PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Swing Tarpの特徴の一つは 260×270cm(約) というサイズながら約300gというその軽さ!

STarp1.jpg

十分な高さをとって屋根を作ってもこれだけ大きな空間を作る事ができます。
2名の利用は言うに及ばず 屋根を低く設定すれば3名でも御使いいただけます。

STar32.jpg

そしてこのSwingシステム。    
Tarp周囲4辺はコードが通せるスレーブになっていて スレーブに通したコードを絞る事により色々な長さに周囲長を変化させる事ができるのです。

STarp2.jpg

お勧めの形は↑ 内部より一箇所タープを突き上げ 後方では短いポールでタープ後方を引き上げています。
この時前方のクチバシ状になった所はSwingさせて綺麗なヒサシとします。(一つ上の写真がその状態です)
後方の短いポールは無くてもかまいませんが 内部空間を更に広げるのに有効な方法の一つです。


※ Swingさせるためのコードやストッパーは付属しません。 
   御購入者様自身でコードを通して御使いください。
・  コードはストレッチコードやダイニーマラインなど3mm以下のラインを御使用ください。


スポンサーサイト

| FREELIGHT | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1191-7f55a097

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。