2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Ultralight Backpacking ってどの方向に向かって どうなっていくのだろう??
 ある画像を見て思った
TABI0.jpg
↑左側はZPacks.com Ultralight Backpacking Gear にある写真だが
ある大家から頂いたお言葉『詫び寂び感が...最近はその辺の一線を画するのが課題です』
まさにその通りです! これって もしかしたら日本の旅装束??(写真右 ↑は昔の旅装束)

菅笠 杖  サンダル+靴下(わらじ+地下足袋) むかー
世界は日本文化に注目している!??
ついでにZPacksに一言 言いたい 靴下は2本指 または5本指が良いですぜ!
世界のMATUIはヤンキースで5本指ソックスを使い 今じゃジーターなども愛用だそうだ。

ZPacks.com Ultralight Backpacking Gear ここには 他にもオモロ~な物がある。
pot_wood_m_20081031091651.jpg
Aluminum Origami Potでこれも日本の折り紙からヒントを得たとある
(上記サイトで確認ください) これ ダイソーに売ってる台所用アルミ風防?で作れない??
作るか。。。。
あとこれ→esbit_m_20081031092126.jpg
なんかもゴミ箱に無い???フォスター缶は1000mlのASAHI スーパードライ缶で真似する?
しかし 運搬時にペコと しないのかな??
そうか!  ls1.jpg
ペットボトルを水筒にしないで アルミ缶(500cc)持って登って 口あけて沸せばいいんだ!
運搬時は水で大してへこまないし。。 すでに詫び寂び。。。でも 何時かやってみよ!
つでにこのザック→closed_m.jpg

Cuben Fiber Fabric使って作っていて とっても高価なんだけど。。。私だけ?
国連が難民に配った米袋でザック作って背負っているように見えるのは??

行き着くのは?bushman001_20081031121935.jpg
コイサンマン(昔ブッシュマンと言われた人々) 食料 自給自足   寝床 現地調達 
寒さ 耐える(無理! 無理!)   自然と一体化!←理想!

PS。ブログは楽しい 読み返していくうちに 内容が整理され そこから新しい発想がわいてくる。。
     これも   詫び寂びか??  きゃー!
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

500ccPot まだ問題あり   
(今のところ手に入ってない部材アリ 代替で完成形の形にしてあります)

POT_20081030191547.jpg

POT1.jpg

POT2.jpg

素材がそろうまでは 代替でごまかして使うつもりです。

本日二つ目のUP  前の記事はここ

| ☆徒然・・・・ | 21:20 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インスタントラーメンを(カップではなく)ジブロックとコジーで作る!  
と言うことを考えていました。
そこで ノンフライ麺タイプのものがあったので トライです
JIBU0.jpg

用意したジブロックは ダイソーの物で加熱調理用 つまり電子レンジ対応タイプです。
これは下にマチがあり立たせることも出来る便利物です。
このジブロック 良いと思います! 105円で3枚 新しい容器の形です。

JIBU.jpg

そこに 材料をすべて入れて 熱湯を入れコジーが無いのでタオルでくるむ。

JIBU1.jpg

出来上がったら口を外に折り返すと 自立するのでちゃんとした容器になります。

感想は イマイチでした。。。。。ノンフライのものはダメなのか???
勿論食べられるし それなりですが まだ何処かに芯がある。。
もっと放置すればいいのかな? (表記調理時間+1分で食べました)
麺の戻りはフライ麺のほうがよさそうなので フライ麺で やってみようかな~~~

で 調べてたら ありました ポグリラーメン!!
韓国陸軍でやってる方法みたいですが 究極のウルトラライト インスタント麺料理方法です。

ramen02.jpg
(c)少年画報社/Boichi

韓国のラーメンは 包装パックにアルミフィルムを使ったものが多いですね
通常の日本ものだと液漏れしそうです。
それに アルミフィルム無いと へんな成分が溶け出しそうだし。

さあ みんなでやってみよ~~~~~ 俺は。。。。
いいかな。。。


| ☆徒然・・・・ | 16:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

       MUG4.jpg

どうでしょ?? 出来上がった250ccビール缶ポットです!
銘銘 『がんばれ日本POT』  jumee☆japan1b
ハイネケン缶が無いので こんなの作ってみました。

MUG0.jpg 250cc缶のTOPを切り取ると 13g 

このままで良いなら。。すげ~軽いけど。。補強を入れないといけません。

MUG5.jpg

ダイヤ缶を切り開いた物と ハンドルの補強パーツです

MUG1.jpg 缶にハンドルつけると 16gになる

これに補強を入れます

MUG2.jpg  24gになる

表面補強と見た目重視で 耐熱ペイント    スプレー
直飲み出来るよう シリコンで飲み口つけて はい出来上がり! 
MUG3.jpg 26gになりました。
スノーピーク チタンマグ220より 30cc多く沸かせて29gも軽い
 mg-041fh_m.jpgチタンフォールディングシングルマグ重量:55g
動画でもUP です お湯沸きます! (← 当たり前 にっこり  )




JSBさんから やっぱり 400ccは欲しいでしょと コメントが入りました!
ね~ そうですよね!   ふふふ。。
初めから そのつもりで。。隠しだま あります!  
今回の物は TESTと制作上の問題を見極めるため250cc缶で作ったんです   
そして すでに用意してある 缶は! これだ!指
MUG111.jpg

ちょっと贅沢な 太目の缶  500ccの容量を目指します!

                        ではではでは  にっこり

| ☆徒然・・・・ | 12:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Heineken pot というのが 
 大いにウルトラライト界をにぎあわせていて Kit販売している人も海外には居る

 Hine.jpg ← JSBさんのサイトより拝借m(__)m )

img_952151_34513276_4.jpg

 ↑ Lightweight Backpacking Gear さんのHPより拝借m(__)m

それにしても 日本で簡単に手に入らないハイネケン缶というのが気に食わない! 
日本国内ではすでに キリンビールによる 国内生産に移り変わり
あの 特殊な缶は入手できない!!! むかー

じゃあ どうやって入手するか?? はい! 海外の友人に頼む!!
しかし 海外の友人居ない人は?   居てもすぐ入手できない人は???
私もコロラド ハワイ カルフォルニアと友人は居るが
すぐには入手できない (金もかけたくないしさ!!← きゃー!それか。。。)

やってやろうじゃないか 日本版 ビール缶 Pot! 

用意するのは  これです! ↓
Pot.jpg

二つも缶使うんですね~~~ (携帯は海外サイト向け 大きさ比較用です) 
   残念です 補強入れなきゃ 日本缶は簡単につぶれます!

しかし日本にしかない利点を 生かそうではありませんか!!!

@一つは250ml缶 (海外で見たこと無い あるのかな??)
ウルトラライトについて 書いてあるOD-BOXの記事曰く
《したがってクッカーで煮炊きせず、「湯沸し」にのみ用途を絞ればクッカーの容量は200cc以上ならばこと足りるといえるのです。》←読んでみてください

だとしたら。。250ml缶で良いよね!
これだと 缶の底から上の肩の距離が短いから350ml缶より 横からの力に強いはず!

@次に ダイヤカット缶  これも海外では見かけません  多分無いな!
写真右 焼酎ハイボール缶 これが結構多くのダイアモンドを刻んでいます。

NASA?で開発されたとか どこかで見たのですが・・・(←不明)
これを飲料缶にしている国 欧米であるのでしょうか???

強度解析 したサイトです(http://images.autodesk.com/apac_japan_main/files/Keio-daigaku_mogami-shi_200701.pdf#search='ダイヤカット缶'

さて これがどうコラボするんでしょ。。。  続きになります!

| ☆徒然・・・・ | 02:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕飯時 持参したスパイダーアイLEDライトをヘヤーバンドに通して点灯。 
(写真忘れましたm(__)m)LEDR01K.jpg

周りの方々も皆さんLEDヘッドライトだったが 抜群に明るい!
八つも光度が高いLEDがついているものだから 明るすぎる
半分しか発光させなかったが 座って話しているには 無意味に明るいような気がする。。。
まったく風情が無い
まあ 何かあった時は 明るいほうが有益なことは確かだが 秋葉原あたりで 
マイクロスライドスイッチをさがして2>4>8と点灯個数変更出来るようにしよう。

『電池普通じゃないですよね~』と 気がついた方がいた
確かに こんな電池使用している人はいないだろう。 家に箱で余っていない限り簡単に使えない代物だ
DEN.jpg
(現地近くでの入手は無理なので それも問題かな?)

夜になり気温が下がってきたので Tyvek雨具をウィンドブレーカーの下に着込んだ
本当に暖かい  AMA4.jpg

下に着たフリースとウィンドブレーカーの間にTyvekのクシャクシャが入り上手く空気層を作ってくれる 
昔 新聞を服の間に挟むのが 裏技として知られていたが これと同じだろう。


テントに戻り 入り口 上部に設置したループにライトを固定

SP8.jpg
(↑入り口方面のメッシュを 紺色のナイロンタフタが潰しているのが見える)
寝袋に包まって 少し本を読む。
どんどん外気温が下がってくるが Tyvek Tentに結露はまったく見られない
メッシュの部分はほとんど潰しているがTyvekが湿気を逃がしているのだろう。

がんばって自作のオープンセルのマットを持ってきたが 少し冷たい

MAT01_20080501102501.jpg

やせ我慢しないで リッジレストを持って来れば良かったと 反省。。。
最近は少し自作に走りすぎているのか??  寒い時期のマットはやはり製品だな。


翌日
4時に少し風が出てきて目が覚めた  一番Tyvek Tentで気になっていたのが風だが
今回の風はまったく弱くて 耐風テストにはならないが 少しは参考になるだろう。

テントがはためく箇所を見つけ写真を取る   カメラ カシャ! 
この箇所に引き綱をつけられるように小さなループをつけようと思う。
また出入り口と反対の壁 テントの高さ半分にポールを抱かすようにベルクロを取り付けよう
これは. Gossamergear のThe One もつけていたので有益だと感じていたのだ 
(↓写真 The One)
Rear_Pole_Ties-250.jpg

4時半にヒラソルで湯を沸かして コーヒーとチョコレート ナッツ などを食べる

痛めていた腰は夜に張ったホッカイロが冷えによる筋肉のこわばり から守ってくれたようで
少々の違和感があるものの痛みは特に無かった。

テントなどをゆっくり撤収し 昨日同行した方と別れ(三宝山に向かうそうだ) 
6時半過ぎにテント場を出発した。

帰路は進行方向に 富士山が綺麗に見える

KOBUF.jpg

徳ちゃん新道に向かう予定だが 出発一時間で右ひざ内側に痛みが出だした
左腰が特におかしかったので無意識にかばっていたようで それが反対側のひざに出たようだ。

ごまかしごまかし降りることに。。。

MOMI.jpg

最後はSKIで言うダブルストック 2本同時について 重心をある程度ストックに乗せて
下り 西沢渓谷に戻った。

toku.jpg

反省も多かったが いろいろ勉強が出来て 収穫の多い山行だった。

                  甲武信ヶ岳 1 TOPへ

                             前回の記事 (甲武信ヶ岳 2)へ

| ☆山行  | 11:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世の中には似たような商品はいくらでもある
THERMAREST(サーマレスト) Zシート

 SR.jpg

サイズ:41×33×2cm●重量:90g●収納サイズ:6.4×7×33cm   
実勢販売価格 2500円ほど 

勿論日帰りハイクなどで ザブトン代わりに地面に敷いて 休憩などするのに使う商品だ。

日本メーカーでも(製造は??たぶん中国?)
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアザブトンがあります

CP.jpg

サイズ:35×31×厚さ1.8cm●重量(約):30g●収納サイズ(約):17.5×31×厚さ3cm
定価 893円

これに関しては アウトドアザブトンのほうが圧倒的に軽く 良いのでは??ないか??
就寝時に使うマットではないから それほどの快適性を要求しないとも思われるし。。

ではでは では。。。。。また明日!
    明日は 甲武信ヶ岳の続き UPします きゃー!   うそです


このままじゃLowCostHiker.COM にならない!!
そこで今日の本題です。  そうなんです 今日お勧めする 似たような商品は

KENN GardeningMat ひざ用です
メーカーはKENN??なの? 良くわかりません ただ小さく書いてあるから

KENN.jpg

サイズ:40×32×厚さ1.5cm(実際計測値)厚さは膨らみのTOPtoTOP

KENN1.jpg

●重量(約):27g●収納サイズ(約):10×32×厚さ4cm

たたみ寸は一番小さく 重量も一番小さい! 一番薄いけど。。。。
どうでしょ?? 良いでしょむっ だめ??

じゃあ 値段です! ここまでお付き合いくださりありがとうございます
もうお分かりですね 105円!
そうです百均商品です! それも全国展開の ダイソー商品えらい!(園芸コーナーにあり)

これ他にも用途考えられますよね!  チュッ
連結して夏場のマットとして  40×120 なら 108gですぜ!
幅が狭いので 少し追加加工して 50×120でも135g!(別途テープ重量など)

それと。。。。
最近 出ているウルトラライトザック(骨格の無いリュック)を日帰りハイクに使う時の
骨格として!(加工必要かも?)
    Murmur_Back_Panel-225.jpg GIN.jpg

↑gossamergear の Murmur™ Hyperlight Backpack 
   http://www.gossamergear.com/cgi-bin/gossamergear/Murmur.html

このザックで使用可能かどうか判らないが。。。。。(加工必要でしょ・・)
これより小型のザックなら 。。。
これ あると思います


| ☆徒然・・・・ | 11:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HIRA-1.jpg

テントの設営が終わり 荷物を置いて甲武信ヶ岳山頂に向かう
富士山や南アルプスが 綺麗に見える  山と空  すこし 景色を眺めて小屋に戻った
     
     kobu00.jpg

小屋でテント場の金を払い お茶をご馳走になる ふ~ 美味しいお茶は落ち着く。。。アップロードファイル 
    
    kobu.jpg
        ↑甲武信小屋の小屋番 とくさん

この後 丁度手持ちの水が少なくなったので 荒川水源まで往復して水を汲んできた。

晩飯は、スパゲッティー150gを予定していた。 ヒラソルミニを出して 料理を始めるが・・・
やはり目に付くんですね へんてこなストーブ 
途中で同行した方やサイトに居た方なども集まって ガヤガヤ 酒を飲みながら の料理になった。

えらそ~に 講釈たれながらGAS使っていたら 料理風景撮る忘れてしまった  ホント申し訳ない

イメージ⇒ HIRA_0.jpg
   

1.ジブロックにスパゲッティーを入れ全体に水がわたる位 ほんの少しの水を入れる 
2.(10~15分)放置 この間に 食事用具を出したり 用意をしておく
3.ジブロック内の水を鍋に空け ヒラソルミニで沸かす(少し水追加調整する) 
4.スパゲッティー入りのジブロックに このお湯を入れ タオルなどにくるむ
5.空いた小鍋に少量のお湯を沸かしておく。
(酒など飲みながら 様子を見て 麺が柔らかくなるのを待つ
6.ジブロック内のスパゲッティーが柔らかくなったらお湯の沸いた小鍋にスパゲッティーを戻し煮る
  (柔らかいので 鍋に収まる まだ硬ければ しょうがない 折るか??) 
7.表示時間の半分ほどで食べごろになる。(適当に確認する)
8.茹で汁にワカメスープの素を入れ スープを作る(水は少し大目 塩をプラスする)
   
HIRA_2.jpg
  

書いてみると面倒な作業のようだが たいして問題なく出来るし
とても美味しくいただけた。   パスタソースは S&Bの いくら   
l_20081023114709.jpg

塩分をとる意味でも贅沢に2袋入れて 頂きました^^;  旨いっすよ! これ!

Girasol mini stoveの使用感だが まったく問題なし。
当初火力が弱くて 気温低下によるガス圧不足かと思ったが 実は準備不足による
ジェットの目詰まりで 清掃後はちゃんと燃えてくれました。

ヒラソルはこの後も 朝ごはんを作るのに テント内でも活躍。。。(一番上写真)
ただ 夕食時人が集まったので 調子に乗り 無駄に燃やしてしまって 予備の燃料を使うはめになってしまったが。。

マンティスなどと違い 燃焼音が静かなので 外気温が寒い時は《ゴ~~~~!》
 マンティス⇒ Mantis_20081023120736.jpg

と言う音が恋しくもなりました。← 贅沢??
音がON OFF 出来ればネ~~~~

                      次の記事    (甲武信ヶ岳 3)へ
                            甲武信ヶ岳 1 TOPへ

| ☆山行  | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CUBAN.jpg

ついにCUBEN FIBERにカラーバージョンが出だしました!
http://www.cubictechnology.com/Products.html

今まではspectralitefabric_sm.jpg
     ↑ のような 農業用ビニールのような白だけでしたが
これからどんどん カラーが増えるのではないでしょうか?????

アーミーグリーンとかも出てくればいいですね。
依然ここでも紹介しましたが ↓
http://obakanahibi.blog31.fc2.com/blog-entry-203.html
まだまだ高価なこの新素材ですが
ウルトラ ライトパッキングの新しい世界を切り開いてくれる可能性大です!

早く 復旧してくれ~~~~~~!

| ☆徒然・・・・ | 15:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今回は山に向かって出発するまでの工程が悪かった

kobu0.jpg

体調不良により なかなか山に行ける判断が付かなかったので  細かく計画を立てる気持ちに
ならなかったし  家の中で荷物を持って動き回るのすら 腰にはきつかったので 
パッキングなどもまったく出来ていなかった。

本来なら 辞めたほうがいいのだろうが。。。。そう簡単に私の心も許さない
『何かあったら 家族に文句言われるだろうな~』と思いながら 心に少し曇りのある出発だった。

《往路》
甲府まで行くなら2時頃には出たいのだが 今回は体の回復を少しでも計りたいので 家を4時に出て
外環下>大宮>秩父>雁坂峠>西沢渓谷へ(雁坂峠有料道路 710円 高け~!)
到着は7時半 紅葉の季節だが さすがに平日と言う事もあり車を無料駐車場にすんなり駐車出来た。
持参したポットのお湯でインスタント日本そばを作り 体を温めて出発。 

kobu002.jpg

西沢渓谷側から入山する場合 戸渡尾根から登る場合と 雁坂峠を経由して甲武信ヶ岳に向かう道があるが 余裕があるとは言いがたい状況なので 戸渡尾根(近丸新道)から登る一般的なルートを選んだ。
この戸渡尾根にも(徳ちゃん新道)というのがもう一つ別に登山」道を設けている 復路は徳ちゃん新道を通ってみよう。

登り初めはやや急な坂だが直ぐに緩やかになり、砂の斜面が崩壊している場所に出る
右から左に崩れているがロープをわたしてあり 滑落しないようになっている 
雨にぬれた斜面は滑りそうで怖いので 慎重に進んだ
さらに進むと廃線になったトロッコの軌道上を歩くようになる。遥か下の方から沢の流れる音が響き
景色とあいまって すがすがしい

途中追い抜いた 3人組(男1女2)の男性の方と少し話したら  どうやら同じテント場泊まりらしい
彼曰く 『どう見ても テント泊まりの荷物の量じゃない』 と いろいろ質問され 
ついには 女性2名とは別行動で私について話しながら登ることになった。

年配の方ではないのだが ネットなどで情報収集などしないらしく ライトパッキングなどまるで知らなかったが 荷物が軽いのは 凄く羨ましいと言う。。。
道すがら いろいろ話したのだが 自作のストーブに自作のテントと言うのが特に興味を持ったようだ。

kobu3.jpg

途中 木賊山を経由して 甲武信ヶ岳小屋に到着 すぐにテントの設営に掛かる

@Tyvek Tent
小屋に到着して フクビの スーパーエアテックスKDを敷き TyvekTent TypeⅢを張った。 
よく整地されペグの刺さりの良いこのテント場は 自立式でない自作TyvekTentに優しく 大変ありがたい!

何度か試張りしているが 設営の癖がわかってきたので 今回は手早く張ることが出来た。
張り方の 手順改
1. 出口反対側の長辺をピンと張って ペグダウン
2. ↑中央にあるループにポールの先を通し 上に引っ張り上げ 引綱で立ち上げる(仮立ち上げ)
3. 入り口側のポールを所定の位置に通し引綱で立ち上げ(仮立ち上げ)
4. 入り口側長辺を決めてペグダウン
5. 前室を作り 全体のバランスを取る

kobu4.jpg

今までは四隅を決めて立ち上げていたが どうやらゆがみが出やすいようで
立ち上げるほうに注目したほうが 立ち上がった時 きちんと張れるのがわかったので
この手順に変更した。

内部は 持参した銀マット90cm×120cmを 後ろ側メッシュを一部潰すように設置し
前面側メッシュは オプションとして製作したナイロンタフタで塞いだ。

使用感だが このテントは非常に有益な形をしているのがわかった
今まで製作したものとほとんど重量が変わらないのに 内部が広いのだ。
若い女性meとなら2名でも使うことが出来るだろう  指 (そこ!ありえない なんて言わない!)

もう少し改良して幅を狭く (現在84cm) 70cmまたは65cmでも窮屈感は無いのではないか?
とも思われる。  
これは丁度 座った時に頭あたりに来る空間が広いので これがいい方向に作用しているからだろう。

結露に関しては今回まったく問題なかった

kobu5.jpg

寒さ対策の ナイロンタフタ幕はうっすら汗をかいているのに Tyvek生地自体はからっとしている。
以前大雨の中で締め切ってもOKだったので(このときは別にフライを使用した)こんなもんなのではないだろうか?

他に気が付いたのは まだ生地に硬い要素が残っているので 上から落ちてきた枯葉があたると 『カサッ!』と想像以上のがする。 音を立てるような雨は どうなんだろうか? 煩いかもしれない。

明け方になりが出てきたが それほど風も問題は無かった ただ強風にあおられたら?
と考えると生地にもう少し張りを持たせたい。
前室を巻き上げた時に留めておくベルクロ位置あたりに 4つ引綱を取り付けられるようにして
風対策が出来るようにすればいいと思った。

私としてはこのTyvek Tent TypeⅢ まだテストが足りないだろうが 使えるものに仕上がったと思う
日本初のTyvekテント 良いと思います!
                   


              図面入れて Kit販売してもいいよな~~~おじぞうさん人柱覚悟の人募って。。。

PS。
甲武信ヶ岳テント場の皆様 夜騒がしくてスミマセンm(__)m
もともと 子供の頃から気管支が弱く 気温の変化があると すぐ 《えずく》のですが
腰のこともあり ミオナール&風邪薬を服用し その後 酒を飲んだら
夜間 気管支が絶不調。。。。。に。。。。。 ゲホゲホ オエッ と  お騒がせしました(反省)

                                続き  (甲武信ヶ岳 2)へ




| ☆山行  | 15:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FUJI.jpg

ここにも挙げたが(半日で削除しました)水曜あたりから
腰に違和感を感じ それは日を重ねるうちに強くなっていった
そしてついに金曜には立ち仕事を長く 続けられない状況までに

やっと雨の無い休日が巡って来たのに。。。。山行 辞めるかうーむ…

しかし 延び延びになった山行を 簡単に辞めるというのも いい加減ストレスが爆発しそうだ

出来る努力はして 駄目なら諦めようと金曜夜 土曜夜と患部を温めまくってみたところ
なんんとか 最悪の状況から回復したようで。。。。
これ幸い 何とかなるだろうと 山に向かった。


しかし最初から左腰をかばって行動したつけが 右膝に出てしまい(負担が強かったようだ)
下山の最後2時間は膝を曲げると強い痛みが。。。。。がびーん

誤魔化し誤魔化しで何とか降りたが ダブルストックでなかったら ホントやばかった。


とりあえず これから温るか!   実践報告は 後ほど


                  空気が澄んで 富士山が綺麗!   富士山
  

| ☆山行  | 17:22 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日午後から仕事が暇になり久しぶりに この映画 
【山の郵便配達】 を見た   

古い映画なので見た方も多いかと思うが この映画は自然の場面が多い作品であり
そして 中国 僻地の生活が垣間見れる貴重な映画なのだ

  postmen1.jpg

80年初頭の中国・湖南省西部の山間地帯。
郵便配達をする男とその息子との物語で 

yama.jpg

この郵便配達業務ほとんど山歩き
2泊3日の過酷な道のりを 彼らは仕事として歩くことになる
(内容は ネタバレになるので 興味ある人は検索かけてみてください) 

yama1.jpg

一度こんな仕事に同行して 中国の少数民族の村々を歩いてみたいものだ。

yama2.jpg

昔の映画だけど 自然は良いな~

あ~~ どこかに行きたい。。。  

DATA

東宝東和配給 1999年製作

1999年中国金鶏賞(中国アカデミー賞)2部門受賞
1999年モントリオール映画祭観客賞受賞
2000年インド国際映画祭銀孔賞(審査員大賞)受賞

監督:フォ・ジェンチイ

出演:トン・ルゥジュン/リィウ・イェ/ジャオ・シィウリ/ゴォン・イエハン
/チェン・ハオ /リ・チュンホア/ヤン・ウェイウェイ/ダン・ハオ
/ホァン・ウェイ/ワン・ユイ

| ☆徒然・・・・ | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やった。。。 月曜 天気回復ジャン!!

  西沢渓谷から登っちゃお! 甲武信ヶ岳



甲武信ヶ岳小屋 の テン場に Tyvek Tent が立つ予定ですチュッ

 HRU03JPG.jpg

勿論  Girasol Mini ポケットガスバーナー も 初 出動です!

SUN.jpg

もしこれ見た人が居たら 声かけてください

居ないか。。。 平日だもんな。。。。

これは今日2つ目の トピックです ↓ 本日 一つ前の記事 AirPad の記事も宜しく!!


あ~~~~~宗教変えてよかった ???
      あれ????改宗 どころか 宗教無いんだった 俺。。。。ガネーシャ様。。。

                    z_n-ganesa.jpg

| ☆徒然・・・・ | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ThermarestからNeoAir が 2009年春 発売されるらしい

AIRMAT.jpg

これは今現在発売されている中では 最軽量な エアーマットらしく
収納サイズは1Lの水筒ほどの大きさと言うことだ。

AIRMAT1.jpg

気になる重量は???  下表 

AIRMAT2.jpg

プロライトとの比較もあったので そちらも見てください

AIRMAT3.jpg

価格は120ドル~ 170ドルの予定だそうです

先日書き込んだ 通販がおいしい!と言う話続きで
冬用のマットを探していて 見つけてしまったのですが
これ欲しい!  欲しいっす!!

プロライト3の女性用頼もうと思ったけが。。。
R値犠牲にしても この軽さはGOODでしょ  
寒い冬は重ねて 3シーズンはNeoAirだけでOKだもんね!

来年まで 待ちですね!!!!


                     ではではでは!!!!

参考 URL 
  http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL291dHNpZGUtYmxvZy5hd2F5LmNvbS9ibG9nLzIwMDgvMDcvdGhlLWdlYXItanVua2llLmh0bWw=,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,ke8194b7ea8a6401317723494a8a2d969,t20081018031543,

| ☆徒然・・・・ | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

偽りの楽園 クストーアマゾンの旅
   CUSU_20081016102611.jpg

よく古本屋に行くのだが そこでジャック イブ クストーの本を見つけた

   CUSU2_20081016102527.jpg

ご存知の方も多いだろうが クストーはフランスの海洋学者であり冒険家
アクアラングを発明した、全てのダイバーの父にして、海洋ドキュメンタリーのパイオニア.
カンヌでは〔沈黙の世界〕でパルムドールを受賞している。
 
  CUSU4.jpg

私は彼が好きで 彼が絶賛したボルネオのシパタン島には4回も訪れたほどだ

その彼の本〔偽りの楽園 クストーアマゾンの旅〕が古本で並んでいたので購入した。

カラー写真の多いこの本の内容は 南米の大自然が収められ現代人には
通行困難な道を進み 未踏破の山を登った記録が収められていた。

   CUSU1_20081016102522.jpg

しかし読み進めるうちに 自然の儚さを強く感じてきた。。。

20~30年前には かくも多くの未開が残されていたのに

人類の歴史からすると 瞬きにも満たない20~30年の短い間に
たくさんのものが失われていった悲しさも 多く読み取ることも出来る。

このような本を見ていると 本当に考えさせられる。
我々は何を自然に対してしてあげることが出来るだろうか?

   CUSU3_20081016102534.jpg


もしかしたら (してあげる) では無く (何もしない) のが
自然には良いかも知れない  

しかし 人間が生きる以上それは無理なことであり 
自然 強いては地球に多大な負担をかけ続けるのだろう。。。

今日は そんなことを考えた 一日でした

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

驚いたことに 最後のページには 前の持ち主からのプレゼントがあったのだ

それは 新聞の切抜きで 97’。。。。
   CUSU5.jpg

ジャック イブ クストー 死去     

前の持ち主もまたクストーが大好きだったのだろう 
そして 彼は(彼女?)どう言う理由で手放したか判らないが
その本が今 私の手の中にある  
なんだか判らないけど  とても うれしく感じた。 

| ☆徒然・・・・ | 10:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャックをつけるなどして Tyvekカラー雨具が出来上がりました。
AMA4.jpg 

まあ人物写真と言うことで 綺麗に写してませんが 雰囲気は行けそうでしょ!

AMA3.jpg

重量は105gと軽量で 初めから土砂降り雨のF☆Cultivation・傘(青)心配の無い場合
軽量化アイテムのひとつとして 有効な一つとなりうるでしょう!

AMA1.jpg 

105g!!    コンパクトですしね!!

AMA0.jpg

フードはタイトになるようにゴムが入っていましたが 防護服ではないので
少しルーズになるように 前部のゴムを取り払い綺麗なラインが出来るよう
余ったTyvekで修正を入れました ↓

AMA2.jpg

被って見ると →AMA.jpg

今回製作のTyvekカラー雨具 ホントに皆様にお勧めできる品物になりました
是非 トライして見て下さいね。 出来上がり写真など 送っていただければ幸せで~す。

Tyvek レインコート 出てますね $300で!!
AMA00.jpg
http://www.uncommongoods.com/item/item.jsp?itemId=16858&utm_medium=shopping+sites&utm_source=nextag


前回の記事を  貼り付けました  ↓ ↓ ↓   



以前 袈裟丸山に行った時
kasa01.jpg

Tyvekの防護服を雨具代わりにした 
〔軽い〕 〔蒸れない〕 〔暖かい〕 と天候条件次第では抜群のアイテムと思われた
しかし 『どうも白装束みたいで ちょっとな~』 とも思ってもいた。

そこで 作っちゃえ!! カラーTyvek 雨具!  

もちろん Tyvekを染めるのは 浸透性の低減に繋がるだろうから NG 

やはり 簡単な完成品の改造でしょ  チュッ
Tyvekクラッシックカラー防護服を改造しましょ!

tvcg.jpg

お値段も 防護服.COM なら 945円と リーズナブル!なので すぐオーダーです

3日後に届いた Tyvekクラッシック防護服を開けてみると 

tvc2.jpg
 
胸にはしっかり Tyvekシールが張ってある (色見の違いは 写真の撮り方です)

よく観察してから ハサミを持って 腿の付け根辺りで
チョキチョキ・・・・・・・・・・・・はさみ

tvc3.jpg

次は切った裾周りをクルッとして縫い縫い。。

tvc4.jpg

チャックはOPENチャックではないので これも 取替えなければいけないですね。

しかし家の中を探した限りでは 丁度いいものが無い うーむ…
(ダイソーにも裁縫用品はあるが 役不足で裁縫専門店に探しに行かなくてはいけないようだ)


後日談 この後仕上げて 小雨の中フィールドで着用したのですが
やっぱりTyvekって良いですよね 軽くて蒸れなく気軽に歩き回れましたよ!
  

| ☆徒然・・・・ | 12:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先日のブログ 海外通販の魅力を書いたが Terra Nova または
同じサイトに出ている商品で共同購入は?と呼びかけがありました。

どなたか 他に 購入希望の方 いますでしょうか??
絶対に欲しい方は今のところ確約できませんので 希望者で流れに任せられる方
になってしまいますが。。。

http://www.cheaptents.com/
一様上記が 見つけたサイトです UKのサイトですので 支払いは£です
見てみて お声を聞けたらと思いますm(__)m

皆様の
橋渡しが出来ればと 思いますm(__)m


と言うのも ごめんなさい また新しいの見つけちゃった。。。。。うーむ…
それで心が余計揺れてる  ↓
                        泣き

まだ日本に輸入例ないし。。。。   初。。。。  

   これじゃ 連絡来ないかも  ゴメンね ツォン さん  ^^;
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

軽いダブルウォールテントを探していたところ
Vang と言うメーカーの新作  Helium 100 を発見しました!
http://www.vango.co.uk/index.aspx
BY.jpg
heri.jpg

Trail Weight: 900g(Total Weight: 1000g)  Pack Size: 40 x 10cm
http://www.vango.co.uk/products/f10tentsinfo.aspx?action=addcomp&productid=3&modelid=4&q=ovdbec551g045wqldg1aom55
充分軽いっす!   それに安い!!!← やっぱ それか!?
HP上での写真では 作りも結構良さそうだしね。

定価£185.00  (現在レートで32000円しない)

見つけたサイトでは$269.95AUD で販売している
(現在在庫なしで 12月入荷予定らしい)
オーストラリアドルなので 17500円未満だ!!~~~~~~!
(送料は 2650円!  トータルでも25000円でお釣りが来るぜ 

悩みが つきない~~~~

| ☆徒然・・・・ | 14:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出来るだけ自作用品でお山に立ち向かう覚悟を決めた私は
これからの季節も出来るだけ 自作?ダウンシュラフを持って フィールドに出たい所存だ!

しかし 如何せん保温効果に疑問があり 出来れば↓のような
シーツが欲しい!081_1.jpg
montbell シルクシーツ  重量:180g シルク100% お値段 7000円ぐらい

これは作らなくては なるまい!! 

あちらはシルク そして我々Low Cost Hiker .com にはTyvekがある! むっ
さすがに手持ちのハウスラップでゴワゴワシーツと言うのも馬鹿なので
前回紹介した Tyvek雨具と同じように 防具服.COMさんに↓を頼んであった
             
              1010b.jpg

タイベックカバーオール1010B
Tyvekの型番は1422A Type14になると思われ 洗濯が可能だろう
サイズは一番でかい 4L 945円を頼んだ

届いた物を観察 →tC01.jpg

tC.jpg

背中側 腰に シルエットをしっかりするために ゴムが入っているので除去!

次にお尻に ポケットがついていたので これを右胸に移設
(左胸には はじめからポケットがついていたため 右胸に)

tC2.jpg

ただのポケットだと物が落ちるのでカバーを付け ベルクロで閉まるようにした。
大切なもの 無くしやすい物を入れておこうと思う。

次に 股の内側の縫い目を全て解き

tC1.jpg

これをストレートラインになるように調整しながら 縫い直す!
すると 出来上がりが  これだ!!

tc3.jpg

サイズが4L 身長195~200cm 胸囲が100~115cm用だから
172cmの私には 丁度細身のシーツのようになる。

腕はこのまま付けておいて 日本古来の かいまき布団のように使おう!

裾は切りっぱなしで 温度調節が出来るように 縫わないことにした。(ベルクロ付けるか?)

重量を測ってみると 160g でモンベルのものより20gほど軽い!

さ! 皆さんの評価はいかがでしょ??   ではでは

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ツォンさんより HILLEBERG BIVANORAK ヒルバーグ ビバノラック
のスタイルだと教えていただきました (*^_^*)
20061207-1207h_viva.jpg
ただ あれほど ゆったりした感じは無いですね。
4Lと言えども シーツにすると足元は少し細身です
試していて思ったのが 下に短いチャックをつけるのが良いかな?と思います
すると 夜中トイレに行くのにも腰までたくし上げられるし
それ以外に ポンチョみたいに使えるかな???と。
(バックを背負っては無理だが・・)


| ☆徒然・・・・ | 16:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

hp10-9-08gg.jpg(Washington Post)

アメリカで始まった金融不安は全世界に飛び火した。 勿論日本にも多大な影響を及ぼすのだが
不良債権処理などすでに終了している日本は今のところ 諸外国ほど酷い事にはなっていない。
為替レートは その状況を反映して ドルは100円ほどに下がり ユーロにいたっては20%ほども落ちている。

となると今後のことは不安だが欲しい物は欲しい。。。
何のことを言っているかというと  海外通販がおいしくなってくるからだ。

terra-nova-laser-comp-tent-b.jpg
ulgoodsさんのサイトで存在を知ったTerra Nova Laserこれ欲しかった。

よせば良いのにUKのサイトを探したら 見つけてしまった。。
コンペティションなら£166(VAT無し)と激安なのを   チュッ
(VATとは消費税のようなもの 輸出にはかからない)

現在のレート(£≒¥170)だと 30000円もしない
送料など入れても約¥41000ほどで入手が可能である。
£165+£72+£5=243   (¥41310)
(@送料は高いようで£72 それに 重量追加料金£5)

輸入においてのTAXはを考えてみると
原価計算率で 大体30000×0.6で 本体価格 18000円 ほど
それに関税率4%だろうから 720円!
もろもろ取られて 2000円位か??

以前船便でREIなどから取り寄せていた時は 何度も関税掛からなかったときがあるが
航空便の時はまず課税されるから たぶん掛かるだろうな~・・・ 


そして。。。私にはアコムのフルーアカードがある!

furu_20081010110317.jpg

このカード ただのカードではない! 消費者金融が発行はしているが 海外で決算された買い物においては 一律5%減額されて請求が来るのである!

(私などは一度もお金を借りたことが無いくせに この制度だけは利用させていただいていており
 ダイビングの仕事が多い時などは 機材購入やらツアー支払いに 大助かりなカードなのだ)

すると37200円になり  税金入れて40000円未満か・・・

あ~~~~やばい 発注をかけそうだ。。
 ただせさえ行けないお山に 自作のテントを持つ機会が無くなっていく。。。

これ以上安くなったら ポチッ! としちゃいそう。。。

メールして送料 安い方法無いか聞くか??  やばい!聞いたら最後だ。。。。。。

揺れ動く心 世界経済のため 私の自作心のため・・・

家の経済のため  これ以上¥が強くならないでくれ~~

そして  がんばれ わたし!!  流されるな!

注意 フルーアカードは今発行が止まってしまい 現在入手することは出来ない
    過去発行されたもので 継続されているものだけ 有効である。

あ~ また ¥が  あがった。。。。
   


| ☆徒然・・・・ | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

以前 袈裟丸山に行った時
kasa01.jpg

Tyvekの防護服を雨具代わりにした 
〔軽い〕 〔蒸れない〕 〔暖かい〕 と天候条件次第では抜群のアイテムと思われた
しかし 『どうも白装束みたいで ちょっとな~』 とも思ってもいた。

そこで 作っちゃえ!! カラーTyvek 雨具!  

もちろん Tyvekを染めるのは 浸透性の低減に繋がるだろうから NG 

やはり 簡単な完成品の改造でしょ  チュッ
Tyvekクラッシックカラー防護服を改造しましょ!

tvcg.jpg

お値段も 防護服.COM なら 945円と リーズナブル!なので すぐオーダーです

3日後に届いた Tyvekクラッシック防護服を開けてみると 

tvc2.jpg
 
胸にはしっかり Tyvekシールが張ってある (色見の違いは 写真の撮り方です)

よく観察してから ハサミを持って 腿の付け根辺りで
チョキチョキ・・・・・・・・・・・・はさみ

tvc3.jpg

次は切った裾周りをクルッとして縫い縫い。。

tvc4.jpg

チャックはOPENチャックではないので これも 取替えなければいけないですね。

しかし家の中を探した限りでは 丁度いいものが無い うーむ…
(ダイソーにも裁縫用品はあるが 役不足で裁縫専門店に探しに行かなくてはいけないようだ)

あ~あ 今日中に製作が終わらなかった~~~泣き

残る工程
@ チャック交換
@ フード部分がタイトなので 少しゴムの部分を減らす

なんか Tyvekテントといい 『完成だ』 と言い切れず中途半端な工作が続くな~。。

tvc5.jpg

 

| ☆徒然・・・・ | 17:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やっぱり 降った。。。F☆Cultivation・傘(青)

先週か今週は甲武信ヶ岳に行こうとしていたのに 連続で。。。F☆Cultivation・傘(青)

それに天候の状況は 前回途中まで登って辞めた甲武信ヶ岳の それと酷似している

あ~ 神々は バカブンドを見放したのだろうか?

やることも無いので Low cost 関係をまとめてみたが・・気分は優れず
(カテゴリーに追加しました) 

へこむ~  泣き

| ☆徒然・・・・ | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ようこそ! - Low Cost Hiker .com - へ

CAR.jpg
今日のお題は 『スイムタオルです』 はくしゅのアレパチパチパチ 笑!

だいぶ以前から PVAで出来たタオル 通称 『スイムタオル』 を使っていたが
昨日 ダイソーでそれを見つけた!
いつも素通りしていた『カー用品』コーナーに置いてあったので 見つけるのが遅れた (/_;)

検索していただければわかるが 大体1500~2000円はするタオルが!
それが105円!!  (;O;) 安!!  

比べてみても 私のものとそんなに変わらない。

CAR1.jpg

右がダイソーの物  左が お古 "^_^"

サイズも 44cm×33cm と使用するには問題ない

このタオルは よく水泳選手がプール際で使用しているのだが
水の吸い取り能力に優れ 軽く絞れば その水分を排出できる 優れもの!
山などで行動中に汗をぬぐうには すごく便利です。
水分を排出すれば 軽いですよ~~~~<(殺し文句!)

お使いになっていない方!ぜひお試しあれ!!!
(購入後 よく洗剤などで 洗ってくださいね)


やっぱり 日曜午後から天候が崩れる やっと時間を作ったのに F☆Cultivation・傘(青) かよ~! 
また出かけられなくなった!!怒




| ☆徒然・・・・ | 12:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そういえば なんで? 防寒用のパーツをナイロンタフタで作ったんだろう??
考えてみたら 不織紙で作ればよかったんじゃないか??
そんな考えが チラッと頭を過ぎり またまた作ってみた


ea.jpg

この不織紙はTyvekではない 家にいくつか転がっている 不織紙の一つで
フクビ の スーパーエアテックスKD と言うものだ。

どうせ力もかからないし 軽いし この不織紙はソフトタイプなので 揉む必要も無い

ある サイトにあった データーを 貼り付けておく ↓

ty_20081003162507.jpg

この性能比較を見ても やっぱり海外製品に勝てていない。。。残念だ。
(因みに 私は スーパーエアテックKDを フットプリントに使っている
手持ちのTyvek ハウスラップより軽いし 防水性能だけはスーパーエアテックスKDの
方が良いみたいだからだ・   
それに 何よりもらい物なので 惜しげもなく使えるからね 貧乏性 ピース )


とりあえずミシンでカタカタ作ったのだが 出来上がってみると結局100g
『あれ~~~~~同じ重さじゃ 意味無いじゃん!!』
  
暇だからと だら~っと作業したのが馬鹿だった
ちゃんと重さを量って作ればよかった 泣き 破棄決定!


絵文字名を入力してください あう~~~~~~~~~~~~~~
天気予報では 週明け またまたF☆Cultivation・傘(青)
ふざけんなよ~~~!!怒り  俺の休みだけ雨降らせやがって!!

中国のオリンピック委員会 天気担当部署の皆様! 
まだ解散していなければ!!

どうぞ雨雲に ミサイルパトリオット地対空ミサイル 打ち込んでやっておんなさい!






| ☆徒然・・・・ | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

tyvek-1622e-fingers.jpg (Type16)

海外サイトに製作したTyvek Tent を発表したら
素材について あれやこれや 話になった

彼らが言うには Tyvek Type14 または Type16
を使ってのテント製作を進める と言うのだ。

海外のサイトを 調べてみると
TyvekにはType14と16と言う種別でソフトタイベックがあるらしい

Type14の1443Rは重量が1.25 oz/yd2

Type16の1622Eは重量が1.15 oz/yd2
また同じtype16には style1673と言うのもあり
2.10 oz/yd2と重いタイプだそうだ

そして注目なのが Type14に関しては洗濯可能となっている点だ
通常のTyvekはメーカー発表 洗濯不可となっているのだが
この Type14に関しては 洗濯が可能とメーカーが発表しているのだから
何がしかの違いがあり 洗濯による性能低下が少ないのだろう

TarptentのSublite は これらのどれかを使って製作していると思われる。
(Type14の 1443Rだと思うが 未確認)

sublitetyvek2_20081002100120.jpg
(↑ Sublite http://www.tarptent.com/sublite.html) 

ん~ん。。。。

日本ではいろいろなTyvekを入手するのが難しいし
通販で海外から送ってもらうとなると 相当高価なものになる  汗汗
この分野においては まだ日本は後進国なんだろうな。。。

たぶん この先入手が簡単になり 尚且つ 安くならないと
この手のTyvekを使って テントを製作出来ないことだろう。


それに せっかく 次ぎ作るのなら CUBEN FIBERあたりを
使って めちゃくちゃ軽いテントが面白いのではないか??
(無理無理! ヤード$28もする 買えない買えない!)

注釈 CUBEN FIBERを使ったテント Gossamer Gear のThe One ↓
訂正(Spinnaker製で CUBEN FIBERでは無いそうです)The_One-300_20081002101523.jpg
 
↑ULGさんより THE ONEはSpinnaker製との報告がありましたm(__)m
  訂正させていただきます
 

CUBEN FIBER 製はシェルターで Mountain Laurel Designs の
Spectralite.60 (Cuben) Poncho Tarp だそうです m(__)m  ↓
 gracespectramini.jpg

あと Refuge X - 16 Ounce 2 Person Tent ↓ もそうですね。。
2名用で 454g 軽~~~~~~!

RefugeX.jpg




残念! 




| ☆徒然・・・・ | 09:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ほんと 雨が続きます。。。
イジイジしながら 映画でも見てましょうかね??

Type-Ⅲを使うのを夢見て。。。。 動画でUpです 



動画なので Tyvekに入った住宅メーカー名 消してません <(_ _)>

自分ですべてやるのに 三脚使うでなし   綺麗にとる努力するでなし
ほんとスミマセン。。。   顔文字1(背景黒用)

| ☆徒然・・・・ | 09:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |