PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT



アルコールを一杯まで満たして燃焼を始めると 1分未満のプレヒートで本燃焼に入ります。

立ち上がり重視の場合は燃料を少し減らしてスタートが望ましいでしょうね。

また 燃料を一杯にすると 最初溢れた燃料+わずかな熱ムラで炎が偏って立ち上ります。
(燃料入れすぎでしょうね。。。。)
ある程度燃焼が安定すると普通に燃えるのですが これ少し気になりました
KaoWoolのムラや内部に仕込んだ強制気化用アルミ棒の伝道ムラでしょう

これを完全に治すことは難しいと思います この点はClose Typeの方が良いんじゃないかな?
と 思いますが。。。。  

                         と言うことで KaoStoveの改良は続きま~す



スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 00:36 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イソギンチャク・バーナーヘッド

都内某所にて(笑)JSB

受熱部が沢山有る、New typeのバーナーヘッドを考案しました
素材の確保に動き出します

より多くの面積で、熱を受け取り、いっせいに下部へ伝導する。
それにより kaowoolを平均に早く加熱できると考えます

発想の元は、、、、、きっと自然界に何かが、あるはずだぁ!

そうか! イソギンチャク の形がありましたね(苦笑)

| JSB | 2009/03/04 02:11 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/327-be250e07

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT