PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

AM01.jpg

阿弥陀岳 中央稜2

林の中をどんどん高度を上げ 下部岩壁に到達

ここは右を巻いていく。
岩壁自体はなかなか迫力があり良い雰囲気だ

AM02.jpg

ここを過ぎると進む道は直登に変わり稜線に出てより展望が開け
眼下にはお隣の南稜や御小屋尾根が山裾長く伸びているのがよく見える。

AM03.jpg

上部岩壁は左側をトラバースして、ハイマツ、草付きの中の道
人のいない高地のアルペン的な風景は気持ちがいい。

この頃になるとN氏と二人先行する形となり 
オオタケさんがサポートするTさんとはだいぶ離れてしまった。

前日の寝不足もあり尾根のポカポカ陽気は非常に心地よく
待っている間に寝てしまいそうだ。。。

??N氏は寝てる・・・あ。。寝ぼけて落ちそうになってる・・・・

10分ほどするとロープで繋がれた二人が到着  

ポカポカ陽気にウツラウツラしてたのに・・オオタケさんご苦労様です。

やがて、御小屋尾根に合流。合流点には今まで無かった立派な指導標が立っている。


横岳や硫黄岳が見え八ヶ岳の上部に到達した感じが心地よい。

AM05.jpg

摩利支天を梯子・鎖とで超え阿弥陀岳山頂へ到着。  さあ 一休みしたら帰ろうか・・


スポンサーサイト

| ☆山行  | 09:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1021-8454e36b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。