FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パキスタンのトレイル 続き 3- 4

いろんなことがあって やっとヒマラヤ山脈の端 ナンガパルパットのサークルトレイルに突入。

NP0.jpg

GHT Projectの皆があと数年歩いてネパールを歩ききったら?? 
次はインドで、そしてパキスタンとヒマラヤ山脈を歩くのかな??  

などと考えてヒマラヤ山脈の一番端っこを見ようとナンガまで来ましたが、
ここに到達するまでいろんなことがあり 
スタート地点に立ってもまだまだ普通には歩けませんでした。
その一つが3名のお供?

NP1.jpg
村人は今晩のおかずを持っていくそうです

小屋まで行く村人と ガイド?そして護衛の警官 

NP2.jpg
 カメラを向けるとしっかりポーズを取るパキスタン人

彼 集落出身の警察官で元軍人  小屋があるところまで彼が護衛となるそうです。
まるでタリバン兵みたいですが 足腰は強くAK-47を担いでスタスタと歩きます。
検問を突破するため呼び寄せたガイドさんは それに反して ハアハア。。とついてきます。

こんな山奥で護衛?? と思ったのでいろいろ聞いてみたのですが 
彼曰く「特に危ない事はないよ ただ最近ユキヒョウが集落の家畜を襲うことが多いから
念をいれて護衛についていくんだよ。 まあユキヒョウは人を襲わないけどね」と。

護衛はこの先の小屋まで とのことなので、実際は彼の持ち場での事故は困る 特に警察と揉めて
から山に入ったので余計念には念を入れて護衛として同行してくれるようだった。

NP4.jpg

ロバ(ラバ)を連れて山から下りていく人  

NP5.jpg

学校帰りの子供 山奥の学校の生徒で 数名の子供がいるようだった
 (言葉が通じないので 細かい話ができなかった)


続く
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/1333-9a9e0357

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT