PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Ultralight Backpacking ってどの方向に向かって どうなっていくのだろう??
 ある画像を見て思った
TABI0.jpg
↑左側はZPacks.com Ultralight Backpacking Gear にある写真だが
ある大家から頂いたお言葉『詫び寂び感が...最近はその辺の一線を画するのが課題です』
まさにその通りです! これって もしかしたら日本の旅装束??(写真右 ↑は昔の旅装束)

菅笠 杖  サンダル+靴下(わらじ+地下足袋) むかー
世界は日本文化に注目している!??
ついでにZPacksに一言 言いたい 靴下は2本指 または5本指が良いですぜ!
世界のMATUIはヤンキースで5本指ソックスを使い 今じゃジーターなども愛用だそうだ。

ZPacks.com Ultralight Backpacking Gear ここには 他にもオモロ~な物がある。
pot_wood_m_20081031091651.jpg
Aluminum Origami Potでこれも日本の折り紙からヒントを得たとある
(上記サイトで確認ください) これ ダイソーに売ってる台所用アルミ風防?で作れない??
作るか。。。。
あとこれ→esbit_m_20081031092126.jpg
なんかもゴミ箱に無い???フォスター缶は1000mlのASAHI スーパードライ缶で真似する?
しかし 運搬時にペコと しないのかな??
そうか!  ls1.jpg
ペットボトルを水筒にしないで アルミ缶(500cc)持って登って 口あけて沸せばいいんだ!
運搬時は水で大してへこまないし。。 すでに詫び寂び。。。でも 何時かやってみよ!
つでにこのザック→closed_m.jpg

Cuben Fiber Fabric使って作っていて とっても高価なんだけど。。。私だけ?
国連が難民に配った米袋でザック作って背負っているように見えるのは??

行き着くのは?bushman001_20081031121935.jpg
コイサンマン(昔ブッシュマンと言われた人々) 食料 自給自足   寝床 現地調達 
寒さ 耐える(無理! 無理!)   自然と一体化!←理想!

PS。ブログは楽しい 読み返していくうちに 内容が整理され そこから新しい発想がわいてくる。。
     これも   詫び寂びか??  きゃー!
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:35 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

木枯し紋次郎

おひかえなすって。関西の歩き屋です。
わざわざお立ち寄り頂き有難うござんしたm(__)m
今後ともよろしゅうにm(__)m

最初の写真は、乞食坊主の歌人・種田山頭火?うそです。山頭火さんもこんな格好でした。

日本人は、江戸時代の、それ以前からみんな歩いて旅してたんですよね。
関所もあったけれど、各宿場も街道も整備されていて移動しやすい環境だった。

ガキのころ、再放送でやってたこれ見て↓「放浪」とか「一人旅」に憧れ、道を踏み外したwwwあっしでござんす。
www.cal-net.co.jp/monjiro/index.html
笹沢左保の人気時代劇が原作の「木枯し紋次郎」。
孤独な渡世人である、主人公はあてのない旅を続けます。野宿シーンなんて頻繁に出てきます。
合羽に長脇差(どす)、振り分け荷物だけで旅した紋次郎に、ULバックパッカーは注目したいものですな。

| 歩き屋出がらし紋次郎 | 2008/10/31 15:32 | URI | ≫ EDIT

ありがとうござんす

ありがとうござんす
軒下のご仁義は失礼さんにござんすが手前 ひかかえさせて頂やす。

>おひかえなすって。関西の歩き屋です。
>わざわざお立ち寄り頂き有難うござんしたm(__)m
>今後ともよろしゅうにm(__)m

ありがとうござんす  ご丁寧なるお言葉
申し遅れまして 失礼さんにござんす
手前 当(あ~どこかに行きたい)ブログさせていただいておりやす
姓はバカブンド  家業 未熟な駆け出しもん
以後 万事万端 よろしく おたの申します

Vagabund(放浪者)ですので紋次郎さんと同じでやんす。
今は昔 高校当時から 東北北海道と自転車で放浪?し
社会に出てからはドロップアウトして 米 欧 と放浪して回りやした。

今後とも 重ね重ね よろしく おたの申します。

| バカブンド | 2008/10/31 20:00 | URI | ≫ EDIT

No title

Zpacksのザック
http://lighthiker.wordpress.com/2008/09/29/zpacks-blast-32-initial-review/
brast32:詳細が大きな写真と共にレポートされています。
 畳針でブスッと刺したようにさえ、見えてくる拡大写真だ(笑)
キューバンファイバーは、ウインドサーフィンの帆の素材なんだとか。

Tsstove:塚越さんから、アレはとても丈夫だよ!と教えてもらいました
彼は、その道のベテランでーす(!)

上のサイトのリンク先一覧に
もちろん、Tsstoveのサイトがバッチシ載っています。必見!(爆)

| JSB | 2008/10/31 22:22 | URI | ≫ EDIT

No title

見ました見ました あの写真! 一番上のなんかホント《ヤレ》感がでてて
あの上の口の閉め方なんか戦時中の買出しリュックを思い出します(何時生まれじゃ!)
たぶん モンペに防空頭巾かぶってあれを背負えば 戦争映画のエキストラになじめるんじゃないでしょうか???? 

そうそう あの素材凄いんですよね~~  アメリカンズカップとかはあれだとか。。。

それにしても スピンネーカーと言いキューバンと言い 素材感はマイナスっすね。
http://www.gossamergear.com/cgi-bin/gossamergear/The_One.html
ここにある THE ONEの建て方ビデオ 友人に見せたら大笑い。
ホームレスでも生分解性ゴミ袋でテントは作らないぞ~って。。。。
あのパリパリ感 私も嫌だな その点重いけどTyvekは質感に温かみがありGOOD

500CC POT 素材がそろい出来上がりました 実証がまだですが 
終わりましたら UPしますね。   ではでは
 

| バカブンド | 2008/11/01 09:01 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/234-78c14c40

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT