2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

  long.jpg

なぜか 絶対にやらないと思っていた 板を使った海遊びを連続でしている

先々週は 八丈/汐間で
この時はお客様のリクエストと現地友人の口車に乗せられて 恐ろしいほどの波に揉まれた

何しろ八丈唯一のサーフポイント 汐間はリーフ! 足元はゴロタ。。少し流されれば
ゴツゴツのの腰ぐらいある岩の隙間からエクジットしなくてはならないポイントだ

前線の影響で毎年見る以上に波の高いポイントへ未体験者が入るなど無謀..
勿論 疲れ切って流され 足の裏をパックリ切ってエクジット (T_T)

   11.jpg
( 八丈紹介のHPより ↑  実際の波はもっとデカかったです (;O;) )

  因みに デカイ波が時折来る状況でのアドバイスは
 『やばいのが来たら板を捨てて潜れ それでひたすら平泳ぎ』 のみ…


  long1.jpg

今回は 他のお客様から。。『俺にも付き合えよ~!』と気がついたら鹿島の海に来ていた 
いや~ これがいいね これぐらいで十分 (*^。^*)
板はロングだし 波は低いし 砂浜だし ヤバイ! と言う状況は皆無 

で 立てたかというと まあ自力では立ちかけるぐらいが精いっぱい

え~~~~ 関係各者様 私はもう十分ですので この方面のお誘い(強制参加指令)は
                                御容赦願いますm(__)m






スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:30 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     sew.jpg

ここのところ立て続けに タープを縫うのに? というメールを頂いています
このブログの古いところひっくり返すと ある程度判ると思いますが 面倒でしょうし。。
御質問の件 いくつかここにUPしておきたいと思います

@ マテリアル は? そして入手方法は?
 
 勿論何でタープを作るか? で決まりますが 現在考えられる本体素材では Tyvek /シルナイロン/
  スピンネーカー などですね 

 特に初心者の方が初めて縫うなら 私はTyvekをお勧めします
 鉛筆などでマークが出来るし 張りがあり 折り目がつくので紙工作の延長で出来る気軽さがありますね!

 その他必要となるのは 補強用の生地 と 細引きを取り付けるベルト もしストックに直に引っ掛けるなら
 グロメットなどが必要ですよね!

 MLV_Factory では 現在製作に必要な素材販売の用意を進めております。
 特に今まで入手が困難だった スピンネーカーの素材販売の用意が進んでいますので御期待ください
  
 スピンは軽く強く腰があり 縫いやすい素材です シルナイロンで悪戦苦闘した方にはお勧めですよ!
 カラーはアップルグリーン/ ホットオレンジ (約1.01oz)

 補強用生地には ブラック/ホワイト/アップルグリーンの(約2oz)のスピンネーカーも用意しております 
 #細引きをつけるベルトはYKK製13mmグログランテープも用意
                                  御期待ください!


 @ ミシン は?  

 以前良く書き込んだと思いますが これには注意が必要です! というのも何でもいいといえば
 何でも良いのですが こだわれば何処までもこだわれます。
 オモチャのミシンでも縫える直線だけ縫って 力が足らない所は手縫いで… 糸調子の悪いところは
 全て手で調子を取り直せば出来るのですから…
 
 でもこれは作れる!と言うだけで満足できる人にはいいのですが 自分で造りたいと思う人はたいていが
 【出来るだけ自分にとって良い物が欲しい】という向上心の延長でしょうから満足できない事でしょう。

 そうなると問題です 縫い目の綺麗さは? 仕上げの美しさは? 我ら日本人はそう簡単な民族じゃ
 ありません!! 全てにおいて完璧を目指し そして次には さらに高みを目指します!

 でミシンは? と言うと 何処までやるかですが やはり直線ミシンは欲しいですよね
 工作好きなら判る物でたとえると 木工工具で金属加工しますか? やっぱり金属ドリルの刃じゃないと
 穴は空けられるかもしれないけど綺麗に開かないし 刃もあっという間に駄目になります。
 やはり餅は餅屋が上手いのです。

 良いミシンと言うと高価なコンピューターミシンになりやすいですがこれは必要ありませんし  

MD.jpg
 タープやシェルターを縫う には向いていません それに糸調子も狂いやすいです

 必要なのは 直線を縫うミシンで 水平釜ではなく垂直釜のミシン
(一番いいのは工業用ミシンですが そうも言えませんので 職業用ミシンが普通ではベストです
 次に 古い足踏みミシンにモーターをつけた物などあれば それも非常に使いやすいでしょう
 古いミシンは金属部品の塊で 誤差が出にくく 直線を縫うには非常に有能です)

mishi4.jpg

 はTyvekの場合 穴が締まりませんので 11番ぐらいかな? 9番でも縫えれば
 良いと思います (これはミシンの性能 使い手の技術ですね)

 その他ミシンで言うと押さえも普通の物とキワを縫うものがあるといいでしょう


え~っと ここまでどうでしょうか? ひつ続き メールやコメントで御質問頂ければ
お答えをいたしますよ~~~

                           ではではでは

| ☆徒然・・・・ | 09:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

        atui.jpg

残暑お見舞い申し上げます
9月が目の前と言うのに厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
すでにセミの声も少なくなってきているような気もするのですが。。秋風が待ち遠しいですね。
夏の疲れが出るのはこれからだと思いますが。どうかご自愛の上、お過ごしくださいね。



PS.
9月に上海 蘇州とアウトドア用品の工場を視察に行く予定を立てました

                    
                             ではではでは

| ☆徒然・・・・ | 08:46 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の8月初旬は日本海に前線が停滞し お盆まで各地でゲリラ豪雨が頻繁に記録され
逃げ場の無いような 猛暑日が続きました (まだまだ暑いですよね)

海は?と言うと…  やはり日本海にある前線のせいで南風が強く 波の強い日が続きました
八丈もその影響で17日まで南西が吹いて ナズマド 乙千代ヶ浜 旧八重根などの
ポイントがつぶれ 気軽にもぐれるビーチは底土ビーチ位しかありませんでした

しかし18日に入ると一転状況は回復し 波も風も穏やかに。。。。

    hachi_20100821092603.jpg


18日はナズマド1Dive ボートで八丈小島で2Diveと 八丈のビックポイントを十分に潜る事が出来ましたよ
しかし。。。。 今年は冬場に水温が落ちたそうで根付きの南方系の魚が本当に少なく
タテジマキンチャクダイサザナミヤッコなど幼魚は見れるものの 成魚には一度も出会えませんでした。

今後世界の気象状況 海洋状況は如何に変化していくのでしょう??
温暖化??などで 日本の四季はどうなってしまうのでしょうか?? 少し心配ですね。


                                        ではでは

| ☆徒然・・・・ | 09:26 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      P1010106.jpg


お休みを頂いておりましたが 本日より出荷再開です。


天気もよろしく 風も収まり。。。 ダイビングガイドに 食事作り etc..
クタクタになるまで 働かせていただきました これって幸せですよね! 




    @ 連休前の発注で未だに届かない!! など ありましたら御連絡ください 
      よろしくお願いいたします

| ☆徒然・・・・ | 13:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   a0116599_20395653.jpg

スピン入荷しました

@連休前と言うこともあり HPの情報は改正しておりません。

発送は来週末になりますが 御希望がありましたら 御連絡を入れておいてください。
(16~19日は 返信できませんので御了承くださいね)

@サポーター様用モデルもあります(詳しくはメールにて!)

    fuku.jpg

8/15日~19日まで お盆休みとさせていただきます 
   (出荷は20日以降になりますのでよろしくお願いいたしますね)



  @8/16~19日は 八丈でダイビングの予定です 連絡も取れませんよろしくお願いいたします


| FREELIGHT | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

    fuku.jpg

8/15日~19日まで お盆休みとさせていただきます 
   (出荷は20日以降になりますのでよろしくお願いいたしますね)



  @8/16~19日は 八丈でダイビングの予定です 連絡も取れませんよろしくお願いいたします

| ☆徒然・・・・ | 09:07 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   tai_20100806093756.jpg

朝からの大雨により ビチョビチョになった ファミキャン一行 まだ午前中ということもあり
まだまだ余裕で 装備を乾かしていく。

しかしゲリラ豪雨の危険性を回避できたわけではないので 少しでも高台を探して
引っ越すこととした。。

     BASEJPG.jpg

暑い暑い。。身体中ビチョビチョになり引っ越しが終了 
乾燥させていた装備もほとんどが乾き  そろそろ落ち着いた時間が流れだす  はず。。

水を浴び 冷たい飲みも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・           。。。

                        

え。。。せっかく乾いたのに  また   き。。。た。。。。。。。 

   newimage3.gif


あの半端でない 豪雨が。。。    すでに 参加者は戦意喪失  
あっという間に 足元は池状態。

即座に 台所スペースにブルーシートを被せ 車に非難した。
@ 想像できる範囲だったので キャンパーである車の後部はベッドスペースにすでに
  セットしてあった

車の中でゴロゴロしながら 雨の勢いを眺めて時間を過ごす 。


AM11時半から降り出した雨は 気がつくと時計はPM2時を回っているが一向に天気の回復が見込めない
朝のような1時間で止むかな? なんて 生やさしくは無かった、

   『 昼ごはんも作れないよ~~~ 』

dsya.jpg

あたり一面ビチョビチョで 料理どころでは無い もうこれは 食べに行くしかいな! 
(子供たちがかわいそうだもん)

時には視界をふさぐほどの大雨の中 常陸大宮の町に車で食事に行く事になった。。

ビチョ濡れで入った吉野屋の冷房がやたら寒く感じる  寒い寒い  
@豪雨でまったくお客さんのいなかった店内 駐車場から10mも歩けばすぐにビチョビチョ。。
 傘で守れるのは腰から上ぐらいだろうか??

店内で食べていると 今度は雷も鳴り出した。。。。

結局 だらだらと時を過ごし PM4時半にサイトに戻る
(このころ何とか雨は小雨に そして PM5時には雨が上がった)

戦いつかれた戦士たちのように 参加者は疲れ そして濡れていた。。

天気予報では 依然局地的豪雨の可能性があるという


 結果 急いで機材を乾かし 撤退することとした   また来年があるさ!!
 



  次の日再集合して 機材の天日干し  公園でパタパタしながら ヘネシーで遊んだりして。。
 
 kawakashi.jpg

    こっちの方がよっぽどキャンプらしいや~~ なんて声が聞こえてきました


| ☆徒然・・・・ | 12:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人の不幸は蜜の味。。。 では 蜜を垂らしてみよう


      tenki.jpg

当初ポツポツとタープへあたり音を立てていた雨は 次第にその音量を上げていった。
撥水加工されたナイロン生地(紳士用コートなどに使われる生地)を使って製作したタープ
その性能検査には丁度良い? などと笑っていたのは何分ほどか??

あまりに強い雨の勢いは地面で尽きることは無く 凄い勢いで四方八方に飛散しだした

UP.jpg

ポール2本追加して片側を上げて設営したタープだが 上げた側からの水しぶきの進入は半端ではない
この側を降ろしてタープ内部を守るため雨の中に出たが 数秒でずぶ濡れになる。。

ついには  シームしていない縫い目からの浸水が始まった
内に回った水分はタープ内側に伝いあちこちに滴を作る   そこにタープを叩く雨の水圧で
その滴は小雨のように吹き飛ぶ。。。。

     Q.  外は大雨 内は小雨  な~んだ!

     A.    大雨を想定して作って無い タープの中 

水捌けの良いこのグラウンドもバケツの底が抜けたような大雨で水浸し 何処もかしこも
池の中のような状況  勿論タープの下も同じように池の中?

テント周りも 溝など意味をなさない水量に 手をつけるのを諦めるしかない。

@ カメラはすでに写真など撮れる状況ではなく 水没を恐れて車の中。。

この状況に 子供たちがへらへら笑っていてくれるのが せめてもの救いか??
こちらもつられて へらへら時を過ごす

結局この雨は1時間強降って終了した この雨は。。。終了した。。

そして 燦燦と輝く太陽が 顔を出し 全ての物を乾かしていく

tai_20100806093756.jpg

しかし この日の天気はそんな生易しい物ではなかった 



             続く。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



ある日の真実が、永遠の真実ではない。
                           -チェ・ゲバラ-

| ☆徒然・・・・ | 09:38 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何時ものように夏のファミキャンに参加すべく 仕事を早めに切り上げてPM9時過ぎに現地着
暗闇の中の設営を適当にやっつけ 汗を流して酒を飲む! さあ今年もスタートを切れたようだ!

     tori_20100805103713.jpg
  (空き缶切って TRINITY LANTERN を中に入れる 吊り下げも出来そうかな?)


翌朝 日差しの下で確認すると先日急いで作ったタープが まあ使い物になるかな??ってな感じで
まともに立ち上がっている

  asa.jpg

サイズは5m×4.3mとかなり大きいサイズなので 何時もながらゴチャゴチャと持ち込んだ
道具たちは楽にタープに収まっている。

@このようなキャンプは年に1回だけ 専用の道具など購入する気もないので身の回りにある物を総動員 
 だから道具は所帯じみている。

 30cm×80cmもあるまな板とか 大型中華鍋 家庭用保温調理鍋 出刃包丁やら 牛刀なんかもあるし
 調味料はスーパーの籠に入れて 家庭に有るものをそのまま持ってきているし 食器なども
 陶器の皿にガラスのコップなんかも普通に使ってたりする。。。  
                       こんな所が 夏の難民キャンプといわれる所以)

先日作った大型クーラーBOXには 1.5L &2L ペットが8本 350&500ml麦酒が12本 BOXワイン3L
冷凍鶏肉2kgの塊やら  その他ごっそり飲み込んで..日除けにキルト生地をかけられ片隅に鎮座。

    goha.jpg

AM6時になると当番の子が朝ご飯を作り 手の開いた者は昨晩の設営の未完成部分を仕上げていく。。。


           gohaka.jpg

食事も済んで一仕事終わった頃には気温ははすでに30度越えか?? 

年長参加者Hは 大型コンテナに水を張り 脚を突っ込んで読書を始める。。。 

私は最近養子に来た ヘネシーを使ってみるべく セットしてみた。。

      hene.jpg

 
 そんな時 悪魔が微笑んだ。。                         

き。。。た。。。。。。。

               ame.jpg


                            続く。。


| ☆徒然・・・・ | 10:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

          goze.jpg



どうもがいてもだめなときがある。手を合わせるしか方法がないときがある。

本当の目が開くのはそのときである。

                               相田みつを


まさか そんな時がくるとは。。。。  Σ(゚Д゚;)ギクッ

| ☆徒然・・・・ | 08:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |