PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(エンゼルフォールに向かったバカブンドの旅行記)

エンゼルフォールまでの道のりは
成田 飛行機 ヒューストン 飛行機 カラカス 飛行機 プエルトオルダス バス シウダーボリバル
飛行機 カナイマ>舟>歩き>舟>歩き>舟>歩き (エンゼルフォール展望台)

   vene_20080626103346.jpg

続き。。。
プエルトオルダスの空港にボロボロDC-9(後にもっと凄い飛行機が・・・・)は無事着陸できた
飛行機を降り空港ターミナルに入るとごった返すほどの混雑が見える。
  vene1_20080626103708.jpg

どうやらこの飛行機がピストンしているようで 遅れにより乗客が 溜まってしまったらしい。 
この飛行機に乗らなかったら相当到着は遅れたのだろう   よかったヽ( ´ー`)ノ

ここからバスターミナルまでの情報は 地球の歩き方には勿論 ロンプラにも無いので
インフォメーションで聞いてみるが 英語をほとんど話さないこの地では意思疎通が大変(-_-;) 
簡単なことを聞くのも疲れる・・・  私の拙いスペイン語と強引な英語で結局判ったのは。。
『交通量が多いので歩くのは危険』 『TAXIで行け!』と言うことだった。
(歩くとしてもロンプラにある地図は実際とは異なります あの地図では行けません)

空港出口でたむろするTAXI運転手に声をかけるが ・・・・
案の定  ツーリストと見ると吹っかける吹っかける!
US$で約『$5』でどう (メ▼_▼)??だと。。 たった3kmに。。
こんな話相手もしないで インフォで聞いた価格$2.5(これでも高いけど)で納得させて
バスターミナルに向かった。
道すがら 運ちゃんは稼ぎたい稼ぎたいと顔にアリアリ!
『シウダーボリバル行くんだろ?このまま行こうや!』
『バスより少し高いけど$50で行くよ!』  って 
ウソつけ~!!!
 
バスがそんな高い訳ないだろ!
無視してたら 運ちゃん 道を間違えて なにやらブツブツ言っていた(笑) 
3Kmとすぐの距離なので すぐにターミナルに到着できた(=゚ω゚)ノジャ、マタ!! 

ターミナルにはすでに シウダーボリバル行きが出発を待っていて
  vene2.jpg

すぐに乗り込りこむことが出来た。料金を聞くと約$1.2(約150円)と格安ヽ( ´ー`)ノ
綺麗なバスでエアコンも効いている 快適なバスだ。
鶏やヤギぐらい居た方が雰囲気は盛り上がるが・・快適なバスの方が楽で良いかな。
不思議とベネズエラのバスは全てのカーテンを下ろし周囲がまったく見られない
  vene3_20080626104949.jpg

前方も見れない・・・  棺おけバスみたいだ。。。

少しすると チューインガムや 箱菓子を 配りに 車掌のような人が回ってくる。
皆に公平に配って行く。 『要らない!』 と言う人も見かけない。
しかし これを食べると お金を払わないといけないので注意です。
中南米ではよく見るのですが 最初皆に配り 後から回収に回るのです。
欲しければ お金を渡せば良いし 要らなきゃ 返せば 済む。
次から次と出発直後にこの光景が繰り替えされます。
マッサージオイルだとか 歯磨き粉なんかも来たりする 商魂たくましいのです!
(大手長距離バスではほとんど見かけません)

一時間半後シウダーボリバルのバスターミナルに到着後
ここから先 お世話になる 旅行会社 アドレナリンに顔を出し
手続きをして 出発後約50時間でやっとベッドに荷物を降ろすことができた。

Hotel Union 35000Bs(約$9) エアコン 水シャワー
vene011.jpg
フロントの爺さんと入り口。
屋上に作ったような部屋だったが わりかし綺麗だった  ただ 明け方に巨大なネズミが
騒々しく走り回っているのには参ったが。。。(-_-;)


                  前回の記事へ          次の記事
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/139-3c9339a0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。