PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2つのM

Mシェルターは M Trail と M Guideという2つのラインナップを製造します。

今回は M Trail の話をさせていただきます。

MT1.gif

トレッキングポールを使った一人用シェルターは内部のサイズが窮屈になる割りに重量は2人用と
ほとんど差が生まれないので 今回製造する M Trail は170cmの人間が2名 装備も含め
窮屈なく使える余裕を持ったサイズ
で製造する事にしました。

サイズの決定は?
現在の日本のテント場では2人用ドーム型テントが多数を占めるといわれています。
それをテント場での使いやすいサイズとすると本体のサイズは長さ220cm 幅130cm。
しかし実際にはこのサイズにフライシートを被せるので 長さ・幅ともこれよリ少し広がります。
そこで220cm×130cmサイズ+αを基本サイズとし、
テント場では幅より長さの制約を受けることが多いという現状も考慮してサイズを決めました。

   長さ240cm  幅150cm  高さ115cm


長さ240cmは長い天頂間距離を引綱無しで風にも負けず立てる最短距離から導いた数値であり
ある程度スペースが限られたテント場でも張りやすいサイズ

幅150cmは同じく風に押されても負けない幅で 尚且つテント場でも設置が可能と判断できる幅

高さ115cmは座った状態で幕面から圧迫感を感じない高さ

天頂間距離180cmは 内部の居住性に影響を与える支柱となるポール間の距離と等しく
シェルター内部で快適に過ごせる距離


※ 支柱の距離は風が弱ければポールを傾斜させてポール間距離200cmも可能となり 風が強ければ反対に傾斜させ ポール間距離を短くして耐風性を上げることも可能です。 さらに引き綱も引けるので色々な組み合わせが可能。

またMはツインポールシェルターなので少しぐらいゆがんだスペースでも綺麗に張る事が出来るという利点もあります。

そしてこのM Trail   本体重量は360gととても軽量です。 


つづく
スポンサーサイト

| FREELIGHT | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1236-2c522d98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。