PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

51.gif

「 SpinnZack50tif 」の特徴は‥

・FREELIGHTでは最大の、50リットルの大容量を実現

・オリジナルチタンフレームを採用し、大容量ながら背負いやすさを両立

・2.2ozブラックスピンネーカー生地を、一番荷重がかかる背中側に使用

・破損をできるだけ避けるため縫製ポイントを減らした設計

・しっかりしたフレームを装備しながら本体+フレーム重量 480g
  (ウエストベルト バンジーなど全てを装着した場合 総重量640g)

となります。

Ti Fream

★50リットルの大容量にはフレームが必要?

FREELIGHTでは、以前も、50リットルサイズを販売していましたが、どんなにしっかりパッキングしても、
バックパック自体の剛性が乏しいため、歩行中、登下降中の荷物のブレが起こります。 

その場合このブレを抑えるのは担ぐ側の人間の体幹となりそれは個々の差が出てきます。

特に50Lサイズとなるとそれ相当の重さが想定されそれを補う体幹の強さも必要となってきます。
そこで「50リットルの大容量バックパックにはフレームがあれば・・・多くの人が使いやすい
となったわけです。

しかし、真のULを追求するFREELIGHTとしては、フレームならなんでもいい、というわけにはいきません。

FREELIGHTでは、チタンのカップ、ペグなども開発しているため、チタンをつかって
フレームを作れないかと考えました。

しかも単なるチタンの棒ではなく、チタンを曲げる加工を施して、逆U字型の一本のフレームを作れないか、

つまり超軽量でありながら強く そして粘る素材  チタニウムのパイプでしっかりしたフレームが作れればそれがベストではないか?と考えたのです。

スポンサーサイト

| FREELIGHT | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1241-3a3dc3b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT