PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

                     FL_LOGO_SIDE-SMALL.jpg

1st  パイネサークル 準備

買い出し
パイネのサークルトレイルは最短で8日 パイネのレンジャーは天候が厳しく停滞なども十分にあるので10日間の日程で歩いてほしいとアナウンスしています。 
となると食料も余裕を見て10日分・・相当な量になります。実際はキャンプサイトにあるキオスコ(売店)では簡単な食糧があり全ての食料を持ち込む事はないのですが私達は無補給で歩く予定でしたので結構な量の食料です。 
そこでこのパイネに合わせて日本から食料を出来るだけ持ち込むことにしました。
日本の乾燥食料は非常にコンパクトで軽く尚且つ高カロリーです。そこに現地のスーパーで幾つかの食材を書いたしました。

パスタの種類は豊富で 特にハイクに向いていたのがお米と同じ形状でサイズのパスタ これはアルファ米の嵩増しやスープにいれるなど非常に便利でした。  また粉末マッシュポテトも安価で購入できるのでお勧めです。

IMG_3692.jpg

アルコール燃料用のアルコール アルゼンチン側ではどのスーパーにも消毒用のバイオアルコールがおいてありますので入手は簡単でしたが チリ側ではスーパーでアルコールを見ることは少なく薬局で販売しています ここプエルトナタレスでも薬局に置いてありました。

おまけ  飲料用のアルコールはやっぱり持ちたいですよね ここチリではワインがあちこちにありますが流石に重いのでチリでは入手しやすいピンガを持ちました ピンガはブラジルの国民酒でサトウキビから作られる蒸留酒 アルコール度数40度  これをブラジルでは水や炭酸で割り レモン(日本ではライムのようなレモン)を絞り 砂糖を入れます (カクテル名 カイペリーニャ)  今回は現地で簡単に入手できるレモンの粉ジュースをピンガに最初に入れておき持ち込みました。(ピンガはチリではどこでもありますがアルゼンチンでは見かけません 不思議ですね 因みに51という銘柄が有名です)

地図
DSCF7723.jpg

歩くならある程度の計画を立てて・・・と地図を入手したいと思うのですがプエルトナタレスを歩きまわっても ほとんど有用な地図を入手できません。私達も公園入口で配布される簡単な地図で歩きましたがどこまで信頼できるのか??
キャンプ指定地以外一切のキャンプが出来ず火器もキャンプ指定地内の指定場所以外使えないなど規制が厳しいのである程度の計画は必要だと思うのですが・・・・・
ここからすぐのアルゼンチン カラファテやエルチャルテンではパイネの詳細な地図が入手できるのに残念な限りです。


バス
DSCF7670.jpg

プエルトナタレスからパイネまでのバスはバスターミナルから3社が発着しています。
チケットは宿泊先のホステルなどで購入でき 帰りの便の予約は必要ありません。
定員を超える人が同じバスに集まったらどうするのか?? 3社のバスの間では調整しているのですがそれを上回った場合は不明です やはり余裕を持って早めにバス乗り場に移動するのがいいと思いました。

レンタル用品

勿論全ての用具を持ち込んでいるのでレンタルなど要らないのですが調べてみました。
レンタルはホステルやレンタル専門店などで借りることができます。

テント ほとんどが2名以上の物で相当大きなテントが貸し出されています
     また安価なものもありボトムがブルーシート素材だったりで重量も相当です。

寝袋  やはり安価な化繊の寝袋が大半です そのためサイズも大きく夜は寒いと思います。

マット やはり薄手のクローズドセルのフォームマット 寒いでしょうね・・

というようにバックパッカーが旅の途中で歩くために借りる安価なレンタル道具がほとんど パイネを歩くためなら自分の道具を持ち込むのは必須のようです。

その他何かご質問があればご連絡ください。出来るだけ想定できることは調べてきましたのでお答えできると思います。
スポンサーサイト

| ☆山行  | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1209-e0773119

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT