PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Peru(6)
CUSU.jpg

空港出口を緊張して覗くが予想の他 客引きが少ない
(後に何処に行ってもこの客引きの少なさに少し困ることになる)
メールで予約したAMARUホテルからの迎えを探すと出口を出てすぐ左に いたいた >^_^<。
(クスコでの宿泊はマチュピチュの帰りに泊まることになっている。
今日はクスコの先のオリャイタイタンボまで行くのだ。
ホテルには マチュピチュからの帰りまで 荷物を預けるためだけに立ち寄る。。。
しかし ホテル側は 荷物の預かりだけではなく 無料で空港まで出迎えると申し出てくれた 
 感謝感謝!!) 

出迎えはオッサンで 名前はニカーシオ・・少し想像していたが 送迎には普通のTAXIが使われていた。
街中を走るTAXI 見るもの全てが南米だ・・ インディへナのおばちゃんが 普通に要る・・すげ~~。
街の中心部に近づくと 道は凄く狭くなり 普通乗用車1台やっとやっと… 到着したAMARU Hotelの前道も一方通行の狭い道だ。 
そしてこの道を50mも進めば12角の岩 そしてアルマス広場に繋がっている・・
始めてみる南米地方都市の町並み う~ん 最高 >^_^<
CUSUH.jpg

ホテルのレセプションで宿泊表を受け取り ニカーシオに別のロビーに導かれ ここで記入
続いてツアーの売込みを受ける・・??? あれ やっぱあんたホテルの人じゃないでしょ 途中で感じていたけど・・ 
やっぱりホテル付の旅行業者だったのね・・ ホテルは送迎を業者にさせているのね。
ニカーシオの売り込みは まったく強引でもなく 嫌な感じは受けない 上手いねオジサン!
好感が持てる人だ・・ むさいけど・・・  で 少し耳を傾けると プーノまでの観光バスが 日系旅行会社の西河トラベルより$10も安い・・  これいいね~ 彼に頼もうかな??(実際頼んだ・・)
また 今日宿泊予定のオリャンタイタンボまでの道のりを聞いてみたら TAXIを進められ(マージン取るんだろうな・・・この場合)
値段はs/80(2700円)と言う 適正なのか少し考えたが 他に聞く人もいないし・・
実は 長旅で微妙に思考力が鈍っている・・・また 疲れてだるい・・・ ちょっとヤバイ・・。
今の状態で 初めてのコレクティーボは自信がなかった タクシーで乗り場まで移動して コレクティーボでウルバンバ 乗り換えて オリャンタイタンボ 途中で荷物盗まれる人がいるというし 3時間~4時間の道のり料金は安くて TAXI代も入れて s/8~(約270円)だろう・・
でも10倍とはいえ 半分以下の時間でつくし 直行TAXIなら オリャンタイタンボ遺跡の見学時間が作れると頼むことにする。
CUSUN.jpg
   
ホテルに荷物を預け 外出 十二角の岩などを見た後 アルマス広場でノビノビ・・次に コリンカンチャのところにあるサクラバレーレイルの事務所にチケットを受け取りに行くことにした。 
しかし というか あきれると言うか。。。。。。
メールで確認したにもかかわらず用意できないので 今日泊まるホテルに届ける と言う  (^_^メ)・・ でた~・・・
こちらは 「駄目駄目・・ メールで言ったでしょ それに今日はオリャンまで行くし ホテルは決めて無いし」とここでの発券をお願いした。  
担当のお姉ちゃんは 外人特有の表情を示しあちこち電話・・ 2時間後にもう一度来れば用意すると約束してくれた  危ないとは思いつつ・・これに応じるしかないようだ。
2時間あるし・・ ぷらぷらとワンチャック駅に向かい散歩.
駅近くで見つけたおみやげ物メルカドらしき所で 値段を聞いて回った (表示価格はまったくなし 全て言い値で交渉)今後の値段参考のために一応買わないくせに 少し交渉もしてみりして売店のオバチャンと会話を楽しんだ。 
で またもや おしっこ・・・ 公衆有料トイレでs/1払いオシッコ・・。
ここで先ほども見かけた靴磨きのガキに再会 可愛い・・ 今度会ったら 磨かせてやるかな??
途中小さなお店で水900ml s/1.5 コカキャンディーs/3を購入して 街並みを見ながら散歩。
事務所付近に戻ると日本人女性3名が外から覗覗いている・ どうも予約は持っていない様子で 良くわからないがマチュピチュレイル というのに引っかかったらしい・・ 多分HPも知らないんだろうな~・・
CUSUM.jpg

少し親切心?から話そうと思ったが 少し目を離したら 居なくなっていた・・。


マチュピチュまでの道TOPへ           次の記事に
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/15-8b21d290

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT