PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

500ccPOTなど自作したPOTの蓋が欲しい むかー
しかし 丁度良い蓋なんて早々簡単に見つかる訳も無い。

futa.jpg

そこで 今回はタイから 蓋を作っていただくべく サームルト ワッタイさんと
ナパー・ギアットワンチャイさんに 来日してもらった!!!

040917_digha_beel25.jpg

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。  うーむ…そんな訳無いよな。。。ウソです。。
自分で作るか げっそり

futa1.jpg

用意するのは同じ缶の下の部分 ↑     これをマットの上で叩いて行く ↑

futa2.jpg
  
  頑張ってたたいていく ↑            外側から見ると ↑ 

これを磨けば 良いような気がするけど やっぱり外周近くに変な皺が付いています。
使用した缶が 通常の物より厚いため余計ダブついたのでしょうね。

futa3.jpg

やっぱリパテ埋めしちゃいましょう  使用したのは 耐熱300度のJBウェルド
                       寒いので 赤外線で最初の数時間は 硬化促進 

紙やすりで磨くと 一番上の写真になりました    
     
  これに摘みを付けてみると ↓こんな感じ
 
 futa01.jpg  こんな感じで付けてみました。
呑口のシリコンバンドを少しズリ上げて 蓋も固定できます。

futa03.jpg 摘みで 摘み上げられる。。ダジャレ?婆さん笑う

重さは 11g futa02.jpg

色塗ろうかな~とも思いましたが まあ良いでしょ パテ見え見えでも  にっこり それが味ですね

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 08:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

蓋、その造形にも色々有る

先入観も手伝って
アジアンテイストがあるようにも映ります(笑)
アジアの街角のお店で見かけそうです。


チャイの蓋にも似ていて、味わいがあっていいなぁ!

伸ばす、というよりも、平板になるように、するのだから
その難しさは並大抵ではなかったと思います
(JSBも、ハイネケンBEER缶の底を平らにした、コレ以下の出来、痛)

蓋の機能のひとつに
収納して持ち運ぶときの、小物の紛失を防止することが有ると思います
外からの力に対して強く、美しい形となっています
蓋は平らな形、そこから脱却したエポックメイキングの証です

中央部は凹んだままにして、燃焼台にもなる。という発想も
別の捉え方で面白いと思いますよ



| JSB | 2009/01/22 22:05 | URI | ≫ EDIT

No title

こんにちは! なかなかPCの前にたどり着けなくて v-12

なんとなく出来そうなんで 叩いてみたんですけど 難しいですね~
職人さんは偉い!

この蓋で少し背の高いものも収納可能になったんで携帯性がUP しましたよ!

| Vagabund | 2009/01/23 08:56 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/300-18ca6b44

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT