PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LED0.jpg
LEDの電球色ヘッドライトを作ってみた。

LEDR1.jpg

↑ 以前製作したライトは 明るく 18g(バッテリー込み)だったが バッテリーが通常の物でなく
入手困難なことと LEDが白色だったので 電球色で作ってみた。

@めんどくさい話は下の方にまとめた 作ってみたいけど初心者の人は読んでみてね。

バッテリーは通常入手できるCR2032(3V)として計画

LED2.jpg

電池BOXをとりあえず減量 すでに 安物の秤では正確に計れない重さなので目安で。。。
減量前は3g弱 これが 2g弱に約1g減量 (並列に2個繋げて使用した)

LED3.jpg

↑これが製作したLED部分  基盤にLEDを9個配置している。
 これをスイッチ2個でコントロール (スイッチは左右に1個ずつ配置)

@左スイッチ ↓   電球色3発<>オフ<>白色3発 の切り替え
LED4.jpg

@右スイッチ ↓   電球色1発<>オフ<>電球色2発 の切り替え
LED5.jpg

これにより 最高は 5発のLEDを同時に点灯させることが出来 最小は1発の点灯になる。
以前 闇夜でキャンプした事があり 夜中に目覚めて ライトが見つからないことがあったので
どうしても闇夜点けっぱなし用に 1発と言う発光が欲しかった。

LED6.jpg

ベースは紙粘土で作ってある 重量は1g未満 軽~いのである(笑)


さて出来たライトをどう防水するか??だが。。。 反則技??かも知れないけど
小さなジブロックに入れちゃおう!で解決。

浅い海で(腰ぐらいの深さ)夜間珊瑚を撮影する時 この手法を取る時があるが
これが一番簡単で お金がかからない防水方法! 下手に防水加工すると重くなるし
万が一 水が入った場合は気がつくのが遅れ取り返しの付かないことになるが これならすぐ
対応できてOKなのである!!!

雨の心配の無い時は 何も防水する必要ないしね。

ジブロックにベルクロテープを付けて 収納した後ペタッでバンドをつけることも出来る。

簡単でしょ!  にっこり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
めんどくさい話
電子工作って 簡単だけど 突き進めると 凄く細かい。。。 何処で妥協するか??だと思う。
以前水中ライトなどLEDで20W以上のライトを製作していたが その時は勿論 制御基盤
を組み込んだライトを製作していた。   しかし山で使うとなると 同じ発想では作れない。
何しろ 軽く 長い時間発光して 現地で調整しないですむよう
壊れない必要がある。すると 制御部分をなくしてダイレクトドライブが有利だ。
今回はそのままCR2032 3Vを2個並立で繋いで電源とした。
この場合  ダイオードのVF特性により電球の時や 安物昇圧回路の時と違って
電池の電気をしゃぶり尽すことが無いので発光を止めても電池に電流は残り 
液漏れなども起こしにくいと言う 良い面もある。

ダイオードは2.9V~3.1V 20mA 照射角度60度の物(電球色)を使用
(電池性能からこれ以上のダイオードを選択するのは好ましくない)

この電池は開放電圧(何も繋がない状態の電池の電圧)3.2Vほどで これにLEDを1個1個
繋いでいくとどんどん電圧が下がってくる。 
これを放電率というのだが(←興味ある人リンクをクリック)
つまりLED沢山繋げれば明るいってわけじゃない それに 電池寿命が著しく低下する。
今回の場合LED4個までは 肉眼ではほとんど変わらない発光をするのだが 
5個になったところで少し電圧がドロップしているのがわかるようになった。
(テスターでも そのまんまの結果がでた)

そこでこのLEDライトでは MAXが5個 普通は4個が良いよ~ と言う事になる。
(簡単に書いたけど これに使用電線の太さ や バッテリーBOXの性能も加味されるのだが)

夜間歩くことが前提のライトではなく テント周りの照明という割り切りの この手のライトは 
軽さと壊れなさを追求するなら ボタン電池がいいと思う。
これを通常電池でやると昇圧回路を組み込まない限り アルカリ電池でも2本必要で
昇圧回路を入れた場合は 故障箇所が増えるばかりか 回路に食われる電流(損失率)が
ウルトラライトという発想からすると 無駄のように思えるからだ。
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

電球色のLED 余裕あるので お分けします。
全て電圧テストをしますので バラつき無いの送れますよ。
LED(電球色)10個 スイッチ2個  基盤1個  バッテリーケース2個 で送料込み1500円です
これ なくなり次第 終了です。 
(基盤は専用ではありません Flux LED6発用の流用です)   ではでは
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/269-4df0791f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。