PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベリーズシティーの街角で見かけた 笑える看板

    beri_20090212120202.jpg

『  このお店で万引きをしたら ただでパトカーに乗る権利を得られます!
 そのラッキーな勝者の名前を その家族と友人は 新聞で見ることが出来ます!! 』



旅行には固形燃料スタンド&Kaowool stoveを持っていきました

   yasuyado.jpg

飛行機に固形燃料は げっそり 持ち込み禁止なのかな~ 当たり前!
でもキャンディーみたいですよね 固形燃料って。。。チュッ アメの袋の中に。。。入れて。。

アルコールも機内持ち込み禁止 でも化粧水って100ml以下の容器に入れれば機内も持ち込み??
ごめんなさいm(__)m うーむ…
(良い子の皆さん 私は悪魔ですので 真似しないようにネ!)

貧乏旅行の宿は部屋にPOTも何も無いので お湯が沸かせるのはとても便利でした。
朝の出発が早い時は お湯を沸かして 珈琲やスープ作り
移動などで夕食が摂れないときは 部屋でインスタント麺を食べるために
また遺跡見学中 現地で弁当を食べるためにテルモス?にお湯を満たすために使いました。

しかし持っていける燃料に限りがあるため こんなことも。。。。

 Kaot.jpg (アルミ風防を使いました 沸騰間でのスピードがUPです)

追加のアルコールが入手できずラム酒(アルコール40%)を手持ちのアルコールに1/3添加して燃焼
火力が少し落ち 炎が赤くなりましたが 煤も出ることなく 綺麗に燃えきってくれました!
これ急場を凌ぐにはGOO! 国によってはラム酒凄く安いので選択肢の一つですね!

ガテマラ サンタエレナのマーケットでやっと購入した燃料用アルコール(現地では薬局で購入)
  
   tua10.jpg  99%アルコールって。。。

でも 燃やしてみると凄い煤です Kaot1.jpg

炎は赤いし 炎は通常のアルコール以上に高く登ります
そして煤が凄い勢いで出ました うーむ… ラム酒燃やした後だから?
と思って KaoWoolも交換してみましたが 無意味でした。
ガテマラをなめたらいけません!! 絶対何か混ざってますね!!
これから旅行の際は消毒用アルコールを買うようにします。

今回の使用で 改良点も色々浮かびました。
これから このKaoWool Stoveをもっと使いやすくしていきたいと思いま~す。

KaoWool Stove 燃料が限られた中で使うのにはとても便利!
追い炊きの時は ほんの少しのアルコールを適量燃やすことが出来たし
沸騰後は すばやく炎をPOTから離し 安全に次の動作に入ることが出来ます。

GAS STOVE感覚で使えるこのストーブをメジャーなアルコールストーブに進化させたい
MLVの次の野望でした!
      
                










スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 12:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

灯油成分でも入っていたのかな?
あの煤は Esbitも真っ青の最悪級だなぁ(笑)

追い炊き
確かに!、JSBも試作してみて感じました
ふいに追加で湯量を追加投入したりすると
今までは
ダルイ取り組み方を強いられました(爆)
シュポ・シュポすればOK!となって文明開化ですよ

先日、米サイトで、フニャ袋を吊り下げての自動給油式を見かけました
真夏に、黒い袋に水を入れて浴びる、、、、簡易シャワー
あの動作原理ですから
故障皆無 至極簡単 担ぎ旅好適 飛行機対応可?
アフリカでのNPO活動の灯油ストーブも、ほぼ同じ。落下式の給油です(笑)

消毒用のアルコール
グズグズ探すよりも、テキーラとか、飲料用アルコールのほうが手っ取り早いのかも、ね
飲み物に、まさか灯油成分は入っていないだろうし、、、、

グルグル状のアルミの鳴門
アレは凄いアイディアですね。気化具合が全く違ってきます ね!
貴殿には、今更でしょうが(苦笑)拙者には、サプライズでした、がははは
 

| | 2009/02/14 03:37 | URI | ≫ EDIT

No title

どもども m(__)m 海外中もコメくださいましてありがとうございました。
なかなか日本語フォントがあるPCが無く 持込を認めてくれたネットカフェから
の接続で御礼もなかなか書けずすみませんでした。

フニャ袋を吊り下げての自動給油式< 見ました~
でも吊り下げる場所探すの面倒そうですね~~~

これからの発展は ポンプを押して戻るときの
吸い戻しをバルブによって調整すること これと
本体を 改良ですかね  メッシュの利用も改めて考えています。
なかなか見えないアルコールの炎の低下も 炎色反応によって
確認できそうなので KaoWoolをカバーする意味でも有効かもしれません!

とりあえず 日記まとめと写真整理で少し先になるでしょうが
頑張ってみま~す!

| Vagabund | 2009/02/14 08:09 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/314-182efcdc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。