PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

YATU8.jpg

幕を叩く雨音で目が覚めた。 
夜更けから吹いた強風は収まったようだが 強い雨音は今も山々を包み込んでいる。
時計は5時 周囲のテントからも出発に向けての音は聞こえない。。
出発を7時に延ばしてもう一度シュラフにもぐりこむ・・・・・・


今度は朝ごはんを用意する音で目が覚めた。
少しだけ雨音は弱くなっていたので 食事の準備を始めたのだろう。

珈琲を飲みながら雨の中話していると。。。。 やはり膝が調子悪いらしい
昨日濡れた山道で転んでひねったのだが 少し腫れているようだ。


予定の硫黄岳を回って帰る計画は変更し同行者を無事に山から下ろす計画に。
ただ車は杣添尾根登山口にあり ここから一つ尾根を越さなくてはいけない・・・
結果二手に分かれての行動。
同行者達は美濃戸に向ってもらい 私が一人で山を越え車を取ってくる・・・ 

別行動させるのは少し不安だが仕方がない。

朝7時15分行者小屋出発 雨に打たれながら地蔵尾根の山道を登り 次ぎ次ぎ現れる梯子も登る
手は冷たく 息は上がるが 稜線を目指す。

45分後に到達した稜線では とりあえず走れる所は走って・・・・梯子は慎重に! !

YATU9.jpg

三叉峰で右折して下山ルートに  雨で滑るのでそれほどスピードは出せないのだが急ぐ・・・・


途中で太陽が顔を出し 道も乾いてきた 。。。とりあえず動きながら水を飲みチョコを食べ
ただただ下る。

3時間で着かないかな~  なんてちょっと期待して頑張ってみたが さすがに無理だったようで
駐車場には10時35分着   雨の中とはいえ行者小屋から3時間20分かかったようだ。


その後は汗でびっしょりな服を急いで着替え美濃戸口までドライブ。

急いでむかった美濃戸口では同行者達の笑顔のお出迎え ついでに『今飲み始めた所だよ。珈琲のお替り自由だったから

ゆっくりしようかと思ったのに・・・・・』の一言・・・・・


まあ 今回の山は良い山歩きだったことにしましょうね。



スポンサーサイト

| ☆山行  | 08:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1111-ceaff6ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。