PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分の作っている ガスバーナーには 問題点があると思っている。

普通の人にはわかりにくい問題で  私のへたくそ文章では 理解しがたいと思いますが
スミマセンm(__)m
悩み多き子羊 泣きだと思っていただきたく (^^ゞ 書いてみます。

それは タンク>余熱ジェットで噴射>燃焼 という燃焼サイクルの中で
 の部分 つまり予熱したガスをジェットまで運ぶ経路の問題である。
方法は今の所シリコンホースで予熱管の真鍮管からジェットの真鍮部分に受け渡しているのだが
これが問題で。。。。(シリコンの耐熱性は200℃MAX) 製作上の壁を作っている。

今まで製作した物の対策を見ると スパイダー以前の物は
JET1.jpg
(青矢印 ガスの流れ 緑色 シリコンホース)
ジェット手前でシリコンホースと繋がっている部分の周りを生ガスが流れ 
シリコンを冷やし 同時にガスを余熱するという方法で(矢印赤)シリコンの耐熱性を保ってきました。
(熱はヘッドからガス&空気混合管を伝ってジェット部分に到達します)
OH1.jpg


ヒラソルは
JET2.jpg
予熱管を一度火で温めた後 もう一度予熱管の経路を生ガスの入り口経路に抱き合わせ(矢印赤)
真鍮管の温度を下げた後 シリコンホースでジェットに送る方法でシリコンの耐熱性を確保しています。
HIMA1.jpg

そして今回のヒラソルの ガス&空気混合管は0.5mmの厚みで作られ 大きな穴があいているため
ヘッドから熱伝導した熱はジェットまで到達できないで この部分のシリコンも熱に侵されないで
すんでいるのです。
HIMA4.jpg


今回取り上げた問題と思う部分は  この部分の加工です。
出来れば シリコンホース使わないで余熱真鍮管からボルト締めで直接ジェットに繋げないか!
そうすれば200℃の(シリコンの耐熱)縛りに取られず ガス経路などを見直せるからです。

しかし! 高圧のガスが流れる部分でもあるので 今までの工作は全て失敗で
ガスが横から漏れてしまいました・。。

で結局 シリコンホースを使うのです。。。。

は~~~。。。。ここが何とかなれば 液出しでの燃焼も何とかなるのですが。。。。

もっと加工方法を考えなければ と思う今日この頃です。


ではではでは。。。。。。。。。。。。。。(T_T)/~~~

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 08:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

こんにちわ、暑いですね
ジェネレーターの後で、シリコンチューブの流路を通る
初めにコレを見たときは唖然としました
やってみるべきだったか、と。
設計の自由度・メンテなど容易になりそうですね

手元のJSBストーブでジェットの直前部分を
触ってみようとすると、熱くて摘めない(苦笑)
直感ですが、50℃以上100℃未満ぐらいでしょう
火傷をしなかった(汗)それよりも大きな鍋を乗せたりして
円板の遮熱効果を越えてジェネ付近を必要以上に
過熱されると、チューブ脱落・溶解になるのかもしれない
混合管からの伝導熱よりも、鍋底からの輻射熱のほうが
危険度は高そうです。上にカバーなどを付けるとか対策で
より安心かもしれません

自分の例で済まないが、SUS板などの上で燃焼させると
鍋底からの輻射熱とSUS床面との両方で予想以上に
ストーブ自体が高温になり、異常動作に至ったことがあります
特に、暑い時期に過熱傾向になりやすく
8Rストーブの昔からの、手こずる難問です(爆)

| JSB | 2008/08/03 14:58 | URI | ≫ EDIT

No title

そんな訳でJSBは
ジェネ~jetの流路には、繋ぎ目を設けていません。
★JSBオヤジナル・jet創出手法★
グリスを塗ったΦ0.3mm針金を、焼きなました真鍮パイプに
差し込んで軽く叩き潰す。0.3mmのjetを形成しています
そのjet径の調節は
引き抜いた後で、さらに潰すと0.25mmぐらいになる?笑
脇側をペンチで締めると広がります、好みのサイズになる?!
冷間加工すると加工硬化していく。程好い強度になる(苦笑)
☆詰まり対策
それほど多くの詰まり現象は起きませんけど
過去の体験上、ゴミは可燃性である事例が多い
ジェットライターなどでベンドからjet部分を加熱すると
やがて燃え尽きる、掃除針を使わない他力本願です


| JSB | 2008/08/03 15:25 | URI | ≫ EDIT

No title

どもども  お暑いですね~~~
シリコンホースの部分ですが 熱に対する対応は やったほうがいいかもしれませんね。
シリコンの場合 熱を強く受けると 白く変色していくので
それで大体様子を見ています。
以前のスパイダーが一番熱の影響を受け 様子を見て
使う必要がありました。
今回のヒラソルは 今の所まったく変色の兆しも無く 十分耐えています(だからといって対策しないよりは したほうがいい!)
まあ 毎日テストもかねてコーヒー入れるのに使っているので 
様子を見てといった所ですね。

| バカブンド | 2008/08/03 18:07 | URI |

No title

Jetは0.2mmのドリルで穴開け 
が私のこだわりの部分ということになりますね。。
まったく そんなに使い倒さないくせに 変な所に
こだわるんですよね(ーー゛)。。。 

軽くするのはそのほうが良いのですが(~o~)
まあ 新しい道が開けるかもしれませんし

とりあえず 次作は アルコールストーブです!
変な アルコールストーブ 作るぞ~~~~(^^♪

| バカブンド | 2008/08/03 18:14 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/168-0205c3d0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。