2014年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

リオで宿が決まりました  ネット等で見ていただくと判ると思うのですが

カーニバル期間は恐ろしい値段に跳ね上がるリオ

6人部屋のドミで120レアル(US$60)など普通に聞き

それでももう部屋がない状況なのですが・・・・・・・

やっぱり探せばあるものです 至近駅8分 プライベートルーム 

エアコン 朝食付 140レアル(US$70 2名)と激安が・・
(勿論綺麗なお部屋です)

では とりあえず落ち着きましたので ご報告まで


PS 実は今までの行程 (ペルーからここまで)で何人もの旅人に
  リオの宿を探していると言う話を聞き ベットがあまっているので
  貸出そうと思っているのですが  まったく日本人に会いません
  これまで沢山の日本人に出会ってきたのですがリオINから誰とも会っていないのです
  
  お~~~い リオの日本人はどこにいるんだ~~~~ww











 
スポンサーサイト

| ☆山行  | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

急遽 リオ・・・

ポルト イグアス (アルゼンチンから ブラジル リオに入りました

予定では北上するつもりでしたが やはりカナバル(カーニバル)を見ないと・・

現在1泊だけ高いホテルに入っています(カーニバルが近づくと値段が跳ね上がる)

が 明日から安宿を探してみます!  さあ世界から人々が集まるリオのカーニバル

出宿が確保できるか???


ではでは

| ☆山行  | 10:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長らくUPできませんですみませんでした

現在 アルゼンチンに居ます

ラパスから サンタクルス(ボリビア)ネットの不安定でUPできず

その後 強行軍でアスンシオン(パラグアイ) 移動中 事件あり UPの時間無し

シウダ デ エステ (パラグアイ)> プエルト イグアス(アルゼンチン)

と移動してきました。    とりあえず 現在落ち着いていますので

余裕が出来次第 またUPさせていただきます


ではでは

| ☆山行  | 05:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UYUNI.jpg

今回見れたウユニ塩湖は2年前に比べ少し水が少ない状況でしたが とてもきれいな姿を見せてくれました。


3日間ほどウユニの町にいたのでラパスに戻ります。 帰りは列車でオルーロまで

UYUNI.jpg

サロン60Bs(840円) やっぱり安いですね 夜行列車7時間ですからね。
因みにオルーロからラパスまでは出発直前の空席があるバスがあり15Bs(210円 4時間半)でした


ラパスには雰囲気の良いカフェやレストランが多いですね 勿論値段も南米最安だけあってうれしい限りです。

そしてラパス近郊では月の谷を歩いたり

UYUNI.jpg

UYUNI.jpg

十年以上ぶりで馬に乗ったりしております。。。

UYUNI.jpg

UYUNI.jpg

明日にはサンタクルスに向かいその後パラグアイに抜ける予定です







  












| ☆山行  | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

UYUNI.jpg

オルーロで乗ったバスは完全なローカルバスでした。

見渡す限り現地の方々 指定された席は一番後ろの席で
お隣にはあのお姿のふくよかなおばちゃんです。。。。

申し訳ないですが マスクをしなくては耐えられなかった。

そしてふくよかなお肉から伝わるなんともいえない圧迫感


相当疲れて眠かったですが相当な時間記憶があったのは確かです。


走り出して3~4時間?? 車は休憩のため路肩の小さな商店で停まりました。

深呼吸とストレッチをしに外に出て 車が走り出すまで外にいました。

車内に戻るとおばちゃんの姿はなく どうやらここで降りたようでした・・・はぁ・・・



それからの4時間車 ウユニ旅行者には有名な超悪路に突入です。

激しい揺れがバスをゆすり何度も座席から身体が浮きました。


そしてついにこのボロバス 不思議なエンジン音を出すようになり
走っては エンジンストップを繰り返すようになったのです。

しまいには
クンクンクンクン。。ドゥルン・・・・・・
     クンクンクンクン。。ドゥルン・・・・・・

ドライバーとアシスタントの話し声 そして

クンクンクンクン。。ドゥルン・・・・・・
     クンクンクンクン。。ドゥルン・・・・・・


終わったようです 車はすでに30分動いていません

ただ私も限界でこの頃意識がなくなりました・・・・・





・・・・・・・・・・・・・・・




肩をたたかれ起こされました  時刻は5時少し過ぎ

なんとバスはウユニの街についていたのです。

UYUNI1.jpg


| ☆山行  | 09:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現在ボリビア ラパスで落ち着きました  移動とネット環境が悪い地域の連続で

音信不通となっておりましたが また少しUPしていきます

PUNO_20140210075653ec4.jpg

プーノのカーニバルは盛大でした 人 人 人。。。。。 酒 ・・・・

PUNO1

多くの人々が日ごろのストレスを解消すべく夜中まで騒いでいます。
ホテルでも地方から出てきた人々が遅くまで騒いでいて深夜にやっと喧騒から開放される
日々でした。


そして・・・・ 移動開始です。

COPA1.jpg

今回の移動はボリビアのウユニ塩湖に向け行けるだけ進むことにしました。
とてもハードな移動だったので写真も少ないですががUPさせていただきます。

朝 5時過ぎ ホテルを出て丁度通りかかったTAXIを捕まえバスターミナルに。
非常に話好きなドライバーでしたがなぜか??裏道 人気の少ないところを走り
しまいには非常に荒れた雰囲気のバリケードの前で停車。

・・・・・・めちゃくちゃ身構えたのですが・・・・・・
『悪いけど ターミナルはすぐそこだから歩いてくれ』 の一言

カーニバルの影響で道がめちゃくちゃになっている上 ターミナル周辺は閉鎖されていたのです

薄暗い明け方のあの雰囲気はもう勘弁願いたいです・・・

バスは定刻6時を20分遅れてボリビアの国境に向け出発。

COPA00.jpg

国境で両替後ポリスチェックと出国手続き そしてボリビア側の入国手続きを済ませます
ペルーに別れを告げ ボリビア入国です。

そして走ること1時間強 バスはコパカバーナと言うボリビア有数の観光に向かうのですが
その前に一仕事。

COPA2.jpg

チチカカ湖を越えるのです。 人々はバスを降り船で対岸に 2Bs(28円)

COPA.jpg

バスも同じくボートで湖を渡ります。

そしてコパカバーナの町で今度はバスチェンジ ラパスに向かうバスに乗りかえます。

このバスがボロバスでした ショックは抜けていて段差と言う段差を拾いめちゃくちゃ
疲れます・・・・・そして4時間 2年前にも滞在したラパスに到着です。



ラパスバスターミナル裏手に3時過ぎ到着。(次の乗客を乗せないバスの場合
ターミナル使用料金を取れれたくないのでターミナルに入ってくれません)


はてさて このまま進むか?? とりあえず バスターミナルに入りウユニ行きのバスを探します。

実はパナサーとオルメーニョというバス会社2社にメールで予約を入れていたのですが
返信無し・・・・現地でも案の定まったく相手にされませんでした。
(ローカルのバスなんてこんなもんですけどね)

そして案の定どこも席は一杯で出来ることは明日の予約ぐらい・・・・

そこで次の方法にかけてみることにしました。

オルーロに向かう!  オルーロはウユニに向かうときに通る大きな街で 
オルーロ発のバスもある街です。

ただ問題は バスに空席があるか? それ以上にバスの出発時間に間に合うか??

悩んでも仕方ないので勢いで動いてみることにしました。

オルーロに向かうバスを探し9時までにオルーロに着けるバスなら乗る!

ありました 38Bs(約530円)と値段は高いですが予定では9時ごろに到着できそうなバスが。
乗るしかありませんw。

そしてバスは9時少し過ぎオルーロ着(まったもやターミナルの外で下ろされました)

本日2度目のターミナルに駆け込んでウユニ行きのバス探し。

ただどこのターミナルを覗いても出発は8時半から9時に出ています。

時間は9時半 すでに出てしまった後?? ???  

一つのブースで出発が遅れたバスがありそして空席もあったのです


続く・・・・

| ☆山行  | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

現在プーノです



プーノはチチカカ湖観光の拠点でもありボリビアに抜けるメインルート

丁度カーニバルに当たってしまって ホテルはどこも満室

宿探しも大変でした


めちゃくちゃWifiが遅いので  これにて・・・・・

次回はボリビアからUPできればと思います

PS このホテル 写真上げるほど速度がありませんのでこれにて

| ☆徒然・・・・ | 10:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オリャンタンタイボに移動

ORY2.jpg

マュピチュを離れクスコに戻るがその前にオリャンタンタイボの街に泊まることにした
以前少しだけ立ち寄ったのだが あまりに好きな雰囲気の街なので今回はゆっくり1泊する
つもりで予定を立てていた。


ORY4.jpg

駅から広場までは3輪車で移動 1名40円

ORY3.jpg

この街はインカ軍が最後にスペイン軍と戦った遺跡の街だが
その遺跡入場料がすごい 70Sol  日本円で2800円
前に中に入ったので今回はキャンセルして街を挟んだ山にある小さな遺跡に登る

ORY.jpg

オリャンの遺跡より高く登れるので一望にオリャンの遺跡が見渡せる
少し低いが大きな遺跡は値段が高い 小さが高い遺跡は無料だ。

ORY6.jpg

お店を兼ねた民家 このお店はピカロネス(ドーナッツ)やさん 4個 80円

ORY8.jpg

ORY1.jpg

このお店は飲み屋さん ただビールがあり椅子があるだけ 660ml 200円

ORY5.jpg

メルカド(市場)の中の靴修理屋さん

この地方を旅する時は履き古しの靴をよく履く 今回も古いローカットのハイキングシューズで
来たのだが ハードに歩きすぎたためか? 靴底が分離。 日本じゃ修理はありえない構造だが
彼らは直してしまう!。 
方法はサイドステッチ・・・ 大量生産品の現代のスニーカーを縫い上げてしまうんです・・・
修理代 600円 さてどこまでこの靴でいけるでしょうか??


ORY7.jpg

街角のおばちゃんたち 観光用扮装ではなく普通の人たちです


インカの生活が息づくオリャンタンタイボとても好きな街です。

| ☆徒然・・・・ | 05:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MP0.jpg


朝4時少し前起床。4時半に宿を出てハイラムビンガム道路(マチュピチュに続く道)
の入り口の橋に5時少し前到着。 
この橋にはゲートがあり朝5時に開門されるのでマチュピチュを目指して歩く人たちは
このゲートでのスタートに向け集合してきます。

MP1.jpg

※ マチュピチュ遺跡の開門は朝6時 通常朝一番のバスは6時に町を出るので 
  ほとんど人のいない遺跡内を見るために多くのハイカー??は朝6時までに
  マチュピチュ遺跡のゲートに到着するため歩くのです。
  その他 片道US$9と言うペルーでは高い価格を払いたくない人間も歩いちゃいます。

ゲートの前は一番乗りを目指す人々でレース前の様な雰囲気です。
昨日スタンドバイミーコースで見かけた顔もちらほら・・・

MP2.jpg

5時 パスポートと入場券のチェックを受けた人々は橋を越えて山道に進みます。
ここでも前日のような風景が・・リーチの長い欧米人はとんでもないスピードで
飛ばしていきますが時間が過ぎるごとに脱落者もちらほら出てきます。
(さすがに暗いのと 飛ばしているので写真はまともに写っていませんでした)

MP4.jpg


朝6時12分前に無事マチュピチュ遺跡入り口に到着。
ゲート前は同じくこのレースに参加した人々により占拠され開門を待ちます。

そして開門。

もうTV等でおなじみの見張り小屋からの景色ですが やはり朝靄に煙る人のいないマチュピチュは
荘厳です。

1時間も眺めたでしょうか? インカ橋を見に・・・
ここも初めてではないですが やはり見事です。

MP3.jpg


10時からはセカンドグループでワイナピチュに登り 上からマチュピチュを見ました
以前はエントリー順で登れたワイナピチュですが 現在は別登山券?を入手しないと
登れなくなりました。
(ひと気の少ない早い時間は遺跡内を見たいのでセカンドグループで登りました)

MP02.jpg
山頂手前で岩穴をすり抜ける


そして下山後も遺跡内を見て周り。。。。 歩いて下山しました。

マチュピチュ遺跡は歩くつもりなら以前私が歩いた太陽の門(往復2時間)や
月の神殿(往復4時間)とまだまだ歩けますので行かれる方は
そんな計画も良いかもしれませんね。

| ☆山行  | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


ミニトレッキング? マチュピチュ

MN001.jpg


今日はマチュピチュ村 アグアスカリエンテス(以下アグアス)までの移動です。
前回来た時ははタクシーと電車で簡単にアクセスしましたが
今回は遊びもかねて遠回りとなってしまいますが歩いてアグアスを目指します。

@通常考えると なぜ?が多いルートですが 説明すると非常に長くなるので
省略させていただきます。 普通の海外観光ツアーでマチュピチュを訪れるときは
電車で行く所をめちゃくちゃ長いドライブと歩きで行ったとお考えください。


まずは朝8時(すでに予定では遅刻なのだがそれも織り込み済み)参加する
バックパッカーを乗せた車はクスコを出発。

途中数回の休憩を取りながら車は進みます

MN00.jpg
峠の途中にある小さなお店でトイレ休憩



4200Mほどの峠を1つ越えサンタマリアという街を通過 ここまで4時間強


ここから未舗装の川沿いの道(南アルプス両股小屋までの道を険しくした感じの道)
をスリルを感じながら1時間走りサンタエレナに到着。
未舗装の先にあるにしては非常に大きな街でした。


ここサンタエレナで簡単な食事が出され食事休憩

さらに走ること30分強 3時過ぎに水力発電所に到着します。 

(すでに出発から7時間ピックアップ予定時間から8時間が経過)

MN004.jpg

ここで歩くためのエントリーを済ませたバックパッカー達は約10キロ歩いてアグアスを目指します。
このコースは線路沿いをてくてく歩いていくのでスタンドバイミーコースとも言われます。

MN005.jpg

参加者は多種多様ですが通常3時間コースなので6時頃に到着となるのでしょうが・・・
夕方6時過ぎに宿を探して歩き回るのを好ましくないと思う参加者や翌早朝4時半から
マチュピチュを目指して歩く(通常はバス)参加者は先を急いで線路脇を進みます。

MN003.jpg


勿論この先を急ぐ組に含まれ歩きましたが この中にも普段から歩きなれていない人達が
含まれていて次々に脱落していきます。

歩き出してから1時間50分 アグアスの村に到着。3時間コースですから良いペースでしょう??

MN002.jpg

以前の記憶を頼りに希望していた宿にそのままなだれ込み部屋を確保することが出来ました。

さて明日は4時起床でマチュピチュに向かいます。


| ☆徒然・・・・ | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クスコ2日目は休養もかねてクスコ散策  丁度泥棒市の土曜日だったので
歩き回って見ました 特に買うものもなく・・・・の毎度ですが
今回はFREELIGHT BASEに使おうとセトモノで出来たコンセントやらスイッチ・・・
最近日本では見かけなくなったものを探していくつか買い込んできました。

そして今日は・・・
PISA.jpg

ピサックで日曜市ついでの町見物   乗り合いのコレクティーボでクスコから約40分かけて
行ってきました。  まあ観光客目当ての市が中心になってしまったようですが
それでも楽しい一日を過ごすことができました。

PISA2.jpg

お昼は近くの食事屋台でトルッチャ(マス)の揚げたものとパスタスープで簡単に・・・・


さて 明日からマチュピチュに向かいます たぶんWifiは今以上に遅くなるので
ブログも勿論FacebookもUPできないと思いますので よろしくお願いいたします



しかし Facebook  ぜんぜんだめですね・・・・・







| ☆山行  | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

成田を出てから何時間?ロスで乗り継ぎリマの空港で1晩を過ごし
その後の最後のフライトは遅延などありましたがペルーのクスコに無事到着しました。

Cusco0

以前クスコに来てから何年にもなるのだが不思議なことに記憶は鮮明で 
入り組んだ道も間違えずに歩く事ができました。

Cusco1.jpg

良いですね 南米の街は!!

Cusco2.jpg

さて明日は休憩して街でも歩いてみます。

今日の主な購入品は   燃料用アルコールと水力発電所までのコレクティーボ(1BOX)の席

ではでは  アディオス!




| ☆徒然・・・・ | 11:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。