PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Dyneema1.jpg

これってどうなんだろう??  そんな思いが新しい物作りの基本にあると思う。

FREELIGHTとして活動する前は入手できる素材を組み合わせて作ることしか出来なかったが

最近は皆さんに応援頂いて新たな素材も開発できるようになりました。

例えばTarpなどに使う高性能なSilnylon  Sil-Light20
そして今回はDyneemaを使ったPackClothの開発

FREELIGHTではレーシングヨットの帆材であるスピンネーカーをメイン素材にザックを製造
してきたが新たな試みとしてDyneema生地にもチャレンジしてみる事にしてみました。

Dyne2.jpg

と言うのも先に書いたが『これってどうなんだろう?』 と思うことが現在流通しているDyneema
生地をテストしている時にに見つけてしまったからなのです。


皆さんはDyneemaが生地に複合素材として使われるとどうなると思いますか?

たぶん『強くなる!』とのお答えが帰ってくると思いますが・・・・・・

実はある部分では正しい答えではなくなっているんです。 

これをお話しだすととっても難しいお話になってしまうので簡単にさせてもらいますが
強さとは 引っ張り強さ とか 引っ掻き強さ 云々あります

その一部のバランスが 現行のDyneema clothでは取れていないんです。

私はサンプルザックを製造している時にこの事に気がつき 国内の試験場に生地を持ち込み科学的
にも検証してもらいました・・・・ 

やはりその予想は的中し現行のDyneema生地のバランスの悪さを確信することが出来たのです。

新たな視点から改良したい!との思いから我々FREELIGHTのDyneema生地開発がスタートしたのです。


続く




スポンサーサイト

| FREELIGHT | 12:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1122-8391e53e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT