2009年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KaoO1.jpg

Open Kao Type
まあ想像されたとおりのスタイルでしょ (笑)

このタイプの良い所は余熱するときに余計な工程が要らない所と
初期燃料をホースを使わなくても 上から注げばOKなところ (簡単すぎて面白くない???)

ただ満タンにアルコールを注いで燃焼を始めると
内部で気化したアルコールガスが 液体状態のアルコールを押し出し
金属メッシュの上に液体が出てきちゃいます。

そのため最初は グツグツするアルコールが見えるけど きゃー!
問題があるわけじゃ無し! 直ぐに収まるしね。

KaoO.jpg  KaoO2.jpg

重量は CloseType(15g)と ほとんど同じの16g 

KaoO3.jpg  KaoO4.jpg

Openと言っても 以前のように完全にOpenして無いところと
熱を内部に伝える部分が多いので 火力は結構強いです。

炎の形は ほんの少しですがガス圧がかかるので スマートに燃え上がります!

どうでしょうね~こんなタイプは??。。。 やっぱり想像どうりでしたでしょうかね??

                                 まだまだKaoStoveの開発続きます にっこり



スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 14:49 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

194国境越えツーリストバス
ベリーズ>ガテマラ フローレス島  SanFun社運行 US$25

古い低層住宅が続くベリーズシティーの街中をバスが抜けると もう人工物は道路だけ
人家もほとんど見受けられない 殺風景だ~~~! 平原の荒れたアスファルトの道をバスは進む。

   182ベリーズ田舎道

車内を見渡すと ドイツ人カップルと 国籍不明の3人組親父ツアラーが同乗している。
時おり路肩にバスを停めて立ち小便する 気の抜けたドライバーの運転で3時間後に国境到着。

CIMG0895.jpg

「あ~またバカっ高い出国税か~。。」 バスを降りると両替屋に取り囲まれるが 無視して建物に入った。 
天井からはデカイ看板が吊るされ 『出国はB$37.5だから用意して おとなしく列に並んでろよ!』
と書いてある。 

順番が来ると係官は笑顔で『コンニチハ~』と日本語で声をかけ 受け取った金を数えていく。。
カモがネギ背負ってやって来て 帰るっ!! てか?  後は無言でレシートをくれた。 

そりゃそうだわな。。 ビザ&出国でトータル約10500円(ビザ日本発給価格9000円込み)てろてろびっくり02
ついでに『毎度ご入国ありがとうございます 今後とも是非ベリーズをご贔屓に!』 と言いそうだ。

建物を出ると また両替屋が『カンビオ!チャンジ!』と言って群がってくる  
絶対にレート悪いだろうから 『俺ケツァール(ガテマラの通貨 表記Q)持ってるから』 と言い放ち
その場から少し離れた。  
両替屋達は同行した3名の親父グループに狙いを改めたようで 彼らを取り囲んで攻撃を開始した。

ケッケッケッ引っかかった。。。俺 ケツァール持ってないもんね~ チュッ 

レートだけ盗み聞きしようと にじり寄って聞き耳を立てると  むっ 幾らだ??
「US1$=7Q フローレスだとUS$1=6.5Qだから今変えたほうが安いぞ!」 とか
「ガテマラの入国には35Q必要だぞ!」 なんて絶対嘘だと思われることを並べ立てている。。。
結局親父たちは何枚かのドル札を差し出したようだ。  えー

建物から歩いて50mほどの国境線には ガテマラ側の両替屋がたむろして
こちらを眺めているのが見える。
両替するならガテマラのほうが安いと思われるし 入国時の賄賂が幾らかあれば良いのだから急がない!
またもや取り巻いてきたベリーズの両替屋を無視して国境ラインに向かった。 

192ガテマラ国境入国

国境線に近づくと直ぐにガテマラの両替屋から声がかかる。 
「旦那~ベリーズ側は高いですぜ~こっちなら US$1=7.5Qでいけますよ~」
一瞬でUS$1で0.5Qも安くなった!が かといってそれが適正かも判らないので
越境賄賂用に余裕を見て$10だけ両替しておいた

本来ガテマラへの入国税は無いはずなのだが
(外務省のHPにも出入国税の記載は無い国なのだ)
ここは中米 そんな生易しくはすまない 制服を着た奴らが一番胡散臭い地域だ。

ネットなどでツーリストの記録を見ると大体10Q位は取られているようで
中にはUS$5とかUS$10もふんだくられた奴もいる。  

日本人と見て吹っかけられるのもムカツクので バスに同乗したドイツ人と合流して
現地の人が沢山並んだ列の後ろについた。  
彼らもボラレル!のはたまらないから 現地の人が幾ら出すか確かめてからお金を出そう 
と言う話で一致したからだ。

前に並ぶ現地の人はコインで無く札を取られていたようで10Qか20Q?? やっぱり金取るか!げっそり
。。。順番が来て我々にガテマラの入国官はさも当たり前に20Qを要求    むかー
今日の相場は20Qなのだろうか?。。。あ~あレシートも出ない金を取られてしまった。
 
バスは越境して我々がそろうのを待ち フローレス島のあるサンタエレナに向かって出発した。
ガテマラの国境付近の道はベリーズ以上に酷い
結局舗装された道に出るまで未舗装の道を1時間近くバスはほこりを上げながら走る  

あまりに埃が凄いので窓も開けられないほどだ。
 

そして フローレス島があるサンタエレナの町にバスが入って 又も事件が起こった。。。がびーん
運転手が我々を 売ったのだ!?(笑) 
バスはフローレス島の手前 比較的大きなホテルの裏駐車場で停まり
「今日はここまで! 車を乗り換えてくれ!」 と言い出した。

すぐ車の隣には1BOXのハイエースが停まっていて 3人の男が待ち構えている。
運転手は男達と荷物を積み替え 「アディオース!」 さっさと立ち去ってしまった。 

201サンタエレナ

3人の男は 「両替は?」」「ホテルは何処?」とやたら親切に世話を焼いてくれる。
すでに気がついてはいるのだが 彼らは旅行会社の人間だ。 
ドライバーはどういった条件でか?我々を他の旅行会社つまりライバルの会社に売り渡したわけだ。

とりあえず両替がしたいと言うと3名の親父グループも同意して 彼らの紹介する銀行に向かうことになった。
到着した銀行で少し違和感を感じたため 親父グループを偵察に出すことにした  きゃー!
わざと荷物を探る振りをして彼らを先に進ませ成り行きを見守る。

するとやはりなのだ!!  ココ 指 変!
通常の銀行のように 客も普通にいるのだが、両替時にパスポートを確認しないし
手書きの紙で交換比率を出してきた。 怪しいな~ 銀行も一枚かんでるの~~???
通常銀行では銀行名の入ったレシートが出るのだがそれを 親父連中は受け取っていない。
どうせ 幾らも変わらないだろうが 何かありそうな雰囲気が嫌だ~~~~~!
とりあえずホテル代があれば 今はいいのでUS$30だけ両替して銀行を出た。(US$1=7.72Q)

@この後自分で他の銀行に行って ちゃんとしたルールで両替 (US$1=7.78Q)

次に彼らは本業に入った!ホテルの売込みが始まったのだ。    むふふ  むふふ
もう親父グループは彼らにとって 大変美味しい カモネギ!! 
最初に連れて行かれたホテルになすすべ無く 親父たちは部屋を決めたようである。
気がつくと彼らは俺を対象にツアーの売込みを始めた。    ゼニ

197フローレス門

「残念だ 彼らの部屋が最後でもう空室は無い 他を紹介するよ ! 」って  
やっぱり次は俺を狙ってたか~?
あ~メンドクサイ奴らだ! 誰が お前らに頼んだ?????
しかし彼らは 親父らに売込みを続ける一人の男を置いて 次のホテルに向けて出発! 攻撃の中心を俺に絞ってきた。

もう こいつら切るしかない!  むかー
「俺フローレス来たの2度目でホテル決めてるから」  (もちろんウソ!)
と言って めぼしのホテルを言うと 「あそこはエアコンが無い」とか あ~だ こーだ○×△
黙れこの野郎!むかつくな~ 
「俺 スペイン語も英語も良くわかんない~~~」 これが一番! むっ
結局 俺の指定のホテルで開放!??

furo.jpg Mirador del Lago 1泊 50Q/US$6.5 だったと思う
 
思いきや荷物を運ぶ!と言い出し 部屋までついてきてツアーの売込みが始まった
ティカルまではどうする??」「パレンケに抜けるなら安くするぜ~!」
こいつら幾ら払って俺を買ったんだ??? しつこい!むっ どうせツアーはホテルで頼めるのだから
絶対こいつらからツアー買ってやんない!!!!! 

「長旅で頭痛くなったからとりあえず寝る 後で電話するから名刺頂戴」と言って
強引に部屋から追い出した。

荷物を整理してフロントに戻り2泊分の料金を払い 旅行会社がウザイ!と言う話をすると
フロントのおばちゃんはウィンクしてサンファン社のツアーを紹介してくれ 
先ほどの売り込み旅行会社より値引きしてチケットを販売してくれた。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
サンファン社さ~ん あんたん所のドライバー
               商売敵に客渡してますよ~~~~!


                                             次の記事へ                       ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 11:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近はKaoWoolを使ったAlcohol Stoveがお気に入りです!
 
   CIMG0872.jpg

本体重量は15gほど 大きさは 百均で販売している 固形燃料と同等と見てもいいでしょう。

CIMG0880.jpg

今回UPした形はアルミのケースでKaoWoolを完全にカバーした クローズドタイプです
(これ以外に今 金属メッシュにより上部をカバーしたオープンタイプを作っています)

アルコールをKaoWoolに浸み込ませることにより アルコールを途中給油可能にした
このストーブは ガスストーブのように気軽に使うことが出来ます。

勿論一度の満タン給油で350ccほどを4分ほどで沸かせますので
お茶を飲むなどの用途では 途中加給は必要ありません。

しかし加給を続けることにより もっと多量のお湯を沸かすことも出来ますので
利用者のアイデア次第で 色々なシーンでも有益なストーブだともいえます。

たとえば途中で給油するアルコールに少量の水を添加することにより 
燃焼中に火力調整が出来るというのも  面白い使い方だと思います。
(一度カレーを作ってみましたが途中から四分の一の水を追加した
アルコールをゆっくり給油すると 火力が落ち 弱火で煮込むことが出来ました)

CIMG0866.jpg

もう少し色々なタイプを作って 使いやすい形を極めたいと 思っています!

では 前回UPした動画 で~す!



| ☆徒然・・・・ | 15:26 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝八時半予定通りベリーズシティーの船着場にウォータータクシーは着岸した 
きゃー! 『あ~面白い船だった!』

165キーカーカー出発

今朝は6時に起床し 静かな朝を迎え(笑) 7時半発のウォータータクシーで戻ってきたのだが 
そのウォータータクシーの途中で事件が起こった。  
出船30分前に桟橋はすでに 学校に向かう子供や通勤する人々 ツーリストで賑わっている。
朝に運航する船は小さいと言うことなので 早めに来たのだが 少し不安になってしまうほどの人々

170桟橋出発

定刻に乗船が始まるとヨーロピアングループが我先に人を追い越し 見晴らしの良い船尾
オープンデッキを占領した!!
それにしてもこんなに人がいるのに。。我侭な奴らだ! 
しかし その思いと同時に私の耳には 『こりゃ面白いぞ~!』 と悪魔が囁きだす jumee☆devilR 
今日の風 海洋状況で そこ指はヤバイだろ~~~心の中でつぶやく

勿論 私は現地の人々に続いて船の前方クローズドデッキの方に進み
後部が良く見える席を探し着座した。 

173船内

出船した船は島沿いにゆっくり進んで行く  
後部ではデジカメを取り出したツーリストが互いに アホ顔の撮影会を始めたようだ。 
10分ほどして 船がリーフの外に出た時だった ドカン! ドカン! ドカン! バシャ~!!!
船は横波を食らった勢いで オープンデッキの後方は水しぶきが覆う。
まだまだ余裕なヨーロピアンは 互いに互いを笑いあい 写真をまだ撮り合っていたが。。。。

波はどんどん高くなり 出航から20分しないうちにビチョビチョになった彼らは 
船のスピードによる風にさらされ 震えてるのが見える。。。 寒い さむい~ 
前方に移って来ようにも すでに我々で占められて座る場所は無い!

もう 女学生など笑いをこらえるのが大変だ!   女の子女の子女の子 
 
少しして さすがにかわいそうに思ったか?彼女たちは 何とか足元の荷物を移動させ 
少しだけのスペースを作って 後方の女性一名を床に座らせてあげたが・・・
電車の座席のように対面で着座している真ん中にずぶ濡れの人を座らせると 哀れな感じもする。
濡れているのだから 皆触らないように なるべく離れようとするものだから余計である。
ヨーロピアンの女性もどういった表情をしていいか?? 戸惑って 笑って見せるのが余計哀れでもある。

な~んて。。。 人の不幸は蜜の味!  
 結局 ベリーズシティまで前方の席 皆で笑わせてもらった。

船着場の まん前がガテマラへのツーリストバス乗り場だが まだ一時間以上時間がある。
朝食を食べようと 乗り場の並びにある中華料理店&カフェに入り ワンタン麺を注文してみた。

出来上がるのをまっていると 隣の人が注文した珈琲を入れる香りが漂ってくる。

  BERI_20090222113153.jpg

入り口直ぐが珈琲コーナーで サイフォンを並べ客一人ひとりに珈琲を入れているのだ
堅く食後は珈琲だな! と心を決めた (まあ決めるほどのもんじゃないけど) 

174朝食

ワンタン麺を食べると~~~~~ ウット~リ 美味しいのだ!! 
牛骨からとったスープはあっさりした味なのに奥行きがあり ワンタンは肉が沢山入り食べ応え十分 
麺はどうやら米粉の麺のようでチュルチュル喉を通り抜けていった。  
やっぱり美味いな~ 中華は。。。
次は珈琲 カップに溢れんばかりに注いでくれた珈琲 確かに美味しい! jumee☆coffee
豆はベリーズの豆だそうで 。。良い香り。。ウマ~イ!!!(他の表現を知らないのでゴメンなさい)
(豆を聞いて近くで購入 B$14.55 珈琲はベリーズに限る!!適当ですけど。。。 ) 

COFFI.jpg

バスチケットはすでに購入してあるので 時間丁度にバス停に行くが まったく来る様子も無い。
売店が並ぶ一角のチケットオフィス小屋の前 道端がバス乗り場なのだが 
椅子もなくボケ~っと待つしかないのか?? 
このバスは前々日メキシコから乗ってきたバスで メキシコのチュトマルから
ベリーズシティーを通って ガテマラのフローレスの間を行ったりきたりしているようだ。
チケットオフィスの隣の売店のおじさんが そんな所立ってないで椅子に座りな 
とプラスチックの椅子を出してくれた。 
 176バス待ち

ホントに皆さん やさしくて感謝です! ベリーズ貧しいけど 人々は優しいんだよな~~~
バスは40分遅れで ベリーズシティーを出発した。

                                               次の記事へ                              ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 11:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

109キーカーカー町並み

ガタッ ガタッ ガタッ  ウ~○×△。。。  
『なんだ~?????』  げっそり 。。。
旅行3日目は早朝6時少し前に お隣さんの あの声で目が覚めた 
私を除いてほとんどカップルばかりのこの宿  部屋を決めたとき 想像したとおりの展開になった。 

でも なんで?老若男女問わず欧米のツーリストはカップルばかりなんだろう??
たまに居るのは男同士の二人旅位で (これはあれかな??がーン )
一人で回ってる欧米人は本当に少ない  反対に なんでか日本人は一人旅が多いような気がする。 
そんなこと寝起きでボケ~っと考えていたら  幸いあっという間に静けさが戻ってきた    
夜にあるかと思ったんだけど早朝からとは・・・

   111キーカーカー町並み

8時過ぎ 宿から少し歩いてキーカーカーベーカリーにパンを買いに行った
ここのパンは美味しいと評判だったので是非 食べたかったのだ 
コッペパンのような物やシナモンロールなど3つほど買って部屋に戻り  
アルコールストーブでお湯を沸かし 紅茶を入れ 朝食にした。

  117キーカーカーパン (B$5 US$2.5)

ココナッツラム酒と少し多めの砂糖を入れた紅茶がパンに非常に良く合う!!
パンはしっとりフワフワ! ベリーズのココナッツラムは甘い香りで紅茶を引き立る 
カリブの朝の日差しは 窓際をやさしく照らしている な~んと優雅な朝  
但しここは高級リゾートホテルではなく隣の音が響く安宿だが。。

午後は裏通りにある弁当屋でホワイト・ライス・ウィズ・シチュード・ビーンズを買い 
海に泳ぎに出かけた。

119弁当屋さん! (B$7.5 US$3.75)
 
このベリーズの代表的な料理
ホワイト・ライス・ウィズ・シチュード・ビーンズ
煮込んだシチュー状の豆を、白いご飯の上にかけてあります。
普通はこれに煮込んだと鶏肉、 コールスロー、プランテン(料理用バナナ)が付いて
一人前となる   このご飯 このまま食べても美味しいのだが 
一緒についてくるサルサソースを加えるととても美味しくなるのだ  きゃー!

この他にベリーズにはライス&ビーンズと言うのがあって(こちらのが有名かな?)
赤い色をした豆と米を、ココナッツオイルを使って炊き込んだもので(見た目は赤飯に似たご飯)
これにホワイト・ライス・ウィズ・シチュード・ビーンズと同じように 煮込んだと鶏肉、コールスロー、
プランテンが付属する。

夕方は宿近くのチャイナタウンストアーでビールなどを買い込み 部屋で日記をつけて過ごす。

沢山商店が島にはあるのだが 色々お店を見て回った所このチャイナタウンストアーの
値段が一番安く 海に面したメインストリートにあるお店と だいぶ価格差があった。 
(場所は宿のDaisy’sの角を海と反対側に2ブロック入った所)

島に来て気がつくのは ほとんどの商店を中華系住民がやっていることだ 
(ベリーズ全土でも中華系の商店は多いというし 島には中華料理店も幾つもあり 
テイクアウト専門の中華料理店すら2店舗もある)  
そして想像したとおり中華系住民は商売がうまく 儲けるものだから、現地人の中国人嫌いを
助長し軋轢が生まれているらしい。

聞いた話によると  ある中華商店に入った泥棒がオーナーを殺害したため  その報復に
中華人連盟は一斉にベリーズ全土の中華系商店を閉めてべリーズ人に思い知らそうとしたそうだ。 
これにより余計関係が悪化することは目に見えているのに・・・・


   149夕日

さあ明日は朝の便でベリーズシティーに向かい そのままガテマラに抜けよう!


            次の記事へ     ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 13:11 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT




またもや YOUTUBEの埋め込み動画が変更されました。
   (過去の映像にも遡っているようです)

YOUTU

埋め込み動画でも 画質変更が出来ます!

・通信速度の遅い方は そのまま ご覧ください
・余裕のある方は上の図 ①の三角をクリックして ②のHQを指定してください
 高画質表示に切り替わります!
( 一度 再生を開始してからの画質変更になります 再生前は変更できません )




| ☆徒然・・・・ | 14:36 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

062キーカーカー着 (キーカーカー桟橋)    

船は凄いスピードで水を切って進み 40分ほどでキーカーカー島に到着。
ゲストハウスや安宿が沢山あるのでバックパッカーなどに人気のリゾートだけあって 
なんともローカルな雰囲気の漂う のんびり出来そうな島だった。

082キーカーカー町並み

あ~早くシャワーが浴びたい~~~ げっそり 荷物を降ろしたい~~  宿探し宿探し!!!
桟橋から5分ほどの安宿Daisy'sに立ち寄り宿泊の交渉をしてみたが
すでに空き部屋はひとつしかないようで 交渉も何も。。泊まりたきゃ 払いな!って感じ
お手上げで 宿のBIGママに言われるがままの金額を払った がーン 安いんだけどね

113Daisys部屋

(外観と部屋 荷物は外出時の空き巣対策にPACK-SAFEでガッチリガードします!)

部屋はツインをシングルユースさせてくれ 2階の角部屋で風通しも良い 好条件だ!
(アウトトイレ アウトシャワー 一様お湯が出る   天井ファン付き)

結局2泊でUS$24でお泊り決定~~~ さっそくシャワーを浴びて一休みした。
部屋を改めて見回すと 通路側天井付近は風通しのためにサッシはあるものの開放されている。。。
リゾート地のホテルで 他の部屋の音が丸聞こえ(笑) さて 何がありますか~~~? きゃー!

2時間ほど休んで この宿に併設されているダイビングショップに世界遺産であるブルーホールへの
ダイビングを申し込みに行ったが 昨今の世界経済危機の関係か?
シーズンだと言うのに人数が集まらなく明日はボートが出ないと言うことだった。  
他のポイントの紹介してもらったが この島までボートで来たときの海洋状況からすると 
の~んびりダイビングと言うより 海上では波に揺られまくりそうなので 遠慮することにした。

ブルーホールなら少しは頑張っちゃううのだけど それ以外のポイントに高いお金を払って
(インストラクター割引も無いし)潜る気も無いしね。。
(ベリーズのダイビングフィーは日本並みに高額で ブルーホールなどは$200もする)

昼過ぎに島の北側まで歩いて ビーチバーのある辺りで 少し水遊びしながら ビールを飲むが
やっぱり リゾートは 美女との~んびりが似合うと言うもんだな! 是非次回は!婆さん笑う??  

078キーカーカー浜

夕食は ビーチレストランに出て 小型のロブスターを頼み 。。。
な~んて やってみるが やっぱり一人じゃね  うーむ…

地元の親父どものテーブルにすぐさま移動して 一緒にビールを飲みながらサッカー中継を見て
旅行に出て初めてゆっくり夜を過ごした。

179.jpg
(↑ベリーズビールBELIKIN )              (↑豪華な夕食~!US$20位)

ビールはストアーで US$1.5ほど  レストランではUS$2ほどと 少し高い!
銘柄はで地元のBELIKINを皆飲んでいるようで 非常に飲みやすい美味しいビールだった。

しかし 何度めにか?このBELIKINをストアーで買って飲んだ時 味がまったく違う物に出くわした
苦甘い絶対に今まで飲んでいた物と違うものだったので 飲み込むのを最初ためらったのだが
泡を見ると茶色ではないか!?  どうやらスタウトらしくそのため味が違ったのだ。
同じ瓶なのに何処に違いがあって この中身の違いを見分けるのだろう?? 
瓶のアルコール含有量表記を見てみると 2つの表記がある (笑)

よくよく販売しているのを見比べてみると 蓋の色が微妙に違っているではないか!!

最初は購入して直ぐ店の人に空けてもらっていたで気がつかなかったのだ! きゃー! ウメー

139商店にて ←量が半分なんですけど 見えます??

もう一つ驚いたのが ラム酒の販売スタイル ストアーで並んでいる物を見ると 
同じ商品でも値段が倍ほど違う物が並んでいる  ??見ただけでは判らなかったが 
手にとって見ると まるで飲みかけのように なんと中身が半分しか入ってないのだ。
瓶は同じでも 中身の量で値段を変えるとは。。。。。

やはり 恐るべしベリーズ!なのだ!!。
                                               次の記事へ                               ユカタン半島の旅TOPへ           前の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 13:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツーリストを又乗せたバスは国境の橋を超えた ついに来たぞ ベリーズ 
年始からビザなどで大いに不満のあった国!ベリーズ! バックパッカーに人気が無い 
やたら高い金を出入国でボッタくる国 ベリーズ!!

 033ベリーズ国境事務所(ベリーズ国境事務所 所在地 コロザル) 

パスポートコントロールの建物の前でバスを下車し 手続きに建物に入る。
はは~ん これがぼったくり国家ベリーズの入り口 玄関ね!
ビザ9000円も取られた入国の儀式である。
係官の前に進み (ビザ持ってるもんね~)って顔をして 菊のご紋のパスポートを出した。
チラッと係官はビザを確認の後 何もいわないで入国のスタンプをペタって。。。
なんか言ってもいいじゃん! 指 キミ!
ようこそおいでなさいました 毎度ご入国ありがとうございます!』 ぐらいさ~
あっけない入国だった。

ツーリストを再々乗車させたバスはベリーズの道を進んでいく 国境を越えたとたん道はガタガタになり
建物もバスもメキシコに比べると 相当貧相に(失敬!)になった。

181ベリーズバス (ボロイけど味があってカッコいいバスばかり!)

ほんとベリーズは面白い国である 中米において英語を公用語とし アフリカ系住民が多く
台湾を国として承認しているため 中国と国交が無く そのため香港返還時に大量の中国人が移住し
通貨はUS$とベリーズ$の二本立て(固定相場 US$1=B$2)
国内には信号が未だ3個しかない無い らしい きゃー! (それも首都ペルモハンには信号無し)

バスは9時半ベリーズ最大繁華街ベリーズシティーの中心地 スイング橋に到着した。
ローカル~~~~これが最大繁華街?? (↓写真 ベリーズシティー中心地)

beri_20090217150641.jpg
 
26万人ほどの人口のベリーズにおいて ベリーズシテーは55000人ほど
そんな街なのだからしょうがないと言えばしょうがないけど。。。

町の中心には やはり信号が無く そこには婦人警官が立ちハンドシグナルで車を捌いていた 
周辺には お店も少ないようだ。

このままガテマラに抜けるか ベリーズの島によるか決めていなかったが 天気も回復したようだし
高いビザ代もふんだくられたので ベリーズの島キーカーカーによることとした。

島までは高速ボートで渡ることになる 事前調べだと本数の多いウォータータクシー社と 
往復で購入するとB$5!安いトリプルJ社があると言うことなので
勿論安いトリプルJで1時間半後出発のチケットを購入して 
その時間の合間に ベリーズシティーの観光にでることにした。

053トリプルJ

15分後  観光終了~~~! なんじゃ??ここ? 
中央市場はあるにはあるが 店もほとんど無く 人も居ない ただただ 閑散としている
唯一のスーパーマーケットは田舎の商店位の規模で目新しい物は何も無い。。。

あ~~~どうしよう時間あまりまくるな?  まだまだトリプルJの船は出ないし 。

ダメ元でウォータータクシー社に振り返られないか聞いてみると。。。あっさりOK!? 
それも何も手続き要らないんだって~ 
(これならトリプルJでチケット買って ウォータータクシー乗れば安いし便利ジャン!)

058ウォーターTAXI
  
丁度出発寸前の船に 早よ乗れ乗れ! と押し込まれて 船上の人となった。

                                     次の記事へ          

                          ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     1Kao.jpg

KaoWool アルコールストーブの改良をしています。

さ~て いい物が出来上がるかな???

       2Kao.jpg

まだまだ覆面テスト中 ボケボケ写真で~す   にっこり

| ☆徒然・・・・ | 16:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

    015カンクン屋台

ターミナルに着くと 我慢していたトイレに駆け込んだ 
勿論 中南米で無料のトイレなどほとんど無く ここでもM$3(約20円)を払いトイレに入った。
トイレでは人気も無いのを良いことに身体を軽く拭き 顔を洗い 20時間ぶりに着替える
あ~ ホッとする~~~~ やっと一息つけた えー はあ~~~~

   020カンクンバスターミナル

続いてベリーズ国境の町チュトマルまでのチケットを買いにカウンターに向かうが
ネットを通じて時刻表を調べてあったPM11:00発のADO一等バスに空席は無いらしい うーむ…  

しょうがないので 次発のPM11:59発ADO GLデラックスバスのチケットを購入 
@ ADO 一等バスM$244(約US$18) ADO GL デラックスバス 294M$(約US$22)

まだ発車まで時間があるので ターミナル外のタコス屋台でM$10でタコスを食べ
朝食&移動食を買うためにスーパーに寄って パンとフライドチキン 水などを購入した  にっこり

定刻にバスは静かにターミナルを離れ チュトマルに向かって走り出した。 

   021チュトマル行き
    カンクン>チュトマル ADO社運行  M$294(約US$22)

車内はさすがデラックスというだけあって シートのつくりはしっかりした物で シートの肉厚も厚く
リクライニングなど ほとんど横になると言う感じまで倒れる物だ  メキシコ恐るべし!

疲れのせいで直ぐ寝てしう  zzz...    

バスのブレーキで気がつくと 時刻は4時半だった 
道にはスピードコントロール用のバンプが一定距離ごとについていて10分おきに車はスピードを落とさなくてはいけないようだ。 ベネズエラのスピード狂バスにも困った物だが 
メキシコのバスは道がすいていてもスピードが出せず 移動に時間がかかってしまうのも困った物だ。
気がつくと バスの予定到着時刻AM5時を過ぎている それでもバスはゆっくり進む。 
何時に着くのかな? 

チュトマルのバスターミナルから出るベリーズシティーまでのツーリストバスの
時刻(古い資料によると6時半)に間に合うだろうか? 
このバスの時間はバス会社が運行する物ではなく現地旅行会社が運行する
ツーリストバスなので調べられなかったのだ 
勿論カンクンのターミナルでもわからないといわれていた。  焦る、、、

もし乗り遅れるとバスターミナルから国境まで行くローカルバス乗り場に移動して(場所不明)
国境に向かった後 ベリーズ側でも同じようにローカルバスでバスターミナルに行かなくてはいけないからだ。
もちろんTAXIでも行けるが こんな時間だと足元を見られるに決まっているし そんな金を出す気などさらさらないからやっぱりバスで行くことになる。

バスは予定時刻を約一時間遅れてチュトマルのターミナルに滑り込んだ。

   023チュトマルターミナル

あ~~焦る。。。バスを降りすや否やダッシュで建物に駆け込み 
ベリーズシティー行きのタイムテーブルを調べるが表示がない! 
マジ焦る 間違えたか??なんて気持ちは乱れる カウンターで聞いてみると
ここから出るけど 『時刻は6時 丁度今で もう出てないか???』などと言われてしまった。
またまた荷物を持ってダッシュである バス乗り場に戻り バスを確認するとまだ発車前であった 
ホッ。。。。がびーん

ドライバーを見つけ 乗るから絶対に行かないでくれ!と頼んで 又ダッシュでカウンターにとって返す
気持ちも焦るし空港で少ししか両替しなかったのでペソも少ない
もう計算も辛いからアメリカドルで良いや!US$10を払いチケットを購入してバスに戻った。
朝から辛い旅である(T_T) どうしてこんな旅がすきなんだろう~~~~

   024ベリーズシティー行き
     チュトマル>ベリーズシティー  SanFan社運行 US$10

朝だと言うのにボロボロに疲れた。。。同乗者が10名ほど乗るバスの座席でぐったり  げっそり

030<br />メキシコ国境出国手続き

バスは早朝のチュトマルの街を抜け 30分ほどでメキシコ側のパスポートコントロールに到着。
ドライバーの指示で出国手続きを行う 眠いし 疲れたし眠いし 頭が働かない~~

しかし係官にメキシコ再入国希望を伝えMEX$100払って 
ダブルエントリーのスタンプを押した出国カードを返してもらうことは忘れなかった。

031ダブルエントリー


この手続きをしておくと再入国の際 入国書類を書くことをしなくていいし
入国税の支払いも免除されるのだ。   
いくら疲れてボロボロでもやる時はやるんです 私! でも疲れてる~~~
日本を出てから何時間移動を続けてるんだろう????

            
                ベリーズとマヤ遺跡を見に行く TOPへ          次の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 12:40 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

h      Ti1_20090214152425.jpg
       ベリーズの子供 
(アフリカ系をほとんど見かけない中米において ベリーズだけは沢山のアフリカ系の方が居ます)


Vagabund(放浪者)のフラフラ世界旅行は相変わらず今年も続いている。 
さすがに昔のように日本を出てから3ヶ月4ヶ月などと言った たいそうな旅行は出来ないにしても 
仕事の隙間を見つけ 周りのことを考えないで計画を立てる技を見につけているので 
何とか今でも旅行に出ることは出来ている。

今回も着々と日本を出る計画を水面下で立てて 何とか出発にこぎつけることができた。
(私の関係者は たいそう私の旅行癖にむかついているだろう ふふふ。。。しかし時すでに遅し!なのだ)

ここ数年 マチュピチュや エンゼルフォールなど世界遺産を回っているので 
今回もその路線でベリーズ及びメキシコユカタン半島 世界遺産の遺跡を回る旅に決定! 
31000円の格安航空券を握り締めメキシコのカンクンに飛ぶことになった。
       
     Ti2.jpg

2月2日成田から13時間もの長いフライトでアトランタに到着後 
トランジットでぼろいMD-88に乗り換えやっと小雨のカンクン(メキシコ)にPM7時過ぎ到着。

簡単な入国審査は問題なく抜けられたのだが税関審査で赤ランプがついてしまい 
無愛想なおねえちゃんに荷物を引っ掻き回されてしまった  

あ~~最悪だ 疲れているのに~~~~
係 敬礼 『これ何?』  げっそり 『インスタントラーメン』  係 敬礼 『これは』  げっそり 『ドライフーズ』 
係 敬礼 『これは・・・』    うーむ…

中南米はこれが嫌である 税関審査はボタンを押して青ならフリーパス  
赤なら(ぜ~んぶ見ちゃうもんね!)って感じで 係官に荷物を引っ掻き回されてしまうのだ。。。

今日はこの後セントロ(ダウンタウン)に出て夜行バスに乗らなくてはいけないので  
早くこの場を離れたいのだが なかなか許してくれない うーむ…
 

気持ちはあせるが 顔は平静を装い 笑顔で受け答えをして10分ほどで
『あっそう!』って顔して開放された  だが荷物片付けを係官は手伝ってくれない 

なんか苛めっ子に苛められたような 情けない気持ちで急いで荷物を詰め込み 
空港ターミナルから小雨降る外に出た。
(くそ!いつか仕返ししてやる~~~!!メキシコの小役人め~~~! むかー )

ターミナルに横付けされるTAXIやシャトルバスには目もくれず 
10ペソほどでセントロまで運んでくれるリビエラのバス発着場がある第2ターミナルに
無料シャトルで移動した 車

バス停に着くと 空港職員の人々の帰宅時間に重なってしまったようで 人々でごった返している。 

バスの係員に『大きな荷物がある人は大型バスに乗って行ってくれ』と丁寧に断られてしまい 
ADO(アデオ)と言うメキシコで有名な大きなバス会社が運行するバスで セントロまで移動することになった。
10ペソほどでいける所を40ペソも払い ( 誰がセコイって??むっ )
この大型バスで40分かけてカンクンの一等バスターミナルに到着した。

Ti4.jpg
(カンクン 一等バスターミナル) 

@メキシコの通貨 ペソ(現地表記$) US$1=MEX$13.7 (2009/1)
  通常  メキシコペソは N$ と表記されますが 今後 判りやすいので M$とさせていただきます
@中米のバスは2等1等 デラックスなどと分かれていて ターミナルも1等ターミナル 2等ターミナルと
 分かれている デラックスは1等ターミナルから出る。
@リビエラのバスの価格は過去の物で現在価格は未確認です。

                                 次の記事へ

| ☆徒然・・・・ | 15:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベリーズシティーの街角で見かけた 笑える看板

    beri_20090212120202.jpg

『  このお店で万引きをしたら ただでパトカーに乗る権利を得られます!
 そのラッキーな勝者の名前を その家族と友人は 新聞で見ることが出来ます!! 』



旅行には固形燃料スタンド&Kaowool stoveを持っていきました

   yasuyado.jpg

飛行機に固形燃料は げっそり 持ち込み禁止なのかな~ 当たり前!
でもキャンディーみたいですよね 固形燃料って。。。チュッ アメの袋の中に。。。入れて。。

アルコールも機内持ち込み禁止 でも化粧水って100ml以下の容器に入れれば機内も持ち込み??
ごめんなさいm(__)m うーむ…
(良い子の皆さん 私は悪魔ですので 真似しないようにネ!)

貧乏旅行の宿は部屋にPOTも何も無いので お湯が沸かせるのはとても便利でした。
朝の出発が早い時は お湯を沸かして 珈琲やスープ作り
移動などで夕食が摂れないときは 部屋でインスタント麺を食べるために
また遺跡見学中 現地で弁当を食べるためにテルモス?にお湯を満たすために使いました。

しかし持っていける燃料に限りがあるため こんなことも。。。。

 Kaot.jpg (アルミ風防を使いました 沸騰間でのスピードがUPです)

追加のアルコールが入手できずラム酒(アルコール40%)を手持ちのアルコールに1/3添加して燃焼
火力が少し落ち 炎が赤くなりましたが 煤も出ることなく 綺麗に燃えきってくれました!
これ急場を凌ぐにはGOO! 国によってはラム酒凄く安いので選択肢の一つですね!

ガテマラ サンタエレナのマーケットでやっと購入した燃料用アルコール(現地では薬局で購入)
  
   tua10.jpg  99%アルコールって。。。

でも 燃やしてみると凄い煤です Kaot1.jpg

炎は赤いし 炎は通常のアルコール以上に高く登ります
そして煤が凄い勢いで出ました うーむ… ラム酒燃やした後だから?
と思って KaoWoolも交換してみましたが 無意味でした。
ガテマラをなめたらいけません!! 絶対何か混ざってますね!!
これから旅行の際は消毒用アルコールを買うようにします。

今回の使用で 改良点も色々浮かびました。
これから このKaoWool Stoveをもっと使いやすくしていきたいと思いま~す。

KaoWool Stove 燃料が限られた中で使うのにはとても便利!
追い炊きの時は ほんの少しのアルコールを適量燃やすことが出来たし
沸騰後は すばやく炎をPOTから離し 安全に次の動作に入ることが出来ます。

GAS STOVE感覚で使えるこのストーブをメジャーなアルコールストーブに進化させたい
MLVの次の野望でした!
      
                










| ☆徒然・・・・ | 12:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

事件事故何の問題も無く 帰国しましたm(_ _"m)ペコリ

とりあえず報告まで! 今はねむりたい~~~~

| ☆徒然・・・・ | 16:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

pare.jpg
 
  パレンケ遺跡 ↑   感動でした!!!!

只今 アトランタ ハイヤットに居ます (^0_0^) 非常に快適なホテル
(理由は 後ほど・・・)

ガテマラを早朝出発 
tabi1.jpg

ボロのツーリストバス7時間&小船20分でガテマラ メキシコ国境を越え
tabi2.jpg

tabi5.jpg

tabi4.jpg

メキシコに入国。

12名ほどのツーリストで国境越えしましたが なんと1名の日本人女性が!!
ベッキー似の可愛い子で 写真とってもらいました!
(本人は許可聞き忘れたので 無しです)

この後 メキシコで パレンケ ウシュマル遺跡を見て カンクンでやっと一泊
(夜行バス 長距離バスでの移動の連続でした)

で! 今 アトランタです  明日日本に向かいます!

| ☆徒然・・・・ | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

念願の ティカル遺跡到達!

tua0.jpg

tua7.jpg

tua6.jpg


仔細は後ほど

またまた帰ってマーケットへ

やっとアルコール入手!! それとなんでか??
アルミ鍋を購入 180円位かな??

tua8.jpg

これで ケチらず お湯が沸かせる・・・か?

tua9.jpg


??なんだ  凄い煤出るけど。。。。tua10.jpg



これからユカタン半島をグリルり回って
ベリーズを避けてカンクンに戻ります
(途中遺跡に寄りながらの 夜行バスの連続)

もしかして。。。 UPできないかも。。。



| ☆徒然・・・・ | 09:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      yasuyado.jpg
     安宿で燃える固形燃料

ベリーズ キーカーカー(島)より 船とバスを使って国境を超え
ガテマラに着きました。 
今はガテマラ フローレスに到着 とりあえず マーケットに
お買い物と言うか 見学行ってきました
ここは ティカル遺跡に向かう拠点野町です
明日早朝よりティカルを日帰りで 観光してきます。 

写真 左上>右上>左下>右下

成田>機内>ADOバスターミナル>メキシコ側パスポートコントロール(PC) 

tua1.jpg

メキシコ側PC>ベリーズ側PC(入国)>船>キーカーカー浜

tua2.jpg

船着場のマーク>ビーチバー>島の通り>建物

tua3.jpg


キーカーカー出発>船内>ガテマラへのバス待ち>バス

tua4.jpg

ベリーズ側PC(出国)>国旗>ガテマラ側国境>フローレスマーケット

tua5.jpg



。。。。。(詳しくは後ほど)

| ☆徒然・・・・ | 11:18 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成田をでてから何時間 移動しただろうか??
カンクンから 夜行バスで ボーダーを抜けCAN_20090204110020.jpg
天気がまあ何とかなりそうなので キーカーカー(島)によることにしました。
予想通り問題多発でしたがいま 島で 酒飲んでます。
CAN1.jpg

うわ~い カリブだ !  とりあえずネットが死ぬほど遅いので これで本日は。。。

帰ったら 旅行記上げますね!
地球の歩き方にも適当な表記しかない所でししね!!

コメントくださった方々 コメント返すのも大変なので  こちらで報告終わらせていただきます
m(__)m

| ☆徒然・・・・ | 11:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少し出かけてきます にっこり   そのためPCの前に何時座れるかは??
次回更新も不明です ?!        ( だからって。。。見捨てないでね~ うーむ… )

とりあえず決まっている予定は 下記↓ 途中まで  
成田> 飛行機 アトランタ> 飛行機 カンクン>そのまま夜行 バスバス >メキシコ出国
>ベリーズ入国 。。。。
この先は未定です 天気によっては 砂浜 世界遺産の海によるか??? 
天候が悪ければ すぐにガテマラに入国??   

さて 次回 地球の裏から UPしま~す (出来たらですけど。。。) うーむ…  ではではでは!

| ☆徒然・・・・ | 21:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。