PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

海の向こうで やってます 

1232222745_09418.jpg
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL3d3dy5iYWNrcGFja2luZ2xpZ2h0LmNvbS9jZ2ktYmluL2JhY2twYWNraW5nbGlnaHQvZm9ydW1zL3RocmVhZF9kaXNwbGF5Lmh0bWw/Zm9ydW1fdGhyZWFkX2lkPTE4MDIz,qlang=ja|for=0|sp=-5|fs=100%|fb=0|fi=0|fc=FF0000|db=T|eid=CR-EJ,kafbfdbb5fb135a70e88d0203955201fe,t20090119221305,

Tonyの新しい試みだそうです。
ストーブ本体に アルミニウムを使うというところは 賛同できませんが
そのほかの技術力は 素晴らしい!

私には出来ない バルブ部分の工作は 本当に脱帽です  がーン
この部分本当に作り方が知りたい。。。 旋盤だけで作れるのか??
ミーリングが必要じゃないのかな~????

ホント素晴らしい作品です!!!!
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

プラガスボンベ

こんばんは。
トニーさんのストーブは凄いですね。
自分は自作バルブ部より、プラのガスボンベに惹かれました。
液体のブタンを始めてみました。これではEvanさんが、
アルコールストーブ兼用と間違える訳だ(笑)。

ところで、お正月はコールマンのパワーマックスストーブの
カセットガス化で、改造をしていました。
出来たので気密試験で湯船に入れたところ、
「シュワー・ゴオオオー」とボンベ内部で大変なことになっている。
怖くなったので、中止。普通の水で試験をしました。
プラボンベは大丈夫なんですかね??

| 茶人 | 2009/01/19 21:02 | URI | ≫ EDIT

No title

>プラスチック製ガスボンベ
詳しくはJSBには分かりませんが、特に強化されたプラスチックの種類なのかな?

零度前後までは、イソブタンガスなどがいいんじゃないのかな???
寒い季節には、シェイクしながらブタンガスを使っています、液出しの必要性をあまり感じません
液出しでは、途中の給油管が潜熱により急に冷えていきますのでそちらの対策も大事です。

一般的にプロパンの比率が多くなると、はっきり言うと8倍です(笑)
ガスライターでお馴染みのブタンガス
この場合は、弱い加圧でも直ぐに液化して体積が小さく変化します→ボンベは安全です
プロパンでは、そう簡単に液化しません。外気温が高まるなどの条件下で、猛烈な内圧になり
ようやく液化します。ガスライターにプロパン注入は、さすがのJSBでも、しません!

結果的には
冬用の110g入りボンベなどを、うっかり夏の季節の暑い処に放置→ボンベの底が凸形に膨らむ
まぁ、最後の安全砦みたいな役目を果たしている、とも言える(痛)

| JSB | 2009/01/20 00:18 | URI | ≫ EDIT

No title

こんばんは!
茶人さん 湯船につけたの  怖いでしょ。。。
ガス詰め替え(大声ではいえないが)の時 お湯にお尻をつけただけでも
凄い音するもんね。。。こわ~~~~

JSBさん イソブタンが良いでしょうね~ 
プロパンは安く入手できるし低温に強いけど 沸点が低すぎるので 軽量タンクではNGですしね。
>液出しでは、途中の給油管が潜熱により急に冷えていきますのでそちらの対策も大事です。
同感です!!! 私は液だし 今のところ不要派で~す
小さいサイズなら 懐に入れれば 使えるもんね~


やっぱり皆さんプラスチック容器は気になりますよね 日本にはあのサイズ無いんじゃないかな??
自分が使っている小物溶接用のターボガスライターはプラ容器だけどあそこまで大きくないしね!
見た感じ それほど厚くもなさそうなんで 素材的に硬いんでしょうね~~





| バカブンド | 2009/01/20 00:52 | URI | ≫ EDIT

No title

>バルブ部分の工作

ほとんど、旋盤による回転運動でイケルはずです
小型の海外ブランドの旋盤でも、簡易なミーリング加工は出来ます
(そちらの方面は、多少、分かります、元機械屋JSB、笑)
鉄道模型を作れるぐらいの腕前があれば
なんとかワンオフは創作できるでしょう

この写真から、プラスチックボンベは試験管かもしれない、なんちゃって。
両脇から針金を2本伸ばして引っ張り、固定しているのがその理由です。
あるいは、強化プラスチック製のパイプを寸切りして使っているのかも
熱帯魚関連の装置ならば、高耐水圧パイプは市場に在ります
やはり、ハンズ店で見て、、、、アクユウとWeb通販に頼ることに(爆笑)

| JSB | 2009/01/21 00:09 | URI | ≫ EDIT

No title

んん~。。そうですね~ ほとんど 旋盤でいけると思いますが
私の知っているバルブ内部は 私の旋盤じゃ出来ない部分があります。

それとも なんか良いバルブ製作方法があるのかな~って
国内でもスチームボイラーを製作した方(ご覧になっていると思いますが)
もバルブは流用でしたので。。。 そこら辺 手が出せない理由です。
とりあえずピッチが細かいネジを切る(オス・メス)事からはじめないと。

あの容器は何なんでしょうね?  肩の部分はマジックバーナーのタンクのような・・・
実はプラスチックの奥には アルミの部品が隠れてるんじゃないでしょうかね~


| バカブンド | 2009/01/21 08:52 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/298-4895753b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。