PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

長々伸ばしちゃいました ヒラソルミニ 紹介ですが。。。。
こうも暑くて。。ダラダラしちゃうと なかなかアイデアも出ず。。 
ネタもなかなか出て来ないので 引っ張っちゃいました  (^人^ (^人^ ) スミマセン
 (↓前回と違う角度から  パチリ☆!)
  HIRA_20080730084825.jpg

いきなり 総重量から!
hira1.jpg
35~36g
これにはバルブ&ホースも含めた重量で 他にタンクがあれば燃焼できる重量です。

バルブは約6gほどでしたので 本体は29gに収まったようです。
hira6.jpg
バーナーヘッドの受け皿部分を少しだけ小さく削りました。

今回初めて製作したチタンゴトク
hira2.jpg
『チタン』 とか 『ドライ カーボン』という響きは オタク心をくすぐりますね。
チタンはやっぱり硬いです!切断はそれほど問題なく切れましたが
曲げる時 強い力が必要で 思い切り良く曲げる必要があります!

形状はやっぱりV字型を基本に製作
また交差する部分は真鍮パイプで製作して その部分に3mmナットをロウ付け
この部分にヘッド部分から伸びるボルト(↓写真 ヘッド受け皿にロウ付け)が 
ねじ込まれ燃焼部分を固定しています。 
hira4.jpg
今回製作したバーナー部分の空気取り入れ口はバーナーに対して 
とても低い位置であるため ヘッド部分は地面から6mmほど浮かせて固定することにしました。

燃焼時に空気取り入れ口からの吸気が結構強いため 地面にベタ置きでは 埃などを
吸い込む可能性があり 対策を考慮した結果です! つまり噴射部分の目詰まり防止をする狙いです。

hira3.jpg
ゴトクの重量は12g (チタンの足部分が5gと6g 真鍮交差部分が1g)
写真でわかるように 交差部分の足の長さは左右で違う長さです。

大きさなどを 比較して見ます。  サイズ比較にライターを置いてあります。
hira5.jpg
ヒラソルはマンティスミニ(写真一番下)と同じぐらいのサイズで幅が少しあります。
収納時の厚みはマンティスより薄く出来ました。
重量はスパイダーミニ(写真一番上)と同じぐらいですね。
使い易さでは 今回のヒラソルミニが一番使い易そうです。

ついでに昨日と同じ動画 もう一回・・・・(^^ゞ


とりあえず 本日は 終了~~~~~。。 暑くてダリ~~~な。。。。 


       Girasol pequeño estufa TOPへ       前回の記事へ     続く。。。


スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

あぁ!
バーナーヘッドを回転収納するアイディア
先にやられてしまったぁ(笑)

一気に、洗練されたデザインになりましたね
軽さ、ギミック、ともに素晴らしいです。
驚嘆しています!
防塵まで熟考して対策されている
本体29g、ほとんど1オンスの壁に達している
実用性も、良さそうです。

ほ、欲しいなぁ、マジで(爆)
JSBには、なんちゃって路線しか残っていないかも(涙)

| JSB | 2008/07/30 21:45 | URI | ≫ EDIT

ほ、欲しいなぁ、ガチで(爆)

JSB兄ぃ同様、ガチでアメンボみたいなそのストーブいいです。

オイラもバーナーヘッドが今回は大きいなぁと思ってましたが、ワンハンドで回転収納するが(・∀・)イイ!

ところで、カッコいいですけど、予熱部(正式名なんでしたっけ?)は有ると無しでは違うもんなんでしょうか? 

| ツォン | 2008/07/30 23:35 | URI | ≫ EDIT

No title

コメントありがとうございます!!
JSBさん もう私は アイデア無蔵!です 
アルコールストーブで新しいこと始めようと思うのですが
どうも壁にぶち当たって。。 何時になることやら。。

ツォンさん どもども。。。  この暑さで テントを縫う気力が無く 
停滞状態です お許しをm(__)m
予熱管ですが 無いと駄目でしょうね
 生ガス燃やすと安定しないんですわ。。 特に気温が下がるとね。
ガスの燃焼は本当に微妙なバランスで燃えるので 出来るだけ
安定したガス供給をしたいところです。

まあ私の考えはこんな程度 JSBさんに詳しい説明は任せます
m(__)m
私も お勉強しますので よろしくお願いしま~~~す!  

| バカブンド | 2008/07/31 13:27 | URI |

No title

JSBが試作中なのは
ボンベのグリップするところを逆に
中央部の溝に嵌めこんで、外側へ広げる手法です(笑)

もうスペース的にも、テクニックも臨界に達しています
もう少しで曲げ手仕上がる、と思ったら  ポキン!と
欠損してしまいました(!) SUSΦ1.5mm
でも小型化を図るには、うしろへは引けない(爆)

自ら墓穴を、ボンベの頂上部に掘っている印象だ
あと4レンジャーが残っているはず、と信じて GO!
敗者復活の道は、、、、
                   かしこ

| JSB | 2008/08/08 01:41 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん製作中のボンベ内溝固定タイプ
考えてみたのですが どうも私には 上手く出来ない。。
重くなってしまって 良いアイデアが浮かばないです
期待しておりますので がんばってください!

| バカブンド | 2008/08/08 10:26 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/167-ac3feb59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT