PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KaoWoolStoveの燃料タンクに 百均の100mmlボトルが簡単に使えないかと試してみた。

Bot.jpg

キャップの加工無しなので簡単でした! にっこり

Bot1.jpg

↑シリコンホースに真鍮管を差し込んで それをキャップの穴に差し込むだけ!
 
Bot2.jpg

燃料ホースをキャップに差し込むときは このシリコンホースをシールの変わりに使うため 
奥までしっかり差し込む!
ポンプの時は ここがグラつかないように 指で支えてポンピングですね。

   ん~ん!  完成度が上がってきたように思うけど  どうかな??  むっ

  

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 15:31 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

遂に、虎んギアを超越したね!

JSBが感動することに、次の4つがあります

チープ:金を掛ければ、高級なものは作れるだろうが、面白く感じないよ、ね!
リサイクル:捨てないで有効利用する。マルチな使い方をする気持ちが、別次元の楽しさを連れて来る
ユニーク:柔らかい頭脳は、既存のものに捕らわれない。荒削りだけど、素晴らしさが輝く!
そして
絶え間なく改善していく、作者、考案者(グループを含む)

モノに拘るのではなく、その向こうに居る同好の人達との交流や、物事の捉え方。
大げさに聞こえますが、哲学にまで達するような理念・概念が、本当に面白いのです
、、、、、、、、
今回のストーブの流れを、じっと観察してくると、驚くほどのリニアな路線になっています(笑)
前置きが長くなりましたが
               ☆ とても素晴らしい快挙と 絶賛いたします ☆

100均のグッズで、虎んギアを 超越するぅ が愉快ですね!

| JSB | 2009/01/28 17:55 | URI | ≫ EDIT

侘び寂び感が、堪らない!

>シリコンホースに真鍮管を差し込んで それをキャップの穴に差し込むだけ!

単純過ぎると思えるほどの、この侘び寂び感が、堪らない!

大きな達成感は、後からやってくることでしょう。

数学の正解みたいに、すっきり、ドッキリと (爆笑)

ps
JSBのBBSなどでも、広報させてください
(事後承諾ですが、苦笑)

| JSB | 2009/01/28 18:17 | URI | ≫ EDIT

試してみたい

この kaowool stoveを、ガスボンベに繋ぐと

その燃焼状態は、いったい どうなるのかな?

メチャ無理!  やるっきゃないでしょ  イケル、かもね

前に進めば、道は出来る さ さ ずいーっと (笑)

、、、、、、、、、、、、、、
まじめな話、アルコールだって、結局は気化してから燃えることは、事実です
要するに、的確に分散放出することが出来る(kaowoolの網の目状に、期待しています)
キレイな炎で燃える予想が立ちます。




| JSB | 2009/01/28 21:39 | URI | ≫ EDIT

No title

ま~あJSBさん お褒め頂いてv-10 何せアルコールストーブの
実績が無い私が 少しは実績が残せたようで嬉しいですv-218

>この kaowool stoveを、ガスボンベに繋ぐと
>その燃焼状態は、いったい どうなるのかな?

いや。。。これ無理でしょ?? 私も専門ではないですが 
ブタンは構造上 燃焼時に多量の酸素を必要とします。
燃焼化学式>(C4H10 + 6.5O2 = 4CO2 + 5H2OO)
ブタンの量(体積)を1とすると、それを完全燃焼させる酸素は6.5必要となり、
酸素は空気の中に5分の1しか入っていませんから、空気の体積としては
ブタンの32.5倍もの量が必要となります。  
酸素が不足した場合は不完全燃焼が起こり、すすや一酸化炭素を生成しちゃう!!
そのため通常は極小ジェットから噴出して空気と勢いよく混ぜるのだと思います。

これをKaoWool Stoveで行うと酸素と混ざるのが無理なので 不完全燃焼が起こり
赤い炎と 煤が。。。。 ドバ~っと。。。。 でしょ???

しかしアルコール燃焼は C2H5OH + 3O2 ⇒ 2CO2 + 3H2O
ブタンに比べたら酸素の必要量が約半分ですむので まあ あんな構造でも
綺麗に燃えてくれる!。。。と   全て受け売りですけどねφ(..)メモメモ


でも もしかして 綺麗に燃えるのかな??v-12  



| Vagabund | 2009/01/29 00:16 | URI | ≫ EDIT

No title

>より多くの空気が必要!

よくわかります。

 primusのバーナーヘッドを見ていると
微細な金網が中央部に鎮座している
あの機能を持ち合わせ出来ると、両用も夢では無くなる

Esbitの場合でも、結局は空気が足りずに煤が発生している
その現状に似て、実現は困難かもしれないが
ずっと考えて、追実験を繰り返していると、何処かで
ブレークスルーな、解決策が見つかるかもしれない

茶漉しを被せるとOK! なんて ジョウダンですけど

| JSB | 2009/01/29 01:43 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/304-4f8fc898

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT