PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 今日もAM4時半起床 荷造りをしながら インスタントラーメンを作り 朝食とした。
どうせ昼にゆっくり食事する余裕は無いだろうから 持参した棒ラーメン2袋分をしっかり食べておく。
移動食用のサンドイッチも昨日の余りのパンで作っておいた。

TABI2190.jpg
ガテマラ フローレス>メキシコ パレンケ (SanFaun社運行 Q215 US$27.5 舟など込み)

AM5時にホテルの前でバスを待ち 10分遅れに到着したバスに乗車。
最後のホテルの前で乗客を拾った時 日本人女性と見られる綺麗な方が乗ってきた。。。

昨日トゥクトゥクに乗ってマーケットから戻って来た時に すれ違った女性なのだが 
やはり良く見ると日本人のようだ。

車は真っ暗な中フローレスを出発し ほとんど車の居ない道を走っていく。
…眠い… zzzzz

荒れた路面で車が揺れだし その揺れで起きた時には あたりは明るくなっていた。 

   ← 酷い道の動画 

それにしても酷い道だ Googleなどで地図を調べても まともな道も掲載されて無いのだから
予想はしたが… 車がすれ違うのも大変な所が幾つも見受けられる。
ここからメキシコのパレンケまでは【時おり強盗が出るから 個人でこの国境を越えないように】
と表記しているのも頷ける。

道すがら見受けるのは本当に貧しい家々
ここに住む人々は一生この地から離れない人も多いのだろう。

TABI314.jpg

バスはガテマラ側のパスポートコントロールに到着し出国手続きとなった。。。
!!やっぱりやってくれるよ ガテマラ役人!Q40(US$5.2の賄賂)出せと!!?
勿論同乗者全員にアナウンスされたのだから 自分だけぼったくられた訳じゃない!全員だ!
日常化されているらしく 他の人の情報にも書いてあったが やっぱり取られた。。。

荒野の中にポツリとある出入国管理事務所 好き勝手にやっているようだ。  
ここでクレームを言ったって誰も相手をしてくれないしスタンプ押してやんない!なんて言われても 
困るのでしょうがない。。。あ~あ やっぱりボッタくられた!
(本当に出国スタンプなんて居るのか??ツーリストカード書いたわけじゃ無し。。。
知らん顔しても良さそうな。。)

全員がそろったところで又バスに乗り込み10分ほど走った船着場でガテマラ側のドライバーとは
《さよなら~ 》 となった。  

TABI319.jpg

皆で車から荷物を降ろし 船まで歩いて坂を下りていくと
「あの~日本人だったんですか??」 後ろを振り返ると 先の日本人女性が 
でっかい目で話しかけてきた。「あ~はい 生まれてこの方 日本人ですが~」 
彼女「てっきり 韓国の方かと思いました~」 あら。。。そうなの??

TABI323.jpg

その頃からある程度 同乗者の素性がわかってきた
私たち日本人以外は  カナダ男性とカナダ留学韓国人女性ペアツーリスト 
年配のフランス人男性ソロツーリスト    男性1名&女性3名のイスラエル人ツーリスト  
国籍不明まったく話さない男性ツーリスト1名
(この後メキシコ側で男性2名&女性1名のドイツ人ツーリストが追加された)

TABI2195.jpg

船着場で細長い渡し舟のような船外機付きボートに乗り 
川を20分ほど下ると メキシコ側の入管があるコロサルに到着する。

入国ではメキシコ出国時にM$100(US$7.1)でスタンプを押してもらった出国カードがあるため
ツーリストカードも書かず 入国税も取られずにすんなり入国できた。

TABI336.jpg
                         (キャラバンマイクロバス仕様 4列シート)

ここからは 普通の1BOXに詰め込まれパレンケに向かうことになった。
この人数を押し込むのだから。。。 4列目座席4名 3列目3人2列目3名 最前列3名 
運転手を含んで13名 荷物は屋根の上のキャリアと車内に満載。。
相当辛そうだ。。。 はぁ~もう一名増えれば マイクロバスだったのかな??

メキシコ側の道は綺麗に舗装されている そこを結構な勢いで 飛ばす 飛ばす。。

と??なにやら小屋の前で車は停まり 中から出てきた人間とドライバーが話し出した??

TABI346.jpg

金??なになに?? 金集め出したぞ??何の金?  げっそり
小屋には国立公園とか書いてあるから そこを通り抜けるのに金取るの??

ほんの少ししか ペソは持ってないので 取られるの嫌だな~~と思っていると 
前の席のカナダ人が「ペソは少ししかないからケツァールで良いか」と聞いた

小屋から出てきた男はスペイン語しか話さないようで 何やら言っているが 
持ち金のペソだけで良い と言ったようだった  むかー 

なんなんだ?? 後ろの席のドイツ人は窓から手を出し 金を渡した。。。
男は金を数え始める。。と車がスルスルと進みだした!!! 

隣席の彼女と小声で「やったー! 忘れてる!」 と喜び合う にっこり 
どうやら私たちの座る三列目は忘れられたようだ 訳判らない出費を抑えられた~!

「い~や 得したね~」なんて話していること10分 又も車が停まる??
何だ今度は?又金か?? すると車の周りには軍服の男たちが。。。。
検問だ。。車から全員降ろされ 手荷物はすべて調べられる な~んにも悪いことしてないもんね~~
と 高をくくって荷物を差し出すが 調べる調べる。。。結局15分以上車は止められた。
これで安心して。。  なんて生易しいもんではなかった 

すぐさま又軍の検問 検問 毎回手荷物を調べられる
「何かあったのか??」 誰かが聞いたが 軍人たちは毎回無言で荷物を調べまくる。。うーむ…

そしてまたもや 事件が。。。俺ってホント事件好き??
4回目の検問の時だ 初めてメキシコ警察の検問にぶち当たった    
すると 警官は車内を見回し 数人のパスポートを調べだした。
3名ほど調べた時 急に俺の所に来て 「ハポネス?」 。。。俺「シー」
何名かすっ飛ばして 俺のパスポートを調べだした。。

そしたらパスポートを簡単には返さないではないか! ついには車を降りて話が始まった・・・
「キンタナロ○×△…」 ???何やねん!スペイン語なんか判んないって!
keikan.jpg
警官はキンタナロって連呼してるし あ~???キ○タマなら知ってるけど。。。
(後で調べたら カンクンはキンタナロ州で そこから入国したことを言っているらしい 知らんかった)
だが どうもおかしい ちゃんと書類上問題ない事になっているし 荷物にも問題が無い
乗っているバスもツーリストバスで 不審者が途中でもぐりこめるバスじゃない。
それでもパスポートを何度もめくってバスからどんどん離れていく。。。げっそり
てろてろびっくり02え~~~それって やっぱり賄○?? 日本人だからか~??
日本人二人組みだと思って 狙い定めたの??むっ
取り調べ初めてから15分が過ぎたころ 思いついたのは  それ!!!!賄○!要求!
あ~ったま来た! だって変でしょ こんなに乗ってるのに ほとんどスルーパスで 
日本人か聞いてから俺のとこ来るなんて!  絶対知らん振りしてやるもんね!むかー

20分以上過ぎた頃に 同乗したドイツ人が心配して声をかけてくれた。
この声に警官は回りに気を配るようになって やっと諦めたのか? 開放してくれた。

TABI348.jpg

結局俺一人に30分か!!!! むっ
車に戻って近くの人と話したが どうも変だよな~ おかしいよな~ということだった。
今でも本当の理由はわからないが。。。中米では 賄賂を要求する警官は当たり前 
今回も露骨ではないが やっぱりそうではなかったか? ということになった。

バスはこの後またも警官の検問に会うが その時は車内を覗いただけで終わった。

PM2時過ぎにやっとパレンケ着 こんなに停められたのに3~40分遅れで到着出来た。。。
疲れた。。。


                                                次の記事へ
                  ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ




スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/329-b8171f3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。