2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

前回に引き続き数多くのご質問を頂く FIZANのパイプについて。。

koma1_20100512130708.jpg

素材について

私たちはポール素材に限ったことではないですが素材について 判っているようで判らない 
知っているようで 知らないことが本当に多くあります。

たとえばチタンは 軽くて 強い というイメージですが それ以外にも
錆が発生しない(一般的に言われる意味での錆)etc 素材として完璧なメージがあります。

しかしその反面 熱伝導性が悪いので熱効率が悪かったり 簡単には加工できない
加工性の悪さ 等々 マイナス要素もある素材でもある事を知らない方もいらっしゃいます。
 
>>>そのためPOTなどはできるだけ薄く仕上げ 
         その不利な状況をも 覆すだけの性能を引きだしています。 

 FZ.jpg

さてトレッキングポールですが 一般的に使われる素材は2種類

ドライカーボン超高力アルミです。 

そしてFIZAN関連で頂くご質問を纏めると どちらが強いのでしょう!?? ということになります。

( 私のお答え )
素材の差は用途によって違うのですがポールとして限られた分野で言うと強いのはアルミです。


これには驚かれる方も多いかもしれませんが ポールメーカーのSKIレーシングモデルを見ていただくと一目瞭然だと思います。

LEKIの今年度モデルを見てもカーボンとの複合素材の1モデルを除いて全てアルミモデルなのです。※1

素材選択の目安

: カーボンパイプはアルミパイプと比べて軽量で細くなおかつ整形しやすい。 そのため
  空気抵抗が少なくでき 振り出しを重視するデモモデルなどで多く使われています。 

: アルミパイプは強度面で優れるため、ハードな状況下が想像されるレースモデルなど
  強さを重視したモデルに使われています。

: またこの他に 転倒などで大きな衝撃を受けた際にはアルミは折れにくいが 曲がり
  カーボンは曲がることはないが その状況だと折れると言った素材特性もあります。

トレッキングはレースではないのでバランスを取ったり 補助として使うのならカーボンでもアルミでもかまわないはずです。 

しかし実際は トレッキングのような刻々と状況が変わるような場合、 悪条件下でストックに無理な力がかかることが想定される場面は無いでしょうか?

長時間の歩行で疲れ、ストックワークが荒くなり 不用意な突き方をしてしまいませんか?

私のように下りでストックに体重を乗せることはありませんか??

このような状況を総合的に想定してFIZANではノルディックウォーキングモデルのみ
一部カーボンモデルを製造し トレッキングモデルは全てアルミモデル
のラインナップです。 
(ノルディックウォーキングは一定の状況下で使われることが想定されるためです)

いかがでしょうか? 両者がほとんど同じ構造で 同じ状況下の場合 現在の技術では超高力アルミのほうがドライカーボンよりはトレッキングという場合において強いと言えると思います。
 

さて 少し長くなってしまいましたね。。 また機会がございましたら もう一つの構造的質問
スクリューロックは??

と言う続きを書いてみたいと思っています。


 YS1.jpg


仔細情報

※1 
2011年度において スコット ケルマ レキ シナノ等 有名SKIレーシングポール製造メーカーで 
レーシングモデルにカーボンがあるのは  スウィックスだけです。
その他のメーカーでは すべて超高力アルミを使ったモデルを生産しております。
 
 
 
 
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   pct01.jpg
                                            (写真 / JAXA 大気球より)
最近イロイロな素材が持ち込まれるようになりました。

こちらとしては 何か新しい発見が出来ないか?? と常々考えているので

まさに渡りに船! 普通ではとても触れないような物に触る事が出来ます。

そして最近持ち込まれたのは JAXAの大気球素材

  DAIKI.jpg

説明によると 

厚さ 3.4マイクロメートル (1000分の3.4ミリ)のポリエチレンフィルムで世界最薄樹脂素材

もちろんこれに空気が入り膨張していくわけでまだまだ薄くなるのです。 

そしてまたもや    注意許可無く海外に持ち出さないでください… 

『何か使い道無いですかね~』ってご相談なのですが はてさて?!?!なんに使いましょう? 

破れにくい!と言うのなら道はありますが 引っ張れば破れちゃいます。。

こういった物って副産物的に出来たり 主目的でない使い方がお金になったりするのでしょうけど

本当に使い道が難しい素材だと思います..

とりあえず 机の引き出しに突っ込んで アイデアが出るのを待ちましょうかね!??


ごめんなさい ○○さん…      現在はお手上げです 



| ☆徒然・・・・ | 09:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  ete1.jpg


 縫製物を作るには いろいろなパーツを使います
 
 ベルクロテープ ファスナー ゴムひも etc

 そしてプラスチックパーツです これがこれがなかなか …

 カタログを見ても実物をいじってみないと使えるかどうか判らない

 そして取り寄せ個数は? となると 100個~

 気がつくとイロイロなプラスチックパーツが 集まってきます


 そして 何気なく それを見ていると。。。。。

 ???  こんな所に野生 生物 が。。  ???

 ete.jpg


 エテ公 が …   可愛いです
 このパーツ ザックのバンジー留めに使うつもりですが
 今後もし ザックを見かけることがありましたら エテ公の働きっぷりを見てあげてください。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 因みに。。。。
 猿(サル) と称すると「去る」に通じるため、商売上避けられた言葉らしいのです

 販売ページに出る場合は モンキーコードストッパーですね。 

 エテ公 という場合は本来は親しみを持って使われた言葉だそうです。






| ☆徒然・・・・ | 12:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白いスピンでザックを縫う Dyneema clothの部分は薄いグリーンのスピンにする。

    ZACK.jpg

何をするか?  それは感想や調整要望を直に書き込めるザックを作ること…

たとえば バストベルトの位置が2cm高いほうが良い… とか
メッシュのマチが もう少し○○...  とか

細部の調整を直にマジックで書き込めるザックがあれば よりいっそう 
クオリティーがあがるのでは???

その場で思っても細かいことは忘れちゃうのが人間ですから!

ただ 人はそれぞれ 体が大きい人/小さい人  肩幅がある人/無い人
いかり肩の人/なで肩の人。。。 頓着ない人/細かい人

全てに合格するザックはありえないことは判ってます
でも できるだけ それに近づける努力をすることは出来ます。


あちこち変な落書きがされたザックが どこかの山に出没したら。。。
笑わないでくださいよ  サンプラーが恥ずかしがって引き受け手が
居なくなっちゃいますからね!


ではではでは。。

| ☆徒然・・・・ | 09:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

 a0116599_2223034.jpg

FREELIGHT の諸々の雑務 & ツアーの確認に 少し前に山形に行ってきました。

FREELIGHT デザイン/ツアー部門  YAMAGATA DECEMBERに集合後 雪原へ。。。。


SNOW1.jpg

  ザックはただ今テスト中の NEW Back Pack 2種

  用意が出来たら 誰の足跡もない 真っ白な雪原に踏み出します   気持ちが良い。。。

  SNOW2.jpg

  無雪期は歩けない藪の上も 湖の上も  ザックザックと進んでいけます

  SNOW0.jpg

  歩き疲れたら休憩です ガイド(D.KIKUCHI)が 椅子でもテーブルでも何でも作っちゃいますよ

  SNOW4.jpg

  お手伝いしたい人も  そうでない人も… 雪上の休憩を楽しんじゃいましょうね!
   
  SNOW5.jpg

  砂糖を沢山入れたあま~い紅茶が体にしみますね。。。

  SNOW3.jpg 

  さて今度は 山のほうに向かって歩いていきましょうか。。。

  
  NEW Back Pack 使えますね。。。 


  山形にお出かけの際は DECEMBER のツアーに参加してみてはいかがでしょうか!


  >>>  DECEMBER TOUR!  <<   


 


        



| ☆徒然・・・・ | 11:38 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FIZAN に関するお問い合わせについて 追記する形で表記させていただきます。

スイングバランス

バランスセンターですが FIZANの場合 110cmでチップ端より68cm近辺にあります 
(チップカバーなし ストラップ装着時)

スイングバランスについて考えた場合 バランスセンターが手元にあればあるほど振りは
軽く感じることはご存知の事と思います。
わたしもSAJ(SKI)の技術系検定を追求した人間として ストックについては持論もありますし
講義も聴いたことがありますので この件を少し書かせていただきます。

まず スイングする場合ストックをどう使うか?ということが非常に重要になってきます。
振れて突ければ良い >これなら手元に重心が有ればあるほど軽く振り出せますから 
コレに越したことはありません。

しかし突く場所を吟味して突く / テンポを作るため突く となるトレッキングの場合は 
ある程度先端の重量を感じたほうがコントロールしやすいのです。 

この点 FIZAN は優れています 非常に振りが軽く なおかつ ストックコントロールが良いのです。

     a0116599_18211161.jpg

そして もう一つ スイングバランスに大きな影響を与える要素があります 
それは グリップ の形状です。

ここでも判りやすいのでSKIのストックワークをなぞって書いてみますが
振り出したストックの軌道をコントロールするするのは小指です(個人差がありますが)

ストックを歩くときと同じようにしっかり持ってひじを曲げ 手首の位置を変えず 先端だけを早く前後に振ってみてください。 一番コントロールに必要とされているのが小指周辺というのが分かると思います。
そのコントロールしやすさが つまりグリップの形状がこのスイングバランスに関係してきます

私は以前SKIでは 好きなグリップ形状があり ストックを変える度ストックメーカー純正の物を
好きな形状の物と交換して使っていたほどです。

この点でも >> FIZANのグリップは使いやすいと思います。

また私事ですが 私は下りの時ストックに体重をかけることが多く(長年の競技生活で膝に不安があります)
その時このグリップは上から握ったりするのも便利です。

     hannd.jpg

まだまだ続きますが。。。。

長くなりましたので 本日はこの辺で。。。
     
 今回は分かりやすく表記するため ポールではなくストックという表記にさせていただきました。




| ☆徒然・・・・ | 15:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FIZANについてご質問が多数来るようになりました その内容は.....

 BLACK DIAMOND or FIZAN !!??

簡単に言えばどっちがいいの?と言う質問に集約されているように感じます。

そこで OutDoor SHOP 外戸さんの記事がとても良い参考になるのではないか! 
と思いお借りする事にしました。 是非判断材料の一つとして参考にしてみてください。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 


BD.jpg
 

FIZAN or BD ( 2011年 02月 08日 ブログ記事より )

①:FIZAN             
ペア重量 316g    長さ調整可能(スクリュー式) 
仕舞寸法 58cm    最大 132cm    アルミシャフト 11,500YEN

②:BD Distance FL (105~125cm)
ペア重量 445g    長さ調整可能(FL式)
仕舞寸法 37cm    最大 125cm     アルミシャフト 11,970YEN

③:BD ULTRA Distance (120cm) 
ペア重量 270g   長さ調整不可 
仕舞寸法 39,5cm   長さ 120cm      フルカーボンシャフト 14,700YEN

④:BD Distance(120cm)   
ペア重量 350g    長さ調整不可
仕舞寸法 40cm    長さ 120cm      アルミシャフト 9,975YEN

比較し易いように、長さを合わせたモデルにしました。
ポールの合わせ方は、肘を90度に曲げポールを持ち、ポールを握った
拳の位置の舵角が80~100が目安になりますので(直立状態)
比較モデルを120cmにしました。
(身長で合わせるより此方の方が確実です)


長さ調整が必要で無ければ、③がずば抜けて軽いですし、このモデルの使用方法
からして110cmが良いかも知れません、そうなると更に軽くなります。
(アルミモデルに対して50%の強度になります、御注意ください)

登山等の使用であれば上りと下りで長さを変える事が多いですので、
やはり調整機能は欲しいところです、その際スクリュー式なのかフリックロック式
かは好みで良いのですが、129g程FIZANにアドバンテージあり。

注意:軽さと強度は非常にシビアな問題ですので、
縦走やパッキングスタイルの方は迷わずアルミモデルを選択ください。
ポールの剛性は店頭で試突きした程度では全く分かりません...
補足しておきます

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ 


注※ 外戸さんはすでに有名だと思いますが熊本の大型OutDoorShopで、
   その品揃えやツアーにおいて群を抜いております。 
   
   是非お店のブログや お店のWebを覗いてみてください。


どうでしょうか? 私も同じように感じております。
私もトレッキング時は 登り/下り 長さを変更しております
そしてシェルター設営時は 長さを十分に使って その支柱としております。




FREELIGHT SHOP >>  FIZAN TREKKING COMPACT  

| ☆徒然・・・・ | 14:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   550-POT.jpg


FREELIGHT 550COOK-POT 

 FREELIGHT オリジナル製品が出来上がりました

 製品に求められる要素のうち大きなウェイトを占める 重さ/ 強度を追求して その答えが
 一つの容となりました。

 本体はこの姿としては最軽量になるであろう 0.3mmチタニウム板を使い出来るだけ軽く仕上げ
 
 蓋はどうしても力がかかり 歪んでしまう所でもあるので 0.4mmとして製作しました。

 また歪み対策にもう一手間 リブをつけてさらに強度UPを図ることとしたのです。


 重量 83g  ( 実測値  製品により誤差が出ることはご了承ください )


   550POT.jpg   550POT1_20110214110734.jpg

 ( ↑ クリックで大きくなります)

FREELIGHT 550Cook-Pot

       底面φ93mm * 高さ78mm  容量 550ml  

            重量 83g          Price 4800

ご購入は   FREELIGHT Shop  
              >> FREELIGHT Titanium 550Cook-Pot  でお願いします



 
  

| FREELIGHT | 11:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

            FLTOP.gif



 >>>  FREELIGHT   FREELIGHT SHOP OPEN します  

  まだ未入荷の商品が多いのですが 順次届き次第 UPされますのでよろしくお願いいたします。

                     MLV _ Factory  TAKAHASHI JUNICHI



             FREE LOGO





| ☆徒然・・・・ | 17:10 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

   KEN111.jpg


このたびデザイナーでありフィールドガイドでもあるDECEMBER D.KIKUCHI氏の協力を得て 
軽量アウトドア用品を通しての幅広い活動として新しいブランドを立ち上げる事にしました。


ただいま 最終的な準備に入っておりますので 少々お待ちください


※ MLV _ Factory のHPは本日を持ちまして閉鎖となりました よろしくお願いいたします。


               MLV _ Factory   JUNICHI TAKAHASHI


| ☆徒然・・・・ | 09:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早いもので ブログを始めて今年で4年目に突入しましました
いろいろ旅をして いろいろ自作して そして気がつけば製造販売も開始しました

FREE.jpg

区切りと言いましょうか?? ここで ブログの名前を変更させて頂く事に致しました

         ≪   MLV _ Factory   ≫ とさせていただきます。

                                  今後ともよろしくお願いいたします !

次回 UP時にはある発表をいたします <(_ _)>



| ☆徒然・・・・ | 11:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

以前泊まったインドのホテルから DM が届きました (*_*;

CADIVRMT.jpg


そう 世界では中華の人々が 大移動していて (2月2日より正月です)
それを目当てに各国 商魂たくましく色々なプロモーションを繰り広げます。

で インドのホテルなんですが・・・・ いくら中の悪い国同士だと言え ここまで知らないと言うのは??

一番左には 何でしょうか? 凡字ですか??

で やっぱりメイン画像ですね… (ーー;)

  あの それって 純日本なんですけどね…

それも正月(冬)だと言うのに 冷やしそうめん  
この様子じゃ 京都の川床って雰囲気を意識してそうですね 

≪大極(タイチー)は一部 韓国ってイメージもありますが これは中国発祥なので
 問題なし と言うか? そこまで考えているとは思えないし。。。。 ≫


恐るべき世界観 絶対にデザイナーが色と雰囲気だけで作ってます!
 (中華な人々はやたらプライドが高いので これ見て怒らないのでしょうか??)




あ。。。。すみません 息抜きです   この所頑張ってますんで ちょっと。。。遊んでみました



| ☆徒然・・・・ | 12:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

        fuku.jpg


すみません。。。。 ただいま  ちょっとした事が起こっております

サポーター様には ある程度ご報告させていただいておりますが…

ホント バタバタしております  


    それもこれも 今後のため・・・・ なんか やらかしますんで・・・・・

    更新まで ちょっと お時間を下さいませ


                               よろしくお願いいたします

| ☆徒然・・・・ | 19:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。