2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Butterfly Effect


 動かないと あきらめていた物が 動くかも知れない。。

  sosyu0.jpg


その小さな羽ばたきは地球を回り  もしかしたら遠く欧米まで届くかもしれない!?

地球の片隅で 皆が気がつかないかもしれない物陰で…力一杯潰されないよう この夢が届け と… 

祈りながら羽ばたき続ける   それが今できる事。    

( 自分もそうありたいと思う … )    

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

       zax_20110127141941.jpg


エイ出版社より今回発売された 山岳遭難エマージェンシーブック
アルコールストーブのページに TRINITY LIGHT STOVE が取り上げられました。


   zax1.jpg


\(~o~)/ 


     

| ☆徒然・・・・ | 14:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

        
         taka1.jpg
                             (朝 合流した友人にカメラを借りて)

高畑へSKIに

今年の寒さ/雪の量は凄いですね 塩原温泉を過ぎると路面は全て雪でPACKされ
ただでさえ遠い下道(西那須野より約80km)が さらに遠く感じます …   

そして 今回は耐寒訓練?で ゲレンデ近くのちょっとした広場に幕を張って寝てみるか?と…

甘かったです!  カメラが壊れました (CASIO EXLIM ZOOM EX-Z300 )


到着後 幕を張り 準備を整え撮影をしようとすると・・・・・・   ギギ・・・・・ 。。。!?
カメラが寒さで凍りついています  気がつけば冷え込みはハンパ無く空気はキンキンに冷えています。

空には綺麗な星空が降り注ぐようにあふれていますが 撮影する手段は無し
澄み切った空気に乗って ゲレンデ整備の音がかすかに聞こえてきます…



翌朝 8時 ゲレンデ温度はマイナス9度  話によると最近はマイナス14~15度まで下がっているようで
昨晩もそこまで落ちたたようです…  


カメラはと言うと 車内の湿度がカメラ内部に結露を生み凍りついた模様で
レンズのギアが壊れたんでしょうね。


          
リフトの上での欠伸は あまりの寒さに 眠りが浅かったかな???




漆黒の夜空が暗ければ暗いほど、星は明るく輝き、未来への道を照らす
                            (ロシアの名言より)
 


| ☆徒然・・・・ | 11:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     yunyu.jpg

続々と海外から素材が届いてきます 

素材 ほとんどが国内で入手できず海外(ほとんどがアメリカ)からの荷物です

いつか国内において製造価格レベルで入手できる時が来ればいいのですが。。。



| ☆徒然・・・・ | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

          Ti

550CookPotだけでも良いのですが お茶を飲むには少し大きい
軽いカップが欲しい と思うのは私だけでしょうか?


| ☆徒然・・・・ | 17:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     3_20110120133936.jpg

↑サンプルで届いた 0.03mm 一種チタン箔
    

軽いという事 

同じスタイル 同じサイズ しかし軽い! となると残りの要素は 素材の厚さ です

しかしこの 『 薄い 』 という事についてどうお思いでしょうか?

もし12mmのコンパネ板と 24mmの板を購入する場合 大体12mmは24mmの半額ほどで購入できると思います 

しかし 金属の0.@mmという数値となると その話はまったく反対になっていきます

まず 
☆ 素材製造の難しさ そして輸送時の破損率 等々からそのような事が起きるのですが

その価格は1mm~0.1mmまでは緩やかに重量当たりの価格は上がっていき その壁を突き破ると
ドカン! とその素材価格は上昇します  特に0.03mmなどとなると 非常に高価な素材となります

     31.jpg

写真に撮影すると反射などで厚く見えますが 実際は触るだけでパリパリ音がする薄箔です
【これで風防を!】 などというご意見も聞かれますが 果たして風に耐えられるんでしょうか?

少し離れて 息をフ!と吹きかけるだけでこの箔はブルン! と震えます

凄いですね。。これで風防作った場合 高いけど買ってくれるのでしょうか?? 
 燃えちゃう事だってありますよ ご意見を下さいませ

次に薄いという事での問題
☆ 加工の難しさ! 0.4mmのチタン板をプレスで搾る場合と 0.3mmの板を搾る場合では
  薄いほうが加工による製造ミスが起こる = 歩留まりが著しく下がるのです


つまり薄いほうが素材が高く 製造ミスも出やすいのです これにより製品価格は上昇し
値段はAという商品と Bという商品では見た目で同じでも 価格が30%~50%高いなどといった事が
普通におこるわけです。

ご存知ですか? あの有名なヘラ絞り加工でチタンを加工する場合
職人さんたちは『0.5mmまでしかやらないよ!』とよく言われます。
それだけ薄い という事は加工が難しく歩留まりが下がる からなのです


ついでにお話しますと もう一つ価格が高くなる原因となるのが日本人です

(~_~;) まあお気ずきの方も多いと思いますので 書いちゃいますが。。。

日本人は強敵です! 世界のTOYOTAや Nikon Canon などといった完璧に近い
製品を作り出し それを基準とした この極度に成長した製品精度要求人種ですw


現実の世の中 それほどの製品精度を提供できる国々は少ないし
それを買う国々の人々も それほどの精度を要求していない というところがあります。

例えば 欧米のメーカーが後進国の製品をOEMした場合と 日本のメーカーがOEMした場合の
不良品率 というのをご存知でしょうか?
はるかに日本メーカーが取り扱った場合の方が 不良率が高くなってしまうのです。
(つまり日本市場における要求製品精度が高いので 不良として扱うものが多いのです)


海外で買うと安い!? なんていう話を良く聞きますが  ^_^; プププ。。。。
上記の理由など多くが絡み当たり前じゃないか?と・・・・ そこらあたり今度は気にしてみてくださいね!


@ただ『安いからしょうがないじゃない!』って 国内でも安売りする例もあるので 
 それはそれ 販売者のスタンスの違いですが… ね
 
 

ではでは 薄物の加工と 製造精度 それに関連しての価格のお話でした <(_ _)>


| ☆徒然・・・・ | 14:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      180.jpg

180° SOUTH/ワンエイティ・サウス

 “知らないところへ行ってみたい”という強い気持ちが旅の本質ではないだろうか。40年以上も前、1968年に南を目指した2人の若いアメリカ人がいた。。。

パタゴニアへ旅した2人のアメリカ人、イヴォン・シュイナードとダグ・トンプキンスは帰国後それぞれ小さな会社を設立。

それが「patagonia」と「THE NORTH FACE」



私は何所に旅立てば こうなれる・・・・?   頑張らねば !??

  



| ☆徒然・・・・ | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

    kaigi_20110116083259.jpg


蘇州での事  

以前も書きましたが ここ蘇州の会社は世界のアウトドアメーカーの一大下請け会社で
多くの顧客(大メーカー)の製品を製造しております。

そしてその会社と MLVの係わりとは・・・!?
   ・・・・・今回は とりあえず そこで行われた一つの事を簡単にご紹介します。

    muka.jpg


9日上海新粤洲大酒店には社長が迎えに来てくれました 以前とは違う厚遇を感じますね!

それにしても 朝の上海の渋滞は東京と同じ 高速に乗るだけでも大変です。
こんな事なら メトロで郊外まで出て そこでピックアップしてもらえば良かった 

そして一番上写真 最高幹部会議で ゴニョゴニョしまして。。。。。



その後は技術交流!? と言いますか ほとんどこちらからの講習会が開かれました
蘇州側の興味をグイグイ引き付けていくのを感じます。
特に前回の訪中時にお会いできず 疑いを持って参加された方々の 表情の変化は面白かったです
(JSB氏の技術協力により内容の濃い講習が出来ました この場を借りて御礼申し上げます)

         kou.jpg

中でも当社 TRINITYの改良版(発売予定 写真上)の評価は非常に高い物がありました。
各社のSTOVEを持ち出しての性能比較でもその取り扱いやすさ 構造のシンプルさ 重量 そして
特に立ち上がりの早さ 等々に優れていると高い評価をいただきました。

社長の 『この構造を取り入れ 我々もSTOVE開発を進めたい!』と言う言葉に  ニヤリ !
その開発許可も求められたので了承してきました。  どんなSTOVEが出来るでしょうね!?

        shisa_20110116091035.jpg

そしてこれが 初公表 ○○・・・の新型STOVEプロトタイプ 詳しくは写せませんが。。。
ちょろっと公開の許可を頂いたので姿だけでも。。。。。

これに関しては連絡を取り合う事になりましたので こちらの意見が取り入れられるかもしれませんね。


芸は身を助くと言いますが 本当に技術はMLVを助けてくれます
これも協力してくださる皆様のおかげ! 皆様に感謝ですね。


そして世の中 Give and Takeです 
こちらからの要求の一つは 現在生産されている製品の製造工程の公開!

これによって何が出来るか と言うと行程を熟知する事により 少ない費用で
さらに性能を上げたオリジナル製品ができる可能性があるということ!

さてその結果はどうなったんでしょう!  お楽しみくださいね なんか出てくるかもですよ


ではでは




  

| ☆徒然・・・・ | 09:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本に戻りましたので活動開始です。
   未発送の物はなるべく早く出しますのでよろしくお願いいたしますね!


続き。。。

syan.jpg

上海虹橋駅より出発(写真の表記は簡体字 日本では 橋=桥です)

CRH1.jpg

視察の中心となる都市に到着   駅は閑散としています

 syan1_20110113112012.jpg

現地にはスタッフが迎えが来てくれていまして お茶を飲んで。。。

 syan2_20110113112324.jpg

と。。ここまでは写真を出せますが申し訳ございません これ以降は写真出しNGなんです。

これは 以前も書きましたが競争の激しい中国と言うお国柄 
いつも誰かが商売のチャンスをうかがっています

何所で誰が 何を作っているか それが判ると その仕事を奪おうとする勢力が動き出す!
また その家族や関係者によくないことが起こる!

彼らはそう言います  だから絶対に場所は表記しないで欲しい 写真は出さないで欲しい
と言う約束での 視察許可なんです。

ほ~~、、、  そうなんだ~~、、、  これをここで!(ーー;)

そんな視察が出来 とても勉強になりました。そして 加工手順の把握が出来ました

MLVは国内の工場 問屋さんに助けて頂いて活動しております しかし国内では出来ない事
というのもあるのは確かです。 それは ここ中国でお願いする事しかないと思っています

@今回もオリジナル製品の製造に関してある程度目安が付きました
 今後 少しずつですが発売していきますので 国内製造品とあわせてご期待くださいね! 

 syan3_20110113114355.jpg

そんな事を考えて 最後の工場からは駅までTAXIで戻りました。。

タクシーの運ちゃん『こいつ あんなところで何やってたんだろう!』 って感じで
ミラーでジロジロ見られてたのが忘れられません。。


皆様は 中国 とはどういうイメージで捉えているでしょうか?
多分 商売相手としては危い コピー商品を作る! 品質が悪い そんなイメージでしょう

私も同じように感じていましたし 今でも一部では そのとおりだと思っています。

しかし 欧米のメーカーの商品はここで作られています 

>判ってるって!?? 

しかし その商品には中国というイメージは無く 欧米を感じている事と思います

そうなんです ちゃんと作っている商品は ここ中国にも沢山あるんです

今回の訪中はそれをちゃんと知る事が  ただ情報としてではなく 肌身で感じる事が大事だと思い
ここ中国でそんな時間をすごすよう勤めてきました。

んん~ 勉強になりますね!


今後は世界を。。。。な~んて 出来る事をコツコツとやっていきますね!

                     乞うご期待w

| ☆徒然・・・・ | 11:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただいまホテルに戻り 少し時間が出来たので書いています
(夜には 日本に戻ります)

8日 
夜のフライトで上海に深夜到着 今回は鎮坪路駅近くの上海新粤洲大酒店にチェックインしました
ここは MLV中国担当 石彦氏を通して知り合えた余さんの事務所がある所でもあります
(今回からMLV中国連絡事務所※1としての機能を担っていただける事ができました)
1泊 シングル(キングベッド)295元 >今回は238元 中国では少し高いかもしれませんが
部屋の広さや清潔感など考えると合格点だと思います。   

すでに12時を回っているので 全家(ファミマ)でお弁当と三得利麦酒(サントリービール)を購入

   cyu_20110112135920.jpg

中国SIMが働いているのを確認して 就寝

9日 日曜ですが提携する予定の会社に迎えに来てもらい蘇州に向かいました
   (この件は 別に記述します)

10日~11日
 蘇州の会社やMLV中国連絡事務所から頂いた資料や紹介状を携え 各地の工場を視察に向かいます

  shy.jpg


早朝 CRHに乗る為に虹橋駅に行きましたが。。凄いですこの駅 まるで成田空港のような巨大な建物で
作りもカッコだけの上海浦東国際空港よりはるかに綺麗に仕上がっています 脱帽。。

  CRH.jpg

中国新幹線 CRH  今回乗車する車両はCRH2で川崎重工業車両の新幹線E2系電車がベースになった車両
 (ただし毎度の事ながら 政府は独自生産したと吹いています。。)
まあ当たり前に乗り心地は良く 最高時速250kmで運行されています。

CRH1.jpg

おっとこの辺で。。 この記事は途中ネットに繋げる事務所よりUPしております


ではでは


※1 MLV中国連絡事務では今後 MLVの中国関連の連絡以外にも皆様への上海周辺のアウトドア視察を
   お手伝いをしていく予定です アウトドアフィールドへの同行ガイドは出来ませんが
   各種手配 上海内通訳など出来ますのでよろしくお願いいたします。

   MLV上海連絡事務所 上海市中山北路2185 余 念恵
     (日本企業の営業に長く勤務していたため日本語は完璧です。

| ☆徒然・・・・ | 14:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   RIMG0001.jpg

さて出発です  下世話な話ですが今回問題なのは両替 日本で両替するとレートの関係で
相当もったいない事になるので 現地中国での両替となるのですが…

やはり ○○な国は空港より市内の銀行 市内の銀行より 闇の両替商とレートが変わってきます
以前テーブルマウンテンを見に行ったベネズエラなどは銀行と闇では倍近くの差があるのです!

さて今回の国は? と言うとやはり両替商が存在していてやはり彼らはレートが良いのです
しかし問題は 偽札の混入。。。
幸い今まで偽札には出会っていませんが もし混じっても元の偽札は精巧で見抜ける自信がありません

かといって現地着は土曜なので市内の銀行がお休みで銀行での両替も出来ません

空港での両替か?両替商か?  少し金額が大きいので現地の友人に頼むのもちょっと困りものなので…

さてさて どうなるかな~~

では 帰国後に! 







| ☆徒然・・・・ | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  cyso.jpg

週末より中国で少し動き回りますが その準備でドタバタしております。
(今回は色々な技術交流もあるのでその準備も結構な時間が必要で… 上手くできるだろうか??)


中国というまったく違う商習慣の彼らと今後も上手く付き合っていくためにも勉強は必要で
そのための時間としても今回の訪中は大切な時間だと考えています。

さて頑張っていきますよ!! 2011年は (^_^)/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2010年度は中国やイタリアの会社とも取引が出来※1 思いのほか可能性があることを実感できました!
それもこれも皆さんの応援と MLVを支えてくれるボランティアスタッフの存在です。

今回はこの場を借りて ご紹介とお礼を書かせていただきます。

@ハイカーズデポ 土屋様
  MLVの立ち上げ時から応援くださり Furoshiki Cozyなど多くの製品を通して経営面からの
  アドバイス 協力を得る事ができました 本当にありがとうございました

@中国担当 石彦氏 / 上海 シェさん
  中国関係のアドバイス 通訳 ビジネスメールや契約文章の作成ありがとうございました
  上海シェさんには こまごましたコーディネイトをお願いでき感謝しております

@英文 イタリア担当 HTさん
  英通訳 ビジネスメール 輸入手続き本当にありがとうございました
  また日常イタリア語での対応も非常に助かりました 今後ともよろしくお願いいたします

@JSB研究所 JSB氏
  アルコールストーブの相談 研究データの提供 製品のレンタルなど全面的な応援を頂き
  まことにありがとうございました。

@サポーターの皆様
  製品の購入や色々なアドバイス コメント本当にありがとうございました
  とくにヘビーサポーター様にはメールなどで色々励ましていただく事ができました!
  ほんとうにありがとうございました!


@この他にもMLVの製品を扱って頂いているSHOPさん  少数取り扱いをして頂いた
メーカーさん問屋さん 工場さん 本当にありがとうございました


2011年 形は変わりますがより一層頑張っていきますので 引き続きよろしくお願いいたします

                                  MLV _ Factory  高橋



※1 FIZAN社の訪日(アジアでの営業訪問)は当方の訪中と重なってしまいました
   寸前まで日程調整を繰り返しましたが 残念ながらFIZANアンドレア氏はこの秋の訪日となりましたので
   ご報告させていただきます。 

| ☆徒然・・・・ | 13:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

      shinnen.jpg


     あけましておめでとうございます  2011年度も引き続きよろしくお願いいたします!

     すぐ中国に飛びますが ドタバタと動く予定ですので皆様 見守ってくださいませ <(_ _)>






PS 年末に溜まってしまった発送は本日行います 到着まで少々お待ちくださいね。

| ☆徒然・・・・ | 11:56 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。