2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

         zaoi.jpg

Vagabundでした~ (← これ判ります? 山形限定 完了形から始まる お話・・・笑)
先々週になりますが 前に書いたように山形に行ってきました ちょっと親戚に用事があり出かけたのですが 
空いた時間でMLV_Factory 東北地区イメージモデルの採用試験をSKI場でやってきました!

当日 待ち合わせはお昼から蔵王で と言うことになり午前中は同行者と一緒に一日券であちこち滑ったのですが 3月中旬の暖かさで一度緩んだゲレンデはここ数日の寒波で再度凍りつき頂上周辺と百万人ゲレンデは 見事スケートリンク状態 特に頂上周辺はコース幅が無いのに コントロールを失ったスキーヤー ボーダーが沢山いて怖い怖い。。

やっぱり 狭いコースは丸沼SKI場のようにボーダーさんは技術レベルでリフト制限をかけて貰いたいですね。

さて お昼過ぎにMLV_Factory のイメージモデル受験者が到着した。
TOYOTAの子供店長 加藤清史郎君に 勝るとも劣らない? 負けるとも劣らない? あれ勝るともですよね!
非常に 可愛いモデルさんで とりあえず ゲレンデでイメージカットの撮影テストから? はじめましょうか!

  100322_03.gif

当初はチューブ滑りの撮影テストでしたが なんチューブ滑りは終了したとの事 
残念ですが 頑張ってSKIを履いてもらいました!  

  100322_02.gif

ね~~可愛いでしょ~~~

SKIはやっとはじめたばかりとのことでしたが 最後は何とか一人で滑っていたようです!
今後は自主練習していただいて 上達した姿を拝見したいですね!


ちょっとお子様SKI練習の簡単なはじめ方のお話を。。
      それには Conquest(コンケスト) トライスキーを使った練習がお勧めです

21GzwgNhjgL__SL500_AA300_.jpg

トライスキーは2本の板の先端に取り付けるのですが 丁度上の図 中心がボールジョイントで繋がっています
そのため足を開くと ハの字スライドするだけでなく インエッジが立つようになっているんです
ですから すぐにボーゲンが出来るんですね!

はい!ハの字~ なんて言っても どのようにすれば良いのかなかなかお子さんは理解できませんが
これがあれば ボーゲンとはいかなる物か すぐに習得できますよ。
(カザマのボーゲンヘルパーと言うのもあります)

特に小さいお子さんでしたら いきなりトライスキーだけでなく腰紐を使ってあげると良いですね
(ヨーロッパやUSでは見かけるのですが日本には製品はあるのでしょうか??)
作り方は 安物のウエスポーチの左右にフックを作りそこから2本のロープを出すのです

   zaoski.jpg

指導者は後ろに立ち 左右の手で2本のロープを持ちます。
滑っていってしまいそうなら ロープで抵抗を作ってあげて スピードコントロールをしてあげます。

次にハの字の練習でスピードコントロールを教えてあげましょう!

出来るようになったら 子供の手を飛行機のように広げさせ 左右に体重移動させることを教えます
その時補助でロープを使えば ターンの習得が出来ます

これが出来るようになれば ロープは外し ヘルメットを被せて ストックを持たせて上げましょうね!

と 今回は何時もと まったく違う記事のUPでした~

そうそう 合否判定は??  それはお父様 お母様と御相談の上でしょうね!

TRINITY LIGHT STOVE & Ti-Foil  在庫0になりました  MLV_Factory からの出荷は4月中旬より

お急ぎの方は 三鷹(Hiker's DEPO) 山形(DECEMBER)さん
芦屋(Sky High Mountain Works)さん にお問い合わせくださいね。 


           100227_02.jpg


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット




スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 14:58 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 News!!MLV_Factory の商品が本日より Sky High Mountain Worksさんに並びます! 

   TR1.jpg

TRINITY LIGHT STOVは一回に 何mlまで沸かせますか? と言う質問を頂きました
答えは・・・ 700ml/9分    でも本当は答えが無いんです 

これは開発にあたって JSBさんと話し合った時に TRINITY LIGHT STOVEは購入して頂いた皆さんに手を加えて頂きたいから デフォルトでは性能の部分で最高火力を目指さないで 使いやすさを優先させ
発売後に JSBさんが改造ノウハウのアイデアを提言していこうと決まったからなのです。
(この改造はお使いになる皆様 それぞれにあった改造を自分で選んでいただく 勿論何もしないで 
 このままでも十分使えると言うことを考えました)

これは兼ねてからMLV_Factory は皆さんと考える事の楽しさを一緒に共有するガレージでいたい
と言う私の思いにも共通することなので非常に嬉しい方向性でした

ではデフォルトでは?
 Water 200cc about 15ml alcohol / 240sec  400cc about 30ml / 400sec
と説明書で表記しましたが これも山での使用を考慮して 相当控えめに書いた数値です

実際テストしたところでは 200cc/200sec~で沸きますし燃料量もこれほどは使いません

今回お問い合わせ頂いた『TRINITY LIGHT STOVは一回に 何mlまで沸かせますか?』と言う質問には 
ULでは600ccほどが 一回沸かせれば良いのでは?と自分勝手に思い込んでいたので 
試したこともありませんでした  まだまだ駄目ですね。。 スミマセン

TR0.jpg

では実験です 正確を期すために手持ちのPOT すり切り800mlに 水700mlを入れ
STOVEには乾燥したCFCを設置  当方のPPボトルより25mlを注ぎます
(テストに適したこれより大きなPOTを持っていません スミマセン)

デフォルトのCFCは一度に20mlものアルコールを吸って ボトルから出てくることは出来ませんので
こういった量のアルコールを使うときは 後ほどボトルより追加するか
最初から乾燥したCFCをお持ちいただいて 通常のボトルからアルコールを注ぐと言う事になります。
これなら2泊3日や3泊4日などにもTrinity Light Stoveをお使いいただけると思います。
(出来ればもう一つボトルを持ったほうが アルコール回収が出来るので私は良いと思うのですが。。。)

  TR2.jpg

結果 9分強で700mlが沸騰し 燃焼は12分強で弱火になりました 
これは室内ですのでフィールドではこの数値は出ないと思いますが 700mlのお湯を作ることは出来ると思います


さてTrinity Light Stoveをどうすれば 高性能になるか??
一つはCFCの自作です 表面積を増やす事によって気化率が上がるので高性能化が出来ます 
この方面の研究はJSBさんのブログなどにありますので是非参考にしていただきたいと思います。
200cc/180sec未満が可能だそうです

この考え方の方向を変え 容量の大きなCFを作れば多量のお湯を沸かすことも可能と言うのが判ると思います!

※こんなことを書いてなんですが 販売者責任法の関係で 全ての使い方にMLV_Factory では
責任を持てないのをご了承ください


    TR01.jpg

また弱火にして火力を抑える方法も 紹介させてください  これは2つ方法があります 

※ Ti-Ribbonをずり下げてチムニー効果を殺し酸欠気味にさせる方法です StoveBodyとTi-Ribbonを
  くっつけると200ccを沸かすのに8分以上かかる火力に落とすことが出来ます。(JSB案)

※ 風防の使い方により弱火にする方法もあります 
  まずMLV Ti-Foilをゼムクリップを使ってPOTにタイトに設定してください つまり空気吸入口を下部に
  作るのです。 そして必要温度まで熱をPOTに与えたら上からTi-Foilを押して 下部の空気吸入口を
  無くしてしまうのです。 すると酸欠状態に近くなりチムニー効果を使ったTRINITY Light Stoveは
  火力をぐんと落とすことになるのです!(MLV案)

(この方法はTi-Foilを お使いの方々から頂いたアイデアを含め Ti-Foilの新しい使い方として後日UPする予定です 空気穴なし風防の面白さが広がりますよ!)

さて 今後もっと新しい/楽しいTrinity Light Stoveの使い方を発見できるでしょうか??

STOVE 直径 58mm/高さ 60mmと言う 非常に安定したフォルムで使う場所(フロアー/地面)
をそれほど選ばず ある程度の鍋/POT直径に対しても安心してお使いいただける
TRINITY IGHT STOVE! 新しい発見があったらぜひご連絡くださいね!


そうそうCFを使った構造上STOVE底面もそれほど高温になりません そのため送っていただく写真には
テーブルの上で 養正をせず使っていらっしゃる写真も見受けられますね! 
  (※ 出来れば 養正してくださいね (^^ゞ 当方は保障できませんヨw)

TRINITY LIGHT STOVE 在庫0になりました  MLV_Factory からの出荷は4月中旬より

お急ぎの方は 三鷹(Hiker's DEPO) 山形(DECEMBER)さん
芦屋(Sky High Mountain Works)さん にお問い合わせくださいね。 


           100227_02.jpg


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット


  

| FREELIGHT | 08:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MLV_Factory LED mini Lantern Light
mini1_20100326181043.jpg

アルミBodyミニキーホルダー型LEDライトにハウジングを作りました

 LED      日亜化学白色LED 
 バッテリー   LR-41 ×4個 (テスト電池内臓)
 連続使用時間  8時間
 ハウジング 素材 PP&シリコンキャップ
 総重量   12g
 色    濃紺 濃茶
 価格    1200ー(送料込み)
 @ハウジングを閉めた状態でのON/OFFが出来ます



ハウジングを使ってテント内の照明として 
ハウジングをはずし小型ライトとして テン場で色々なシーンで活躍するのではないでしょうか?

国産LEDを使っているので結構明るいですね ハウジングの散光具合も良い感じだと思いますよ
またシリコンキャップ使用により防水性もUPしています(本体自体も防滴使用IPX2です)
@シリコンですので傷がついて破れる事もあります 強引な取り扱いなどは気をつけてください

またPPのハウジングは外力によりヒビ等入ることがあります ご注意ください。

miniC.jpg
 
※ LED mini Lantern Light は既製品に専用のハウジングをつくり 防水力UP&散光させた物です
  お遊び色の強い物ですので ご理解の上オーダーくださいね。
  また 初期Lotは数が少ないので MLV_Factory サポーター様優先販売にさせていただきます
  サポーター外の方で ご希望の方がいらっしゃいましたら是非ご連絡くださいね!

TRINITY LIGHT STOVE 在庫0になりました お急ぎの方は 三鷹(Hiker's DEPO) 山形(DECEMBER)さんにお問い合わせくださいね。 


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット

| FREELIGHT | 18:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

    araki_20100325131729.jpg

父親 母親の本家のある山形 村山に顔を出してきました。
何年かぶりに墓参りして 子供の頃遊んだ場所を見て回り 昼に本家近くの あらきそば で昼食

現在は山形でも1.2を争う有名そば屋で混んでるかな~??と覗いてみたのですが 今日は空いているようで
すぐに座ることが出来ました。

子供の頃 本家から20分ほど歩いて食べに来てからかれこれ何年??
有名になってからも10年ほど前に一度食べにきたのですが 本当に久しぶりのあらきそばやでした。

トイレがやたら綺麗になっている他は 建物はほとんど変わっておらず昔そのまま

araki1.jpg

3名で2枚の田舎盛りを頼み ニシン2枚

ここのニシンは美味しいね 昔はお持ち帰りはさせてくれなかったけど現在はどうなんだろうか? 
(一度 祖母が体調を壊したとき 頼んで持って帰ったことがあったけど。。)

araki2.jpg

運ばれて来たそば 間違いなく言えるのは 凄く綺麗になったな~って
むかしは 太さがバラバラで きしめんみたいな蕎麦が混じってたり普通の蕎麦みたいに細いのがあったりで 
非常に田舎くさかったのだが都会のお客さんが増えて 洗練されたかな? 

araki3.jpg

また蕎麦のざらつきが減ってツルッとした感じになった気もする。
親戚筋では ごそごそして。。。 と言う評価だったのだが これもずいぶん昔の話
記憶の方が強調されたのかもしれません。

因みに同行した叔母はあらきそばさんの 現在の女ご主人と同じ学校で1学年上だったそうです


まあ 私の好みの蕎麦ではないですが またお墓に寄ったときには顔を出したいお店です。


TRINITY LIGHT STOVE 在庫0になりました お急ぎの方は 三鷹(Hiker's DEPO) 山形(DECEMBER)さんに
お問い合わせくださいね。 


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット

| ☆徒然・・・・ | 13:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週は 山形に行ってきたのですが Blog管理に使っているPCを親戚の所に忘れて
 なんとも 情けない気分。。

今回は他のPCから MLV_Factory 新作のご紹介だけでご勘弁を 

MLV_Factory POLISH Titanium Long Handle Spoon

      SPOON.jpg

                       重量 16g / 全長 217mm 幅38mm    Price 1280-

OPサック等のジッパー付プラスティックバックでの調理&食事にはもっとも適した食事道具と言えるロングハンドルスプーンをチタンを使い ポリッシュ表面加工で仕上げました。

従来入手できたマッド仕上げのロングスプーンとは違い 食事の時の口ざわりも非常に優れていると思われます
携帯する食器選択肢の一つに是非加えて下さいね。  MLV_Factory Furoshiki Cozyとの相性は抜群ですよ!
 ※ 販売HP MLV_FactoryへはPCが戻り次第UPします メール コメントで連絡くださいね。


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html



 今日もポチット

| FREELIGHT | 11:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     saconuiJPG.jpg

MLV_Factory は2名の縫製作業を行うものがいます 

  nui.jpg

SACOCHEの縫製を担ってくれるのは MLV_Factory 縫製部主任 U氏です
現在 こうしよう ああしようと いろいろ話しながら幾つかの試作を繰り返しています

 nui2.jpg

主任のメインミシンは作業場にある SINGER 591 D200A
シャツの縫製をしていた時から使われているそうで長年の友と言いますでしょうか?  
勿論私にJUKIを勧めたほどですから 自宅内に置いてある職業用ミシンはJUKI-TL82
その他ポータブル化したJUKI職業ミシン1台  ロックミシンは株式会社JUKIのベビーロックが1台

注意 JUKIと言っても 2社あります JUKI株式会社 と 株式会社JUKI
工業用ミシンで有名なのはJUKI株式会社   ベビーロックで有名なのは株式会社JUKI
長くなりますので 興味ある方は調べてみてくださいね。


nui1.jpg

やはり主任の知識の豊富さは素晴らしく 現場で30年以上縫っていらした経験 技術は 舌を巻きます
今まで無知ゆえにガンガンやってきましたが。難しい縫い物は有償で人にお渡しできる物じゃないですよね。
今後は初心に戻って単純縫い/試作をメインにやって行きたいと思います 修行 修行!

MLV_Factory が考えて行きたいこと。。。
今日本にはこのような技術を持っていても 仕事として成り立たない人が山ほど居るんですよね。 
百均に行けば100円で裁縫されたカメラケースがあります (←私が使っているやつ)
この仕事をU主任に査定していただくと 
『チャック付け 内部バイアス処理 飾り金具付け 1時間で4個 慣れて 5個かな~?』って
素材代金 縫製作業代金 輸送費 販売者利益 減価償却 などなど考えると1個の縫製料金は20円以下?
実際は流れ作業で物は作られますが それでも 時給100円行かないでしょう。
本当に難しい問題ですよね だって日本にこういった職人が居なくなればニッチな商品は作れなくなるんですからね。

      To be continued                MLVLED.jpg

今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット

| ☆徒然・・・・ | 10:09 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車じゃないからShakedownってのも変だけど  まあ本来自転車レースで使うものだからね。

      saco_20100320114140.jpg

サコッシュとの付き合いは長い 20年以上前に自転車競技を始めた頃から たいして必要性もないのに 
サコッシュを後ろのポケットに入れて練習していた時期があった。 
あれは 当時好きだったフランチェスコ・モゼールがジロでの移動中ににこやかに談笑しながらしながら 
サコッシュからなにやら口に運ぶシーンのポスターが印象にあったからだろう。   (下に続く)

MLV_Factory ORIGINAL SACOCHE 

      saco1_20100320114600.jpg

 
Fabric / CRSP(コーテッド リップストップ ポリエチレン) 42 gram/sq. meter  
Size / H28~30cm×W22~24cm (現在29×22cm)

Weignt: 27g (現在値)
Color : White / Dark Green / Dark blue 
Price : -
Originality / Lots.....


(上より続く)
当時日本の実業団自転車レースは長くても150km未満がほとんどだったのでサコッシュに補給を入れるような
状況はなく(現在は知りませんが) 
ただ一度 棚倉町で行われた全日本実業団の時だけサポートのクラブ員と一緒に用意した覚えがある。

サコッシュの内容物は 飲用ドリンク(常温炭酸抜きコーラ) 小袋に入れた桃缶の桃
新聞紙だったと思う(新聞紙は体温調整用だが 天候により外す)

この時のレースは2時間ほどで先頭集団から置いていかれ サコッシュを貰った時には
すでにピクニックランで 同じく落ちこぼれた人と話しながら 走った覚えがある 
勿論こうなるとケツカッチンで 完走させてもらえ得ない状況でした。。

当時使っていたのはただのコットンの袋に長い紐を付けただけの物

その後 競技を辞め海外放浪を初めても サコッシュはとても便利な道具なので整理整頓ができない私には 
欠かせないツールとなった
  
国境越えの時は パスポートなどの貴重品をまとめておくための袋
観光中は カメラ チケット 地図 お菓子など とりあえず突っ込む万能袋

そうやって 今家には使える普段使いのサコッシュが幾つかある
これ以外にも 壊れて捨てた物は山ほどあるのだが..

Lao1_20100320120741.jpg    現在メインに使用しているもの

ラオスで入手した物で モン族の柄が使われているらしい 僧侶の托鉢袋そのままといった形で
チャックもなければ肩紐も袋と一体になった物 重いものを入れても肩紐が太いので痛くない

gate.jpg  これは2代目

ガテマラで去年入手した物 実はこの前に同じ物(フサフサだけ色違い)を長らく使っていたのだが
肩紐の付け根の布がちぎれてしまい ガテマラに再度訪れたのを機に同じデザインを探して入手した。
チャックで上が閉まり 肩紐の長さガ調整可能 マヤの伝統的な模様が縫い付けてある。

sako3.jpg  ペルー手編み 民族衣装のおばちゃんから購入

ペルーで購入した物 クッション性があり小ぶりなどでカメラなど入れて使っていますが デザインが
可愛いので あまり活躍しない。。

3saco.jpg

山でテストしてきた サコッシュ  (メッシュ シルナイロン キューベン)

これらの経験から 使いやすい素材を選び MLV_Factory が得意とする他に無いオリジナルティー
出して行きたいと思います!   




      To be continued                SPOON_20100320122932.jpg

今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット  


MLV サポーター ウチワネタ 
kosa.jpg  Back.jpg kyou.jpg

| FREELIGHT | 11:39 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

以前 Tyvek製のビバノラックみたいなの作りますよ~って書きましたが
4名のご希望があり そして2名分はすぐ作って送っちゃったんですけど。。。

いろいろバタバタと事が起こり  申し訳ないことに 仲の良い方2名様分を後回しにしていた。

それが今日一つ出来上がり (もう一つもできてるけど 一部シームがまだ。。)
発送することができました。

    TYjs.jpg

1000円ほどの物と言うこともあってか 裁断 製造が良いとは言えない。。
インフルエンザの影響で たくさん作ったでしょうから 余計そうかもしれないですね??

最初 全部解いて縫い直しをやるつもりだったのだが あちこち長さが違ってたりして 
結果 これはそのままの方が良いだろうと言うことになった
(長さが違う物を縫うのは結構大変で 全てをやるとどれくらい時間がかかるかわからないしね。。)

で裾周りに生地を追加して 腕周りの処理を少しきれいにして フードの処理を変更しました。
結構使えそうだし 至らない点は各自修繕してもらいましょうね  

     TYjs1.jpg

もう一つも来週中には発送できそうですぜ。。。(最初加工の手順より 小さいサイズの方から旅立ちました)


ではではでは~~~


              To be continued                              

       SLED.jpg  ... あっ DECEMBER モデルもある。。


今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット  

| ☆徒然・・・・ | 15:58 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

    os0.jpg

無人島に生きる16人 須川邦夫

内容は明治32年に海洋調査に出た帆船 龍睡丸が遭難し ミッドウェーに流され
無事に生還するまでの経緯をまとめた実話本。
当時の文章と言うこともあり如何に日本男児は知恵と希望を持って無人島生活を綺麗に生き抜いたかを書いてある。

まあ16人が仲たがいもせず 毎日朗らかに過ごしたなんて現代人には信じられないし
そうとう都合よくまとめられてるな~ なんてお話なのだが それでも実際に彼らは16人かけることも無く生還している。

同じように現代日本人が無人島に漂着してしまったら??果たしてどうなんだろうか・・
さすがにLOSTのようなことは無いだろうが どのように火をおこし 食物を集めるのだろうか?

アウトドア系の人間なら すこしは普通の人間より生き抜ける可能性が高いとは思うのだが。。。
な~んて この手の本が好きなので一気に読んでしまったのだが。

流木で長さ30cmのへらのような物を作りその一方を尖らせた それを松材の窪みにあて
力を入れて気長にごしごしすると。。。。。彼らの火の起こし方である

しかし毎回そうすることも大変だ (中略) 缶詰の上の方を綺麗にとって 砂を半分ほどいれ
アオウミガメの油を注ぎ込むと 油は砂に染込み 余分な油は砂の上に3cmほどたまる
その砂に灯芯を差し込んで火をつけると 立派な灯明となり これを万年灯とした。。

ふむふむ 亀の油で灯明を作ったのね。。。 

オイルサーディンは オリーブ油漬けの鰯 

   os.jpg

亀の油じゃないけれど。。。。。

   os1.jpg
トリニティーライトで燃えないのかな???  駄目でした 燃えませんよ!

じゃあこよりで 灯芯作ってあげれば??

   os2.jpg

やっぱり燃えてくれるんですね~   しかし油が燃えるのと 灯芯自体の燃えるスピードには
バランスがあり 目を離すと火が消えちゃうみたいです。。

それでも オイルサーディン缶に自己完結してもらいましょう!

   os3.jpg
醤油をたらし グツグツ。。。。。。 BANG!!!

あ~あ 。。途中で隙間にたまった空気が爆発して 鰯が宙を飛びました。。
気を取り直して 周囲の冷たい視線を無視しつつセコセコ鰯を缶に戻し 酒の肴となったのでした。

あ~ 無人島じゃない どこかに行きたい。。。        お後がよろしいようで。。。。


              To be continued              sako.jpg
                

今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット   


@@@@@@@@@@@@
隠しコメントで カーボンフェルトについてもご質問頂いたのですが 申し訳ございませんが使用状況がよくわかりません  また ハンドルネームなので お返事しようにもどなたか判りませんので メールで御願いできますでしょうか? わかる範囲でできるだけお答えいたします 

| ☆徒然・・・・ | 19:08 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

         TOP_20100317121651.jpg

 TRINITY LIGHT STOVE のオプションを発売します

@ アルミ燃料缶 この缶の使用により4時間以上燃焼させる燃料を蓄えることが出来ます。
   重量 約 3g  この商品はアルマイト処理ではなく エポキシ塗装処理となります。
                               Price 300円 (送料別)

@ フッ素ハイシート 耐油性能を考えるとフッ素系のシートになりますが やっぱり高価ですね。
   重量 約 3g                    Price 400円 (送料別)

@ SET(燃料缶&フッ素ハイシート)の場合は 送料込みになります

ランタンパーツを缶に固定する前に このハイシートを挟んであげてください 押し込み式の缶ですので
完全に油漏れを止めることはできませんが 状況は改善されると思います。

ハイキングだけでなく オートキャンプや カヌーキャンプ などランタン性能をUPしていただくことができると思います。

なお 写真に素材? が写っていますが これはオプション缶とハイシートを同時購入頂けた方に
おまけするパーツ素材です。

@ S管 
 この管はランタンモードのとき 燃料切れの際の灯芯の燃え尽き>芯の交換から開放される物です
 ランタンパーツの真鍮管に被せるように設置します(真鍮製)

     TOP2.jpg OPT

 もし灯心が燃え尽きてもS管をずり下げることにより 灯芯を指で引っ張り上げられるようになります
 このアイディアは購入いただいたS氏より頂いたアイディアで 名前をS管とさせていただきました

素材供給(おまけ)ですので ご自身で少し加工を御願いすることになります。
またこれらの活用におきましては 自己責任において取り付けをご判断し お使いください。

S管 /ランタンパーツとの素材的隙間は限りなく0です 滑り込まない場合は軽く目の細かい紙やすりで擦って
    挿入できるようにしてください  削りすぎにも注意してくださいね

                       
    To be continued              TOP5.jpg

今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット   







@@@@@@@@@@@@
隠しコメントで カーボンフェルトについてもご質問頂いたのですが 申し訳ございませんが使用状況がよくわかりません  また ハンドルネームなので お返事しようにもどなたか判りませんので メールで御願いできますでしょうか? わかる範囲でできるだけお答えいたします 

| ☆徒然・・・・ | 12:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   550.jpg

FireLite 550 Titanium Cookpot と言う POTが存在するのを 皆さんはたぶんご存知でしょう。
550mlと言うバランスの良い容量ながら 高さより底直径が大きく熱効率が良い美しいフォルム
実測75gと言う驚くべき軽量なPOTで それらの魅力により入手したいPOTの一つとなっていたと思います

    5501.jpg
             ( MLV 550  と  SNOWPEAK 450  のスタイル対比 )

今回 MLV_Factory は生産地でこのPOTと同じ工場と思われる経営者とコンタクトをとることが出来 
MLV_Factory オリジナルとしてある一定数入手することが出来ました ※1

現地では幾つかのバリエーションが作られるようなのですが 今回 MLV_Factory が入手したのは 
FireLiteが軽さを追求したため非常に薄いチタンを使ったのとは違い 0.4mm厚のチタンを使った
通常使いが出来るもの つまりFireLiteの魅力の一つ 超軽量をある程度諦める変わりに運搬時などの外的力に関する ゆがみ 凹み などデリケートな部分を 数gの重量増でカバーしてしまおうと作られた物です

これにより  容量 造型美 熱効率はほとんどそのままに手軽に使えるPOTになりました。

   5502.jpg
   MLV Ti-Foil&TRINITY LIGHT STOVE との相性

今回 到着した物を全て検品しましたが 作りは非常に丁寧で 蓋の歪みなど物を作る私が見ても 
納得できる作りの物でしたのでその点も皆様にはご安心していただけると思います。

         5503.jpg MLV_Factory ロゴ付 メッシュ

Total weight 96g(POT/79g 蓋/17g) 容量 550ml 0.4mmTitanium
Price    5800円   メッシュケース付属 

    商品URL > http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

* 以前 Light Padを見つけてくれた当方の協力者が現地赴任になり 今後 MLV_Factoryの海外輸入担当者として働いてくれることになりました! 今後もちょっと違ったものを探していきますね。

MLV Ti-Foil&TRINITY LIGHT STOVEとの相性は上写真の通りゆったり目に円を作ることで可能
(新しいゼムクリップの使い方を見つけましたので 後日ご紹介します)
@ 収納におきましてはツライチなので 次期Lotでは高さを低くしたTi-Foilを用意する予定です。


今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット 


| FREELIGHT | 15:28 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

       img20100228230940061.jpg

       TRINITY LIGHT STOVE     河原で一杯の紅茶を飲むのがとても楽しみ

郡司さんから頂いた写真 美しいですね  郡司さんのblog はこちら http://blog.zaq.ne.jp/gunji/

フィールドからのレポートをしてくださったのは おまつ さん!

      omatu.jpg

TRINITY LIGHT STOVEをアルコールストーブでの活用の利点は、100ccもの大量燃料が持ち歩きできるのに、ちっちゃなマグカップ内に全て収まること。
私はアーミーキャンティーンカップにいろいろつめこむのが好きなんですが、コーヒーセットが一式キレイにはいるのでとても気に入ってます。

      omatu1.jpg


あと、燃料の計量が 黒いポヤポヤ(カーボンフェルト)のセット数で簡単に行えること。
ポヤポヤ(CFC)を一個でお茶を沸かすくらい、二個ならラーメンを作ったり炊飯ができます。
ポヤポヤ(CFC)一個が、私の経験値ではアルコール10cc※1ぐらい?環境によりますが、
4-7分燃えるかな? 炊飯は蒸らしの一手間が要るから、その際は フロシキコジーをどうそ。

調理し終わったら、2-3分冷めるまで待って、ポヤポヤを燃料ボトルに戻すだけです。すぐに冷めるから、撤収も楽チンですよ。  お湯を沸かすのに使ったポットより、早く冷めます、ホント。
んだかベタぼめに書いてますが、真面目に「よく考えて作ってあるなぁ」って感じです。
収納性は高いし、現地でチマチマ燃料を計る必要も無いし、撤収も簡単。
着火は、私がファイヤースチールが好きなんで、上からパッパと火花をかける程度。
風が強くても、簡単に着火できます。ただし、火が消えたり、流れないよう、風防は用意してください。
消すのはマグカップとかをカポッとかぶせる必要がありますが、途中で消すより、ポヤポヤの数を調節して、アルコールを燃やし切る方が、私は楽かなと思います ※2  しかしまぁ、よく考えてある品です。
変な例えですが、「一休さんのトンチ」というか、「コペルニクスの回転」というか、斬新なアイデアにびっくりしました。  うん、真面目に面白い。うほほほ♪

おまつさんのブログはこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/omatsu123

※1 アルコールは初期に17~18ml 焼きが入ると15mlほどになります
※2 燃やしきるのもOKですね ただ必要のない燃焼終了期の燃焼はCFCのへたりが早くなるので 
   そこを気になさる方は消してくださいね! 終了間際は吹き消すことも出来ますし
   MLV_Factoryではランタン燃料皿による消火も紹介しております → ここ 
   また CFCは簡単に自作も出来ます 是非トライしてみてください!

上記文章はなるべく原文に近いかたちで掲載させていただいていますが 一部まとめさせていただいた
部分もあります ご了承ください。 

なお 燃料用アルコールは有害物質ですので あまり素手で触らないようするかエタノールの含有量が多い燃料を使うなど気をつけてお取り扱いくださいね。


   

TRINITY LIGHT STOVEに 携わって頂いた皆様を お礼を兼ねてご紹介させていただきます。

JSB氏 技術アドバイザー 
JSB氏は皆さんご存知 日本を代表するアルコールストーブ作家 氏の蓄積したデータをしのぐ人は居ないのではないでしょうか?
今回のTRINITY LIGHT STOVE においては データ収集と 方向性の相談をさせていただきました。
以前も書きましたが 氏は【性能の追及を求める方なので 性能を抑えて使いやすさを追求する】という事を良しとしないのですが 今回は特にお願いして カーボンフェルトストーブの普及の観点から協力いただくことが出来ました。
チムニー効果の利用 カーボンフェルトの優位性を知りぬかれているからこそ出来るアドバイスを受けることが出来ました。 今後も改造バージョンの紹介など氏の独自のパワーアップ方法を紹介いただけるそうです。
 
JSB氏のブログ 『とてもユニーク JSBサイト』

ULG氏(寺澤氏)フィールドアドバイザー
おそらく日本でNo1のギアテスト経験を持つ日本を代表するウルトラライトハイカーであり 巧みな文章で私たちをウルトラライトの世界に導いてくれた功労者です。 
ULG氏は現場で使える軽い道具の追求を中心に活動されていらっしゃいますが 今回は万能性と強い遊び心という氏の本来の方向性 から離れた品物ということにより ストーブ性能ではなく 運搬 運用時の注意点でアドバイスを受け その結果プロトタイプStoveBodyから現行への変更 全てをパッケージする容器の採用 今後発売予定のWW&StoveBody&Bottleのみを収納する小型ケースの採用を 行うことが出来ました。   またその他 現場でガンガン使える強さ! ランタンモードの時の吊り下げ など頂いたアドバイスは今後課題として 製作活動を通して現実に近づけて行きたいと思います。

ULG氏のブログ 『山より道具』


Hiker's Depot 土屋 智哉氏 販売パッケージ・品質アドバイザー  
Hiker's DepotオーナーでありUL界の第一人者。 今回はMLV_Factory として初のアルコールストーブ TRINITY LIGHT STOVE の品質の確保においての注意点や販売における注意点など見落としがちな点をフォローしてくださり セールスにおける方向性なども明確にしていただくことが出来ました。

土屋 智哉氏の関連サイト 『Hiker's Depot』 『オーナーズブログ』


D.kikuchi氏 デザイン協力
DECEMBERオーナーでありZIPFY JAPAN主催者 レースや広報を手がけていらっしゃいます。
D.kikuchi氏にはデザイナーとして参加頂き TRINITY LIGHT STOVEロゴマークを作成していただきました。
また今後も MLV_Factory のデザイン フォトにおいて協力していただけるそうです!

D.kikuchi氏のブログ  『DECEMBER』 『ZIPFY』

somtam氏 コマーシャルフォト協力
山形で活動するブロガーであり家族を愛するアウトドアマン 本職は○○○○
somtam氏には今回コマーシャルカットを撮影していただくことが出来ました
今後 MLV_Factory の宣伝アドバイザーとして活躍していただけます。

somtam氏ブログ 『いきますか!』

この他にも多数の会社 メーカーさんに協力いただきました この場を借りてお礼申し上げます。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

こちらをご覧になって頂くと 人それぞれにウルトラライトハイキングギヤの捉え方 つまりスタイルがあるのが判ると思います。 それは点数を追求したり 速さを追求したりするスポーツなどとは違い 人それぞれが自分にあったフィールドで 自分にあったウルトラライトハイキングスタイルを追求する自由があるからです 
ベースウエイト10ポンドと言った目安はあるにせよ そこに何も規制はありません。

100g荷物を軽くする努力をしながら150gの文庫本を持って歩いてもウルトラライトハイキングです。
なだらかな山を歩くのも 厳しい自然の中を進むのも 全てその人のウルトラライトハイキングスタイルです
MLV_Factoryの製品は その全てがウルトラライトではないかもしれませんが 私にとってそれは自然の中を軽快に歩く装備だと思っています ご賛同いただける方でも同じスタイルとは限りませんし同スタイルが一番だとは思ってはいないと思います。
今回も今後もMLV_Factory からリリースする製品は私の責任において販売されますのでその点はご理解いただくことをお願いいたします。

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット 

| FREELIGHT | 12:35 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     LEDM.jpg

MLV LED Light Housing prototype & LED Light
  Body / Aluminum body    日亜1LED /8h   IP Protection Rating : IPX2
  Housing / PP? PE?  IP Protection Rating ?? 

     LEDM1.jpg

 MLV_Factory  FAN PLAN!      LEDM2.jpg

                                 To be continued    
 
MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット 

| ☆徒然・・・・ | 17:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

          kai_20100311123038.jpg

TRINITY LIGHT STOVE 消火 & CFC回収 の一例を紹介します

使うのは このパーツ ↓ Lantern用の燃料皿です

  kaisyuu.jpg

この皿の底に アルミテープ(台所用品などですね)を張るのですが その時にCFCスタンドが引っかかるように 一部接着面側の粘着力を殺してあります ※その部分だけアルミテープを抱き合わせればOKです
そして CFCスタンドを載せた状態でテープを張れば燃料皿(消火皿)は出来上がります。

次に スタンドの持ち手の方を くにゃくにゃ ゆがめておきます

ではビデオをご覧になってみてください

[広告] VPS


  申し訳ございませんが このような改造は自己責任において行ってください。

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット

| FREELIGHT | 12:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LAN.jpg
TRINITY LIGHT STOVE LANTERN Modeの解説

ALCOHOL STOVE を作るにあたり 他には無い!と言う性能を持たせたいと思いました
その一つはCFCを使った まったく新しい ALCOHOL STOVE のスタイルだったのですが
これをエスビットストーブとの共用に。。 ついでにランタンにも使えないか?とまで
考えを進めてみました。

しかしLANTERNと言っても現在アウトドアで使われている 正式な機能を持たせると どうしても
構造が難しくなり しまいには 雪丘工房(http://www.green.dti.ne.jp/kenzou/)さんのような
しっかりした作りの物になることでしょう。 
けれど ウルトラライト派としては遊び道具※1と言えど そのような重さは持ちたくないのではないでしょうか?
ではどうしたらいいか?? ここはやはり日本に古くからある行灯※2 のようなシンプルな物を作れば重量的にも問題なく楽しいのではないか?と思ったのです。

そのため構造は このようにしてみました。
                     LAN1.jpg

Stove Bodyの中に金属製の皿を置き そこにランタンオイルを注ぎ それに灯芯を浸してオイルを吸い上げ
本体から離れたところで火を燃やすのです。
(図 赤い部分が金属製の皿 青い部分がオイルです)
この図を見ると判るように皿は行灯の皿と同じように密閉(半密閉)されていないので 傾けたりしたら
オイルがこぼれてしまいます。 もちろんつり下げなどすると非常に不安です。
灯芯は送り出し機能などまったくないため 火力調整にはいちいち 灯芯を指で調整しなければいけません。

さて これをどう思うか? これをどう使うか? やっぱりそれは使い手の遊び心じゃないでしょうか?
私は 皆さんがこれを改良し 使いやすくしてくれることを望んでいます。
(たとえば リフレクターを製作して頂くことをお願いしたように。。。。)


課題と対応策

燃料が15ml未満しか入れられませんのでハイキングではない普通のキャンプの時に使うのにはちょっと少ないですよね。 そこで オプション缶の用意を今しております。
まだハイシート(パッキン)の用意が出来ていませんので これが用意できましたら発売する予定です。

        LAN11.jpg


この缶を使うと燃料を20ml以上入れられるだけでなく 
Lan4.jpg  LAN5.jpg

このように高さが低くなるので 保温台として使うのに便利です(左 ノーマル 右 オプション缶)

芯の燃え尽き 燃料がなくなる前に火を消さないと 芯は燃え尽きてしまいます。
この状態で簡単に芯を出すことは出来ませんが 針の先でほじくり出すという事が出来ます
灯芯は凧糸でヨリがかかっているので そこに引っかかって出てくるのですが不器用な人は??
もう少し簡単な方法を考えて行きたいと思います。

燃料センサー 燃料が少なくなるとそれが判るセンサーをつける方法
それはカーボンフェルトCFを灯芯の燃料を吸う側につける方法です 燃料を灯芯が吸い上げて燃えるのですが
その速度は燃料が多いと普通に燃えてくれます しかしCFが丁度吸う分の量まで燃料が減ると灯芯が吸い上げる燃料量は減少し弱火になるのです  この時に気がついてあげる事により灯芯の燃え尽きを防げます。
CFの大きさは燃料皿の大きさにも関係するので 良いと思われる大きさは使い手が決める方がいいでしょう。
大きくすると弱火の時間が長くなりすぎてしまう 小さくすると弱火の時間が短くて気がつかないですからね!

風防 こんな風防はどうでしょうか?

LAN10.jpg

エビアンボトル風防 高さと底の一部をカット ↑ 

         LAN6_20100310135545.jpg

丁度風防がWWにひっかかりいい感じで固定できました

@ 熱の問題などありますので全てについてOKということはいえません。
  申し訳ございませんが このような改造は自己責任において行ってください。


※1 光と言うだけでしたら電気にかなう物はありませんので ランタンは所詮遊びです! しかし
   そこには 不思議な魅力 安らぎがあり 雰囲気があります 

※2 行灯は火皿(小さな陶器の皿)に油(荏胡麻油、菜種油、イワシの油など)を入れ、
   油から少し灯芯を出し、火をつけて使い これを風防の紙を貼った木や竹の枠の中に置いたもの。

LAN2.jpg ← 佐藤@電線屋さんから頂いた写真



MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット

| FREELIGHT | 09:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


ただいま TRINITY LIGHT STOVE 2次出荷の最後の工程中です 水曜10日からHiker's Depoさん
にも並びますので よろしくお願いします!



MLV_Factory で ボトルの販売が始まりました  スケール付PPと PEボトルです よろしくお願いします
http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Bottle.html

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット




| ☆徒然・・・・ | 14:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TRINITY LIGHT STOVE を購入いただいた皆様より 色々な写真 情報を頂きました!  
今回はこれらをご紹介させていただきますね! 

  IMG_9149.jpg  IMG_9160.jpg

  IM.jpg  IMG_9137.jpg

頂いた情報です (原文そのままです)

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

トランギアも持ってますが、あれはストームクッカー用ですから、ちょっと使いがしにくいんですよね。
で、自作で小さいバーナーを幾つか作りましたが、小さいゆえに、コテンっていった時の怖さがありました。
しかし、トリニティーのCFCにアルコールを浸す方法だと、その怖さがまったくないですよね。
また、トリニティーのような、オープンタイプだと、五徳の高さを計算しておかないと、燃焼に伴い、
燃料アルコールがグツグツと沸騰してしまい、段々と火力がアップし、あっと言う間に燃料切れになってしまう
んですよね。
ところが、このトリニティーは、CFCから蒸発したアルコールに火がついているので、火力にバラつきがなく
常に一定になっているのが最大の特徴だと思います。

トリニティに小皿を乗っけて、水を張り、そこにアロマを数滴たらすと…アロマポットに早変わり♪
ランタンモード今のタンクでも、芯を0.5mmくらいだと5時間くらいいけますよ。
実は、雪丘工房さんのタブオイルランタンも使ってるので、ランタンモードは、私のキャンプスタイルでは
定番になりそうです。リフレクタも作れば、0.5mmくらいで十分な明るさになると思います。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

到着すぐでフィールドではお使いになってないとの事ですが お部屋でも遊んでいただけるのはうれしい限り!
現場で使えないのは道具じゃない!?かも知れませんが 道具は使う人間の使いよう
フィールドでも使えるオモチャなら MLV_Factory は それでいいと思ってます。。 
ウルトラライトって 昔のバシバシの山道具背負いまくりの登山者から見れば そんなの鼻で笑ってしまうオモチャに見えるでしょ??  でもね。。。 ちゃんと使い方を考えて人間力をプラスしてあげれば スーパー軽い登山だって出来てきたじゃありませんか!  

TRINITY LIGHT STOVE をオモチャにしてしまうか 使える道具にしていくか?? それは使い手次第です
だから かる~い道具って 面白いんですよね
ウルトラライトに対しての定義なんてありません 人それぞれ だったら遊んじゃいましょ!
 
もう一通!

100227_01.jpg  100227_02.jpg

100227_04.jpg  100227_03.jpg

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

CFC一個でだいたい200ccを沸かすらしい。GさんJさんと話し(ダメだし?)してる間に、
300cc前後の水がお茶は飲める温度になりました。
ヤカンをかける前にあーだこーだやってたので充分過ぎる出来かと パワーよりも効率のよさを感じました。

ランタンモードは 『あぁ・・・・・・♪ いい感じ』

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

雪中オートキャンプの現場で使われたそうです!


ボトルの販売が始まりました  スケール付PPと PEボトルです よろしくお願いします
http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Bottle.html

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット


| FREELIGHT | 12:19 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

那覇の夜は明けて 天気予報では /  何とか持ちこたえてくれると良いのだが。。。

9:00>海の景色を見ながらゆっくり走って奥武島へ>中本鮮魚店
 
  tenpura.jpg

ここも このあたりに来るとお決まりですね パクパク食べながらドライブ継続         。。。

知念岬方面をドライブ 右手に久高島を眺め 斎場御嶽は車内で説明のみ (興味無いとね。。。)

高速に乗って>中城城址

   naka_20100305092408.jpg  実物見ないと!

>旧中村家  (ホント 普通の観光コース)

   nakamura.jpg  ここに 住みたい 

>泡瀬を通って パヤオ直販所で食事 (何時もここいらだと 八重山そば屋なんですが観光ですからね!)

          paya_20100305093051.jpg

まだ元気あるって? 首里城あたりで買い物と 山城饅頭でもと思いましたが 急遽 
浜比嘉島>伊計屋島 へ 。。。。      

まだ行けるって!? 元気だな~  この近くだと勝連城跡だね  歩け!歩け!!

   katuren.jpg

さすがに疲れたでしょ! 帰りはゆっくり下道で コザ十字路 > 北谷をチラ見 ブルーシールを食べつつ
サンエーでお土産買って帰りましょうかね!?

エ!  サンテックツアーのクーポンに コンビニの1000円券がついてるって!! な~に~。。。

急いで近くのコンビニに飛び込み確認したところ『ええ! 購入金額から1000円値引きしますよ』との事
こちらの手元には5枚もこの券がある!

カウンターには 塩ちんすこう すっぱいマンキャンディー 沖縄限定食品が山と積まれ お土産袋をさらに
膨らませることになった。


空港にてツアーガイド終了!  あ~疲れた   
        20:00発 羽田行きの座席に着くや否や 深い眠りに落ちたのでした じゃんじゃん


次回は TRINITY LIGHTを購入いただいた方から 頂いた写真をUPさせていただきますね!


 
ボトルの販売が始まりました  スケール付PPと PEボトルです よろしくお願いします
http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Bottle.html

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット






| ☆徒然・・・・ | 09:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MLV_Factory の社員旅行に行ってきました 

        OKI_20100303151642.jpg

そんな訳も無く 何時も好き勝手に遊びに行っているので 罪滅ぼしを兼ねての沖縄ツアーを施行してきました。
参加者は社員 もとい!  家族親戚 老若男女入り乱れて と言う相当ハードな面子!

            OKI1.jpg

今回はツアー行程を上げてみますので 参考にして頂ければ..... 特に沖縄の食べ物は合わない!
と言われている方には見ていただきたいですね~ (*^。^*)

MLV_Factory 沖縄お勧めツアー 2日間( 全工程 3日間 )

初日は各自各々那覇/牧志のホテルの集合 私は深夜/那覇着ですのでスタートは2日目の朝からです
(牧志 23時着 速攻焼き鳥屋で一杯 24時を回ったところで すばをすすり 就寝)

那覇レンタカーを借りて>高速自動車道>屋嘉Ⅰ.C>88号>58号> 瀬良垣ビーチ前 三ツ矢本舗(本店)

MITUYA.jpg

buru.jpg ←ラベルにも書いてある 幻の味ブルース!

朝ご飯は?? 軽めに三ツ矢本舗のブルースから沖縄ツアー食初めです
三ツ矢は私が毎度毎度立ち寄るお店でドラゴンボール(写真上 枠内)が私の定番ですが 
朝ごはんは 幻の味ブルース が良いでしょうね
店内でお茶を頂き 2切れ3切れ お口に入れれば沖縄ツアーの期待が膨らむことでしょう!
( マジ美味いです

【売り切れの用心にドラゴンボールの取り置を頼んでおきましょう 開店直後にドラゴンボールは出来上がっていません。 また許田の道の駅 恩名の道の駅にも三ツ矢がありますがドラゴンボールZがあるのは恩名だけです】

次は眼と鼻の先 お菓子御殿 です お土産命のおば様方には早めにお土産を買わせておかないと
落ち着きがありません 必須 !! 

そこでお菓子御殿で紅芋タルトを買わせてしまうのが一番です。

※ 参加者が山のようなお土産を買っても当然と言う顔で受け答えしましょう間違えても口を挟んではいけません そこに命をかけているのですから!! ただ私たちと命をかけるところが違うだけです。

お車で移動なら航空宅配便(1000円)がお安いですが バスなどで移動だと お土産の運搬も大変
お菓子御殿の場合 ここで購入した物だけですが全国1000円で送れます
送料の高い沖縄<>本土ですので 要チェックですね!

車は許田I.Cを過ぎ >名護を通過 >本部町  丁度ここらで休憩も兼ね 美ら海水族館の割引券を購入
(おば様方は沢山休まないと 非常に不愉快になられやすいので 注意です!)
古くからある商店で島ぞうりや沖縄の惣菜を購入しつまみ食いするのもお勧めです

          cyura.jpg

海洋博公園へ移動後は 定番の美ら海水族館の内部を見て周りましょう 
幸いMLV_Factory には魚くんが居ますのでお魚の詳しいツアーを行います 
(ダイビングガイドも仕事だったんで 魚について相当話せますよ~) 

13:00頃に館内ツアーを終了し 海洋公園の散策に移りたいのですがお昼ごはんの時間ですね。

備瀬のフクギ並木内にある コッコ食堂がお勧めです!

koko_20100303170904.jpg

沖縄そばが。。。と言われる方がいらっしゃいますが どうです?ここのそば(すば)は??
このおいしいスープは 考え方を変えてくれますよ~ お店の綺麗さとか そういう事は言いっこなし!

食後は備瀬のフクギ並木を散策し > すぐ近くの今帰仁城址を散策 >名護に戻ったら
> はいさい・やんばる市場(JA)で 沖縄野菜などを見物&お買い物  
> 三ツ矢のドラゴンボールを頬張りながら 高速を一気に那覇に戻り >ホテルにチェックイン

夕食は 糸満屋さん(居酒屋)の美味しい沖縄料理でゆったりすごしましょう!

        ito.jpg

さしみ盛り合わせ てんぷらMIX ニガナ炒め マチのマース煮が お勧め!

帰りは沖縄の暖かい夜風に吹かれ 散歩して帰りましょうかね ロンティー一枚で十分ですしね。 

サンエーでアイスを買うも良し 島酒買うも良し オリオン買っちゃうのも良し!
           
        yozora.jpg

お~ぅっと ブレブレじゃん  酔ったかな??

さあ  明日も ガイドがんばりましょうかね~~~~~~            続く



ボトルの販売が始まりました  スケール付PPと このPEボトルです よろしくお願いします
http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Bottle.html

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット

| ☆徒然・・・・ | 15:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。