2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

     50.jpg

3つ目の寸だしサンプルが出来上がり日帰りですが歩いてきました。

 フレームは果たして要るのか? ウエストベルトは?。。。。

そんな事を考えて日々テストをしているのです。

勿論これは基本構造のチェックのためのサンプル。。。


次には細々としたところを作りこまなければいけません。

そしてサンプラーさんに担いでいただいて、、

 

今度のザックは色々なアイデアをつぎ込んで楽しいザックを作りたいと思います

ご期待をください!


(すでに連絡を頂いているリピーターさんにはいくつかのアイデアをお伝えしているので
 この写真でお分かりの部分もあることでしょうね!?)


SpinZack50 PROTOTYPE Ver03


PS 南米行きについて皆さん色々な情報を頂きありがとうございます
  この場を借りて 御礼申し上げます。




スポンサーサイト

| FREELIGHT | 14:53 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

diamox.jpg

Diamox (ダイアモックス): アセタゾラミド
        ;  利尿剤/炭酸脱水素酵素阻害剤/炭酸脱水酵素阻害剤  

主目的は 緑内症やメニエル病に使われる薬なのだが今回は他の目的でこの薬を購入した。

高山病予防&対処

2月に予定している南米ボリビア行きだが、今回の活動地域は何しろ標高が高い。 

到着するエルアルト国際空港は標高4061mと富士山よりはるかに高いので
高地順応などといった余裕も無く低酸素地帯に突入することになる。
(エルアルト国際空港は世界最高標高の国際空港です)

通常高山病は個人差があるものの標高2400mあたりからその症状を表すのだが、、、、
今回はいきなりの危険地帯。

そこで対処薬としてダイアモックスの登場となる。あくまでオアマケ的な効果しかないのだが
日本登山医学会でもその有効性は認められているのです。
(私自身も前回のペルー クスコ/プーノで服用してその効果は確認済み)

※ ダイアモックスは二酸化炭素を吸入したと同じ効果を延髄の二酸化炭素センサーに及ぼすので
  知らず知らずのうちに呼吸を刺激し酸素の取り込み量が多くなる


ロキ

もう一つは ロキソニン ; ロキソプロフェン

これは国内薬局でも購入可能な痛み止め薬で、ダイアモックスとの飲み合わせが可能な薬として用意  
 >高山病による頭痛を治めるために服用


あとできる事は??  トレーニングで ジョギング中にマスクをする事でしょうか?
 (ボクサーなどがやっていますよね酸素摂取量を減らす抵抗物としての利用として・・・)

出発まで1ヶ月 体調調整も含めて色々と準備を始めようと思います。









| ☆徒然・・・・ | 11:25 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

村石太郎 トークショー

Taro_20120118193041.jpg


ザ・ノース・フェイス原宿店にて前回のグランドキャニオンのトークショーに引き続き
アラスカ・ブルック山脈のトークショーを行うそうです!


(村石 太郎氏より)
昨年の7月に約2週間かけて彷徨ったアリゲッチピークス(指の拡張という意味の山です)
の報告となりますがお誘いをと思い連絡します。

ぜひご参加を! 




 

| ☆徒然・・・・ | 19:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

  ONE

軽さ ・ 経済性 ・ 一瞬で立ち上がる使い易さ ・ パッキングの容易さ   

等々で最近は業界の方を含め多くの方にも使って頂けるようになったTRINITYーONEですが

ワンダーフォーゲル 2012年2月号でも取り上げていただけました

                 WW.jpg

掲載のアルストは    ・トランギア ・エバニュー ・FREELIGHT 


あちこちの雑誌でも掲載頂けるようになってきた FREELIGHT さらに頑張れねばなりませんね!






| FREELIGHT | 13:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メッシュの製造

 年末 メッシュ製造メーカーのほうに願いしていたメッシュの最終サンプルが3つ上がってきました

 これは硬さ/風合いを決めるための最終サンプルで、見た目にはまったく同じもの3つです。


 風合い… これを決めるのはテトロンに含ませるメラニン樹脂の含有量だという事が判ったので
        数%の割合で増減させて見た物を3つサンプル製造。

 そして最終決定されたメッシュは この工場の標準使用含有量 マイナス1%の品となりました。


メッシュ製造のまとめ


@ 枝などの突起物に引っ掛けにくい事
  ・メッシュの織り つまり縦糸と横糸を立体的にして生地の裏表を作る
  ・表面はなるべくフラットにし、横糸を前面に出し突起物などに当たった場合受け流す構造
  ・目を細かくして枝などの突起物に簡単に引っかからないようにする

@ 耐久性
  ・水や紫外線に強く強度のあるテトロンを基本素材に使用
  ・強さ 硬さの決め手の一つメラミン樹脂の含有量を微妙なバランスで見極める

@ その他
  ・生地の表面をフラットにしたのと反対に裏面には大きく凸凹をつけることにより
   メッシュポケットの中の物が運搬時に暴れる事を防ぐことにしました

マイナス面
  これだけやるとさすがにマイナス面が現れます。 それは重量。。
  SpinnZack35の軽さを追求したメッシュより重いためSpinnZackでこれを使うと
  重量で20~30gほど重量増加が予想されます (サンプルが小さいための予想計算重量)

  ただ50Lクラスのザック製造を考えると…またサイドポケットをつける事等を考えると
  得られるメリットのほうが高いと判断します。




現在すでにSpinnZack50(仮名称)の原型は出来上がっており、すでにバランスや不都合を発見するため
また 新たに織り込める機能を探るためテストを進めていますが、 これに製造したメッシュが取り付け
られるのが楽しみです!

 ( SpinnZack50は まだまだ初歩のテスト段階で公開は今後とさせていただきます )



ではでは  メッシュ製造のご連絡でした。

| ☆徒然・・・・ | 12:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

PERU0322Machu Picchu
                                         前回のペルーの時の写真

いろいろと溜めてしまった仕事も何とかここに来てやっと一息。

そして2月に予定していた南米旅行のチケット等の下準備もなんとか出来ました。


今回は以前に行ったペルーの続き。。。ボリビア側のチチカカ湖周辺~ラパス~ウユニ周辺を
インカの香りをかぎながら歩いてみようと思います。
(前回は写真のマチュピチュを通ってチチカカ湖まで行きました)

 
10日ほどの予定ですが、ご存知のように南米、特にボリビアは交通の便も悪く、移動にとても時間がかかります
そして今回の旅の大半が標高3500~4000mと高山病の注意も欠かせません。
そのため旅行日程などは立てないで 出たとこ勝負!

当初はアンデストレッキングを2~3日してみようと思いましたが… 
全てを機内持ち込みで移動する事になりテントなどはNGで山での泊まりはNG...

出来れば日帰りでどこかで歩けないか思案中です

※もともと航空会社のバゲージサービスは信用してなのですが、 特に南米の航空会社で短い時間に何度も
 り換えるとなると、それはもう…まともに荷物が届かない可能性があります。
 また各地での乗り継ぎが時間的に非常にきわどいというのもあり
 今回もやはり機内持ち込みでの移動としたのです。
 


とは言え、今回は出来ればテスト中の50Lザックを背負って旅にでたいと思っています!





| ☆徒然・・・・ | 16:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2012 本日より発送を開始させていただきました。

 YUKI1.jpg

今年度も 皆様 宜しくお願いいたします!!


【 ご注文の皆様へ 】   

長らくお待たせしてしまった方々は申し訳ございませんでした。

また 縫製物の方は今しばらくお待ちください。


  

| ☆徒然・・・・ | 14:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

     FREELIGHTを応援していただいた皆様
       旧年中は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

   YUKI_20111231170800.jpg


     皆様のご健勝とご多幸をお祈りするとともに、
     本年もより一層のご支援ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

| ☆徒然・・・・ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |