PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

194国境越えツーリストバス
ベリーズ>ガテマラ フローレス島  SanFun社運行 US$25

古い低層住宅が続くベリーズシティーの街中をバスが抜けると もう人工物は道路だけ
人家もほとんど見受けられない 殺風景だ~~~! 平原の荒れたアスファルトの道をバスは進む。

   182ベリーズ田舎道

車内を見渡すと ドイツ人カップルと 国籍不明の3人組親父ツアラーが同乗している。
時おり路肩にバスを停めて立ち小便する 気の抜けたドライバーの運転で3時間後に国境到着。

CIMG0895.jpg

「あ~またバカっ高い出国税か~。。」 バスを降りると両替屋に取り囲まれるが 無視して建物に入った。 
天井からはデカイ看板が吊るされ 『出国はB$37.5だから用意して おとなしく列に並んでろよ!』
と書いてある。 

順番が来ると係官は笑顔で『コンニチハ~』と日本語で声をかけ 受け取った金を数えていく。。
カモがネギ背負ってやって来て 帰るっ!! てか?  後は無言でレシートをくれた。 

そりゃそうだわな。。 ビザ&出国でトータル約10500円(ビザ日本発給価格9000円込み)てろてろびっくり02
ついでに『毎度ご入国ありがとうございます 今後とも是非ベリーズをご贔屓に!』 と言いそうだ。

建物を出ると また両替屋が『カンビオ!チャンジ!』と言って群がってくる  
絶対にレート悪いだろうから 『俺ケツァール(ガテマラの通貨 表記Q)持ってるから』 と言い放ち
その場から少し離れた。  
両替屋達は同行した3名の親父グループに狙いを改めたようで 彼らを取り囲んで攻撃を開始した。

ケッケッケッ引っかかった。。。俺 ケツァール持ってないもんね~ チュッ 

レートだけ盗み聞きしようと にじり寄って聞き耳を立てると  むっ 幾らだ??
「US1$=7Q フローレスだとUS$1=6.5Qだから今変えたほうが安いぞ!」 とか
「ガテマラの入国には35Q必要だぞ!」 なんて絶対嘘だと思われることを並べ立てている。。。
結局親父たちは何枚かのドル札を差し出したようだ。  えー

建物から歩いて50mほどの国境線には ガテマラ側の両替屋がたむろして
こちらを眺めているのが見える。
両替するならガテマラのほうが安いと思われるし 入国時の賄賂が幾らかあれば良いのだから急がない!
またもや取り巻いてきたベリーズの両替屋を無視して国境ラインに向かった。 

192ガテマラ国境入国

国境線に近づくと直ぐにガテマラの両替屋から声がかかる。 
「旦那~ベリーズ側は高いですぜ~こっちなら US$1=7.5Qでいけますよ~」
一瞬でUS$1で0.5Qも安くなった!が かといってそれが適正かも判らないので
越境賄賂用に余裕を見て$10だけ両替しておいた

本来ガテマラへの入国税は無いはずなのだが
(外務省のHPにも出入国税の記載は無い国なのだ)
ここは中米 そんな生易しくはすまない 制服を着た奴らが一番胡散臭い地域だ。

ネットなどでツーリストの記録を見ると大体10Q位は取られているようで
中にはUS$5とかUS$10もふんだくられた奴もいる。  

日本人と見て吹っかけられるのもムカツクので バスに同乗したドイツ人と合流して
現地の人が沢山並んだ列の後ろについた。  
彼らもボラレル!のはたまらないから 現地の人が幾ら出すか確かめてからお金を出そう 
と言う話で一致したからだ。

前に並ぶ現地の人はコインで無く札を取られていたようで10Qか20Q?? やっぱり金取るか!げっそり
。。。順番が来て我々にガテマラの入国官はさも当たり前に20Qを要求    むかー
今日の相場は20Qなのだろうか?。。。あ~あレシートも出ない金を取られてしまった。
 
バスは越境して我々がそろうのを待ち フローレス島のあるサンタエレナに向かって出発した。
ガテマラの国境付近の道はベリーズ以上に酷い
結局舗装された道に出るまで未舗装の道を1時間近くバスはほこりを上げながら走る  

あまりに埃が凄いので窓も開けられないほどだ。
 

そして フローレス島があるサンタエレナの町にバスが入って 又も事件が起こった。。。がびーん
運転手が我々を 売ったのだ!?(笑) 
バスはフローレス島の手前 比較的大きなホテルの裏駐車場で停まり
「今日はここまで! 車を乗り換えてくれ!」 と言い出した。

すぐ車の隣には1BOXのハイエースが停まっていて 3人の男が待ち構えている。
運転手は男達と荷物を積み替え 「アディオース!」 さっさと立ち去ってしまった。 

201サンタエレナ

3人の男は 「両替は?」」「ホテルは何処?」とやたら親切に世話を焼いてくれる。
すでに気がついてはいるのだが 彼らは旅行会社の人間だ。 
ドライバーはどういった条件でか?我々を他の旅行会社つまりライバルの会社に売り渡したわけだ。

とりあえず両替がしたいと言うと3名の親父グループも同意して 彼らの紹介する銀行に向かうことになった。
到着した銀行で少し違和感を感じたため 親父グループを偵察に出すことにした  きゃー!
わざと荷物を探る振りをして彼らを先に進ませ成り行きを見守る。

するとやはりなのだ!!  ココ 指 変!
通常の銀行のように 客も普通にいるのだが、両替時にパスポートを確認しないし
手書きの紙で交換比率を出してきた。 怪しいな~ 銀行も一枚かんでるの~~???
通常銀行では銀行名の入ったレシートが出るのだがそれを 親父連中は受け取っていない。
どうせ 幾らも変わらないだろうが 何かありそうな雰囲気が嫌だ~~~~~!
とりあえずホテル代があれば 今はいいのでUS$30だけ両替して銀行を出た。(US$1=7.72Q)

@この後自分で他の銀行に行って ちゃんとしたルールで両替 (US$1=7.78Q)

次に彼らは本業に入った!ホテルの売込みが始まったのだ。    むふふ  むふふ
もう親父グループは彼らにとって 大変美味しい カモネギ!! 
最初に連れて行かれたホテルになすすべ無く 親父たちは部屋を決めたようである。
気がつくと彼らは俺を対象にツアーの売込みを始めた。    ゼニ

197フローレス門

「残念だ 彼らの部屋が最後でもう空室は無い 他を紹介するよ ! 」って  
やっぱり次は俺を狙ってたか~?
あ~メンドクサイ奴らだ! 誰が お前らに頼んだ?????
しかし彼らは 親父らに売込みを続ける一人の男を置いて 次のホテルに向けて出発! 攻撃の中心を俺に絞ってきた。

もう こいつら切るしかない!  むかー
「俺フローレス来たの2度目でホテル決めてるから」  (もちろんウソ!)
と言って めぼしのホテルを言うと 「あそこはエアコンが無い」とか あ~だ こーだ○×△
黙れこの野郎!むかつくな~ 
「俺 スペイン語も英語も良くわかんない~~~」 これが一番! むっ
結局 俺の指定のホテルで開放!??

furo.jpg Mirador del Lago 1泊 50Q/US$6.5 だったと思う
 
思いきや荷物を運ぶ!と言い出し 部屋までついてきてツアーの売込みが始まった
ティカルまではどうする??」「パレンケに抜けるなら安くするぜ~!」
こいつら幾ら払って俺を買ったんだ??? しつこい!むっ どうせツアーはホテルで頼めるのだから
絶対こいつらからツアー買ってやんない!!!!! 

「長旅で頭痛くなったからとりあえず寝る 後で電話するから名刺頂戴」と言って
強引に部屋から追い出した。

荷物を整理してフロントに戻り2泊分の料金を払い 旅行会社がウザイ!と言う話をすると
フロントのおばちゃんはウィンクしてサンファン社のツアーを紹介してくれ 
先ほどの売り込み旅行会社より値引きしてチケットを販売してくれた。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
サンファン社さ~ん あんたん所のドライバー
               商売敵に客渡してますよ~~~~!


                                             次の記事へ                       ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 11:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

しつこくコメントいたします、だって面白いんだモン♪

ボーダーはドラマがありますね。
蜜の味や笑いの種が転がってますな。
賄賂の話、売られた話、興味深く読ませていただきました。
日本の男の子で売られた経験のある人なんてなかなかいないッスよ♪

| somtam | 2009/02/25 21:53 | URI | ≫ EDIT

動けば、三文(銭)掛かる

と、昔の人は全くよく言ったものだね(笑)

ツアー客は、まさに、動くドル札にしか、見えないのだろう(爆)
そして
イチゲンさんからは、可能な限り、搾り取る
まるで
サトーキビかな? なんて悲劇と喜劇の狭間

苦笑しても居られない、恐いほどの状況なのでしょう、ね

やめた、やめた、純朴なJSBには、やはり縁が無かったエリアと、、、、
しかし
あの抜けるような青空と海の色。見ると暮らすでは、大違いなのか(痛)

| JSB | 2009/02/26 00:47 | URI | ≫ EDIT

No title

v-10 somtanさん おはようございます
そうなんですよ~~~  か弱い子なんで
このまま 置屋に売り飛ばされるかと。。。v-8 な~んて 
このまま だらだら 駄文を書かせていただきますね~~~ 



| Vagabund | 2009/02/26 08:57 | URI | ≫ EDIT

No title

v-10 JSBさん おはようございま~す。  
それほど怖く無いですよ~~ 楽しいですって この地域!!(笑)
でも自分がどんどん 疑り深い人間になってしまう(泣)

とりあえず 擦り寄ってくる人間はすべて疑うことから始まるので
本当の親切に出会うと 後で 自己嫌悪ですね。。。。。
(あれ?お金って言わないの?) (え?マジで奢ってくれたの??)
(ごめんなさいv-12 うたがってました~~~~~)ってネ。

どうせお金でだまされても 日本に帰れば小さい金額 
日常生活で無意識に使う金額でしょうね。
大きい金額の時だけ 用心しても 切り抜けられますよ(泥棒は抜きにして)
さすがにインドじゃないんだから 10倍20倍取られたって聞かないしね(笑)

| Vagabund | 2009/02/26 09:03 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/324-e62d97e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT