PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(Peru12)
すでにマチュピチュ内に戻った時には午後4時、 そろそろ帰る時間だろう。 
明日もあることだしマチュピチュ内部を最短コースで通り抜け帰りのバスに向かった。 
何時しかまた強い雨が降り出し100円ショップで購入したポンチョは大活躍。
PERU0285Machu Picchuへ

バス乗り場は長い列が出来ていたが、次々来るバスに乗客は吸い込まれていく。 
自分の番がきたので乗り込むと最前列が開いている! 
せっかくだからと座ったのは良いが次から次から乗り込む乗客が目の前で雨具を脱ぐ
‘‘(><;)%
水しぶきのオンパレード・・最悪だ!おまえら!学校で習わなかったのか!!
乗り物の中に入る前に雨具は外すって!!
人種と言うか ある国と言うか・特定の国の人間が大体がこうである!
(私の目の前に現れる人がそうなだけで 皆と言う訳ではないかも知れないが・・ 
デカイスペイン語話す白人と 昔植民地であった国が独立して英語を母国語に
世界を牛耳ろうとする国の白人達。。。。)
やっと全席が埋まり 水しぶきも売り切れになり バスは発車。
PERU0279Machu Picchuへ
  
あ~~疲れたな~~・・ でも いい1日だったな~~  
早くシャワー浴びてえな~・ご飯も朝からサンドイッチ2個だけだな・・
 と ポツポツと思い出し 眠気を覚えてうとうととして来た。 

キッ キ~~~ プゥシュ~~ ん(@_@)??
まだ街の手前だけど・・運転手が降りた な 何よ? 

次からきたバスが次から次へと追い抜いていく・・。
macyu_20080129095905.jpg

何あったの? 説明しろよ説明!(どうせスペイン語じゃ判らないけど・・) 
運転手は先ほどから工具を出したり無線に向かって話したり 
雨の中バスの外に出ている。。 パ・・パンクか~~(@_@)この期に及んで・・・
しばらくすると運転手は全ての動きを止め外にたたずんでいた。 
15分後に新しいバス (バス自体は相当ボロ)
が迎えに来て乗り換えさせられた 乗り換え時に確認したところ左前が見事にパンク! 
  !写真撮ってやればよかった!
乗り換えたバスは5分ほどで終着点に到着し 
やっと今日のマチュピチュ観光が終わった。

ボロホテルに戻りシャワーを浴びようとお湯を確認するが出ない・・
またかよ~~・・イライラ(--;) アグアスカリエンテスって温泉町だろ!
(アグア=水+カリエンテ=熱い>温泉)
ホテルの女性に告げると 蛇口を回して5分待てと言う!
でも出ない・・(-_-;)ケッ ボロが!・・・ ホテル決める時出るって言ったじゃん!  
またクレームをつけると彼女が弄くりに来る。 でぇ~も 出ない!  
完全に 不機嫌になる! サムイ! って!
今度は下の部屋のシャワーを使えと!言い出す。 
まあ しゃあない 言われるままに下の部屋で使うが・・
ヌルイ・ヌルイ・(-_-メ)・ 無いよりはましなのでさっさと汗を流し、
身体を温めるためベッドに潜り込んで少し眠った。

マチュピチュまでの道TOPへ           次の記事へ

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:45 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

マチュピチュまでの道(10)

30分の休憩後 ポンチョ 水筒 ランチ カメラ2台 超小型三脚 
などを持参したリュックサックに詰め込みアルマス広場にあるマチュピチュの
入場チケット売り場に向かった。(最近マチュピチュ入り口よりここに移動)
窓口で偽造中国学生証を出してみたが 窓口に張り出されている
国際スチューデントカードではなければ駄目だと言う。
(ネットに出ていた情報にまたもや裏切られた・・ホテルの客引きも居なかったし!!)
くそ~~~~!
せっかく学生証偽造したのに!!今日は散々だ!(T_T)・・・・・・
2日分の購入も可能だと言うのでs/77×2 s/154(5250円)払う  
それにしても高け~な!ここペルーでは ほんと観光で儲ける姿勢ありあり!
 列車も高いし遺跡の入場料も高い・・
これら料金も年々上がっているので 気がつけばマチュピチュ入場料1日分で
田舎のペルー人が1ヶ月生活できることが可能になるかもしれない。
しかし それでも先進国の人々はマチュピチュ見たいよね!!
バス乗り場に移動後 ここでも2日分の往復チケットを購入 
勿論歩いて マチュピチュに行くことは可能だが・・
絶対嫌です こんな短い時間しか無い哀しい旅行者の私としては!
結構多くの欧米人やペルー人が歩いて登っている。
徒歩では2時間未満で着くらしいが・・ 時間があれば! あるなら! 
自分の足で登ってみたいものである・・でも無いでしょ(--;) 
バスのチケットはUS$で1往復$12(2日で$24 約2600円 バス往復 
入場料入れて2日分で7850円 なり~) 
バスはハイラム・ビンガム道路の入り口まで川沿いに少しずつ下り、
ウルバンバ川を渡った所から ツズラ降りでハイラム・ビンがム道路を登り始める! 
雨は小降りになって何時しか止んでいる時間帯も伺える。
最後の角を曲がり ついに マチュピチュの入り口サンクチュアリーロッジ
(唯一マチュピチュにあるホテルでUS$400以上! 
宿泊するには クスコでも同系列の5ッ星ホテルに宿泊する必要がある 
数年後廃止 博物館になる予定。)の前で泊まった。
バスを降りマチュピチュ内にトイレが無いらしいので入り口前にある
トイレ(s/0.5) を使ってから行動を開始した。
まず入り口横の係員詰め所でパスポートに入場の判子を押して入場。
(見過ごしがちだが 詰め所で頼むと判子が出て来るのだ。      
そしてコーナーを左に回ると・・・・・・

| 藍とも子 | 2008/01/29 12:14 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/33-76b6eee5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。