PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Tyvekで製作したテントについてですが 製作について書いてみます
Tyvek.jpg

Tyvekの防水性能を有効に活用するならシングルウォールテント!
でもあの位置にメッシュがあると フライが必要になる・・・

答えは簡単 すべて実験です(~o~) とりあえずテントを作ってみたかったので 
製作に簡単そうなTyvekで作った そして。。。。考えているうちに窓が付いた。。。

テントを作るうえで、チャックを上手く縫えるか? メッシュをヨレ無く縫えるか?
いろいろ問題が想像されます。 とにかく作ってみよう!そんな所です。
そして製作出来たなら それを元に完成度を上げていきたかった。

また今は雨の多い時期なので 今回はとりあえずTyvekだけで雨対策するのではなく
手持ちのツェルト ECHOROBA(←ハングルです) のALPINE BIVOUAC を
フライとして考えて形の製作から入りました。
F5-TE1169--M.jpg

そして フライを使うなら暑さ対策にデカイメッシュが欲しいな~
じゃあ でっかく付けちゃうか! で あの大きな窓です  (0_0)
性能云々より 付けたい物 付けちゃお! 
Ty.jpg


で 本当に何とかなりました。
saizu.jpg

(↑サイズ図です)
製作素材のTyvekはホームラップですが ソフトのほうではないので
(今度Tyvek素材まとめて見たいと思います)
裁断やサイズを決めるのが本当に楽でした。
感覚は折り紙です! センター出しなど計るのではなく重ね合わせて折り目を付ける
切る時も 長さをあわせて印を付けて・・・
布と違って伸びは無いし 切りやすい!
kiru.jpg

接合ですがテントの場合縫った方が良いようです。
接着だと確実に留めたいため 多くのボンドが必要になるでしょうし
貼っただけだと弱いかな?と感じました。
nuu.jpg

USAで販売されるTyvek Tentも縫い目が見て取れます。
今回はミシンで縫った後 縫い目をボンド(スーパーX )で目止めしてあります。

入り口部分 フロア 後ろ三角は一枚のTyvekで出来ています。
チャックは一枚のTyvekに縫い付けてから 切れ目を入れて開いています。
メッシュは穴を開けてからボンドで留めて 後から縫いました。
メッシュ周りは一周ベルクロ(マジックテープ)が縫いこんであり
ここに ナイロンタフタで作った幕が付くようになっています。

次回は 使用感 素材感などを書いてみます。
                      前回の記事へ               次の記事





スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 08:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スーパーX接着剤、あれは強力です!
未だに自作カヤックの貼り合わせに使ったのが、まだくっ付いています。水の中でも(笑)
この実例を参考にさせていただきまして
JSBも、Tyvek ツエルトを自作してみたくなりました。底だけをULGさんからのご好意による厚い物で。残りを快速旅団の薄いものを使って。オール接着で→次行ってみよう!
ファスナーは無し、ベルクロ重ね留め(笑)
ミシンを掛けられない、単純な理由からです♪
サイズは、先日手に入れたアライの
シングルツエルトを基本に、miniストーブの
土間のスペースを追加したいです

| JSB | 2008/06/13 18:10 | URI | ≫ EDIT

JSBサンの作品も見せてくださいね。
スーパーX ですが 今回新型のゴールド
を使いました。
テンションをかけるロープをつけた所が
1箇所はがれたんですよ。
(ここは先に接着して縫いました しかし縫い忘れた箇所があり そこから・・・・・)
本日の記事に書き込む予定です ご覧になってください)

| バカブンド | 2008/06/14 08:43 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/123-8b2c9a26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。