますが。。。それでも激安です。

少し前から このお店に 山岳ウェアが出ています(神田店2階)
マーモットが小数ですが レインウェアや ウィンドブレーカーなどが出ています。
表示価格の30%off (提示価格は定価より安いと思います・・)

で 初めての方 注意です そこで 飛びついてはいけません!
1階で店頭山積みの安い物 何か買ってください(30%off)
(アンダークールシャツなんか良いかな 500円ぐらいだと思うから)
そして 会計して その時 割引券 もらってください!!!

これで 次の会計から さらに10%off!! 
5000円で判子1個  6個ためると 一日買い物20%offになります!!

何があるか??? お店に行くまで 判りません。

テニスウェア ジャージ サッカーウェア スニーカーは だいたい年中あります。
シーズン物 SKI (たまにブーツが激安で出ます)
        スノーボード    水着(アメ横は年中かな?)

以前に売っていたものでは
インラインスケート(k2のTOPモデルで12000円!)
サイクルジャージ 〈キャノンデェール 激安!)
レスリングシューズ  (@_@)レアでしょ・・・
野球スパイク  (MIZUNO 3000円!)
サッカースパイク 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・etc

サイズは小さいのと 大きいのが沢山残っています(丁度良いのはすぐ無くなる・・)

最近ですが マーモットのウィンドブレーカー3000円以下で買いました
もう サイズが無いと思います(小さいサイズ&女性用ならまだあると思う)

ほら・・・・行きたくなったでしょ・・・・・

アメ横店 二木の菓子 前にあります。
本店   アメ横店で聞いてください すぐそばです。
神田店  御茶ノ水の駅 靖国通り神田方面に進みスポーツ店街の端っこ
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.46.4.3N35.41.27.5&ZM=11
↑ここら辺

その他 お店が出来ては 無くなります 同じスポーツ店 ジュエンの中のワンフロアー
だったり.... 上野駅前 丸井の並びに急に出来たり....
これって 店ごと商品買い取って 投売りやるんだと思う  そして 店が無くなる....
なぞのお店・・・・・・・・・   面白いでしょ!


この話・・・ 内緒ね(~_~),,,, 俺が買うの無くなっちゃうから........(笑)

ではでは~~~~

| ☆徒然・・・・ | 09:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

五徳&脚がついた!
maru_20080515115124.jpg

ホース込みで44g  まあ完成です。

使い勝手なのですが 通常は
maru01.jpg

脚がベタ脚で五徳の距離が長くなり 対象物とバーナーヘッドとの距離をとります

ジェットボイルのときは脚を浮かせて  五徳の高さを低くします。
maru02.jpg

バーナーヘッドとの距離を詰め燃焼効率を上げます。
(写真 見難く すみません m(__)m)


これに もう一つ残った アルミ製氷カップで マグカップ製作
magu.jpg

重量 34g バーナーとさほど変わらない (-"-)
燃焼風景です↓

       
ちょうどサイズが 良いので バーナーはマグに収納OK!
製氷カップなだけに 蓋もついているので 便利です。
maru1.jpg


このマグに熱伝導体を追加して 丸型は終了ですね。

静かな燃焼の新型ヘッド・・・ どうなんだろ
私的にはゴ~~~~~という燃焼音のほうが好きかな~

      丸型一式バーナー TOPへ   前回の記事へ  次の記事


| ☆徒然・・・・ | 12:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先日発表だけした丸型一式(仮名)コンパクトバーナー
NEWHED.jpg

これについて書いてみます。
まず 問題があった小さなケースから 変更して今回ケースに利用したのが
maru.jpg

カキ氷用アルミ製氷皿 240mlです  2個入りで 300円未満お得な商品です!
これを切って 高さを低く16mmにしました。

で......ヘッドですが........
灯台下暗し まったく違った事をやっていて この方法を思いついたのです。

前回 失敗した 小型丸型のバーナーヘッドの製作のとき
どうしても寸法を詰めなくてはいけなく 空気&ガスMIX管の長さを短くCUT。
そうしたところ ガス圧が下がりきれないで ヘッドに入ることが判り
対策として ステンレスメッシュを下記図の
hedo.jpg

ここのところに入れました。
しかし 加工の時 ステンレスメッシュというのは形が変化して 
なかなか上手く収まらず 良い位置に固定するのに難しいな~
と思っていたのです (-"-)

メッシュをある方向から押すと 反対方向に伸び 目がつぶれる・・・・
(@_@)!!!
これを使えば・・・・

バーナーヘッドの噴出孔にある程度の高さを持ったステンレスメッシュを
筒状にして押し込み 上からネジで押さえます。 
徐々にネジを締め込みながら メッシュの目をつぶし 噴出孔の面積を減らしていきます。
NEWHED2.jpg

すると ある程度のところで 噴出量と噴出孔のバランスがとれ
きれいな青い火で燃えながら 音が静かになりました。 

↑ YOUTUBEの映像ですが 音は上手く再現できていません
   まだ作ったばかりなので 炎色反応が起き たまに赤く光ります。

出来上がった物を見るとイワタニ プリムス エクスカイザ EX-ULTに似ていますね。
PURI.jpg


これより このバーナーに合った五徳を製作していきます。

軽く スマートな五徳・・・・・・ 考えちゃいますね~~~~
 
     丸型一式バーナー TOPへ   前回の記事へ       つづく,,,,,


        




| ☆徒然・・・・ | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しく組みなおした丸型 開発途中です
NEWHED.jpg


今回 セラミックバーナーをあきらめて 今までのヘッドで行くつもりでしたが・・
NEWHED2.jpg

進化することが出来ました。
 (本日時間がないので 仔細は次回)

燃焼の映像は ヘッドだけですが・・・


音が著しく減少しています・・・・。


では 次回に・・・
       丸型1式コンパクトバーナー(仮名)TOPへ    次の記事

| ☆徒然・・・・ | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨日の夜もいろんな状況を仮定して 丸型バーナーのテストを繰り返していました。
honou1.jpg

本体を冷蔵庫でガンガンに冷やして回りに氷を置いて・・・とか・・
TEST.jpg

・・・・・で 今回の丸型 見直します !!

予熱管などの配管など この大きさに入れるのは今の私には無理!だからです
確かに 現在は予熱管を組み込んで上手く燃えています 
しかし 少しバーナーヘッドに力が加わると不完全な燃焼を起こします。 

つまり無理して あの大きさに詰め込んだので 山などで使ったとき 
不完全な燃焼を起こすのでは? 上手く燃えないのではないか?という心配です。

多分配管の取り回しを一度外に出し jetを1~2mm下げ 
長さを2~3mm長くすれば安定するでしょう。
でもそうしたら あのサイズの意味がなくなり 一回り大きなケースのほうが
安定性があがるはずです。
やっぱり 海外に持って行けるぐらい 安定した物が作りたい!
(ガスなので 機内持ち込みは問題あるでしょうが・・・)

めんどくさい奴だな~ と思われると思いますが・・・
一度 方向性の見直しを してみたいと思います。
(マンティスのときは出来てたのに 今回は目先に走った 反省をこめて<(_ _)>)

1.海外や山で使える ある程度頑丈な構造  
  パッキングの時 詰め込んだり ぶら下げたり いろいろ収納方法があると思うが
  特に気を使わないでも 破損しない構造。
  特別なケースなど必要だとしたら それ自体で重さが損なわれるから
 
  またそれ自体の破損を心配して バックアップを持つ場合 軽さの意味がなくなる。
  マンティスの場合 山で使うまでに100回以上のテスト 
  3回バックアップをもった状態での山&散策 その後はじめて 前回の袈裟丸山で
  バックアップを持たずに山に行きました。

2. 海外や山で修理出来る構造 (クローズ構造を作らない)  
  今までに国内外あわせて数ヶ月の放浪?というのを 4度したことがあります。
  この性格ですからいつも自作物を持ってです。
  そして いつも壊していました・・・ (T_T) 
  初めのころは ほとんど最後まで持たなかったように思います。
  毎回修理道具は持って行ったつもりですが 出先の工具では直せないで
  悔しい思いを何度もしました。
  そこで どこでも修理出来る 構造 再現性を目指します。

3.収納性の良さ  
  上手く収納できること! 気を使わない収納性!

4.軽量
  ウルトラライトなんてよく書いてますが 最後になっちゃいました(~_~;)。。。
  本当は失敗の上に成功が成り立つと思うのですが
  貧乏性なんで 使えるものがすぐ欲しい・・
                  (だから目の覚めるようなものが作れない (T_T))

こんなとこでしょうか?  

私の知り合いにJAXA(宇宙航空研究開発機構)の方がいます
若い方なのですが 飛行経路関係のスペシャリストの方です。
彼に新素材 新技術について話を聞いたとがありました。
彼曰く 『宇宙に行く物なんて まったくのオールドテクニック!』
使い続けた枯れた技術がメインで新技術 新素材 なんて バックアップのバックアップ
今の超最新性能なんてメインとして乗ってないんだそうです。
修理 交換など制限がある宇宙に 検証が足りない新しいものなど
そう沢山持っていけるわけがない・・・というのです。 

いわれてみればそのとおりなのですが・・・・・
目からウロコでした  NASA開発の!なんて沢山聞きますが
あれは 最先端ではないんですね (@_@)

宇宙開発はある意味 貧乏性! 最先端技術バンバン持っていって
とっかえひっかえ から答えを見つけるのではなく 
確実に・・・確実に・・・・・ ものにしていく  貧乏性!

私も相当規模が・・(マクロなみに いや ナノなみに)小さいですが 貧乏性!
地味にやって行きましょう!  

このストーブ関係 いろいろ諸先輩方いらっしゃるので だいぶ後から
様子見 様子見 で 行かせていただきます<(_ _)>。

なにせ 最近の金属素材値段の値上げがキツイぐらいですから!!



                              前回の記事へ   次の記事

| ☆徒然・・・・ | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

丸型のポケットバーナーを作っていますが
上手く進みません・・・ (*_*;

問題の一つは ヘッドの素材。
真鍮ベースとして セラミックを使った拡散スタイルを取り入れたいと 
いろいろ試してきました。 

しかし上手くいかない・・・(~_~;)
終いには なぜセラミックが良いのか? なんて考え始めています。

成功したマンティス ポケットバーナー(以下マンティス)のヘッドとの違いとして
言えるのは 音が小さくなる ぐらいなのではないだろうか??
果たして高効率で燃焼することができるのだろうか??

マンティスヘッドは強火でも 弱火でも 如何なる噴射状態でも
青い炎で効率よく燃えてくれます。
これは酸素とガスをMIXした後 ヘッドの隙間から噴射して燃えるからだと思うのですが
この時 爆発音のような『ゴ~~ッ』と言った音を立てます。
honou.jpg

炎は噴射するガスの勢いで ヘッドから離れ 空中で燃えます
必要以上にバーナーに熱を与えないので 効率は良いと思います

セラミックの場合はセラミックハニカムコアの隙間から出たガスを
燃やすような仕組みになると思うのですが この時 無数の空気の通り道により
噴射圧力が落ち 爆発音のような音がしなくなります。
その反面 炎はセラミックに限りなく近いところで燃えるのではないでしょうか??
(ここの説明はすごく難しく ヘッドの大きさ 一つのコアの大きさと 
ガス圧にもよる関係だと思うのですが・・)
セラミックハニカムコアの穴の大きさが小さい場合 ⇒抵抗が大きくなる⇒
ヘッドに入ったMIXガスが燃焼部分に抜けずに逆戻りする可能性が大きくなる。  
これを予防するには・・・ 
 1. ガス 空気MIX管の距離を長くする
 2. ヘッドの大きさを大きくする 
 3. 1+2の両方 
セラミックハニカムコアの穴の大きさが大きい場合 ⇒抵抗が小さくなる⇒
ヘッドに入ったMIXガスが燃焼部分から抜けやすくなる  
こうなると 炎が逆流しハニカムコア表面で燃えてしま事も考えられます 
対処としてはガス圧を上げなくては対象物に上手く熱を与えられないと思います。
  
 
どちらにしても なかなか手に入らない セラミックハニカムコアの性能に 
全体のバランスが握られているような気がする・・。

一度 2mmのセラミックボールをひきつめてガスを拡散させ
燃焼実験をしました しかし問題が二つ見つかりました
炎がバーナーヘッドから離れない状態で燃え ヘッドに熱が伝わりすぎること・・
炎がセラミックボールを抑える金属メッシュ付近で燃えるので
メッシュ自体が炎色反応 をおこし 炎に色がつくことでした。
BO.jpg

↑写真は炎色反応イメージです 
実際は セラミックボールはメッシュに両面カバーされ筒に入れて実験しました
(写真では上手く 色など表せないので このような写真で・・・)

本当に軽くて効率が良いのがわかれば ロウ付け用セラミックボード
でも買ってやってみるのですが・・・
薄くスライスすれば 割れやすいだろうし 厚ければ 重いだろうし。。。。
難問山積かな??
 
だから セラミックは難しいんだな~~~。。。。 

honou1.jpg

↑とりあえずガス&空気MIX 部分からヘッドに入るところに金属メッシュを入れて
 その後 マンティスヘッドと同じようにスペーサーで拡散させて燃焼の図。
 噴射圧力が少し落ち 音が幾分小さくなったヘッドです。
 (現在最も有益なヘッドはこれかな??)

あ~・・・・ 何書いてんだろ・・・ 自分でも絡み合う問題が多すぎて答えが出ないのに
人に読んでもらえる文章じゃないな・・・ 意味わかんないだろうし・・
   あ~~~~~~~~~~ 忘れるか いっそ 酒でも飲んで
                                           (~_~;)


           
      自作ポケットバーナーTOPへ   前回の記事へ   次の記事





















| ☆徒然・・・・ | 14:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小丸山避難小屋前幕営地テントに戻って
kasa03.jpg

バ 『お疲れ様~ さあ 後はゆっくり過ごそう』
の 『じゃあゴロゴロしてようかな。。。』
バ チャララ ラッチャラ~ 『この前作ったマットレス~』
 MAT7_20080501100047.jpg

の 『はい はい。。。』 (#+_+)\(^_^;;
バ ................

の ガサ ガサ ・・
バ 『なに探してんの??』
の 『ん?? ニンテンドーDS』
バ 『あんたね~ 人に荷物もたせてDSって・・』
の ピコ ピコ......[壁]^▽^)キャッキャッキャッ  
バ 『聞いてないってか・・』

静かな時間が流れ あたりは 暗くなって

  ガサゴソ ガサゴソ  フゥ~・・・


の !Σ( ̄□ ̄;) 『誰かいる? 熊?( ・(ェ)・)??』
バ 『たぶん 鹿,, でも 多すぎるような,,,』
  
   外を覗く

バ ウギャーー ((((/*0*;)/  『鹿だらけ 取り囲まれてる』

   テントの回り すぐまで鹿だらけ....

の 『ここ 奈良? 襲われない??』
バ 『そんな訳ないけど 落ち着かないな トイレも嫌な感じ・・』

shika.jpg

    写真はイメージ 暗くて撮れませんでした。

  キョッ! ガサゴソ・・・ダダッ! キョッキョッ!
・・・数時間 鹿が騒ぐが・・・・  気がつくと

   ゴ~~~~~~~バタ バタ ザ~~~


バ  (◎_◎;) うっ!『嵐になってる・・・・すげ~雨』
   
  あまりの風 雨で テントは大揺れ 
   テントの保持と雨水対策に幾度もテントの外に....

 
の (@ ̄ρ ̄@) zzzz 
バ 『いい気なもんだ はぁ~ 朝までかな,,,,,,』

    朝4時 シ~~~~~~~ン

バ 『風がやんでるけど さみ~~~~~~~~~~~』

    テントは凍り 霜柱が,,,  息も真っ白

マンティスポケットバーナーでお湯を沸かし コーヒーを入れる

 ocya.jpg

 @(この気温でも ガス出しで対応できるようだ)

の  \(´O`)/ ファ~『おはよ~』
バ 『まあいい気なもんで・・・寒くなかった?』
の  d(>_・ )グッ~!『問題なし!』
 @(自作マットも冷気を伝えることなく一晩過ごさせてくれたようだ)

かくして想定外の 鹿糞だらけの水場 鹿の来訪 嵐の夜
GW の 袈裟丸山行きは終了した。



    さて また工作でも開始しようかな~~~~~~~~~ 袈裟丸山 終了!

                                  袈裟丸山TOP   前回の記事

| ☆山行  | 09:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひき続き小丸山避難小屋前幕営地テント内から
kasa03.jpg


バ 『晴れ間が出てきたし 荷物を減らして往復すれば2時間で
  前袈裟丸往復できるし 天候見て後袈裟丸も行けるかもね』
の 『じゃあ行こうか 時間まだ早いし! 荷物はどうするの?』
バ 『サブバック持ってきたから荷物出して 俺が持つから』
  雨具 薄いフリース バーナーSet 軽食 ペットボトル。。。
バ チャララ ラッチャラ~ 『Tyvek ザック~~~!!』
の 『何!?このちゃちな バックは???』
 Tyvekz.jpg

バ 『Tyvekで作ったバックで超軽量 防水カーバーも要らない優れもの!』
の 『でも~かっこ悪くない?????』
バ ☆ ̄(>。☆)『あの~昨日急いで作ったもんで・・・・』
の 『ネタ作りの 場当たり的な仕事ね!』 (°∇°;)\( ̄ -  ̄ )
バ 『とりあえず,,,使えるなら,,,,帰ったらちゃんとしたの作るから!』
Tyvekz1.jpg


 前袈裟丸山に向け出発したのでした・・・・

 山頂でティータイム~~~
 san.jpg

バ 『やっぱり ポツポツ来たから 戻ろうか!』
の 『あ~本振りになっちゃった~~~雨具~~』
バ チャララ ラッチャラ~ 『はい! Tyvek防護服~~~』
の (∩_∩;)P 『やっぱきたか~』・・・・・
バ  ・・・・・・・
の 『え なんでバカエモンのは?・・・・』
バ 『ゴアテックス!』( ̄ー+ ̄)キラーン 
の 凸(●―●メ)凸(▼へ▼メ)オラオラ『交換!』
バ 『やっぱし・・・・』
 kasa01.jpg

      上着 75g ズボン 65g
       (今回腰までの藪を進むため ズボンは履かなかった。)

バ 『でも これ良いよ~ なんかマジいい感じ・・雨なのにサラサラしてる』
の 『どっかの白装束軍団みたい! パナ○○ーブ×××』
バ 『やっぱ・・そう?? でも 良いんだけどな~』

そして テントに戻るのだが まだまだ予想外なことが・・・      つづく,,,,
                            前回の記事 袈裟丸山(1)
                                                次の記事へ

| ☆山行  | 09:34 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

       kasa011.jpg

GWだと言うこともあり 人の少なそうな山に遊びに行ってきた。
今回は山にはじめて登る友人を同行しての1泊2日の草山歩き
しかし予想外な展開が待っていたのでした。

初日 早朝に車で出発 
渡良瀬渓谷 沢入より山道に入り 塔の沢コース駐車場より山に入る。
友人に合わせてゆっくり登り 小丸山避難所前の幕営地に3時間後到着。
しかし そのころから天候が崩れていき 日帰りも考えるが
とりあえず泊まるだけでも と友人と話し幕営。
kasa03.jpg

( 雨にうたれるテント ヨーレイカ スカイライト2 )

ここから 会話形式で・・・
登場  バカエモン=バカブンド
     のびちゃん=友人
の 『バカエモン水はどこにあるの?』
バ 『小屋から少し下ったとこだよ 一緒に行こう~』
   一緒に探すが 見つからない・・・・  そして少しすると・・・
の 『え~これ~~~』 ( ̄ェ ̄;)
バ 『ほとんど壊れている・・・・それに 鹿の糞・・』(→o→)ゞ 水場近くに鹿糞が散乱
の 『飲んで 大丈夫なの~????』 (*ロ*;)
バ (°_°;) 『沸かして飲めば 大丈夫だよ 水場の上方面には糞ないし』汗。。。。
   とりあえず4Lの水を確保してテントに戻る
バ 『雨も強いから とりあえず飲料用に水を作って 天候待ちしよう』
の 『バカエモン どうやってお湯沸かすの~』
バ チャララ ラッチャラ~ 『NEWマンティスポケットバーナー~』
MAN.jpg

の 『この前見たやつね 新しくないじゃない!』
バ 『バルブとタンクが新型なんだよ のびちゃん』
BARU_20080507140527.jpg

バ 『タンクはダイソーのムース缶 内容量が大きいので2名1泊でも 安心の大型!』
の 『バルブは??何が違うの』
バ 『新しく作り直して なんと9g! 前作より1gも軽くしました』 (・。☆)V
の 『バカエモン 財布出して』
バ 『??????』
の 『この1円 下に置いてきたら 1g軽くなるよ』  d(>_・ )グッ~!
バ ・・・・・・・・・・(~ヘ~;) ウーン 

1時間後 晴れ間が覗いたので 出発の用意を始めた  まだまだ予想外が つづく・・・・・・
                                      次の記事 袈裟丸山(2)

| ☆山行  | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新作。。。。。
NEW.jpg

マンティス ポケットバーナーの軽量化より先に 手をつけてしまいました。
ジェットボイルバーナーで製作した丸型バーナーをどうしても
もう一度作ってみたかったので こちらに手を出したわけです。

ただ 収納性についてはマンティスポケットバーナーのほうに分があり
これが 使いやすいのか?? と言うと・・・・ヽ(  ̄д ̄;)ノ今の所 判らない

ただ新しい試みなど入れていくつもりなので なが~~~~い目で見てやってください。
(^人^ (^人^ )

 
            自作ポケットバーナーTOPへ   前回の記事へ   続く。。。

| ☆徒然・・・・ | 09:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私は猫のように夜目を持っている!ライトはいらない!(嘘`Д´嘘)ノウソダメェ!!!
そんな訳ないので アウトドアで夜をすごすには光が必要です。
今まではPETZLの eライト なんて物を使ってた
HEDP.jpg

白色LED3灯 + 赤色LED1灯   重量: 27g(電池込み)

でもイロイロあって友人にあげてしまった.....そして最近使っているのが 
105円ヘッドライトだ。HED.jpg

これが PETZLより便利なのだ (ほんと貧乏性 "0")
安いけど 結構頑丈なので 持ち運びにケースも要らない
白色LEDが3個入っていて 重量も19g
HED1.jpg

内部構造を見てもOリングが入っているし スイッチ部分はゴムによるプッシュで
日常防水構造と見ても良いと思う。
これはFLET’S の製品なのだが これほどの物が電池込みで
105円で買えるなんて・・m(__)m  
ライトにはペンクリップがついているので 
それをヘヤーバンドに挟むだけの簡単ヘッドライト(ヘヤーバンドも買えば総額210円)

3LEDなので テントの中で本を読むことも出来る。
首から下げる紐もついていて クリップで途中で外れるようにもなっている。

私は寝る時無くさないように この紐をテントから吊り下げておき
そこに寝る寸前に留めるようにしている。

 お勧めです(#^.^#)

| ☆徒然・・・・ | 11:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先日 シリコンコーティングした ナイロンタフタを使って
銀マットにくるんだウレタンフォームをカバーします。MAT1_20080501095942.jpg

両面テープ(フィルムタイプ)を使い周囲を留めて なるべくテンションをかけました。
その後 回り一周をスーパーXを使って接着していきます。

スーパーXがまだ やわらかいが べとべとしない状況まで待って 
ミシンで一周縫います。
MA7_20080501100047.jpg

縫い終わったら急いで 掃除機で中の空気を抜いて密着させ 
スーパーXの接着のお手伝い。
接着が不完全な状況で縫うので縫い穴にスーパーXが流れ込み 
漏れを防いでくれる!と考えたわけです。

空気を抜いた状態で放置しておくと やっぱり 
20分ほどでいくらか空気が入って膨らみました。

どうせ密封できるなんて思ってもないので これでOKでしょう。

重さは・・・・・MAT9.jpg

400gほど   ウルトラライトじゃないですね~。

収納は 二つ折りにして ぐるぐる巻いていきます
MAT01_20080501102501.jpg

最後の最後にホースから空気を吸い出して タイベックで作った
筒にはめ込みます。  
MAT02.jpg

サイズは25cm×12.5cm これが個人製作じゃ 限度かな??  (~_~;)
空気吸い出すとき 製作で使った スプレーボンドのにおいが・・・・
張ってすぐ製作は駄目ですね~  日々匂いは減ってますが 失敗した・・・

昨日の夜板の間にこれを使って 寝袋で寝たところでは 特に問題なし 
次回もって山行きましょうかね。

やはり 空気を密封した高圧で固めのエアーマットが作りたい~~~~


自作マットレスTOP    前回の記事へ                            
                                続く。。。。。。。。。。。。かな?




| ☆徒然・・・・ | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。