2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LED mini Lantern Light/ LEDミニランタンライト

  LED_20101129133452.jpg

ここに来て急にオーダーを受ける数が上がってきました。
特にリピーターさんからの注文が多いのは認めて頂けた証だと思います


※ LED mini Lantern Light は全て 点灯検査の後出荷しております
  価格にはテスト用電池を含みますが ご要望が多いので今後は交換用電池(8個/2回分)
  込みの価格 1500円になりますので よろしくお願いいたします
  
  

  LED1_20101129133459.jpg


  首から下げてネックレスにすると就寝後に急に明かりが必要になった時には便利ですよ


>>   では こちらのお店で !  <<


スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


         a0116599_15141245.jpg


まいど~  スピンサコッシュ如何ですか~

『納期はどのぐらいかかりますか?』『○○日までに届きますか?』 とご連絡を頂いていますが
基本形の本体に関しては 数多く製作しておりまして OPのループ 右掛け 左掛けをお聞きして
取り付けての出荷になりますので それほどお時間はいただきません。
ご連絡のタイミングもありますが 最速では当日出荷>速達便で次の日お届けも可能です!

また ポケットの素材 サイズ 。。。。などなど特殊なOPにつきましても
ただいまバックオーダーが無い状態での製作が可能ですので 3営業日内の発送が出来ると思います

※ ご連絡の時間 集荷のタイミングなどありますので とりあえずお問い合わせを!

では お店でお待ちしておりま~す!?w

>>    MLV _ Factory   
  
   Hike2.jpg
 



| ☆徒然・・・・ | 17:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      oku001.jpg

雲取山では今年の初めての雪 その誰も踏んでいない初雪に足跡をつけて歩く。。なんか嬉しいね  
積雪5cm凍結もしていないので滑る様子は無し サクサクと音を立てながら気持ちよくスタートが切れた

右手には雲に浮かぶ富士山や北アルプスが綺麗に見える

      oku002.jpg

登山者によって大きく抉られた所には雪が吹き溜っているので慎重にストックで探り 
確かめた後ストックに体重をかけて下っていく

このストック不安感もなく使えるのに非常に軽量なのは材質やらパイプの処理が良いからなのだろう。

           oku003.jpg


順調に進んできたのは良いのだが あまりにもあっけないのもいけないと思い途中で一度休憩して 
お湯を沸かす。。(風防で覆ってしまうので 写真なし)
気温は丁度0度あたりだろうか この位だと 炎が高く上がらないで湯が沸かせるが。。。 
やはり改良が必要だ!

ザックはデータ取りを目的としたプロトタイプ
本体 肩ベルトともに全て2oz(メーカー表記1.5oz)のスピンを使い
背面のメッシュはポリエステルメッシュを使ってみた

Hike23.jpg

今回の物は以前のCagoなどと違い 幅広の靴下のような肩ベルトが有効かどうか?
という事も試してみたかったのだが・・
やはりこれらの製作の先を行っているUSのガレージのデータは正しい事が認識できた

まったく肩ベルトには問題がないようだ(但し10kgまでのテスト結果)
形状はZpackのようにストレートではなくGossmerのように途中でカーブさせてみた
Padはとり外し出来るようにしてあり 今回は5mmのEVAフォームを入れてきた

Hike_20101116141651.jpg

サイズは 300×160×600~(mm)

さすがにこのサイズはでっかく 2000mm長のリッジレストを骨格に入れても余裕で荷物が収納できる

1200mmにCutしたリッジレストや以前販売していた2000mmのUL Padを使うと1泊や2泊では大きすぎてしまうので 少しサイズダウンが良いだろう

これで重量は160gを少し切るぐらいだが。。
いろいろ考えると200gまでは補強を入れることを考えてもいいと思う
(但し 軽いほうが良いので 底面などこすれる部分の補強だろうか)

肩ベルトの調整はラインロックを使ったが バックが暴れるとあれはズルズル下がってしまう事があるので 実際に製作するとなうとコキにナイロンベルトになるだろう。

山に行くと ほとんどあれこれ考えながら歩いているので途中何も覚えてない時があるのだが。。。
今日もそのようで 気がつくと左下のほうにコンクリート道路が見え出した もうすぐ鴨沢登山口に到着だ。 


END

| ☆山行  | 11:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山の夜は早い… と言っても一人で幕の中なら だらだらと本を読んだり お茶を飲んだり
好きな時間に食事したり出来るのだが さすがに小屋では自由に過ごせない
  本日の宿泊者(総勢11名)

何時もより早めにNewStoveでお湯を沸かし食事にした。

oku03.jpg

このNewStove 燃焼時の安定性と早沸きを考えて設計したのだが
あまりにも火力が強いのでマイナーチェンジの最中なのだ 
400cc4分を切るのは良いのだが やはり燃費の悪さと炎が高く上がってしまう
のはいただけない。
果たして皆さんが求める燃費と火力とは如何ほどのものなのだろうか?

oku04.jpg

個人の好みが分かれるところだし 使い手の技術もその性能に大きな影響を及ぼす
トランギロアやエバニューなどがトヨタのような一般大衆受けする製品だとしたら
ガレージのそれはロータスやジネッタのような癖のある趣味の世界だと思う。
いくら楽しく 心振るわせる乗り心地やサウンドでも それを運転しない人には
ただ煩く ガタガタと悪い乗り心地だけの使えない車になってしまう。
性能を知り限界を知り何を補うのか? 何を差し引くのか?
しかし だからと言って使い難い物も製品と呼べる物ではなくなってしまう・・・難しい。。

などといろいろグタグタ考えて酒を飲んでいたら眠りについていたようだ

夜更けに目が覚めたので外に出ると 夕方振り出した雨はすでに雪に変わり
あたりはうっすら雪化粧をまとっている
気温は-8度 本当なら『よかった シェルターでなくて。。。』
となるところだろうが 『やっぱりシェルターで寒さを体験すればよかったかな?』
と言うことを考えてしまった。。巷では これを変態というのだろうか 笑

  oku05.jpg

朝6時ここまで同行したS氏が瑞垣山を目指して出発した すでに雪はやんで
青空が広がっていたが 雪の影響で何所まで今日は進むことが出来るのだろうか?
(報告により破風山避難小屋で泊まったそうだ)


続く。。

すみません 前回ご報告があるかも。。と書いてしまいましたが もう少しお時間を下さい<(_ _)>
ごめんなさい。。

| ☆山行  | 14:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     oku01.jpg

相当無理していたんでしょうね 彼と分かれて一気に足にきてしまいました(*_*;

だらだら登りが続くのですが息が上がるだけでまったく速度が出ません
日頃の運動不足について大いに反省しなければ…

それでもゆっくり呼吸のペースを整える事を考えて歩きます
そして かれこれ30分ほどで何とか普通の速度に戻ったようです

鷹の巣山を超え 非難小屋の前を通り過ぎ 七つ石山を抜けて進む

すると前方からどこかで聞いたような声が??
あ! 長いこと会っていませんが昔遊んでいた友人が同行の友達とお茶を飲んでいるではありませんか!
だいぶ周囲の気温は下がっているので私もザックからダウンを取り出し仲間に入ってお茶を一杯   
彼らはこのまま下るようなので 30分ほど話してその場を辞することにしました・

ブナ坂十字路を抜け 奥多摩小屋で水場に降り3Lほど補給 これだけあれば明日は一気に下れるはず。。

このあたりになると天気予報どおりに空は今にも振り出しそうな雰囲気に変わり まるで雲の中を進むよう。
20mほどしか視界が利かないので現在位置の確認が出来ないので 黙々と歩くしかないようです。

確か非難小屋前は坂になっていたはず・・・ おっとおぼろげながら屋根が見える 着いたようだ。

小屋に入ると先ほど分かれたS君が一人ぽつんと場所を確保していた
『おつかれ~ どうだった だいぶ待たせちゃった??』などと話しつつ 荷を解いて自分の場所を確保
どうも彼もオーバーペースがたたって奥多摩小屋から雲取山非難小屋まで相当ペースが落ちたそうだ。

少しすると外は雨が降り出し一層寒さがましてきた
30分ほどで4名の男性が到着し またしばらくすると また一人…??何処かで聞いたことのある声だが??
    
     oku06.jpg

よく見ると2年前甲武信ヶ岳でお会いした方が登場したのだった
彼の同行者は雲取小屋泊まりだそうで その方も甲武信ヶ岳でお会いした方だった

なんか…今回は再会や出会いが多くて驚く事だらけだ。

皆さん『ここ』を見てくださっていたようで 今回持参したザックやアルストで一盛り上がり! 
特に あの超軽量伸縮ストックには皆さん興味を持っていただいていたようで
握っては振り回し しならせてはその強度の驚いておられました。

ここで販売会しても良いかな~笑..


続く

もしかしたら 次回 ある発表が出来るかもしれません!


   Hike_20101116141651.jpg
 







| ☆徒然・・・・ | 16:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      Hike1.jpg

少し前 奥秩父縦走路 瑞垣山~甲武信ヶ岳~将監峠~雲取山を数珠繋ぎで歩いたが
今回はそのおまけも含めて奥多摩駅~雲取山まで装備のテストも兼ねて歩いてみることにした

※実はこのコース20年ほど前に歩いた記憶はあるのだが果てさてどんな場所だったか?
 思い出そうと思っても何も浮かんでこない いっそ初心で歩けるので新しい発見もあるかもしれないと
 このコースを歩いてみることにしたのだ。

今回のテスト内容
・プロトタイプザックのテスト
・新型アルコールストーブのテスト
・超軽量ストックのテスト

AM6:05 鴨沢駐車場
気がつくともうあたりは明るくなっている 寝坊?? まずい!急がなくては!
これからバスに乗り奥多摩駅まで戻る予定なのだ 急いで車の中をかき回してザックに荷物を詰め込む
 
アラームが鳴らない訳は後で考えることにして これを逃すと次のバスは・・・・・・あバスが見えた! 

oku1.jpg 乗れた。。ホッ!

そうだ 鴨沢は圏外だったんで携帯のアラームを忘れて電源落としたんだ!
だめだな疲れてたんだよな… いや電波が来ないのが悪いんだ!S社が悪いんだ(悪人の常 人のせい!)
                                                   
曲がりくねった道をゆっくりゆっくりバスは進み無事定時に奥多摩駅到着
やっとゆっくり出来るのでバス停の椅子に荷物を降ろしもう一度パッキングしなお・・・ 
あ…デジカメのメモリー忘れてる昨晩はずしたんだ(*_*;  

写真は本体メモリーに記憶するとして サイズは小さくしなければ駄目だな  はぁ~ …
これは誰のせいにしよう w

駅前を通り過ぎ派出所のおまわりさんに会釈して7時25分に国道を右折 
橋を渡ったら右折して日原街道に進み すぐの豆腐屋さんの手前の階段を登る。 
後は道なりに車道を進めば石尾根登山口に到着できる。 

Hike22.jpg

ジャラン!ジャラン!30分ほど石尾根を登っていると 後ろから熊鈴を鳴らして一人の
ハイカーが早いスピードで登ってきた 彼は5分もしないですぐ後ろまで登ってくる。
なりいき 挨拶を交わしながら道を譲ると あ!!

Hike2.jpg 顔出しOKのS氏

いきなり彼の胸元のサコッシュが目に飛び込んできた
私 『あ~~それ…』   彼 『あ~ 一緒ですね~ 後ろから見ていてFuroshikiCozyがザックの
ポケットに入ってたんで ULの人だと思っていたんですよ』って

少しばかり話して 『実は私がMLV です』って言ったところ 今度は反対に彼が
『え~~~そうなんですか~~』となってしまった。
それからはもう べらべらしゃべりながら一緒に歩を進めることになった。

しかし歩きが早い! このS氏 20代半ばでハーフマラソンなど走っているそうで今度はフルも走るらしい。
彼の歩きは平地も登りも同じ速度で進んで行く 『僕 多分マゾなんですよ 登りが楽しいんです』って
私にゃ~辛いですこのペース それに質問に答えているから話しっぱなしで呼吸が整わない。

それでも色々調子に乗って話して歩いていると六ツ石山山頂で石尾根に戻ればいいところを 
そのまま突き進み 水根バス停に向かって降りていってしまった。

30分後には二人で気がつき引き返すことにしたのだが その事でさらに彼のスピードは上がっていく・・
なんとか六ツ石山頂に戻った時には息も上がって キツイのなんの…

彼は今回奥秩父縦走路を歩き瑞垣山まで行く予定だそうで 本日は雲取非難小屋泊まりらしいので
『後で小屋に顔出すから 先に行って~』っと一時お別れすることにした

Hike23.jpg

予定では奥多摩小屋あたりでシェルター泊だったのだが まあいいか小屋に入って色々話をするのも。。。。

続く



| ☆山行  | 18:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  Hike_20101116141651.jpg

奥多摩(雲取山) 朝には綺麗な雪化粧をまとっていました。

| ☆徒然・・・・ | 14:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

An ounce of prevention is worth a pound of cure.

       6504.jpg

An ounce of prevention is worth a pound of cure.
転ばぬ先の杖 

事前に用意していれば失敗しないで済むと言ったってこれほど沢山持つ必要はありません。
ほんの数本あれば用は足ります。

ほんの数本ならしっかりしたペグを持ちたい! と言うあなたなら予備にザックに忍ばせておくのはどうでしょう?

しかし… 手にとって見ると予備の1本にするには惜しい強さを感じる事と思いますよ。

仕上げの良さと 0.2mmの安心感 是非比べてみてください。  



1本 28.3gも 29.6mlも無い事だしね…。 




まだ杖は扱っておりませんが ペグならご用意しております
  こちらでどうぞ!  >>   MLV_Factory  3.2mm Titanium Peg 








| ☆徒然・・・・ | 08:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   STOVE_20101111104816.jpg


ストーブに求められるものは複雑です。

火力と燃費。容量と質量。軽さと強さ。

MLVの新しいアイデアは相反するこれらの要素を取り込んで具体化していきます。
おそらく、あなたの想像以上のバランスを提供することが可能です。
もちろん、アルコールストーブならではの「楽しみ」もとっておきです。

NEW STOVE は発売中のTRINITY LIGHT STOVEとは違ったアプローチで提案するSTOVEです。

今回もJSB氏の協力を受けることが出来ましたので いっそうスパイスの効いた
アイデアも盛り込まれ さらに上記の条件を加味できるよう開発していきます。

※写真はプロトタイプです。実際の仕様とは異なる場合があります。



                          MLV _ Factory  

| ☆徒然・・・・ | 11:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

       SACO_20101109142808.jpg

最近SACOCHEの特別なオーダーが続きましたので MLVの対応をお知らせします

上の写真は 2つの特別仕様が含まれたSACOCHEですが

『300gほどの双眼鏡をポケット側に入れたい』というお話で ご提案させていただいたモデルです

1.ライクラメッシュポケット仕様
  比較的大きな物のホールド製 また耐久性も考慮して目の詰まったライクラメッシュにいたしました
  
2.ポケットサイズを大きく深さ17cmとしました   


この他に最近製作したSacocheでは

@ 身長の小さな方用に 本体サイズを 1.5cm浅くしたもの
@ スライダーを排除した 長さ固定のもの 
@ プロトにもありました ポケットの縁が赤いもの

 ※ポケットの(ライクラ等)素材変更などは追加金が必要になります


お断りしたもの

@本体にチャックを付ける(型紙からまったくちがくなるので お断りしております)


このような対応になりますのでよろしくお願いいたします

いろいろご相談いただくので 仔細情報にオプションの価格表を表示しました


  MLV SpinnSacoche >>  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/SPINNSACOCHE.html


      MLV01.jpg

| ☆徒然・・・・ | 14:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界最軽量の三段伸縮式トレッキングポール※1 
                    との呼び声も聞かれるポールのサンプルが届きました。

     STK0.jpg 

さて実際はどうなんでしょうか??

 実測値 164g メーカー値はストラップが無い状態の重量のようです
   
写真で判るように伸縮はLEKIタイプのひねって固定です
 
STK_20101104180247.jpg

ハンドルは 軽量なEVA製 

STK1_20101104132546.jpg 付属するバスケット キャップ

トレッキングポールは重量と強度と言う二つの相反する問題を抱えた悩ましいギヤだといえます
しかし そのポールに私たちは多くのことを期待します。


・体重を支えるだけの強度があること 
・登り下りと変化する状況下で長さが変化出来ること
・シェルターやツェルトの支柱になること
・壊れにくいこと
・軽いこと
・収納性が良いこと 


その全てを一つのポールに持たせるのは現在の技術では不可能かもしれませんが その可能性に向け前向きに取り組み そしてこのメーカーが出した答えがこのポールではないでしょうか?

fincati2.jpg

・収納 590mm 
・実用最高長 1320mm
・1947年世界初のアルミ製SKIストックの製作から始まった会社が多くのノウハウをつぎ込んで
 製作したモデル
・実際重量  164g本体重量 (別 バスケット6g キャップ10g)

テストをしてみて よい結果が出るようでしたら少量輸入してみようと思っております。
 (ご意見ご希望がございましたら お手数ですがメールにてご連絡お願いします)


※1 ある取扱店が表記した表現です  未確認ですのでご了承ください
   私が判る範囲では ノルディックの三段伸縮ポールに150g(メーカー値)が存在します。

※2 カラーはオレンジですが この他ブラックなどもあります


実はオリジナルのストックを作ろうとカーボンパイプメーカーと連絡を取り合っておりましたが
オリジナルデザインでのパイプ製作で 行き詰まりました(*_*;
発注数がどうもこうも 現在のMLVでは手に負えません 

名前を入れるだけ、、、と言う選択肢も会社のほうからも提案いただきましたが…^_^;
そこで 今日本には輸入されていない物を探してみることにしたのです。

『少しでも勉強になれば』 そう思っております。
 





| ☆徒然・・・・ | 14:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お休みでしたので 巡礼に

       tate_20101103171604.jpg

今回は5時半に立石IN 友人と合流が6時なのでぶらつくことにしますが。。。。

       tate1_20101103171513.jpg

やっぱり宇ち多”は盛況なようで この時間から並ぶのは..ちょっと…

ミツワは開店間際でまだまだいけますね>>>>>>>>>時が流れ

6時 『うわ~~ ミツワはもう駄目です』 並んでます 箱が小さいので回転がよろしくない

線路を渡って 江戸っ子に10分ほど並んで拝礼を始めます。

その後 友人の大好きな【沖味亭】で ゆったり三線や三板で遊んで飲んで。。

沖縄行きたいな~~~~~






| ☆徒然・・・・ | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 MLV_20101024090518.jpg

今日は ひさしぶりのおやすみ ゆっくりお茶でも。。

| ☆徒然・・・・ | 16:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。