2008年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず やってみたんですけどね~。。。
 TY_20080630172907.jpg

修正前↓
TYVEK_20080625093803.jpg

なんか 余計皺が見えますが 実際はだいぶ良くなってます それなりに(^_^.)
し か し。。。。。。。うまくいかないです。。。
屋根に当たる部分などRを取り入れて見たのですが、
TY1_20080630173210.jpg

実は前面と後面が違う形をしていて その部分が上手くまとまらない。。
(前面の出入り口面は地面に対し垂直  裏側は斜度がついているんです) 
やっぱり 異型は難しいと再確認 (~_~)

今回失敗した形の説明は時間がないので 明日にでも上げなおしますが

Ver3の製作を始めないといけないようですね。
天気も悪いし まあいいかな?????

あ~何時 普通に使えるものが出来るのかな  (/_;)

とりあえず 今度はすごく簡単な形で作れってことでしょうね。



スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 17:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(エンゼルフォールに向かったバカブンドの旅行記)
Vene_20080629133145.jpg

カナイマ湖を出発してすぐに滝の脇を登り カラオ川を舟で上流に進む。。
このあたりはまだ川幅も広く 大きな弧を描いて右に左に蛇行を繰り返しながら流れている。
一時間ぐらいすると 浅瀬の急流に差し掛かり 二回目の下舟で我々は陸地を歩くことになる。
人を降ろした船は喫水線が上がり 浅瀬を乗り越え先に進んで乗客を待ち受けるためだ。
この区間は一時間ほど歩くことになり 草原の中を歩くようで気持ちがいい。
この地域唯一の売店もここにあり 買い物が出来るのはここだけである。
売店は原始的な生活をまだ続けているインディオが営んでいて 電気などもなく
薄暗い土壁の家の中にある。
Vene1_20080629134600.jpg

住居一体らしく仕切り壁の向こうでは草で作ったハンモックが釣り下がっていて
中に子供が寝ていた。 (虫などの問題があるため インディオだけでなく皆ハンモックで生活している)
手作りのお土産やソフトドリンク ビール タバコなどがあるが結構高額である。
何も買わないので やることも無く 日陰で休んでいたら大量の蚊?(ブヨ?)にまとわりつかれ
大変な目にあった  私のような貧乏人が嫌いらしい(T_T)

川幅は次第に狭くなっていき ついにはアウヤンテプイの裾野を近く流れるようになる。
(アウヤンテプイとはギアナ高地の最大のテーブルマウンテンで 先住民の言葉で悪魔の山の意味。
周囲700km頂上部分の面積は、ほぼ東京23区と同じで ここにエンゼルフォールがある)
夕方近くまで川を遡上して 今日のキャンプ地に到着だ。
Vene2_20080629135518.jpg

キャンプといっても きちんと屋根が作ってあり トイレもある ただ壁が無いだけである。
床は土そのものなので 寝る時はハンモックを吊って寝ることになる。
Vene3_20080629135757.jpg

ここで使われるのは布のハンモック&毛布で お世辞にも清潔とは言いがたい。。
まったく雑巾と言った匂いを放つ物もある(@@;))))~~(((((;@@) 
用心のためコンパクシュラフを持参していて良かった! この悪夢の匂いからは開放された。
しかし アマゾンの虫に対しては準備不足で 虫除けやら 電池式のベープを持ち込んだが
敵はそんな物に怯むことなく 攻撃を繰り返し 足を中心に虫に食われまくってしまった(T_T)

食事はスタッフが交代でこの場所に滞在して簡単な物を提供してくれる。
そして何時もコーヒーや紅茶が飲めるようにもなっているのだ    が。。。 ここはアマゾン!
この地の虫は生易しくない コーヒー用の砂糖は暗くなると彼らの格好の餌になり 
夜中に見た時には (>w< ) え~~~~~~~~~~! 
インディージョーンズばりに 砂糖ポットが黒い物体(蟻)で真っ黒くうごめく恐怖の物体に。。。
そして次の朝 何も知らないヨーロピアンは嬉しそうにコーヒーを啜るのだヾ(>y<;)ノ うわぁ!!
Vene4_20080629141330.jpg

↑朝日が出た キャンプサイト

    エンゼルフォールを見に行く TOPへ          前回の記事へ    次の記事へ





| ☆徒然・・・・ | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(エンゼルフォールに向かったバカブンドの旅行記)
  Vene_20080628082317.jpg

今日からカナイマ国立公園に向かうことになる。
カナイマ国立公園は陸の孤島で この地に続く道は無い。
つまり飛行機以外では到達できないことになるのだが。。。
数少ない定期便はカラカスの旅行会社が席を押さえていて ほとんど入手不可能であり
この定期便に乗るには 凄い高い料金でツアーに参加する方法が一般的になる。

もう一つの方法はチャーターセスナによるアプローチになるのだが....
実はチャーターといっても 現地旅行会社がカナイマに経営する宿泊所に物資を運ぶ
隙間に乗せてもらう方法になる。
セスナには鶏肉 豚肉 野菜 卵 水が所狭しと乗っているのだ。
これも結局 ツアー扱いになるので 完全独力による エンゼルフォールまでの道は
無い と言って良い。
(料金は2泊3日のツアー費 &1時間の遊覧飛行込みで約US$260と定期便より格安だ!)

朝アドレナリンでツアー料金を清算して荷物の整理後空港に向かった
(重量規制があるので手荷物はコンパクトにしなくてはいけない)
   Vene1_20080628091249.jpg

セスナに乗るのは初めてだが 駐機中のセスナから前方が
ほとんど見えないと言うのは知らなかった。。 (お尻が下がって 機内は空を向いている)
でも楽しいな!セスナフライトは!(#^.^#)

セスナでジャングルを飛び越え一時間後にカナイマの空港に到着
  Vene2_20080628091528.jpg

映画に出てきそうなローカルな空港。。。
ここで入園料を支払い ツアー参加者の集合を待って  エンゼルフォールに向かうことになる。
  Vene3_20080628091533.jpg

時間があったので タンニンで茶色く染まったカナイマ湖周辺をぶらついた。
  Vene4_20080628091728.jpg

今回同行するのはスイス人団体とブラジル人一人。。。
このスイス人というのが団体と言うこともあり まったく団体以外の人と会話なし(*_*;
行動中ほとんどブラジル人と行動を共にしていた。

さあ ジャングルに出発だ!
  Vene5.jpg

まずは カナイマ湖を舟で横切り 歩いて滝の横を登り 上流の川に向かった後 
次の舟に乗りかえる。 
このように 舟と徒歩を繰り返しながら エンゼルフォールに近づいていくのだ。。

                    

    エンゼルフォールを見に行く TOPへ          前回の記事へ     次の記事

| ☆徒然・・・・ | 09:24 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

前回製作できたヘッドを使ったコンパクトバーナーの製作で
悩んでいます。。。
CIMG2056.jpg

↑の写真の炎が出ている部分は ステンレスで出来ています。
 皿のような部品が下から受けているのですが それもステンレスです。
 実際この部品の重量を測ると 上の炎の出る部分が7g少々
 下の皿が4g 合計この部分だけで 11g 。
 これで以前のマンティスやスパイダーのバーナー部品と同じ物を作って燃焼部分を作ると
 (噴射&受け&空気混合管&ヘッド)計ると22gほど。。。。(写真はこの状態)
 
 追加しなければいけない部分は 予熱管 それを固定するための部分 五徳etc。。。
 結局ステンレスと 真鍮だと 60gに到達しちゃうかもしれません(p_-)
 
下の皿の部分は相当薄く 耐久使用回数に疑問が沸きます。
(皿のようになっているのは 周囲を絞ることによる強度UPなので
 これ以上削って小さくする事は不可 )
厚みを変えて小さくしても 重さは一緒か??余計重くなるか。。。

このヘッドで 軽量化を狙うためには アルミニウム または チタンの選択
しかない ではないでしょうか?
重さ(比重)を見てみると 飛びぬけて 比重2.7のアルミニウムですが 
融点が 660℃  で 火を扱うのには ??と言った特性を持っています。

以前マンティスのOHをしましたが ↓ OH.jpg

各部で 熱の影響を 見受けられました。(素材は 真鍮ですが 約900℃が融点です)
はたして これを融点660℃のアルミだったら。。。。。。
   もうグズグズ だったのではないでしょうか? (ヘッドのネジ切り部分などは特に)

アルミを使うとしたら 熱の影響を受けない部分 または 使用期間を長く考えない。。
しかないようです。
貧乏性の私には 長く使えないのはどうも。。。。(^^ゞ ムリかな。。。
すぐ次の製作始めるのだから どうでも良いくせに ここが諦められない性格です(~_~;)

チタンは ほとんど加工不可能だし (パイプの入手はムリだし 溶接もムリ。。。)
出来ても 五徳の素材ぐらいしか 私には手が出せないです。 

は~ 何処に向かえば良いのか??? 迷宮に迷い込んでます。
重くっても いいのかな~(泣き言。。)ヽ(°Q。)ノ ハラホロヒレハレ 


重さを考えない バカな若さがうらやましい。。。。
学生時代 一人3本の分担で大瓶ビールジョッキを担いで山に登った のは 何だったんだ??
北岳の雪渓で 大まるいスイカ割り大会するって 二人に1個の割で大玉スイカ担いだのは。。
餅つきするって 小さな杵と臼を担いで登った燧ケ岳は遠い過去  涙

当時は 周囲の嘲るような 驚いたような顔見るのが楽しみだったのに。。。
今じゃ そんなので~。。。 と言った顔を見るのが 楽しみになってる。。。。。

どうしようかな~~~~ 何か良い方法 ありませんか~~~~~(T_T)
 諦めるかな 重さは。。。





| ☆徒然・・・・ | 09:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は2UPになりますが。。 見た感動をすぐにUPと。。
    IN.jpg

遠くに行きたい 社会の理不尽なルールや、家族の束縛から自由になりたい。
本当の自由とは? 幸せとは?  青年は答えを求めて アラスカを目指す! 

この映画は、90年から2年にわたって放浪したクリス・マッカンドレスという実在の米国青年の
事を書いたベストセラー ジョン・クラカワーの 『Into the wild』 邦題【荒野へ】を
あの ショーン・ペンが脚本/監督で描いている。

とりあえず『ネタバレ』になるのも 何ですから。。。内容には触れないですが

自然が素晴らしく良く撮れています。(*^^)v
未経験者と言いながら 結構いけてる カヌーシーンが現れたり。。。
荒野に居るのに 何時までも綺麗な皮膚 そして 清潔感はありますが。。。
余りある 北米大陸の自然を見せてくれます。

どうやって撮ったのか ヘラジカ?の解体が出てきます (映画なのに実写か??)

ショーンペンが監督ですから 少し 好き嫌いがある映画になっています
アカデミー賞でも最多の7部門ノミネートながら 受賞は助演男優賞のハル・ホルブルックのみ。


デモ でも デモ でも
音楽も自然も 良いですよ~~~!  

                           2008年9月公開予定です。


     興味あるかたは。。。       みぎ     http://www.intothewild.jp/


 


| ☆徒然・・・・ | 17:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(エンゼルフォールに向かったバカブンドの旅行記)

エンゼルフォールまでの道のりは
成田 飛行機 ヒューストン 飛行機 カラカス 飛行機 プエルトオルダス バス シウダーボリバル
飛行機 カナイマ>舟>歩き>舟>歩き>舟>歩き (エンゼルフォール展望台)

   vene_20080626103346.jpg

続き。。。
プエルトオルダスの空港にボロボロDC-9(後にもっと凄い飛行機が・・・・)は無事着陸できた
飛行機を降り空港ターミナルに入るとごった返すほどの混雑が見える。
  vene1_20080626103708.jpg

どうやらこの飛行機がピストンしているようで 遅れにより乗客が 溜まってしまったらしい。 
この飛行機に乗らなかったら相当到着は遅れたのだろう   よかったヽ( ´ー`)ノ

ここからバスターミナルまでの情報は 地球の歩き方には勿論 ロンプラにも無いので
インフォメーションで聞いてみるが 英語をほとんど話さないこの地では意思疎通が大変(-_-;) 
簡単なことを聞くのも疲れる・・・  私の拙いスペイン語と強引な英語で結局判ったのは。。
『交通量が多いので歩くのは危険』 『TAXIで行け!』と言うことだった。
(歩くとしてもロンプラにある地図は実際とは異なります あの地図では行けません)

空港出口でたむろするTAXI運転手に声をかけるが ・・・・
案の定  ツーリストと見ると吹っかける吹っかける!
US$で約『$5』でどう (メ▼_▼)??だと。。 たった3kmに。。
こんな話相手もしないで インフォで聞いた価格$2.5(これでも高いけど)で納得させて
バスターミナルに向かった。
道すがら 運ちゃんは稼ぎたい稼ぎたいと顔にアリアリ!
『シウダーボリバル行くんだろ?このまま行こうや!』
『バスより少し高いけど$50で行くよ!』  って 
ウソつけ~!!!
 
バスがそんな高い訳ないだろ!
無視してたら 運ちゃん 道を間違えて なにやらブツブツ言っていた(笑) 
3Kmとすぐの距離なので すぐにターミナルに到着できた(=゚ω゚)ノジャ、マタ!! 

ターミナルにはすでに シウダーボリバル行きが出発を待っていて
  vene2.jpg

すぐに乗り込りこむことが出来た。料金を聞くと約$1.2(約150円)と格安ヽ( ´ー`)ノ
綺麗なバスでエアコンも効いている 快適なバスだ。
鶏やヤギぐらい居た方が雰囲気は盛り上がるが・・快適なバスの方が楽で良いかな。
不思議とベネズエラのバスは全てのカーテンを下ろし周囲がまったく見られない
  vene3_20080626104949.jpg

前方も見れない・・・  棺おけバスみたいだ。。。

少しすると チューインガムや 箱菓子を 配りに 車掌のような人が回ってくる。
皆に公平に配って行く。 『要らない!』 と言う人も見かけない。
しかし これを食べると お金を払わないといけないので注意です。
中南米ではよく見るのですが 最初皆に配り 後から回収に回るのです。
欲しければ お金を渡せば良いし 要らなきゃ 返せば 済む。
次から次と出発直後にこの光景が繰り替えされます。
マッサージオイルだとか 歯磨き粉なんかも来たりする 商魂たくましいのです!
(大手長距離バスではほとんど見かけません)

一時間半後シウダーボリバルのバスターミナルに到着後
ここから先 お世話になる 旅行会社 アドレナリンに顔を出し
手続きをして 出発後約50時間でやっとベッドに荷物を降ろすことができた。

Hotel Union 35000Bs(約$9) エアコン 水シャワー
vene011.jpg
フロントの爺さんと入り口。
屋上に作ったような部屋だったが わりかし綺麗だった  ただ 明け方に巨大なネズミが
騒々しく走り回っているのには参ったが。。。(-_-;)


                  前回の記事へ          次の記事

| ☆徒然・・・・ | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tarptent から ついに TyvekTent !(^^)/! きた~!sublitetyvek2.jpg

525g 高さ107cm 長さ218cm 幅 広い所で約100cm 狭い所で約50cm

 さすがメーカー どこぞの バカ者が作るテントとは違う! 値段は2万円か~。。。
皺の少ないシルエットが すばらしい (^.^) 感心!
が。。。 写真 日陰ですよね。。 もう少し見たいな これ。。。意地悪(-"-)

素材は皺加工されているから 農業用のソフトタイプ(建材のハウスラップと同等か?)
だと思われる。  

で。。。 で。。。。  バカ者も 作ったりしてた。。。
TYVEK_20080625093803.jpg

サイズは200cm×90cmのスクエア フロアーで 高さ95cm
あ~ 日陰で 写せばよかった (T_T)  差が歴然じゃん。。。。
それに寸詰まりに見えるのは??写真のせいかな???
明るすぎて モニター確認が出来なかったから バランス悪い写真だ。 (言い訳には良いけど)
とりあえず Tyvekがハウスラップと言うこともあり 素材感が駄目ですね。
えらい長い時間揉んでいますが。。。。皺皺って感じで 細かく均等な質感は出来ないかな?
水中で揉むと良いかもしれないが 縫う前に揉むと俺には縫えないだろうし。
縫ってから水中で揉むと ダメージが大きそうな気もするしな~~~~

どちらにしろ私には伸縮性がある布を縫う と言うことは無理なのでTyvekが合っています! 
またTyvekソフトの入手も難しそうなので この路線は外れられないでしょうね。

そ・れ・に・・・家の者には内緒なのだが・・・
長年使っていた エスパースマキシムミニを最近売ってしまって ソロテントが無い。。
もう後戻りできなし 新しいの買うと言う道に 逃げたくない(-"-) 少し意地になっている(^^ゞ
目指すは 靴。ストック。服 以外すべて自作で 1週間のトレッキング!(休めないだろうがね・・)
  INO.jpg

フィールドは 体を張ったラボラトリーダ~~~ッ!(^0_0^)


実は 今回は少しでも懸垂曲線のような よ・う・な曲線を取り入れようと
してみましたが 試張りでは問題が続出(上の写真)
(^^ゞ 今手直ししています。

勿論 懸垂曲線の方程式って。。。 

nabe_20080625101239.jpg

な。。。。なぁ~にぃ~。。???? 
 
なんですけど。。。。  
 
本当はある程度やってから! と思ってたんですが Tarptentから製品が出てきちゃったんで
刺激されて UPしちゃいました(*^^)v。。

仔細や 細かい写真は できあがってからね~~~ぇん!


ではでは                      続く。。。。


       Tyvek Tent TOPへ    前回の記事

| ☆徒然・・・・ | 10:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 半年前ベネズエラカナイマ国立公園にハンモックツアーに行ってきました
アウトドア自作系でお越しの皆さんm(_ _"m)ペコリ 下手な文章ですので 本日はこれにて終了で。。。
          VENE.jpg


この地は コナンドリル著 ロストワールド(ジェラシックパーク)の舞台となった所で
エンゼルフォールやロライマ山の名前で 世界にその名前が知られています。
ベネズエラの情報は本当に少なく 地球の歩き方も ブラジルの後ろに
少し おまけ程度であるくらい。 また誤記も多いため参考になればと思い書いてみます。
お得情報(青色で表記)も出来るだけ書いてみますので よろしくお願いします(^^ゞ

07年10月ベネズエラ カラカス空港に自宅を出てから32時間後に到着した。
本当に遠い 南米の他の有名国と違って日本からの乗り継ぎが上手くいかず
ヒューストンで往路10時間 帰路23時間もの乗り継ぎが必要だからだ。 
これで一番乗り継ぎが早い便だから驚く。

今回 各地空港待ち合わせでは航空会社のラウンジを利用させてもらった。
勿論ビジネスクラス以上の利用が条件だが 裏技がある。
プライオリティーパスhttp://www.prioritypass.jp/と言うカードを入手するのだ。
これがあれば世界各地の空港で航空会社のラウンジが使える。
  VENE01.jpg

(食事 アルコールがほとんど無料だし シャワーやパソコンなども使えるところが多い)
そしてこのプライオリティーカード入手にも裏技がる なにせ年会費が$399もする
高いカードなのだが 楽天プレミヤカードに入ればおまけで付いてくるのだ。
年会費10500円のカードに入ればこの権利が付いてくる 年に数回旅行すればすぐ元が取れる。

   VENE1.jpg
 
カラカス到着後は南米で有名なルーレット入国審査も無くすんなり入国(南米はこれが嫌だ・・)
出口を出るとすぐにポーターが群がり カンビオ! カンビオ!と声を掛けてきた  闇両替だ!
この国の政府は腐っている(調べてみてください)ので・・完全にレートが二つ存在する。
ここはとりあえず沢山のレートを聞きながら ターミナルの外に出て すぐ前の道を左に歩き 
国内ターミナルに移動する。
途中年配のポーターに声をかけ こちらの言い値で両替してもらえた。

国内線のチェックインカウンターで順番を待っていると 綺麗なカウンターのお姉さんに呼ばれた
手続きを始めると 支払いがされてないという。。。
直接航空会社のHPから手続きしたのだが 気になっていたことがあった
カード番号を入れても 『支払いは手続き後48時間以内に』と出ていたのだ。
どういうことか?と会社にメールを4回ほど送ったのだが 返事は無かった
・・やっぱりだ しかし予約は生きていたようで その件に関しては安心した。
USの予約系HPでも購入できるが やたら高い!
通常 ベネズエラの航空会社のHPを使って日本国内では買えないと言われていたが
試しに予約したら出来たのだが。。。 これは予約だけで 発券を南米の旅行代理店などで
行わないといけないらしい。カード番号は本人確認か??
今回も結構混んでいたが 乗客が多い混雑時は予約がはねられる可能性がある。

支払いになるとUS$かBs(ボリバル)?と聞かれたが 勿論Bsで払う。
$75が闇レート換算で$40で購入できた カードで払わなくて良かった~(*^^)v。
(多くのベネズエラ旅行者のレポートでは空港から市内にTAXIで移動後 
バス利用でシウダーボリバルへ移動と書いていますが。。。。
時間&費用の点で飛行機でプエルトオルダスへ そこからバスでシウダーボリバルへ移動
をお勧めします。
なにしろバカみたいに高い空港TAXIの料金&バスより飛行機&バスのほうが安くて早いです。
但し南米の航空会社は いい加減なので確実性ではバスでの移動の方が確実です。
バス利用も視野に入れて飛行機での移動で予定を立てることをお勧めします。
国内線はエアロポスタルのみ航空会社のHPにより予約可能 他社NG。)


チェックインに際し予約したフライトより早いフライトにならないか 聞いてみた所
係『一杯です!』    やっぱり(;一_一)。。。か。。。
係『多分・・・』   ??多分って あんた そんなのあり?? 
と思っていると急に
係『ついて来て』 係員がいきなりカウンターを抜け出して走り出た。
 
戸惑いながら ついて行くと 搭乗口まで私を引き連れて行き
搭乗係りのおばちゃんに交渉を始めてくれた  『唖然』(@_@)。。良いのこれで??  

結局乗れないということになったが 滅茶苦茶じゃないの? どうなってるの予約システムは?
係員は手を振って帰っていく。。私は2時間も前から搭乗口で待つことになった。
ありがたい対応だったが 全体的に見たら ちゃんとしたほうが良くないです????
(-"-)。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

VENE4.jpg

それにしても 前のフライト ボーディング中と掲示板に出でているが 何も始まらない。。。。
(σ‐ ̄)ホジホジ ( ‥)ノ゛⌒・ ポイッ  だらだら。。。(15分後)
もう飛んでる時間だが まだ搭乗が始まらない。。。ピン!(・_・)δ―――――・(☆||| ̄□ ̄)VENE3.jpg

窓の外に停まってる飛行機 今 エンジンから炎出た。。。。
搭乗客 ザワザワ。。。。。アナウンス『○×△×▲ スペイン語』
搭乗客が一斉に散っていく。。 (((p(>o<)q))) いやぁぁぁ 何があったの~~
周りに声かけても 誰も英語は話せない カウンターのおばちゃんも 英語だめ。。。
状況が判らず待つ私は ただのバカ者??
何も出来ない私は 自分のフライト時間まで待つことにするが。。。

発火から30分後 アナウンス『○×△×▲ スペイン語』
搭乗客が集まって乗っていく あの火を噴いた飛行機に(@_@)。。
しかし。。絶対次のフライトもまともに飛ばない予感がする!! 
カウンターで 『乗せてくれ 乗せてくれ』と言ってみた。
予想は正解で アクシデントでキャンセルが出たらしい 行けそうだ!!
『○×△×▲預けた荷物は?』見たいな事 言われたので『ノン!』と言ったら
乗せてくれた 次の飛行機のボーディングパスで。。。乗れた。。。(-"-)

フライトアテンダントにパスを見せ『席は?』 と聞くと 辺りを見回し 『ソコ!』って
VF0.jpg

すぐ後ろから来たおっちゃんが 俺の所にきて『俺の席だ』みたいなこと言ってきた (・.・;) 。
するとアテンダントのお姉ちゃんが飛んで来て 怒ったような口調で  『あんたは ソコ!』
非常口の前の空いてる席指差した。  さすが! 南米フライトアテンダント!
エライ エライ 何がエライかわからないけど 偉かった!

かくして 火を噴いた右エンジンは 唸りを上げ 飛行機は空港を飛び立った。。

そして よく見ると 乗り込んだDC-9の機内はボロボロ。。。
合わせ目はずれてるし ペンキで白く手塗りで塗りなおしてるし。。( ̄_ ̄|||)どよ~ん
VF.jpg


    
                                次の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多孔ヘッド開発 v(≧∇≦)v イェェ~イ♪!!
      CIMG2056.jpg

ついにきれいな炎が出来ました(T_T)。。。。
噴出口から出るきれいな そして小さな  炎炎炎炎炎が見たかった。。。。(p_-)
何度この手の噴出口を作っても炎赤くなってしまって ε~(;@_@) ガクン
それが本日 青く 青く燃えてるじゃ あ~りませんか!

なぜ炎赤くなるか!???
それは燃焼前の空間の広さだったようで・・
以前アメリカに居る時に購入したコールマンのバーナーヘッドを
掃除の時見つけて気がついたんです。。
 col.jpg

日本に売ってるか知りませんが でかいんです!↑
col2.jpg

でもヘッドの裏はこんなにシェイプしてる!軽量化のためではないでしょ(ーー゛)
今まで空間を大きく取りすぎたせいで炎赤く燃えていたのでは?
そう思って 少しづつ空間を狭めてみたら!
炎炎炎炎炎可愛い 可愛い彼らが現れたんです!
ヘッドの上で 仲良く並んで ダンスしてます。。。。。
(;_;)(;_)( ;)( )(; )(_; )(;_;)(T-T) うるうる~会いたかったよ~~おまえら~

静かな炎のダンスを・・・・ご覧ください 火力調整の様子も入れてあります。

さてこれに液出しを加えて 軽いの作るぞ~~! 出来るか??   
                               
                                          続く。。。。。









  

| ☆徒然・・・・ | 09:49 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

          TATE.jpg

         ????????????????????????????
プラティパスってありますよね。。
        platypus_platypus_sm.jpg

2Lを基準に考えて見たいのですが・・・(プラティパスの場合サイズ的に2.5Lになる)
容量:2.5リットル  重量:35g で 1500円程度
これって高くないですか~~?? 
はじまった貧乏ハイカー!・・・・Low Cost Hiker Fan web に名前変えるか??)

エバニューにもありますね。
    EVA.jpg

2Lで42g こちらのほうが重い。。。でも900円位かな??

でもね 容器メーカーさん。。。多用途用にこんなの作ってるんです
pauchi.jpg

↑ 大阪の容器メーカーさんが作ってる物で
  スパウト材質 PE   2Lで 120円 (T_T) メーカーさん大変!
(但し500個単位  500以下要相談) 
  構成  フィルムは3層構造もしくは4層構造  
       外装をPET  中間層をナイロン、商品によってアルミを追加  内面をLLポリエチレン
これ皆で別けあいたい。。。。

で。。。ですね 私が使ってるのは 立山の天然水 一番上。。。
え?? ペットじゃ。。。。。。。(;一_一)

いえいえ
      TATE1.jpg

あるんですよ! 詰め替えボトルが! 重量も23g
確かに 素材的には 上記2つには敵いませんが・・・
テント場で使うなら それほど強度は要らないですよね!
わたくし  行動時はペットボトル使ってるし(^_^.)
これはクロネコヤマトの特選市場に売っています。
TAKA_20080622112820.jpg
 
『な矢印上んと 2L×6本で 初回は専用カートリッジも0円で。。。。送料も0円
『それに今なら 立山のお水が12Lも(*^^)v おまけで付いているんです』  
      (ーー゛) 本命は何だって!
声が高くなっちゃいますが・・・(あくまで クロネコです)
1000円(税込み)です 『金利 手数料は 知りません!』

それに その容器は 特許を取った機能が詰まっているらしい
http://www.yamato-hd.co.jp/news/120810news2.html

さて ウルトラライトな方々! これっしょ!これ!
プラティパスより 12g軽いっすよ!
ただし バックに突っ込んで 中で爆発しても知らないよ~
水場がある テント場で使いましょうね。

じゃあ ジブロックでも良いって (((((BOMB)))))    。。。。゛(ノ><)ノ

まだブログで 見かけないので これ見て使う人 書きこ してね~~~


ではではでは


| ☆徒然・・・・ | 11:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少し前に書いた LEDライト出来ました。
LEDR01.jpg

いい名前が思い浮かばないので そのまんま 『八灯』 LEDライトとしていましたが・・
ツォンさんが名前をつけてくれましたのでスパイダーアイズに決定です。
 LEDR1.jpg

写真左に見えるのが スイッチ スライド式で明るさを調整します。 
電池BOXは下の写真のようにLEDの裏側になります。

重量は10gで 電池込み総重量18g   軽いでしょ!

スイッチ切り替えで 4灯または8灯
LEDR2.jpg

↑8灯   ↓ 4灯
LEDR3.jpg

光量はLEDメーカー(SOUSHIN)発表値
4灯  20~24カンデラ       8灯  40~48カンデラ
色温度 7500K~8000K
照射角が75度もあるので 通常のLED ほど明暗がつくことも無く 
周囲を照らします。

PETZLの eライト ↓
HEDP.jpg

27gより9g軽く! 明るさは 倍以上確保。
今まで使っていた FLET’S 百均ライトより2g軽い。

前回紹介からの変更点は アクリルを透明から乳白色に変えて
LEDからの光の反射率を少し上げてみました。
LEDR4.jpg

EVA樹脂(スポンジみたいな素材)で作った ↑を追加すると
写真のようにヘヤーバンドと組み合わせヘッドランプになります。
LEDR5.jpg

本体&EVA樹脂に付いた青い部分はマジックテープです
ここを張り合わせて 中にヘヤーバンドを通す形をとります。

EVA樹脂は軽いので 電気秤に乗せても1gの値が出ませんでした。

完成~~~~ 明るいですよ~ 
これで100均ライトの出番は無いな。。


まったく 他の人の参考にならないこんなライト作って! 
なんて声が聞こえそうですが。。。。。。
電池余ってるんで 許してくださいまし。
逆に小さいLEDライト作りたいけど 電圧を上げる回路を作るのが。。
なんて人 一報ください 10個単位で電池お分けしますよ(^^ゞ。

        ではでは 
                          LEDライト 前回の記事
  

| ☆徒然・・・・ | 12:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネットの世界とは凄い物で 世界中が繋がっている
まあ当たり前なんですが。。 

イタリアのbenniblueyesサンという方から 連絡が来て びっくり (◎-◎;) ビクッ
彼の作品を見せてもらった。。。  
al.jpg

で。。。見つけちゃった 同じ物作ろうとしてたのに・・・(T_T)
アルコールストーブ!YOUTUBE動画

スイスのボルドーバーナー↓似の デザイン 機能の アルコール版
 gls_borde-banner.jpg

あまりに私の構想にそっくりで 笑っちゃう。。。
アルミスプレー缶のお尻に穴あけて 燃料を入れ
プレヒートして内圧を上げ アルコールを燃やす・・・
この製作で問題なのは アルミ缶のロウ付けで
私はアルミ専用ガス溶接棒ALウェルド君の購入機会ををうかがっていたのに(p_-)
al01.jpg

彼はそこらへんも上手くやってる。。。
あ~萎えた。。。(;一_一) 他の方法考えよう。。。

彼のほかの作品では
al3.jpg

これが可愛くて いい感じですね~~YOUTUBE動画

彼にはスパイダーポケットストーブを気に入っていただけたようで!(*^^)v
さあ 負けずに がんばりましょう!
オーストラリアのTONYさん  イタリアのbenniblueyesさんに負けないようにね!

ではではでは!
        ※o(▽ ̄*)/フレー※\(* ̄▽ ̄*)/※フレーヽ(* ̄▽)o※

| ☆徒然・・・・ | 11:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

以前書きましたが 発光ダイオードについて だいぶ弄った時期がありました。
そこで また作ろうかな~ なんて思っていたので 製作してみることにしました。

少し前まで LED Booster ↓を使って製作するつもりでしたが
ledbooster2p_back.jpg

工作室を掃除していたら・・・
塩化チオニルリチウム電池(通称ウルトラリチウム)電池が出てきた
それも大量に ダンボールの小箱に入って(;一_一) バカだ。。。
       DEN.jpg

電圧 3.6V   容量 1000mAh  質量 8.5g 仔細
以前テストと 製品製作に使うために買った物で
千石電商が投売りした商品である。 小さいダンボール一個幾らみたいな。
この電池 普通に買うとバカみたいに高いですが 余りに余っているので
これで作っちゃいましょ! 電圧はLEDにピッタリ! 容量も申し分ない!

ただ最大放電電流の値がやたら低く表記されているが・・・・
実際点灯させてもまったく問題なし! 以前は白色LED28個を光らせたこともある。
     koushienz0.jpg


光らせるLEDは Made in ChinaのFlex 白
      LED.jpg

Vf:3.4~3.6V  If:30mA 7500K~8000K  照射角 75度  といった物
(これも Hさんという プロビデオカメラマンさんから注文受けた
                    大型円形キャッチライトに使った余り物)

まあ 余りもんだけで作る予定
とりあえず こんな感じに電池BOX を固定したんでLED1.jpg

アクリルをもう少し小さくして LEDは8個ほど乗せる予定
4個 または8個の照射にスイッチで切り替え
LED1個がMaxで30mA なら (×8で240mA)  4時間~は発光出来ますね。
通常(×4で120mA)なら この時期 一晩は光り続けます。
(電池BOX は秋月電子の高出力対応アルミ電池BOXを小さくつめて使います。)

LEDは数があるので 一個一個流量を計って 粒をそろえて使い
バラスト抵抗は使いません(軽量化←??笑 めんどくさいから。。。です)

時間の隙間を見て チョコチョコ弄りますので 出来たら報告します。

                       ではでは      次の記事


雑学 白色発光ダイオードの発明は世界に多大なる影響を与えたのは
皆さんご存知だろう  そして・・・ある業界に大変な変化が起きたそうだ。
これはあまり 公表されていないようで(あまり公表できない業界だし・・)
ここで雑学として 書いてみます。

その業界とは男性が夢??を求める(^^ゞ 裏表AV(○ダルト○デオ)業界。
撮影現場での撮影方法に変化が起きたそうだ。

ビデオ撮影となるとライト照射が必要となるが・・・
動き回る上にマクロ(^^ゞの時 影が生まれやすく 光の当て方が困難だったらしい。
いちいち停めると雰囲気壊すし・・   私はよく知らないですけどね(;一_一)・・・・
それが 熱を殆ど発生しないLEDライトをハンドカメラのレンズ周辺に
配置することにより 演技者が演技しながら(^^ゞ(演技?)撮影でき 
熱も無くコンパクトなので リアルな演技で被写体(^^ゞに
影を作らず接近できるようになったそうである
私はよく知らないですけどね(;一_一)・・・・
 
そんなこんなで マクロリングライトを作って(SONYの物より高出力の) 
この業界に売り込もう!! と言う話も受けたが・・・・・ね・・・・・ 
今は 当時の製品よりもいいもの出来たんじゃないかな~
 








| ☆徒然・・・・ | 09:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休みが続いたが 今週は休養日にあてようと
また ゴソゴソ ミシンを使っては 夜は飲みに行っていた。
いいお店を 見つけたので 後で書くことにするとして・・・

気にしてたTyvekについて まとめてみた。。。
と言うか 調べても誰もまとめてないので 判る限りまとめてみる。
(いらっしゃいましたら 教えてくださいm(__)m)  

出来ればどなたか 続けて調べて 完成させてくれること希望です。
まとめた方 教えてくださいね (製作されたHP知らせてくださいね~)

後に部分的に判ったら  ここを改修していきます。(コメントください(*^^)v)
とりあえず 本日は書きっぱなしで!



keyimg_01.jpg

米国デュポン社が開発した0.5~10ミクロンのポリエチレンの連続性極細繊維に
高熱を加えて結合させたシート。
水蒸気を放出する透湿性、水の浸入に対する防水性、手荒い扱いにも耐える強度で、 
熱や紫外線による経年劣化が少ないらしい。
いろいろなラインナップがあり 多岐にわたる使い道がある。

建設資材
@Tyvekハウスラップ
  対水圧 1600mm 重量(メーカー値発見できず)
  一番世界で使用されているモデル 硬い感じでパリパリした肌触り。

@Tyvekシルバー  
  ハウスラップ)にアルミを特殊技術で蒸着させ、遮熱効果を持たせた商品
  赤外線を75~85%反射する。
  Tyvek_20080618091234.jpg

@Tyvekドレインラップ 
  ハウスラップにシワ加工 水はけをあげている。
  Tyvek1.jpg

@Tyvekルーフライナー 
   タイベックをベースに、屋根下葺材に必要なクギ穴止水性と滑り止め加工
を付与した製品 148 g/㎡ 厚み0.42mm  対水圧 2100mm

* 建設資材では シルバーとルーフライナーが素材的に違うようだ
   全体的に 強度が高い製品が多い。

農業用  参考    http://mbc-g.mediagalaxy.ne.jp/index.html
 Tyvek   ハードタイプ  柑橘用水分コントロールシート
        ソフトタイプ  柑橘用水分コントロールシート
 400WP  落葉果樹マルチ用 (快速旅団はこれかな??)
 700AG  花・野菜マルチ、総合防除(IPM)、その他
 760AG  ハウス内張カーテン、養生シート
          タイベック700AGと比べて約1.5倍の目付けで製造されており、
          強度、耐久性を増しています     
 1000AG 花・野菜マルチ、総合防除(IPM)、その他
 
 スーパーシート
        ビニールハウス素材 デュポンタイベックをベース素材に使用し、
        さらに強度を高めた外張り専用シート
 スーパーシェード
        ハウス内で使うカーテン 外側白色 内側黒色 私興味あります。
         
防護服
Tyvek2.jpg

@Tyvek 1422 ソフトで柔軟性に富んでいる 相当薄手です
@Tyvek 1427 1422の新型 通気性を向上 さらにポリエチレン繊維が細かくなった

以下 Tyvekの変形
タイケムC型  main-s.jpg

タイベックにポリマーコートしたもので、液体、水等に対して優れたバリア性を発揮し
超微粒子の有害ダストや粉体を完全に遮断。 耐水圧は2000m/m以上 。
  
タイケムR型  main-F.jpg

タイベックに高性能バリアフィルムをラミネートしたもの
耐水圧は2000m/m以上

医療用 (Tyvek® Medical Packaging)
医療用滅菌包材   1073B, 1059B , 2FS™の3種類
    Tyvek4.jpg


入手に関しては 建設資材 または 農業資材ですね。
防護服は そのまま雨具 かな??(ちょっと考えていることあり(*^^)v)
農業資材に 相当の選択幅があり 現物を見て 判断したい所です。

接合については  
通常の接着剤 紙用の接着剤なども使用可能です。
勿論両面テープ セロハンテープ ガムテープもOK

私の感想ではテープは結構有効です セロテープでも『後で剥がせるや!』
見たいな感じで使ってしまうと 素材をいためます。 
逆に強力な物の場合目止めなどに使えそうです。

私は接着にスーパーXを使っています。しかし 新品のハウスラップに
使用する場合 こするような力がかかった時 こそげ落ちていきます。
最新のスーパーXゴールドでは 特にそのような気がします。
出来れば手で揉んで 面を荒らしてからのほうが強い接着を発揮します。





| ☆徒然・・・・ | 09:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甲武信ヶ岳(NG)⇒両神山でテストした自作器材報告

コメントで頂いたダウンシュラフは??
(ツォンさん どうも書き込み有難うございます( ^^) _U~~)
の内容も含めて報告しておきます。

(初テスト自作器材)
 @ Tyvek Tent
 @ 改造ダウンシュラフ
 @ スパイダーポケットストーブ
 @ 製氷皿カップ
 @ 折折皿(銘々ORIORIZARA )

改造ダウンシュラフですが お気づきの方いましたでしょうか?
Ty.jpg

前の報告でチョコット↑写ってました(^^ゞ せっかく作ったんだから使わないとね!
でも報告内容をどうしようか考えてたんです。
何せ今までダウンを使った事が無い(T_T) 
夏場はOverLandのコンパクトシュラフまたはニッピンのアルミックス(古~!)
それ以外はモンベルのダクロンシュラフでした。
冬場は合わせ技で 大きさ 重量は 人間力で勝負でした。
しかし! 最近 軽いの慣れると。。。 (_ _;)/~~~~" 降参!許して..

話を戻します  改造ダウンシュラフですが問題ないです。
軽いし 小さくなるし・・・(←当たり前(^^ゞ)
しかし 内容ダウン量とかは計れなかったのでどんなもんだか??
製作途中であれほど 手が離せなくなると思ってなかったので
準備不足でした。(前回ダウンシュラフを弄る参照)

一番心配していた羽毛の飛び出しは殆ど!と言うかまったく見られません。
ミシン目からの飛び出し用心でミシン(ジャノメ)を使った時 
縫い目はノーマルより(-1 細かめ側)です。

中に入れたダウンにフェザーが少なかったのも良かったのでしょう!
生地からの飛び出しも見られません。 これからの季節はこれで良いと思っています。
>予定では Tyvekの極極薄い物でシーツを作るつもりです。

スパイダーポケットストーブ
SUPA.jpg

まったく問題なし ただ小さいから 写真撮り難い(^^ゞ
火力が少々小さいですが まあ一人でラーメンとかコーヒー カレー温めなどまったく
問題ないんで 完成ですね。

製氷皿カップ
        CUP0.jpg

丸型一式コンパクトストーブの製作時 ケースにもなるように 
アルミのカキ氷用製氷皿で作ったカップです。
今はスパイダーポケットストーブのコーヒー用に使っています。

キャップが付いているので 内部に コーヒー 砂糖etcを入れておくことが出来ます。
シリコンチューブを持ち手に付けたので熱くてもOKです。(ただ 口が熱いですが 笑・・)
持ち手を付ける部分はアルミリベットでカシメルのではなく
熱伝導性接着剤 使用です。 簡単に製作出来ますよ(チタン全盛ですが…)

折折皿
        ori2.jpg

山で写真撮るの忘れた(T_T)けど まあ何も問題なく使えました。
カレー皿で使ったのですが 紙できれいにふき取れて 便利便利!


以上で今回の山行 新作の報告でした!                      ではでは

| ☆山行  | 08:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

shiro1.jpg

Tyvek Tent にお泊りした(*^^)v 評価です
サイズについては
saizu.jpg


高さが足りないな~ 最低限で十分と言う人には この高さでも良いでしょうが.....
中で座って過ごすのには頭周りがウザイですね。
長さについては210cm取ったんで広いです。 身長は173cmなのですが
十分あまってます 入り口側 反対側の壁が垂直になっているので
デッドスペースがうまれにくいからでしょう。(大きすぎた感じがします)
は86cmこんなもんでしょうか?
もうチョイ欲しいかな 贅沢かもしれませんね…。
重量はツェルトを入れず Tyvekテント(窓塞ぎのナイロンタフタを入れて550gほど)
ツェルト入れちゃうと1kgを少し超えます(だめですね~)
shiro3.jpg

入り口部分のチャック 2本のチャックで開閉します。
shiro2.jpg

後ろから見た所。 実はテントを張る時ここ(後ろの支点)が一番難しかった(ーー゛)
テントだけだと簡単なのですが フライ代わりのツェルも張るとなると
同じ支点からラインを引く時 なかなか上手くテンションをかけられなかった。
練習が必要だと感じました。
shiro4.jpg

shiro.jpg

夜 目の前にはデカデカと・・・・・・

それにしても Tyvekの浸湿性は凄いと思いました。
夜少し冷え込んだので 窓を幕ですべて閉め 入り口も閉めて
(窓の隙間から 空気の入れ替えが出来ているだろうから酸欠はなさそうだし)
過ごしていたのですが ほとんど結露しない!
うっすら天井部分に湿り気を感じるぐらいです。
狭い室内で 大雨のあと 締め切って結露しないのはGOODです!

さて次回は 構造上の問題点を書いてみたいと思います
  
        
                                   前回の記事へ      次の記事







| ☆徒然・・・・ | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tyvekで製作したテントについてですが 製作について書いてみます
Tyvek.jpg

Tyvekの防水性能を有効に活用するならシングルウォールテント!
でもあの位置にメッシュがあると フライが必要になる・・・

答えは簡単 すべて実験です(~o~) とりあえずテントを作ってみたかったので 
製作に簡単そうなTyvekで作った そして。。。。考えているうちに窓が付いた。。。

テントを作るうえで、チャックを上手く縫えるか? メッシュをヨレ無く縫えるか?
いろいろ問題が想像されます。 とにかく作ってみよう!そんな所です。
そして製作出来たなら それを元に完成度を上げていきたかった。

また今は雨の多い時期なので 今回はとりあえずTyvekだけで雨対策するのではなく
手持ちのツェルト ECHOROBA(←ハングルです) のALPINE BIVOUAC を
フライとして考えて形の製作から入りました。
F5-TE1169--M.jpg

そして フライを使うなら暑さ対策にデカイメッシュが欲しいな~
じゃあ でっかく付けちゃうか! で あの大きな窓です  (0_0)
性能云々より 付けたい物 付けちゃお! 
Ty.jpg


で 本当に何とかなりました。
saizu.jpg

(↑サイズ図です)
製作素材のTyvekはホームラップですが ソフトのほうではないので
(今度Tyvek素材まとめて見たいと思います)
裁断やサイズを決めるのが本当に楽でした。
感覚は折り紙です! センター出しなど計るのではなく重ね合わせて折り目を付ける
切る時も 長さをあわせて印を付けて・・・
布と違って伸びは無いし 切りやすい!
kiru.jpg

接合ですがテントの場合縫った方が良いようです。
接着だと確実に留めたいため 多くのボンドが必要になるでしょうし
貼っただけだと弱いかな?と感じました。
nuu.jpg

USAで販売されるTyvek Tentも縫い目が見て取れます。
今回はミシンで縫った後 縫い目をボンド(スーパーX )で目止めしてあります。

入り口部分 フロア 後ろ三角は一枚のTyvekで出来ています。
チャックは一枚のTyvekに縫い付けてから 切れ目を入れて開いています。
メッシュは穴を開けてからボンドで留めて 後から縫いました。
メッシュ周りは一周ベルクロ(マジックテープ)が縫いこんであり
ここに ナイロンタフタで作った幕が付くようになっています。

次回は 使用感 素材感などを書いてみます。
                      前回の記事へ               次の記事





| ☆徒然・・・・ | 08:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今回は日曜夜から始まる。。。。。。 

仕事が長引き 落ち着いたのは夜10時 気になっていた甲府地方の
天気予報は月曜正午までは降水確率10% 午後からは50%。。
『行けるな~(;一_一)行くか!?甲武信ヶ岳』 
早朝に歩き始めて午前10時頃までにはテントを張り
土砂降りに備えれば乗り切れるだろうし…
歩きながらでも 2時間ぐらいなら降ってもたいした事は無いだろう
火曜は晴れたフィールドを歩ける予定。

ほとんど寝ないで01:00に家を車で出発。
04:30には西沢渓谷の駐車場に車を停めて歩き出した。
山は雲に包まれ降り出しそうな雰囲気
早くテント張りたいので 少し飛ばし気味に歩いた。
N.jpg

入り口を通り抜け入山届けを書いた時 ポツ。。
ポツ。。。 あ~ 早くも来ちゃった(ーー゛)
それでも午後から本降りだろうと 新丸新道を進んでいく。
な~んて 心の中じゃ 
(マジに雨来ちゃいそうだな~~)(テントで読む本 車に忘れたな~)
マイナス思考が支配しだしてきた。
登りだしてから45分 土砂降りになった。。。。 
『撤収~~~~~!この中4時間以上歩けないよ (p_-)
それに テント自作だぜ~』
   自分に言い訳して下山

あ~あ まただよ。。。( ̄、 ̄)チェッ なんて思いながら 
大きなビニール袋に雨具を突っ込み… 発車

それでも未練たらしく  一路中央高速で帰るのではなく 雁坂トンネルを越えて
秩父経由で帰ることにした。

雨は 次第に弱くなっていく。。。 ( ̄へ ̄; ムムム
やっぱ帰るの嫌だな~~~ ここからなら 両神山行くか
2時間でテント設営出来るだろうし
自作テントに何かあったら 屋根の下逃げられる。

そんな こんなで 両神山 日向大谷向の駐車場に到着。
ベチョベチョの雨具は諦め Tyvekの防護服を被って登りだした。
ryou001.jpg

雨は何時しか弱まり 清滝小屋に着くころには 青空も見え出した。
ヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ 神がついてるね~

・・・・ そして設営したテントが・・・
Ty11.jpg

え。。。。。。
SOY00.jpg

SOY01

Ty2.jpg

SOY02.jpg

Ty.jpg

SOY04.jpg

SOY03.jpg

こんなバカなこと 書き込もうと 思いながら登ったんで。。
夕方 3時間も土砂降りに さらされたテント
ryou1_20080610161728.jpg

さてテントは。。。。。

いろいろご意見が あるでしょうが。。。(~_~)
今日はここら辺で。。。 お後がよろしいようでm(__)m
                        前回の記事へ      次の記事
SOYJOY 勝手に使ったんで こんなブログじゃ怒られないでしょうが 宣伝まで
    http://www.otsuka.co.jp/soy/
        おいしいから買ってね~ エヘ(^ρ^;)\(″″) オイオイ.. 

| ☆徒然・・・・ | 10:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ryou_20080610161556.jpg

フィールドで何が起きたか。。。
ryou1_20080610161728.jpg

明日 公開  (・.・;)


で もって。。。。見ちゃった。。地球の裏側で 液出し してる。。。。
TONY.jpg

http://www.backpackinglight.com/cgi-bin/backpackinglight/xdpy/forum_thread/14116/index.html

| ☆徒然・・・・ | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tyvek Tent (タイベックテント made in Japan)
(今日はクール ポコで行きましょう!)
Tyvek.jpg
『Tyvek製のテントがあるんですよ~』
『なぁ~にぃ! やっちまったな~』 
『男は黙って』
 
『Bivyザック』 
『男は黙って』  
『Bivyザック』
私にゃ無理 怖い (@@;))))~~(((((;@@) うろうろ
  

そんなこんなで Tyvek Tent 

うちの周りにゃ 土が無い  出かける時間も無~い!(T△T) アウアウ~
屋上で 無理に広げると。。。。ペグダウンできないので テンションかけられない。

次の記事へ。。。
 

| ☆徒然・・・・ | 08:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行動食は皆何を食べてるんだろう??
カロリーメイト なんか多いのかな? これは1箱 4個入りで約100g
お値段は 大体210円といったところかな・・・
   caro.jpg

そこで 提案 こんなのはどうだろう? マジック フレークス
Magic.jpg

http://www.urcexports.com/html/products_crackers.html
私のような 百均大好き人間は 見かけているだろうな  (^^ゞ
食べている人も多いことでしょう。 (ダイソー 99円SHOPなど で販売されています)

カロリーなどを見てみると (両方とも1個の対比)
caro01.jpg

カロリーメイトは4個入り1箱 マジックフレークは8個入り一袋
(カロリーメイト1個25g マジックフレーク1個33g)

マジックフレークの方がカロリー高くない??
カロリーメイト1箱分ならマジックフレーク3袋で十分でしょ!

ビタミンバランスはカロリーメイトのほうが良さそうだが マジックフレークだって
ビタミンAは配合されているしね(内容量の表記なし)
  Magic1.jpg


はっきり言って お味的には マジックフレークの断然勝利!(私的にはです!)
ぜひ見かけたら 食べてみてくださいね。

アメリカではスーパーなどに クラッカー5~6枚と チーズを別にパックした
お菓子が売っている。
snackpackaa.jpg

食す際に 塗って食べる形なのだが これも美味い!カロリーも取れそうである。
日本で販売されているのを見たことがないが これもぜひ販売して欲しい物です。 

カロリーメイトだけで 1週間生活した 黄金伝説さんが居ました
http://www16.plala.or.jp/LastComets/Calorie_Mate_one_week.html
(;一_一)     真似したくないな。。。。。





| ☆徒然・・・・ | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOHOのプチガスボンベ用のバルブを作ってみた。
   TOHO_20080605085928.jpg
 
小さいのでロウ付け技術の未熟な私には難しかった(T_T)。。。。
コンパクトになりました  手のひらサイズ!!
   TOHO01.jpg

形はアヒルちゃんをモチーフに仕上げました(←ウソです(^^♪)
   TOHO6.jpg

この形 無駄に 上部が長い気がするが。。。実は 
座りの良いタンクを使ってオプションも考えてみました。
こんなの追加  ⇒  TOHO7.jpg


マイクロガスキャンドル!!
バルブの出力調整を光で表してみました。

                 マンティスポケットバーナー TOP
                                     前回の記事へ   続く.....

| ☆徒然・・・・ | 09:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      TOHO1.jpg

今行っているプロジェクトが最終段階で行き詰ったので 息抜きをかね
池袋に出た。。  
天気は雨  月・火曜と 2日続けての雨で山行は中止で良かったようだ
雨の中2日続けて行動できるほど 強い精神力を持っていない(p_-)し。。。

秀山荘を覗いたあと東急ハンズで部材をいくつか購入。 
続いてアウトドアコーナーもついでに。。。キョロ(。。ヘ))..(・・?)...ヘ(;・・)ゝキョロロ
なんかいいアイデア落ちてないかな~~~??と見て回る
そこで見つけたのが このマイクロボンベ。

以前から山屋さんとかでも見かけていたが なんとなくスルーして見過ごしてきた。  
今回は とりあえず買ってみよ~~と購入
サイズ比較  (極細スプレー方式缶 携帯電話 と)
    TOHO3.jpg

ネットで調べると 東邦プチコンロのボンベだった。
東邦工業 のプチコンロ
    TOHO.jpg

カロリー 約400kcal/h
外形寸法(mm)
 使用時  118 (W) × 118 (D) × 115 (H)
 収納時   75 (W) × 65 (D) × 90 (H)
重 量(本体) 235g

      TOHO2


重いな~ でかいな~・・・・・(←おかしくなってるかな?? "r(^^;) ポリポリ)

どうやら12gも入るそうだから バルブ作って
スパイダーポケットコンロに使いましょ。
(専用のバルブが必要ですね)

500ccは楽に沸かせるから 行動中にお湯沸かすのも良いでしょ。
今までの 極細スプレー缶は逆さ利用だったので これならそのまま使えるしね。

では では では。。。

| ☆徒然・・・・ | 09:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

梅雨入りが発表された(T_T)
m_tsuyu.gif

実は今日から 山に行く予定だったのだが
予報を見て 中止してしまった  まあこれは正解だろうが。。。

そこで ある プロジェクトを開始した (@_@)

さて発表できる物になるか!

明日も 休みで 全力でこれに当たる予定 (大げさ!)

公表できる結果が 出れば・・・嬉しいです!




ではでは


| ☆徒然・・・・ | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LEDライト

最近新しいライト関連の話題(新型LED)を見かけるようになったので
作ってみようかな~と思っています。
昔 結構ライトは作ったんですよね 山で使う物じゃないですけど・・・
↓初期は こんなのとか 
leda9.jpg

↓最後は こんなのとか。。。。。
池袋で行われた○○○ショー なんかに量産型出品したりしてたんですが。。。。ネ
toshiba12.jpg

LuxeonⅢ×4のビデオライトで 当時は世界初だった(p_-)けど
もう昔の話・・・・・  移り変わりが速いです ほんと…
新型のLEDは高くって カナダから取り寄せた値段も半端じゃなかった覚えが….(ーー゛)

今は 訳ありでこの分野から遠ざかっているのですが。。。。

ライト関係のHPでは fu-jaさんのサイト LIGHT*MANIAが参考になり 
ここから あっち こっち に繋がって探していきます。

このところ凄く気になってるのが
サイキットさんのLED Boosterシリーズ!
ledbooster2p_back.jpg

高出力タイプは入力1.5V付近で 150mAもとりだせるそうです!
そしてサイズも!小さい!(LEDが大きく見えます!)
ledbooster2p_assembled.jpg


これなら100mA流せる日亜の新型 HighFlux LEDが点灯できる
特に このタイプは放熱板なども必要ないので 小さく軽く行けると思うのです。

電球色にするもよし・・・・

白色で作って 食事作りなどは白い光で!
ゼラチンフィルターでキャップをつくり 色温度下げて 電球色
テントの中では落ち着いた 光で読書.….

いっそ この大きさなんで 電流調節用抵抗 のところに 抵抗2個ほど
追加して 三段階調光しても良いかな~ なんて思っています。

電源はAAAの新型ニッケル水素 1本
   1000mAなら 一晩十分持つでしょうしね。 

さて もう少し秋葉あたりをぶらつく時間を作ってから 考えまとめて
製作に入りましょ!

 

| ☆徒然・・・・ | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。