PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

緑をバックにTyvekの白いテント
HRU03JPG.jpg

緑をバックに白いテントは 一番の膨張色 白だけあって余計でかく見えます。
(モンゴルの草原に立つゲルのよう??)

Ger.jpg

前室はこれだけの面積を確保 ↓

HRU0JPG.jpg

この前室の部分のファスナーは止水性能がありません
フラップも付いていませんので ポールの通り道とファスナー直下には
荷物を置けませんね。
勿論室内上部は 『ウルトラ多用途SU クリヤー』を使って防水し
吊り下げポイント周辺も『ウルトラ多用途SU クリヤー』で上からコートしてあります。

HRU01JPG.jpg

内部フロアーバスタブ構造は思ったより まともに出来たようです。
今回 下が草のためフロアーが持ち上がってきますが 
それでも 形は何とか保たれています。

心配していた裏面のバグネットも OKのようです。

HRU02JPG.jpg
 
↑ この前作ったオプションの幕を張ってみました。
この幕は メッシュを挟んでベルクロテープ(マジックテープ)で留めてあります。
ベルクロは縫い付けてないので 使わないときはベルクロ自体メッシュから外れます

しかし。。。この幕 内部から留めるつもりで作ったので 内部に留めてから
写真を撮るのに外に出るのが難しかった。。(笑)。。。。

出入りを考えると真ん中にでもファスナー欲しいですが 仕舞うときに邪魔になるし
重く??なるので 少しめんどくさい思いをすれば良いかな??

後部のメッシュは約15cmの幅で取り付けてありますが
これからの季節は 銀マットなどで内側から潰す と言うのも良いかも知れませんね。

ペグは四隅と 後面と前面の引き綱2本分で6本が最低本数です
この場合 前室を引くのに前面のペグを使いますが
出来れば別にポイントをとりたい所です ですので7本がベストだと思います。


                        もう少し続く。。。。。。。

..............................................Tyvek Tent TypeⅢ(Ty-ONE) TOP へ      前回の記事
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/201-3aa05dcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT