PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発売以来1000に迫る販売数を誇るSpnnZack35シリーズ 35s/35ssが35c/35csへ
新しくモデルチェンジしました。

       358.jpg
大型メインポケットは発売当初と同じくメッシュポケットに!( 強度はメッシュ旧モデルよりUPしました)
更にボトムの形状を見直しパッキングしやすいラウンドボトムへと進化。

       357.jpg

サイドポケットもラインで引っ張るタイプに変更しましたのでパッキング時に完全開放できます。
勿論SpinnZack50tifと同じくハイドレーションルートホールも設置され使い勝手の良い便利なモデルとなりました。

FREELIGHTが目指すバックパックは名前だけのULザックではなく強く使いやすい 最軽量クラスのバックパックです。

見た目こそそれらのザックと大差ないように見えますが、
製造の哲学から、荷重で破損するようなことはあってはならないと考えています。

FREELIGHTでは、これまで数多くのザックを販売してきましたが、荷重による破損はありません。

もし万が一、そのようなことがありましたら、メーカーの製造責任として、
破損した部分を無料で修理してお戻しすることは、もちろん、その部分が破損にいたった原因を洗い出し、以後そのようなことが起きないように徹底します。


ですので、ウルトラライト系のザックは壊れやすくて、信用できない、
と考えている方には、ぜひFREELIGHTのザックを使っていただきたいと思います。

もちろん、生地の薄さによる、突き刺しやこすれによる弱さがあることは否めません。

実際に突き刺しによる穴あきの事例は何度かいただいています。

製造工程における問題が原因による破損の事例は、テープ末端処理の不足によるテープのすっぽ抜け、
ラインの縫込み不良によるラインすっぽ抜けが、数例、起こっています。

これらは設計ではなく、製造工程でのミスでしたので、工場に工程を確認し、再発を防いでいます。

35c0.jpg

突き刺し、こすれによる破れ以外、破損が起こったザックについては、
製造責任において無料で修理してお戻ししています。(送料はご負担ください)
安心して、思う存分、FREELIGHTのザックをお使いください。
SpinnZack35c/35cs >>http://freelight.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=933900&csid=0








スポンサーサイト

| FREELIGHT | 14:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1256-6d35ba9c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT