PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

製品をテストするため南アルプス最南端地域 深南を前回に引き続き歩いてきました。

AKE1.jpg

1日7時間程度で2日間と短く 前回ほど厳しくはない・・・
      とは言え ほとんど歩いている人もいないので 道は険しく楽しい。

ake6.jpg

2度目の現場利用のビックタープ 今回参加の5名を楽に収納可能 ※

AKE4.jpg

歩けば歩くほど アイディアが浮かび  厳しい条件になればなるほどギアの性能確認ができる・・。

AKE.jpg

整備された山道を歩くことも楽しいが  時間があれば人の気配を感じない深い山の中を歩き回るのはさらに楽しい。

多くのファンがいる深南地域は製品のテストにもってこいの場所かもしれないですね。

※ ビックタープ 性能確認などできましたので 製造向け動く事になりました。
  但し このサイズのタープを作るとなると縫製の関係で 簡単には出来ません。
  例えば Swing Tarpの2倍のサイズなら2倍の時間で作れるか? と言う訳ではなく
  縫製中の生地の振りや 位置決めなど 何倍もの労力が必要となり発売までの段取り等で
  お時間がかかります。
   
  前回もお問い合わせ頂いておりますが  発売時期はお答えできませんのでご了承お願いいたします。







スポンサーサイト

| ☆山行  | 10:08 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

M trailをもっと軽くしたものを、エマージェンシー用ツェルト代わりに持ち歩けたらと思います。
ご検討いただければ幸いです。

| user | 2017/09/28 12:08 | URI | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

> M trailをもっと軽くしたものを、エマージェンシー用ツェルト代わりに持ち歩けたらと思います。
> ご検討いただければ幸いです。

M Tarp は如何ですか??  Tarpなら軽いですよ
しかし Mシュエルターを 少し小さく 少し・・・ 

高さをあと10㎝低く・・・長さを10㎝短く・・実際試作の段階で作ってみましたが その少しで
一気に小さくなります そして その重量差は??? ほとんど生まれてきません。

このサイズになると生地重量差はほんのわずかで 他のファクターが大きな重量を締めます。

サイズって面白いですよ

|   MLV Factory | 2017/09/28 19:03 | URI |

>このサイズになると生地重量差はほんのわずかで 他のファクターが大きな重量を締めます

そうでしたか、面白いですね。

M Tarpも魅力的ですが、シル スイングマルチシートも手軽そうで良いですね

| user | 2017/09/30 09:47 | URI | ≫ EDIT

深南部は…

製品に関するコメントでなく恐縮ですが…昔、永野敏夫さんの『南アルプス 大いなる山 静かなる山』を読んで通いました。
本州では唯一の原生自然環境保全地域でもあるので、自分がどのように自然と向き合っていくのか?
そしてどのように自然と向き合っていきたいのかを考える様々な経験を得ることができました。
寸又川左岸林道が使用できなくなり、なかなか足が向かなくなりましたが…製品テストのお話から再び足を運びたくなりました。
ありがとうございます。

| | 2017/10/01 03:32 | URI |

シェルターサイズ

シェルターのさいずですが 15%小さくしても 15%軽くならないんですね。 何しろ生地の厚み 糸 ファスナー その他の部分は15%は薄く または細く はならないんですから!
例で言うと400gのシェルターとして サイズを15%小さくしても多分40gは軽くならない となると やはりその分を荷物の収納スペースとしたりしたほうが良いかと思います もちろんポール間距離も15%小さくすると170cm
となり一気に居住性に影響を及ぼしてきます!

| FREELIGHT (MLV) | 2017/10/02 10:05 | URI | ≫ EDIT

深南部

深南部の書き込みありがとうございます。
この地域は本当にすごいですね 自然を感じるだけでなく昔の人々の生活と自然の関わりをも感じます。営林の方々と訳あって関係者が関係していて いろいろなお話を聞きますが・・・ 誰にでも進められる場所では勿論なく 更には事故が起きているのも確かなので あまり詳しく書かないほうが良い ということも感じています。 しかし 自然は素晴らしい・・

| FREELIGHT (MLV) | 2017/10/02 10:17 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1316-63c44035

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT