PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

HIKAKU11.jpg

先日完成した スパイダーポケットストーブのテストをしています。
燃焼など動画を取ったのですが・・・ 今までの物と
たいして変わらないので 動画はUPしないということで <(_ _)>

燃焼効率は マンティスより少し悪い感じが・・・
200cc強をチョットボイルに入れ 沸かすと 2分半~3分
なんか音が静かなのでどんどんバルブを開いていきたくなりますね。
やっぱり ゴ~~~!!が好きだから 上面のメッシュは外すかな!?

これだけ小さいと 本体がなべ底に 入ってしまう。
HIKAKU00.jpg

(アルミマグ240mlでも隠れちゃう)
燃焼効率を これ以上あげると ホース類の熱限界を超える心配もあるので
これで良いと思っています。(超コンパクトが売り だしね)

また今回は 五徳に与える熱量を減らすため 五徳上部に
ステンレスでイボをつけて熱を逃がしています。
(五徳によって火が横に逃げられなくなり 五徳自体が熱を吸収してしまうから)

  ↓ マンティスとの比較写真を少し
HIKAKU0.jpg

HIKAKU.jpg


で。。。 ついでに 以前から考えていた 新型バルブⅡです
NBARU.jpg

前回のステンレスの物でも書いたように タンクの
くびれの部分に止める所は タイトに閉めこむ必要はない。

*これは真上から ネジを締めこんでバルブを押してガスを出すので
 タンクのくびれにかかる力は均等化されます 
 それで なかなかすっぽ抜けないと思われます。
 つまり通常のキャップはねじって外すのでその力と違うと言うことでしょう。


そこでキャップのタンクのくびれにかかる部分を大きくCUT
90度に当たる部分 両方をネジで閉めこんで
(ステンレスの補助具が中に入っています)
プラスチックキャップを タンクのくびれにフィットさせて 固定しています。
使用したキャップは引っかかりの大きな物を利用しました。

これだと 突起部分が極力減り 収納の時便利だと思われます。
現在重量10g まだ高さが高いので 低いキャップを探せば
もう少しコンパクト&軽量になるかと・・但し 1gぐらいですが(~_~;)

また今回利用したキャップは 素材がポリプロピレンなので粘りがあり
ネジの締め込みは指の腹で出来ます
上部のねじ込みはアクリルを溶着できないのでワッシャーにネジを溶接して
両面テープで貼りました。

    マンティスポケットバーナー TOP
                         前回の記事
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。フィールドで使った




スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BPLへのエントリー、素晴らしいです!
これからも、新開発のものを
公開していってください、期待しています
火力は、4分間で200mlが沸けば充分らしいです
3回転しているパイプは予熱部分ですか?

| JSB | 2008/05/29 00:09 | URI | ≫ EDIT

こんにちは 見つかっちゃいましたねBPL(*^_^*) 
あのサイトはJSBさんからお聞きした
TONYさん の件から見つけました。

自作する方が多数居る海外ですので
凄く勉強になります お教えいただき ありがとうございました。

ご質問のパイプへの3回転ですが 予熱です
あと・・ ジェットにガスを供給する シリコンを
冷却する意味もあります。
長時間噴射していると相当高温になるため
ガスを通してシリコンを冷やしています。

| バカブンド | 2008/05/29 11:22 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/110-0599efb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT