2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログの中に動画を埋め込むのに YOUTUBEを使っているのですが
最近どうも画質がおかしい!? エンコの方法か?? と思っていたのですが
どうやらYOUTUBEのほうで画質を落として 埋め込みさせているのが判りました!

YOUTUBEに入って動画を確認すると 画面右下に高画質と言う表示があります
クリックすると> 画質向上!!

では?? 埋め込む時は???

URLの途中に  &ap=%2526fmt%3D18を埋め込む
あれ??これってもう有名なのかな???
  
とりあえずUP↓動画 綺麗になりましたよ!

高画質版


画面右下に HQ と出ます!

・・・でもUPした動画が古い時やPCに入れてるフラッシュプレイヤーが古いバージョンの場合は
高画質でYouTubeの動画を見ることができません。
(フラッシュが古い時は 更新してください!)


 以前のは直すの面倒なんで 辞めとき~す。 
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:19 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BPLサイトの方で 希望のあった 《重さ》 もう一度調べてみました。

SYS.jpg

これに燃料ボトル 風防があれば OKですね!

| ☆徒然・・・・ | 16:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

KaoWoolStoveの燃料タンクに 百均の100mmlボトルが簡単に使えないかと試してみた。

Bot.jpg

キャップの加工無しなので簡単でした! にっこり

Bot1.jpg

↑シリコンホースに真鍮管を差し込んで それをキャップの穴に差し込むだけ!
 
Bot2.jpg

燃料ホースをキャップに差し込むときは このシリコンホースをシールの変わりに使うため 
奥までしっかり差し込む!
ポンプの時は ここがグラつかないように 指で支えてポンピングですね。

   ん~ん!  完成度が上がってきたように思うけど  どうかな??  むっ

  

| ☆徒然・・・・ | 15:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Kao Wool Stove Improvement

カオウールストーブの改善をビデオにしてみました



使いやすそうで Good でしょ!  にっこり

また燃料漏れを起こしていた タンクの正しい使い方が判りました ↓

KAO2_20090125082856.jpg

使用時に赤いバルブを引き上げますが この時ある位置だけは 漏れないのが判明
判別方法は バルブの口を指で止めてポンプして見る!です
丁度 垂直に立ったあたりで空気漏れが起きないのが判るので この位置で使用することに!

収納時も 同じように完全に倒すと 液漏れが起きます 少し立てた位置では
漏れないのが判るので ここでSTOPして 運搬しましょう!!

Kao Wool Stoveの 進化でした!


                                 前回の記事




| ☆徒然・・・・ | 13:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   KAO0.jpg Kao Wool Stove  

今回製作したカオウール ストーブ の仔細です。
カオウールとは 焼き物を作る時などに使われる セラミックブランケットで 
アルミナ(Al2O3)とシリカ(SiO2)を基本組成とする無機質の耐火性繊維だそうです。
比較的安価に手に入るので 工作に使いやすいと思います。

絵文字名を入力してください  カオウールですが健康被害については色々話があるので 
カットする時は屋外でマスクをしてやった方がいいかも知れませんね。

KAO_20090125082922.jpg

これがカオウールが乗る本体です 真鍮管をアルミの土台に刺して固定
固定には耐熱300度のJBウェルドで行います。
真鍮パイプの取り付け位置(高さ)は熟考する必要がありそうです(後述)

KAO1.jpg

刺したパイプの下にもカオウールが入り込むよう気をつけて詰めます

KAO3_20090125082905.jpg 重量 6g

KAO2_20090125082856.jpg

燃料タンクは持ち運びが楽なように オイルライターの燃料容器を使用
燃料はアルコールに詰め替えてあります (燃料がそのままだと大量の煙が。。。。 がーン )

この容器 非常に使いやすいのですが問題が。。。 それは燃料ノズルを起こした時に固定する位置
位置が悪いと漏れます! また あまり強くポンプすると漏れます!

めんどうなので 燃やし始める時は シリコンホースに繋がないで 直にアルコールを振り掛けましょう!
(一番上 写真で赤いノズルは ホースがはまり易いように 加工してあります)

KAO11.jpg

↑ 本体と燃料ホースの接続部分

KAO4.jpg

動画でもありますが 燃料が減り燃焼が弱くなると カオウールが赤く光りだします
これは燃焼力が弱くなり カオウールの中に炎が入るためです。
(カオウール自体が高温になり 熱反応しているのでしょうね)

まだお湯が沸いていないなら このときにポンピングして燃料を加給します。

ここで前述した 本体に刺した真鍮管の高さが問題になってきます。
加給タンクに空気を吸い込むバルブが付いていない場合 
アルコールを送った分だけホースを通して同容量の空気をタンクに吸い込みます。  
この時本体に取り付けた真鍮管の位置が低い場合は カオウールに浸み込まないアルコールを
また吸い込んでしまうので あまり低い位置にこの場所を作ってしまうと問題だと言うことです。
アルコール自体は液体の状態だと それほど高温にならず ホースを通り抜ける時に
十分冷やされるので 危険なことは無いようですが ホースの中をアルコールが行ったり来たり
するのは好ましくありません! 十分そのあたりを考慮して高さを決めましょう。

燃焼性能は 200cc 20℃の水を沸騰させるのに 5分強 
        煮え繰りかえるには6分     やっぱり時間がかかりますね!

と話していたら コメントを頂き アイデアが浮かびました
そこで 急いで改造! 改造点は ↓

kao12.jpg

カオウールの下にアルミ線を丸めて敷き その隙間にカオウールをはさむ
そしてその上にもカオウールを再度設置しました。

kao13.jpg

燃焼性能は飛躍的に向上しました! 200ccの水道水
これを沸かした所 3分半で沸騰 4分で煮えくり返りました。
200ccの場合は途中給油なしで沸かすことが出来ます!


                                      次の記事へ

  
                             

| ☆徒然・・・・ | 09:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実験的に前回製作した カオウールストーブ 
成功の兆しが見えたので こっそり完成型を製作してました  にっこり



仔細は 次回に!

指 To Be Continued

| ☆徒然・・・・ | 18:18 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

500ccPOTなど自作したPOTの蓋が欲しい むかー
しかし 丁度良い蓋なんて早々簡単に見つかる訳も無い。

futa.jpg

そこで 今回はタイから 蓋を作っていただくべく サームルト ワッタイさんと
ナパー・ギアットワンチャイさんに 来日してもらった!!!

040917_digha_beel25.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。  うーむ…そんな訳無いよな。。。ウソです。。
自分で作るか げっそり

futa1.jpg

用意するのは同じ缶の下の部分 ↑     これをマットの上で叩いて行く ↑

futa2.jpg
  
  頑張ってたたいていく ↑            外側から見ると ↑ 

これを磨けば 良いような気がするけど やっぱり外周近くに変な皺が付いています。
使用した缶が 通常の物より厚いため余計ダブついたのでしょうね。

futa3.jpg

やっぱリパテ埋めしちゃいましょう  使用したのは 耐熱300度のJBウェルド
                       寒いので 赤外線で最初の数時間は 硬化促進 

紙やすりで磨くと 一番上の写真になりました    
     
  これに摘みを付けてみると ↓こんな感じ
 
 futa01.jpg  こんな感じで付けてみました。
呑口のシリコンバンドを少しズリ上げて 蓋も固定できます。

futa03.jpg 摘みで 摘み上げられる。。ダジャレ?婆さん笑う

重さは 11g futa02.jpg

色塗ろうかな~とも思いましたが まあ良いでしょ パテ見え見えでも  にっこり それが味ですね

| ☆徒然・・・・ | 08:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  kao101.jpg

少し前にBPLサイトに出ていた カオウールアルコールストーブを ちょっと変更してみました。

 kao.jpg

アルミ缶キャップにカオウールを詰め込み 真鍮管からアルコールを追加注入出来る様にした物
とりあえずなんで注入は注射器ですが アルコールを入れる容器は昔の自転車オイルを注すような
容器がいいと思います。

 kao3.jpgkao2.jpg
                           ↑この写真 POTのデコボコは結露 凄い結露します
                            

難しく考えなくても これでもOKですよね~!




| ☆徒然・・・・ | 16:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海の向こうで やってます 

1232222745_09418.jpg
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL3d3dy5iYWNrcGFja2luZ2xpZ2h0LmNvbS9jZ2ktYmluL2JhY2twYWNraW5nbGlnaHQvZm9ydW1zL3RocmVhZF9kaXNwbGF5Lmh0bWw/Zm9ydW1fdGhyZWFkX2lkPTE4MDIz,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,kafbfdbb5fb135a70e88d0203955201fe,t20090119221305,

Tonyの新しい試みだそうです。
ストーブ本体に アルミニウムを使うというところは 賛同できませんが
そのほかの技術力は 素晴らしい!

私には出来ない バルブ部分の工作は 本当に脱帽です  がーン
この部分本当に作り方が知りたい。。。 旋盤だけで作れるのか??
ミーリングが必要じゃないのかな~????

ホント素晴らしい作品です!!!!

| ☆徒然・・・・ | 10:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

万能コジー & ランチョンマット の使い方

     kojikoji.jpg

レンジパック(ジップロック マチ付き)を使ったインスタントラーメンの保温方法は
このような形 ↓ にして保温します。

kojikoji2.jpg

マチの大きさなどにより いくらでも形は変形できます 座りもいいですね。

kojikoji4.jpg

次は POT そのままの保温 または 小型のコッヘルの保温

kojikoji3.jpg

隣り合わせた辺をくっつけて 花のつぼみのような形にして 中央に納めます。 

kojikoji1.jpg

 ↑ ここにある容器はOkです! 

その他 目的地までは2つ折にして 食料袋にしても良いでしょうし
スポンジ面をいかして POTなどの弾衝材にしても良いでしょう

もっと他の使い道も あるような気がしますが うーむ… 今の所思い浮かばないです。
寒いときに 腹に巻く??か??

断熱性は2重構造にしていないので 上から握ると熱を感じます。
特に断熱性が欲しい場合手持ちの布などを余ったスペースに入れると断熱性がUPするので
ケース バイ ケースで使おうと思います。 (その方が使い道は増えるはずです)

重量 23gの 万能コジー & ランチョンマットでした


前回の記事も 貼り付けておきます  ↓↓↓



旅行前に作っておきたい物も幾つかあり 今日は↓を製作

koji1.jpg

まあ たいした物じゃないですけど 便利かな~って にっこり
万能コジー & ランチョンマット

荷物を軽くするには 一つで いくつもの働きをす物はありがたい
今回作ったのも この いくつもの使い方が出来るシートです。

材料は百均のアイロンシートと ワンタッチフリーテープ(ベルクロ)
今回のベルクロはちょっと変わっていて 凸凹?と言ったような 決まりが無いテープで
同じテープなら何処でも止まると言う 優れもの!(ダイソーで購入)

koji.jpg

このベルクロを4本に裂いて 6mmほどの幅にしてアイロンシートに縫い付けました。
これによりアイロンシートはいろんな形に変化します。
(使い方は 明日~かな?  簡単だからもう判るってか?? むっ

これで ポグリラーメン作りやすくなります!
                          










| ☆徒然・・・・ | 12:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行前に作っておきたい物も幾つかあり 今日は↓を製作

koji1.jpg

まあ たいした物じゃないですけど 便利かな~って にっこり
万能コジー & ランチョンマット

荷物を軽くするには 一つで いくつもの働きをす物はありがたい
今回作ったのも この いくつもの使い方が出来るシートです。

材料は百均のアイロンシートと ワンタッチフリーテープ(ベルクロ)
今回のベルクロはちょっと変わっていて 凸凹?と言ったような 決まりが無いテープで
同じテープなら何処でも止まると言う 優れもの!(ダイソーで購入)

koji.jpg

このベルクロを4本に裂いて 6mmほどの幅にしてアイロンシートに縫い付けました。
これによりアイロンシートはいろんな形に変化します。
(使い方は 明日~かな?  簡単だからもう判るってか?? むっ

これで ポグリラーメン作りやすくなります!
                           とりあえず 次回は このお話でも



| ☆徒然・・・・ | 17:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CHE.jpg

今年の旅行 時間的に無理そうなのでキューバを断念
ユカタン半島で時間をゆっくり使うことにしたが・・・
キューバ革命50周年の今年 やはり気になるキューバ! 

映画の上映もあり 盛り上がっているようなので 原宿まで チェ ゲバラ展を見に行ってきた。

 http://www.tokyohipstersclub.com/html/exhibition/_hastalavictoriasiempre.html

館内撮影禁止なので写真は無い

企画的に映画の中のカットとの対比で展示されていて  役者さん確かに似ています!
。。。。カッコいいし。。。。。

(その他 日本来日時の写真など貴重な写真が幾つか 展示されていました)

しかし! 彼の成し遂げようとした事 それをちゃんと確認しなければいけませんね。
         社会主義革命
手放しで 行動がカッコいい! とは言え無いでしょ げっそり

やっぱり 主義主張を少なからず持って 映画を見ないと怖いかも知れません
(日本人には一番 大変な問題かもしれませんが)

どこぞの 中性の方が あほなCM流してますが。。。。。うーむ…

彼の行動を 現代の言葉で言い換えれば 政府転覆を狙うテロリスト
ジャック バウアー や ユニット(←知らないかな~?)が居れば 
暗殺に向かうかもしれません!!


蟹工船然り この空気が今 世界を覆っていると言うのは やっぱり世界は膿んでいるんでしょうね。


さあ それをふまえて 見てみましょ! CHE! を

                 CHE_20090114121655.jpg


まあ 昨今の日本じゃ 革命運動なぞ 起こるとは思えないですけどね。。
                 KY麻生政権批判のデモ も起きないぐらいですから。。。








| ☆徒然・・・・ | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぜか 年明けから仕事が増えたような???
この不況下 嬉しい限りなのだが 一日工具を持つ時間が無いとなんかつまんない。。。
んん。。。。。    欲求不満だな~

                                       げっそり

| ☆徒然・・・・ | 18:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もう少し詳しく この作品を説明します。

koke05.jpg

↑この写真の向きで両方をはめ込んで収納します
    (写真の撮り方悪いですね。。実物はゆがんでませんので m(__)m)
                                              
BのサイズはZの外周にぴったりハマるようなサイズで作りました。
 これにより輸送時のズレを無くし 外力からPOT本体を少しでも守ろうと言う狙いです

AのサイズはYのすぐ下 缶の外周サイズにあわせて製作してあり
 収納時ここもぴったりなので上と同じようなズレ防止&保護を行います 
 また使用時にはYの出っ張りにAが収まります。

koke01.jpg

収納までの流れ
koke07.jpg

次にPOTですが この吸熱フィンは リペットを使った物です にっこり

koke7jpg.jpg

リペットのフィン付きのPOTですが やはり効果を確認しなければ。。。。で 
以前と同じ条件で 200cc 水温18度でテストをしてみました。
フィンの無い状態で5分15秒ほどだったものが!
今回はフィン付き黒塗装で 4分40秒に  35秒の短縮が見られました。
ここは胸を張って言い切ります  むかー 絶対有効です! 

ここで一つ私の考えを。。。 と言うのも 他の方 海外サイト含む(・_;)の実験を見て思ったことですが
もしこのようなフィン(銅タワシも。。)をつけるならば 以下の実験をやってみるといいと思います。

1.POTにフィンなどを設置した状態で 熱湯をPOTに注いで見る
2.すぐにこのフィンの温度を測り できれば 温度変化を記録してみる

つまりフィンが有効に作用しているなら POTに注がれた熱湯の熱を上手くフィンに受け渡し
放熱しようとフィンは温度上昇するからです。 
吸熱フィンが有効なら 放熱フィンとしても有効なはずです。
(熱上昇が上手く行っていないなら そのフィンは有効ではないと思われます。) きゃー!

今回のPOTも すぐに温度上昇を起こし高熱になりました(そう作ってあるから当たり前ですが!)

使う時の注意点としては放熱性も優れるはずですから フィン無しよりもお湯が冷めるのは早いはず
カバーなどで放熱を規制してあげた方が有意義なPOTになるでしょう!
まあこのPOT上手く凹みにフィンが収まっているので 風などによる放熱促進は少ないと思われますが・・・・


因みに 吸熱フィンのあるPOTの重さは55gでした!(シリコン呑み口付き重量)

 
                   前回の記事へ   
                                   固形燃料燃焼スタンドTOPへ

| ☆徒然・・・・ | 14:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

出来上がりました固形燃料燃焼スタンド&ジェットボイルPOT

   koke_20090109161915.jpg

やっぱり紹介は重量から  燃焼台を除いた重量は77g (500ccPOT)  
収納は写真のようにスタンドをひっくり返してPOTにかぶせるように収納
燃焼台の取り付け金具(ピンクのグルグル)はPOTに沿って収納できます。

koke5.jpg

固形燃料台は2g アルミ缶のキャップを切って作りました。
ピンクの取り付け部分には ステンレスの金具を使って固定されます。 

POT底部には吸熱効果を期待してアルミのリペットを並べました(後に着色)

koke7jpg.jpg
koke6.jpg

↓動画も作ってみました 使い方が判ると思いますので どうぞご覧になってください!  



                    前回の記事   固形燃料燃焼スタンドTOP
  

| ☆徒然・・・・ | 16:18 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

       koke1.jpg

固形燃料の受け皿部分を変更。  この状態で燃焼のテストをしました
20g固形燃料(ダイソー)を半分にCUTして 200cを沸かしてみる。
(水温は18度にして室内で実験してみました)

燃焼開始後 5分弱で完全沸騰  燃焼は10分間継続
これにより 半分で250ccほど沸かすのは可能と考えます。(冬場の低水温時を除く)

これからまだ手を入れますが 今日作った受け皿部分の説明。

koke2.jpg lt-006_m.jpg
 
↑このように 高さを調整できるように製作しました。↑アイデアモデルは スノピ ランタンハンガー 
  受け皿自体は缶の蓋をCUT した物です
  
   koke4.jpg

火力が落ちてきたら スライドさせて火をPOTの底に近づけられます。
さすがに熱を帯びているので 素手では無理ですが
箸やペグなど棒状の物で簡単にスライドさせることが出来ます。
(重さがある程度あった方が 座りがいいので 小さな石など入れるのも良いかも?)


                                      引き続き 加工は続きます。

                        前回の記事へ          次の記事

| ☆徒然・・・・ | 14:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず次回の旅用に固形燃料 湯沸しシステム を作っています。

       koke.jpg

ある理由により 今回液体アルコールは断念!?しようかと…
あまり詳しく書くと 『このバカ そんなことやってんの??』 な~んて思われて恥ずかしいので
そこは帰ってくるまで隠して とりあえず固形燃料路線で行きます。

写真からも判るように POTもスタンドもまだ 製作途中ですが 
やってますよ~~~~~!って 言っておこうと思って...



                                         次の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 17:06 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

beri.jpg  beri2.jpg

旅行の準備で 西麻布にある B国!B国名誉領事館に行ってきた。
この建物には 中米 南米の幾つもの大使館が入館していて まるで 大使館のデパート!

ビルの9階まで登ると 小さな大使館が 通路の両脇に並んでました

beri3.jpg  beri4.jpg(←ココは問題のB領事館ではない)

で 凄く ムカつきました! B名誉領事館! (大体なんだ?名誉って??)
電話でビザ料金を聞いたとき 即日交付も1週間後交付も同じ料金で7500円
郵送の場合は値段が上がって9500円と 間違いなく話したのに!
(この時 イロイロなHPに上がっている情報と違うので 重ね重ね聞いてメモした)

しかし現場で 『9500円です!7500円は1週間後の発行です』って。。。。
もう がーン あんぐり。。。。。 こいつら日本人のくせに電話と違うこと話しておいて  
そんなこと言っていない と開き直ってる。。
もしかして見た目だけ日本人で 中身は?あちらの国の人???
文句だけは言ったけど あんなに同じこと何度も聞いて 間違いないって話したのに。。。

そもそも 領事館だか名誉領事館だか知らないが 外務省のHPにある場所と違うし
ビザ料金が変更してあっても 何処のサイトにもその情報の訂正もしていない。。
送ってきた書類にも即日交付は9500円と書いてあったが
こんだけ情報が錯綜する国だから 電話の受け答えが間違えないだろうと思っていたのだが

もともとB国大使館のあった場所にB国名誉領事館が引っ越して そこに落ち着いているのだが 
じゃあ大使館は何処に行ったの???  なんでビルのネームプレートは大使館なの???
すげ~怪しいぜ B国!

現地の国境情報も あやふやで 領事館では完全に把握していないぐらいの国だから
しょうがないと言えばしょうがないのだが。。。。
メールも返事しないしね B国関連団体は(実は全てここでやっている名前ばかりの関連団体)

中に居た年配の女性が 言葉使い知らない話し方で 『3ヶ月前に引っ越したから○○○。。』
と言ってきたが 普通会社が動いたら広報するだろうし 一様せこい領事館でも
治外法権なんだから 手続きぐらいはすんじゃねえのか???
こいつらのせいで 振り回されるのが解せん!!


そもそもB国はグアテマラの総督府の支配下にあった場所に イギリスの武装船団が上陸し 
不法に宿営地を形成 結局はスペインの勢力が落ちた時に乗っ取っちゃったヤクザ国家!
(最近やっとガテマラ ホンジュラスと折り合いがついたが・・ いまだにガテマラの地図には
 B国という表記は無く ガテマラに編入されている)

あ~ やっぱ ヤクザなB国 通過もしたくねえな~~~~~~・・。。。
すでに9500円もふんだくられたぜ  むかー  
どうせまた出国税とかいってぼったくられるんだろうな~

まあ 少しは B国の悪行を公表して気が晴れたけど! 
beri5.jpg

これが↑ 9500円する ハンコ!  
  絶対 このヤクザ国家 領事館の家賃の足しだな!







| ☆徒然・・・・ | 18:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

        yukihira.jpg
 
         雪山は 寒そうです。。。 さぁ 温泉 温泉 と ちょっとのSKI

| ☆徒然・・・・ | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。