PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

受注に際してのお願い

いつもFREELIGHTをご利用いただきありがとうございます。

FREELIGHTの、シェルター タープ類は、現在、受注生産を行っています。

販売ページでは、「納期を区切っての受注」つまり「いつ山に行くからいつまでに欲しい」
というご注文は、お受けしていないのですが、
それでも何件に一件かは「できれば・・・・何時何時までに・・」
と連絡をいただきます。 

MT1_20170706084214bea.jpg

もちろんお客様のご希望されていることは分かるのですが、
なぜ我々がそのようなお願いを載せているのか、
書いておいた方が良いのかな、と思っています。

これをお話していいのか??
製造メーカーとしては悩ましいのですが
モノづくりの本質を理解していただきたいので、あえて書くことにします。



その前提として
「メーカーが製造する商品は、皆均一だ」と誤解してる方がたくさんいます。

私たちも、ラインで生産できる製品については、その均一性を保障できます。
しかし、「受注生産」で作るという場合は、そうではありません。

受注生産品で、都度、人が作るモノ、
特に縫製によってできる製造品に、まったく同じものはありません。

縫製してできる製品となると、
生地の生産ムラ、裁断ムラ、縫製のムラというものが存在し、
ごくわずかなムラでも、それが積み重なって製品ごとの誤差が生じます。
特に縫製作業にはムラが生じやすいものなのです。


縫製工場の現場には、縫製に長く携わってきた本当の縫製職人がいます。

職人さんは、この各段階の誤差を逆手にとって・・・
でき上がりを見越して、ムラをできるだけ打ち消して、製品に仕上げていくのです。

これが上手くできるのが本当の縫製職人なのです。



しかし「急いでほしい!」という一言は、この職人のシゴトの幅を狭めます。

「何も考えず機械のように縫うだけ」になります。

職人とはいえ、人のすることですから、ミスをすることもあります。
それでも急ぐことがプライオリティーなら、最終的に仕上がりに満足していない製品をお渡しするしかないのです。



製品を作り、お客様にお届けする上で、何を優先するべきなのでしょうか?

もちろんお客様にとっては、早く製品を手に入れたいのだと思いますが、

「とりあえずすぐ使えるもの」を手に入れたいのでしょうか?
それとも「長く使える、ていねいに心を込めて製造されたもの」がよいのでしょうか?



FREELIGHTは、特殊でオリジナルなアイテムを多数扱っている小さなメーカーです。

ですので、工場のラインで作れる商品もありますが、
彼らのような本当の職人の縫製仕事ナシではできない製品もあるのです。

ですので、たいへん申し訳ありませんが、
タープ、シェルターなどの「受注生産品」については、急ぎの仕事はお受けできません。



これは余談ですが、FREELIGHTの受注生産品の生産では、
製造指示書に、注文者様のお名前を入れて生産を指示しています。

それは縫製者が「これは○○さんに届く製品だ」と知ることで気持ちが入るからです。

顔の判らない、お会いしたことない人でも、
ちゃんと受け取ってお使いいただける人がいると判ると、
「きちんとした製品をお渡ししたい」という気持ちが強くなるのです。

時には工場長から「○○さん、またオーダーくれたね・・・、この前の製品の使い心地はなんか言ってた?」
「○○さんは 小さいお子さんと山に行くんだよね・・・。少し重くなっても補強布のサイズを大きくして、擦れるところは逃がして縫製したほうが良いんじゃない?」
というように、少ない情報ながら工場側から提案してくれることもあります。

それが職人さんであり モノ作りをする人なんだと、FREELIGHTでは考え、大切にしています。


FREELIGHTの製品は完璧ではないのは確かですが、私も製造者も同じく、
可能な限りキチンとした製品をお渡ししたいと考えています。
 
破損に関しても、原因を解明し、できうる限りの補修を行うことをお約束しています。


ですので、FREELIGHTのお客様には、この方針をぜひご理解いただきたいと考えています。


これから繁忙期に入っていきますが、
タープ、シェルターなど受注生産品をご検討中のお客様は、
お早目のオーダーをお願いします。


FREELIGHT



スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1304-01d0e735

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。