PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2015年度 FREELIGHTは商品のテストを兼ねてネパールの アンナプルナ周辺地域を歩いてきました。

nep01.jpg

今年この地域を歩いて感じたことは日本からトレッキングに訪れるのに本当に適した地域だという事。
近年は日本からの訪れる人が減ってしまったということなので アンナプルナ周辺だけですがガイドブックには書いてなく気がついた事をまずは書いてみたいと思います。

nep001.jpg

ナビゲード
行程を決めたり現在位置を確認するために地図は必須となりますが地図はカトマンズやポカラの本屋やお土産物店で200-300円ほどで簡単に入手できます。
さすがに登山口となるナヤプルの街などでは見当たらなかったので登山や手続きの起点となるポカラまでには入手しておければと思います。

ただこの地図にも問題があることは間違いないので少しでも疑わしいと思った事などは聞ける状況だったら どんどん地域の人やすれ違うハイカー達に聞いたほうがいいことも確かです。

nepa003.jpg

私のケースでは 地図にあった温泉マークの場所に温泉はなかった!(ゴレパニに温泉はありません)
とか ゲストハウスの表示があるのにすでに廃止されている「地球の歩き方等でもアナウンス有) 
とか ほとんど等高線が無いルートなのに非常に大きなUP&Downがあったり・・・・・・
時間的に目一杯で歩かない限りは大きな問題にはならないのかもしれませんが気を付けたほうがいいことは確かです。

nepa0021.jpg

またガイドやポーターについては日本で日ごろから山に親しみ 最低限の英語が出来る人ならば必要はないと思います。
山中で見かけた人々もガイドを付けていたのはあまり日頃歩いてないようなアジア※からの人々でした。
私もそうですが ヨーロピアンの人たちもガイドを同行している人はほとんど見かけませんでした。
※最近韓国は海外登山ブームだそうで沢山の人が来ています。
※シーズン最盛期にはガイドを先に歩かせ当日の宿の確保係りとして雇う人も居るようです。

nep002.jpg

スマホなど持っていたらMaps With Meを入れておくことをお勧めします。
この地域の山道はほとんど確認できますし 地図にもないゲストハウスも画面上で見つけることが出来ます。
現地に行くまでは「人がいるから聞けばいい」と聞いてはいましたが メインルートを外れて歩くと 
まったく人と出会わない場所もありその場合はルート選択の大きな助けになったのも確かです..


次回は ゲストハウスのことや 食事関係の事を書いてみたいと思います。


つづく・・・・・・

スポンサーサイト

| ☆山行  | 19:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1175-4af6814b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。