PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

shiro1.jpg

Tyvek Tent にお泊りした(*^^)v 評価です
サイズについては
saizu.jpg


高さが足りないな~ 最低限で十分と言う人には この高さでも良いでしょうが.....
中で座って過ごすのには頭周りがウザイですね。
長さについては210cm取ったんで広いです。 身長は173cmなのですが
十分あまってます 入り口側 反対側の壁が垂直になっているので
デッドスペースがうまれにくいからでしょう。(大きすぎた感じがします)
は86cmこんなもんでしょうか?
もうチョイ欲しいかな 贅沢かもしれませんね…。
重量はツェルトを入れず Tyvekテント(窓塞ぎのナイロンタフタを入れて550gほど)
ツェルト入れちゃうと1kgを少し超えます(だめですね~)
shiro3.jpg

入り口部分のチャック 2本のチャックで開閉します。
shiro2.jpg

後ろから見た所。 実はテントを張る時ここ(後ろの支点)が一番難しかった(ーー゛)
テントだけだと簡単なのですが フライ代わりのツェルも張るとなると
同じ支点からラインを引く時 なかなか上手くテンションをかけられなかった。
練習が必要だと感じました。
shiro4.jpg

shiro.jpg

夜 目の前にはデカデカと・・・・・・

それにしても Tyvekの浸湿性は凄いと思いました。
夜少し冷え込んだので 窓を幕ですべて閉め 入り口も閉めて
(窓の隙間から 空気の入れ替えが出来ているだろうから酸欠はなさそうだし)
過ごしていたのですが ほとんど結露しない!
うっすら天井部分に湿り気を感じるぐらいです。
狭い室内で 大雨のあと 締め切って結露しないのはGOODです!

さて次回は 構造上の問題点を書いてみたいと思います
  
        
                                   前回の記事へ      次の記事







スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/124-37451beb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。