PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(エンゼルフォールから転進 ロスロケスに遊びに行ったバカブンドの記録)
   ECO0.jpg

フライト時間40分ほどで 前方に諸島が見え出した!真っ青な綺麗な海に転々と浮かぶ島々。  
確かにパライソ《天国》とベネズエラの人々が言うのが判る 美しさだ。

飛行機はふわっと。。グランロケス島の飛行場に着陸した。
このグランロケスがロスロケスの中心となる島でホテルや学校 空港などが集中している島だ。
とは言え とても小さな島なので 島の三分の一が空港で占めてしまう。
MAPALOSROQUES1.jpg 
黄色い矢印の先がグランロケス島

空港にはEcoBouzsのチーフ カルロスが迎えに来ていてすぐに合流できた。
(英語で会話が出来るので助かった)
Carlos.jpg
カルロスは私がインストラクターであることを確認したため
ダイブマスターコース(DM)受講中の一人と一緒に いいポイントに連れて行くと言うことになった


器材は全てレンタル(ここでも荷物制限があるため器材を持ち込む人は少ない)したが。。
ほとんどあり合わせ器材 ((+_+))
ECO1.jpg

フィンなどヘナヘナで 流れが強かったら辛らそうだし 古いリゾートスタイルのBCは
座りが悪そうで 背中で暴れそうである(ーー゛) いい加減~~

ウェイトを聞かれ1kgと答えると 《ウソ~!》と信じない
『じゃあ2kgで良いよ』と言っても 
『ダメダメ お前なら4kgは最低必要だ』と譲らない。。
ウエットが半袖半ズボンのスプリング2mmなので
ノーウェイトでも潜れるのに 彼らの常識は4kgらしい(-"-)
カルロスなどウエットも着ないのに5kgも巻いている。。
軽いほうが楽なのは決まっているので 自分で責任持つから2kgで行く! と納得させた。
(潜る前に内緒で1kg外したので1kgで潜ったけどね。。)
ECO.jpg


ポイントは舟で20分 グランロケスの灯台から沖に出たあたりで
波も高く 流れがあって 確かに経験本数の少ない人には難しいポイントに見える。

カルロスと水中集合&ドリフトで40分という事を確認した後エントリー ドボンドボン!!
カルロスは 水中に問題無く居る俺を見て安心したらしい OKマークを出した後 
講習中の彼につきっきりになり ほっておかれた (^^ゞ
こちらは カリブの固有種を始めて見るので 魚観察で十分楽しめたから十分だけどね。

二本目はフランス人初心者6名!参加 でもって全員年配者という最悪の組み合わせ
コーラル保護区へ。。まあ 行かなくていいぐらいのダイビング。
ダイビングが本命で行ったら 嫌だろうが 今回はまあ良いかな。。
浮力はまったく取れない癖にカメラは撮るは
手を繋げと言われても2分と持たないわ。。。 ほとんど言うこと聞かない。。。。(-"-)

まったく ヨーロピアンに多いタイプ そのまんま。。。

ここロスロケスのSHOPは規模が小さく グループ分け出来るほど 通常期は
ガイドがいないらしく このようなことが多いらしい。。
良いダイビングがしたいなら 上手い人たちを集めて6名以上で行かなくては
いけないかも知れない。。。。
今回も 私が普通のダイバーだったら 何処に潜ったか???
カルロスにスペシャルポイントと言われたからには 1本目のポイントに
すぐに連れて行くことは まずないだろう。。。


2本目は水中でわがままなヨーロピアンの おもり のようなダイビングであった。。(-"-)



 エンゼルフォールを見に行く TOPへ          前回の記事へ    次の記事へ  

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/162-3d62a970

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT