PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

注意: 
YOUTUBEのほうに書き込みがありました。 アルミ缶の内部にはエポキシ系樹脂等々がコーティング○○。。。。。 これは T-z_stoveさんのところにも 書き込まれていましたね。。
ホント残念です 自ら 成分調査して溶け出しているのを確認したのでしょうか??
何処かにそんな調査結果あったんでしょうか??

ここ書かせていただきます 
私はアルミ缶でお湯を沸かしても大丈夫だと思います。

理由
1.缶の内部のコーティングは200度ほどまで耐える樹脂コートです
  水が入っている限り 200度にアルミ缶は達しません!
  熱伝導を知っている方なら当たり前ですよね!!!

2.缶詰の製造過程を考えて見てください 缶につめて密閉した後 高温で過熱して製造しています
  魚介類では密閉後120度で加熱殺菌調理します
  
  特許庁一部抜粋 >この収納により、脱気密封された後に、110度から120度の高温で、90分
  から120分の加熱殺菌においても、焦げ付くことがなく、また、前工程で焼き上げられている
  ため、たんぱく質の変質、変性によって風味、色、味が劣化することがない<
  
  http://www.j-tokkyo.com/2006/A23B/JP2006-304720.shtml
  お湯を沸かすのに100度を超えることはありません!

さてどう思いますか??? 確かにメーカーは別の使い方をすることを禁止しています。
あ~嫌だな~と思うなら アルミ缶でお湯を沸かさないでくださいね。
以前アルミ鍋で料理するとアルツハイマーと言うのもありましたが。。。
自己判断って 自作には付き物です 私はこの件で法は犯していませんし人に進めてもいません

これから毎回 
『これらの行為はすべて自己責任でやっています ご覧になった方は 絶対に真似しないでくださいね』 って書き込む???うーむ… そんなお子様国家だとは思わないんだけどな~

加筆
まだYOUTUBEに書き込みは続いてます それも過激に。。
新しいのあげると 目立ってまた攻撃の対象になるから ここに加筆します。

冷静にね  冷静に。。。。

ここで問題になっている 溶け出すホルモンは ビスフェノールAと言うものです
http://www15.ocn.ne.jp/~honpo/info/archive/no.1.html
ここに↑ その溶け出しを調べた人が居ます。

そして厚生労働省の見解は>http://www.mhlw.go.jp/houdou/2008/07/h0708-2.html  

ビスフェノールAについてのHPをあげている団体もあります。
http://www.bisphenol-a.gr.jp/

さてここから 問題です これがどう影響するか??
確かにビスフェノールAは有害です でも。。缶ジュースや缶詰食べません??
また空き缶でお湯を沸かしてどれだけ飲みます?

食品安全法にも 水産など缶詰の製造過程では密閉後120度で加熱とあります。
(内部コーティングは 同じです)
この場合内圧が上がり 温度が高いので缶から溶け出すビスフェノールAは非常に多いはずです。
しかし今の所 缶詰の販売禁止になっていません。

この缶を開けて お湯を沸かす場合ですが 内圧がまったくなくなるので缶から溶け出す
ビスフェノールAは激減すると思われます。 またお湯の沸点は100度
現実 山でそんな温度に沸かすことはまず無く。。。
コーティング自体の耐熱限度と思われる200度まで半分も行かないわけです。

工場で 120度にするのは機械で お湯を沸かすのは直火だと言う発言がありましたが
これはまったく意味を成しません。 直火で火の当たっている所だけ温度が高くなるなら
紙で鍋は作れないと言っているのと同じだと言うことです。
水分がある以上 紙に火を当てても 水温以上には容器の温度はならないのです。
紙とアルミの熱伝導率を考えても アルミの場合紙より 余計熱を内部の水分に逃がします

ですので 直火も何も 100度は100度です。。。

あ~ もういい加減判ってくれないかな~~。。。


総論   自分も缶詰食べないから 人にも食うな! と同じ事言ってるの気が付いて~~~







 





スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 12:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Do It Yourself

そのとおりですね。
自分の好きでやってるんだから、責任も自分で負って当たり前だと思ってます。
(他人に迷惑をかけるとわかってやったのならば、それ以前の問題ですが・・・)

ありましたね。>アルツハイマー問題
某巨大掲示板でも、チタン鍋はダメとかアルミ鍋はアルツハイマーの原因だとか議論されていた事があったけど、そんなの自分が正しいと思う事を自分が守ればいいだけ。
(他人の)理論で攻めて、言いくるめれても楽しいのか?って思ってしまうネタでした。

もしかしたら、コメントされた方は親切心で書いただけかもしれないけれど、すこし残念でしたね。
これからもどんどん自作魂を見せてください。
僕は応援しています。

| はっぱ | 2008/11/05 22:10 | URI | ≫ EDIT

No title

はっぱさん ありがと! 賛同を得られて嬉しいです。
出る杭は打たれる??と割り切れば良いですけど
あんまり 聴きたくない反応ですよね。
そして 批判する時は ちゃんと調べて書けよって。。。

自作は何時もつきまとう問題なのですが
これを気にしちゃ 新しいものは何も生まれないしね。

ホント重ね重ね ご意見ありがとうございました!


また これには反対の方 ご意見下さいね
納得できれば  出来ればですが  すぐ誤っちゃいますからm(__)m   
                    ではでは

| バカブンド | 2008/11/06 00:10 | URI |

No title

彼が、この種の案件で突っ込みを入れてきたのは
少なくても3回以上です。
当方の ゆうちゅーぶ、BBS & T’s などの合計ですが、、、、
もう呆れ果てて、静観しています(苦笑)

まぁそんな展開、推移ですから、、、、、、

アルツハイマー
アルミの地肌が出ている一つの鍋で、連続して酸性度の高い調理を行い
しかも数十年食べ続けた場合に、若干の弊害が出る可能性が有るようだ。
と、有る小動物での実験の結果が発表になった。
現実離れしすぎている、との結論が出て、もうかなりの10年以上が経ってしまっている

そんなにヤバければ、当節、、、、国も消費者も反応します
アルミの鍋は、総回収になっているはずです
厨房の寸胴鍋も、100均店のお手頃価格でも、容赦は無い!
毎日、鉄板焼きも、辛いなぁ(爆笑)

自ら実験しないで、言及する資料元も明記なしでは、、、ヨワイですね
他人の井戸端で、長話。失礼いたしました








| JSB | 2008/11/06 01:22 | URI | ≫ EDIT

No title

250ccのほうにも 書き込まれました (笑)
いや~ 頭固いんですかね?  

とりあえず 沸騰時間のことで 思ってたことが・・
通常のアルミ缶の底は (側面とワンピースのタイプ)
波がうっているため 底表面積が増えて 沸騰速度の向上に
役に立っているんでしょうね。

は~ 朝から 嫌なもん見た。。

| バカブンド | 2008/11/06 08:49 | URI | ≫ EDIT

No title

可哀想なのでもう相手するのはやめましょう。

| T-z_stove | 2008/11/07 13:04 | URI | ≫ EDIT

No title

おや、カワサキさんがこのサイトに関心を示しているようです。
ということは、バカブンドさんのヒラソルストーブ群が世界レベルに達している
という証拠です。力強いファンを得た気持ちになります!ありがとう。
  JSBには英語の意味が分からないので、この手の”風の便り”で判断しています (苦笑

別の話題ですが、BEER缶の横腹にヒダを取り付けて、熱効率をUPする手法の紹介です。
MrBillTroop73さん、彼はJSBの作品に、甘い採点をしてくれるファンの一人です。感謝。
彼のYouTube動画には、数々の試作品がUPされています。いちどご覧くだされば嬉しいです。

他にも、日本のストーブクリエーターの作品群を期待して見守っている、理解ある人達は大勢います!
バカブンドさん、Tzstoveさん、そしてJSBも頑張って世界に誇れる作品群を創作して行きましょう
今までもコミュニケーションすることで開発スピードを高めてきました。今後も出来るだけ
テクニックなど共有しながら、すばらしいことを進めて行きたいと思っています。よろしく!

| JSB | 2008/11/09 00:20 | URI | ≫ EDIT

No title

は~いMrBillTroop73さん今見てきました ん~ん  勉強になる。
ただ アメリカ人 工作が私以上にラフ《笑》すね

あの胴のフィンは何で接着しているんでしょうね?? 置いただけかな???
同じように考えていたことは確かなのですが。。。 どうも 運びにくいし
銅は重いのでその分の効果があるか?と思っていました。
で 結局チョットボイルのようにアルミの酒タンポでやった経緯があります。

品物開発はどうしても自分の使いたいもの 使っているスタイルの上に成り立ちますよね
だから他人には 何でこんなもの?と思うものが 実は凄く便利だったり。。。
実はジェットボイル系 最近 かさばるし重いし
その分燃料持ったほうが軽いかな? 早く無くても良いかなんて思っています。

で お聞きします JSBさんのシリコン落し蓋 あれって 実は全てに行けてるんじゃないかと思ってます
@加工>簡単   @熱量>絶対に少なくて良い筈  @軽い 小スペース
どこで販売しているシートがオススメですか??? 買いたいので 教えて~~~~m(_ _"m)ペコリ


ワンポールテント ・ シングルウォールで重いっすよね・・・ シングルで1.6kgとは
ポールが重いのかしら???


ゴトクはどうも おっしゃるとおり嵩張るのが駄目なんですよね~ 理にかなっているんですが!
今大作やってるんで・・・  あっ 言っちゃった・・・ 終わったら考えて見ますです。





| バカブンド | 2008/11/09 10:13 | URI | ≫ EDIT

ヒートシンク

これですね。
http://jp.youtube.com/watch?v=36GTHLGpEDs&feature=PlayList&p=C4C7220EA488E296&index=2

同じ様な事を考えている人はいるんだなあ(笑)。

銅製の金属タワシをビール底部近い所に襟巻きの様にはめて、風防の中で加熱して、用事がすんだら外して携帯(煤だらけですねきっと(^^;))。
みたいな事考えていました。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=991101872&owner_id=1339969&org_id=987832807

で、ヒートシンクつけたビア缶はタイムの縮小が得られたんでしょうか?(^^)

| カワサキ | 2008/11/11 14:38 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/239-276af95c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。