PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明日のティカルまでのバスも ここから帰路にあたるパレンケまでのバスも予約できたので
(帰路はベリーズに戻らないで直接メキシコに抜けて マヤ遺跡を見ながらカンクンに向かうことにした)
ゆっくりフローレス&サンタエレナ見物に出かけることにした。

200サンタエレナ

まず対岸のサンタエレナのマーケットに歩いていってみる 結構距離はあるのだが 
初めての町はとりあえず歩くことにしているので テクテク橋を通り抜け歩いていった。
30分ほどかかり到着したマーケットはゴチャゴチャと色々な物が売っている面白い所だった

208サンタエレナマーケット

まずは通りに面したお店を見て周るが 道が入り組んでいるので現在位置さえ判らなくなるほどだ。

210サンタエレナマーケット

次に秋葉原の高架下のような内部に踏み込むと そこにも沢山のお店が肩を寄せ合って営業している。

216サンタエレナマーケット

それこそ迷宮 やっぱりマーケットって面白い!!
残念なのは魚や肉などのお店は ここには無いようで 牛や豚の頭とかグロな風景は見れなかった。

昼食もまだなので 入り口そばの屋台でベリーズでも食べたライス&シチュードビーンズを食べる。
ガテマラではソパ・デ・フリホーレスと言う料理だそうだ。

212チキン&豆ご飯
  Q12(US$1.6)赤豆のスープ状で まるで甘くない薄いお汁粉のよう。

ベリーズと違い付け合せのチキンはあったがコールスローやプラテンは無く 
変わりにトルティーヤが何枚かついてきた。

結構量があるものだから 少し遅いお昼ご飯には十分だ。

ビール(セルベッサ)があるか聞いてみたが 取り扱いしていないらしい。
(アメリカもそうだが 通常屋外でビールの飲酒は認められていない)
帰路立ち寄った小さなスーパーで Galloを買い 紙袋に包んで飲みながらフローレスまで戻った。

TABI2_20090301132918.jpg ←写真の場所は別の所です
(Gallo ガヨと読む ガテマラのメジャーなビール これ以外ガテマラ産ははほとんど見かけない)

美味しくないという人もいるが。。。俺的には非常に飲みやすいビールだった。

明日は早朝からあの広いティカル遺跡を歩き回らなければいけないので 部屋に戻って
先ほどのマーケットで買い込んだパン&チーズ&ハム&マヨネーズで朝昼兼用の
サンドイッチ弁当を作り インスタントラーメン&スナック菓子&ビール&ラム酒の夕食をとる。

就寝  えー z z z z z

で。。。 またもや問題が起きた同じホテルに泊まる10名ほどの国籍不明ツーリストが
夜中1時過ぎに酔っ払って帰ってきてフロアーで大声で話し出した。。  げっそり
中でもその中の1名が特に騒いでいて 他の同行者は と言うと 注意しながらも大声で話している。。。むかー
最初は他の部屋から出るクレームを聞いていたが それでも直ぐにそのグループの声がでかくなる。
さすがに30分過ぎても静まらないので 中途半端に注意するより 
逆に騒ぎを大きくしてやろうと思いついた。
通路に出ると下のフロアーの奴らが良く見える !!
良く見ていると やたらでかい身体をした白人が一番騒いでいるようだ。
「バカどもめ!思い知らせてやる!」 むっ
持っていたプラスチックボトルで水鉄砲を作り そっとデカイ奴の真上に行って
他の奴に判らないようにデカイ奴の頭に水をかけた。

デカイ奴は最初判らなかったようで 3回目にようやく気が付き上を見上げている。。
何度か奴が上を見上げた時 腕から先だけ見えるようにして 隠れて
(FUCK YOUマーク!) ダメ押しで もう一度水をかける
ほーら 切れた (^v^)ククク そそくさと俺は部屋に逃げ帰る。
訳わからず一名だけ大騒ぎしだしたから 周りは大急ぎでデカイ奴を止めている  (^v^)ククク
もし上がって来ても俺の部屋も判らないだろうし よしんば判っても部屋に閉じこもれば 大丈夫!  
騒げば余計そいつの立場がなくなるだろうし!
案の定 デカイ奴の怒鳴り声に「静かにしろ~!」と周りの部屋の大合唱の声が上がる。
騒いでいたグループのリーダーも ヤバイと思ったか大急ぎで部屋にデカイ奴を押し込んで
後片付けを始めた。。。 なおもバカデカは部屋で騒いでいたが 同部屋の奴が静かにさせている。。

その後10分ほどで静かになった。
バカめ! でも 明日は部屋を他の棟に変えてもらおう!っと

234フローレス

AM2:00 二度目の就寝。。。。

                                      次の記事へ
                  ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/326-8f53ec3c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT