PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Syura.jpg

先日少し 書き込んだ シュラフをいじった結末です。(↑完成品)
アンミンシュラフ とネームタグがついた 古いシュラフに ダウンを詰め込む!
と言う 強引なことをやって見ました。

Syura1.jpg

元は ↑ このシュラフ。  
友人達とのキャンプの時 貸し出しなどに使っていた普通の化繊のシュラフ。
あまりに家の中に荷物が多くなったので 破棄??するか 悩んでいましたが・・

実験材料に 分解されました。
Syura2.jpg

生地を切らないように端っこから糸を引っ張って切っていきます。
とりあえず 交換用のダウンはコート一着分! ですので 上側だけの交換になります。

剥がしてみると・・・・
Syura3.jpg

なんと片側だと言うのに化繊が二枚に分けて縫いこんでありました。
(シュラフ一枚で 化繊の布4枚と言う感じです)
この二枚の中間に入った空気で保温効果を上げよう という狙いだと思われます。

これを丁寧に はがしていく・・・・・
Syura4.jpg


で  布だけの 状態になったら終了!
次に ダウンの調達です。
ダウンは タウン&カントリーのホワイトダウンコート
Syura5.jpg

勿論ただ切って取り出したら・・・ 映画のワンシーン!
『サハラに舞う羽根』 でなくて『おバカな家に舞う羽根』になってしまうので。
洗濯機の水槽に水を入れ 漬けて Syura6.jpg

ダウンの塊を作る作戦に出ました!!!!!

タグがなけど どうせ 中身はダウン80% フェザー20%位だろうし 
十分これでいけるはず。。。
と 切って 中身を見ると・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(@_@)

あら....  グースダウンだ それも ほとんどフェザーなし...

良いダウンほど水を吸いにくく まとまらない....  まさにその通り! (@_@;)
ここから 写真を撮る余裕がなくなった。

少し悩んだ後 次に考えた作戦は!
@1 バケツに水と少しの洗剤を入れ 一まとまり(ダウンって仕切ってますよね)
    ごと中身を抜いて バケツにあける。  そして かき混ぜる。。。

   ダウンは見事に 和紙をすく前の様な状態になりました。。
   (身の回りも身体も ベチャベチャでカメラ持てないため 写真なしです<(_ _)>)

@2 出来た物を 揚げ物用の掬い網で掬って それを 先ほどのシュラフに入れる

@3 一仕切り分縫う。。。。
   これを 13回 繰り返す (~_~;)  辛い。。。 手がふやける
       家族から 批判が相次ぐ!  喉が渇くが 誰も助けてくれない(T_T)....

ダウンをほじくり出してから 三時間半後 この仕事の後片付けが終わったころには 
すでに家族の食事は終わっていた・・・・一人でさびしく 食事することに。。。
 


日陰で乾燥すること  3日間.... ついに 乾燥してくれました
(それが一番上の写真)

嵩は この位!
Syura7.jpg


あと半分 化繊だけど~~ もう遣りたくない!!!  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

でも 一様 シュラフ 作ったもんね~~ ダウンシュラフだもんね~...

話半分だけど....

良い子の皆さんは ダウンシュラフは買いましょうね~~~!

さあ 次は テントか~~~~! ぽかっ(._+ )☆\(-.-メ) おいおい


                 続きがありました~~~~ こちらです!!!






スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/105-7b9bd546

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT