2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Swing Tarpの特徴 2

STar6.jpg

Swing Tarpの特徴は周囲にカテナリーラインを取り入れている事と多彩なラインポイントを持っていることです。
TTTARP.jpg

カテナリーラインが入っていることにより幕にテンションをかけて挽く事が出来るので綺麗な幕面を作れます。  この綺麗な幕面は風の影響を受けにくくする効果もあります。

    STar41.jpg

多彩なラインポイントは色々な形にTarpを張れるだけではありません。
このポイントは表裏両面使えるポイントになっているので裏面のポイントを使ってバグネットを吊るしたり
ラインを通してライトを吊るす タオルを干すなど色々な使い方も出来ます。
またこのポイントにポールを固定する事により通常のタープでは出来ない↓のような形も形成できます。

STar51.jpg

通常この形にTarpを張るとタープを支えるポールは中央に向かって逃げてしまうので 設置は難しいのですが内側のポイントにポールを固定すれば テントのようなシルエットが作れるのです。


スポンサーサイト

| FREELIGHT | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Swing Tarpの特徴の一つは 260×270cm(約) というサイズながら約300gというその軽さ!

STarp1.jpg

十分な高さをとって屋根を作ってもこれだけ大きな空間を作る事ができます。
2名の利用は言うに及ばず 屋根を低く設定すれば3名でも御使いいただけます。

STar32.jpg

そしてこのSwingシステム。    
Tarp周囲4辺はコードが通せるスレーブになっていて スレーブに通したコードを絞る事により色々な長さに周囲長を変化させる事ができるのです。

STarp2.jpg

お勧めの形は↑ 内部より一箇所タープを突き上げ 後方では短いポールでタープ後方を引き上げています。
この時前方のクチバシ状になった所はSwingさせて綺麗なヒサシとします。(一つ上の写真がその状態です)
後方の短いポールは無くてもかまいませんが 内部空間を更に広げるのに有効な方法の一つです。


※ Swingさせるためのコードやストッパーは付属しません。 
   御購入者様自身でコードを通して御使いください。
・  コードはストレッチコードやダイニーマラインなど3mm以下のラインを御使用ください。


| FREELIGHT | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SwingTarpの再販売が来月より始まります。

STarp!.jpg

Swing Tarp販売します。

本体素材Sil-Light20は軽くて強い素材と評価いただいておりましたが 
その反面通常のシルナイロンより非常に縫いにくいと縫製の方々にご苦労をかけていました。
今回は国内外の有名メーカ製品製造で沢山の経験をつんだ工場の協力により
再販売ができる事になったのです。

今まで何度も御連絡を頂いた皆様 今しばらくお待ちください..

| ☆徒然・・・・ | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nap2t0.jpg

SpinNapⅡ / スピンナップ Ⅱ 限定モデル ターコイズ発売です。

>>http://freelight.shop-pro.jp/?pid=94542062



Nap2t1.jpg
Nap2t2.jpg

| ☆徒然・・・・ | 14:31 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。